FC2ブログ

人気ブログランキングへ

爆弾痕

今日の一枚目。  爪痕。
        美女谷s
台風19号が去り、一週間ほど経ったので美女谷へ出かけてみた。
もちろん影響は出ているだろうが、多少は落ち着いているかなと思ったが、ご覧のありさま。。。
爪痕なんて生やさしいものではなく、“爆弾痕”といった感じだった。
重機の先には民家もあり、住人の方々もかなりの不安や不便さを感じているだろう。

20号線も大垂水峠の東京側で3か所、神奈川側で4か所で崩落があり土嚢が積まれていた。




国道から美女谷に入りまず最初に驚きを感じたのが左の写真。その時の状況が想像できなかった。
右の写真は川のわきに大量の瓦礫が堆積してしまっている。

美女谷4s 美女谷2s



美女谷から国道へ向かう時、行きとは違うルートで林道を進んでいると、斜面の崩落があり道をふさいでいた。
その道の入り口には通行止めなどの看板は一切なく
車で来ていたらバックで100メートルほど戻らなければいけない状態だ。
この場所より、他の優先しなければいけない場所がたくさんあると言う事なんだろう。。。 悲惨な事だ。。。

            美女谷3s



場所を大地沢に変えて大戸の丘に上がってみると、あたかも昔から流れてましたという感じで
いつも歩いて通る場所がクリークのようになっていた。

        大地沢s




こんな時ぐらいおとなしく帰ればいいのに、せっかく来たんだからと卑しくも虫撮りを始めていた。
しかもスルー対象のウスモンカレキゾウムシなんかを撮っていたりする。。。

        ウスモンカレキゾウムシ1s



あんな悲惨な状況で生き抜いていたってのは、昆虫と言えど声をかけたくなる。
                ウスモンカレキゾウムシ2s



超ミニミニのゾウムシはムネスジノミゾウムシ。 ネットではちょこちょこ見ていたから知っていたけど
調べてみたら、へなちょこブログでは初登場の初見種だった。  ラッキ

        ムネスジノミゾウムシs



くらべる君ではなく、モノサシ君。。。    2.2∼2.3㎜くらいかな。
            ムネスジノミゾウムシ2s



美女谷の被害を考えるとイマイチ撮る意欲がわかず、長池公園へと転戦した。
以外にも綺麗なエリトラに思わずシャッターを切っていた、ヨモギハムシ。

    ヨモギハムシs



手すりをジロジロしているとアオマツムシを発見。  でも右触覚欠損だったのでスルー。
おっ、またもやアオマツムシ、、、しかしこれまた右触覚欠損。
二匹連続で同じ部位を欠損というのも珍しいなと、ジロ継続中まさかの右触覚欠損を発見。
歩行スピード、飛翔スピードを考えても明らかに別個体。  2度あることは3度あるって言うけど、、、
で、で、で、4匹目は完品アオマツムシがいた。  ってか、短時間で4匹見るってのも初めてだ。。。

アオマツムシ3s アオマツムシ2s


                       アオマツムシ1s




最後は、、、庭に咲いているクレオメ。 蕾んでいる時のシベの感じが好きな花。
       いつもは女郎花と同じタイミングで8月に咲くんだけど
       今年は10月のこの時期、、、やっぱ今年はおかしかったんだよなぁ。。。

        クレオメs

ではでは。。。。。。や
スポンサーサイト



[ 2019/10/22 14:56 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

後半の6カット

昆虫カレンダー2020.後半の6カット。
今、あらためて12カットを見てみると、ある事に気が付いた。
それは、12カット中10カットがカミキリor沖縄だと言う事。
今回は単純に“見つけてうれしかった12選”なので、それはわかるような気がした。
今年は沖縄で感動し、カミキリを見つけ喜んでいた一年、、、そういう事だ。。。
そんなカレンダーの後半をどうぞ。 

7月30日、ちょっと遅いかなと思いつつ乗り込んだ御嶽山。
メインの御嶽山は不調に終わったが、この日の本命コトラカミキリをめでたく見つける事が出来た。
 長野県木曽郡 7月撮影

7月s



見られたらいいなぁ~レベルだったんだけど、見つけた後からじわじわ嬉しくなるパターン。
オキナワヨスジシラホシカミキリの奇主植物は何気にジロジロしてたからな~。。。
沖縄県南城市 6月撮影

8月s



ヤンバルの森で大雨にやられ、雨雲レーダーで雨が降っていないところを探していってみたら、、、
なんと初見トンボ2種に会う事が出来た。  その内の1種、リュウキュウベニイトトンボ。
ちなみにもう1種はコシブトトンボだったんだけど♀だったからなぁ。。。
沖縄県国頭村 6月撮影

9月s



4月の沖縄遠征時、見たい昆虫のかくれ一位だったツマグロアメイロカミキリ。
ち~~~さいカミキリだったけど、喜びはデカかった!
沖縄県国頭村 4月撮影

10月s



沖縄に行くとスイーピングがメインになっちゃうけど、アシナガコクゾウムシは、葉っぱの上にいるところを見つけた。
虫撮りはルッキングが基本だよね。 『ウォッ!』いきなりやって来る感動には声も出るもんだ!
沖縄県名護市 4月撮影
 
11月s



オキナワジャノメカミキリの名前の“蛇の目”がエリトラに綺麗に出ているはずなんだけど
少しすれている個体で、模様はイマイチ。 でも今回の一番見たいカミキリだった。  上がったなぁ~。。。
沖縄県名護市 6月撮影

12月s

次回から通常営業に戻ります。。。

ではでは。。。。。。や

[ 2019/10/17 22:42 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

昆虫カレンダー 2020.

先日話していた昆虫カレンダー 2020.
2014年から始めたマイカレンダー、今回で8冊目になる。  
現在、壁に掛けられているものも含め過去の7冊は何気に宝物になっている。
50過ぎのオヤジにそんな宝物があっても悪くはないだろう。。。

過去のカレンダーは、多くの人が目にすると言う訳ではないのだが
絵的に一般受けするようなトンボ・チョウなどのチョイスが多かったけど
今年は、単に見つけてうれしかった昆虫に特化してみた。
すると、、、自分では何となくわかっていたがカミキリが8匹も登場することになってしまった。
昆虫が好きで『 カミキリだけは嫌い!』なんて方はいらっしゃらないと思うので、まあ、お付き合いヨロシクです。

寺家で初めてハナイカダを見たのが6年前、こんなのに昆虫がいたらいいのになぁ~なんて思ってた。
 R20大垂水 東京側 5月撮影

1月s



地べたにしかいない印象のアオタテハモドキだったけど、この日はなんと花にいてくれた。 
チョウが花にいる。  当たり前って言えば当たり前なんだけど、、、結構うれしかったなぁ。。。
 沖縄県名護市 6月撮影

2月s



オキナワホソバネカミキリ。 今年1回目の沖縄の第一ターゲット。 あっさりネットに入ったトラニウス。
なんだ、けっこういるんじゃね?  結果2回の沖縄遠征で貴重な1匹となった。  後からじわじわと。。。
 沖縄県名護市 4月撮影

3月s



スネケブカヒロコバネカミキリ、通称ヒロコ。  この日はカミキリ大フィーバーの一日で
多分今年の記憶・記録ともナンバー1であっただろう。 いや、虫撮りを始めて一番かな。。。
 山梨県身延 7月撮影

4月s



以前よりずっと見てみたいと思っていたタキグチモモブトカミキリ、ヒロコと同じ日に見つけ
それ以外にもオオアオカミキリ・キイロアラゲカミキリと、まさに身延満漢全席!! ホント夢のような一日だったなぁ。
 山梨県身延 7月撮影

5月s



これもうれしかったな~、、、4~5ミリの昆虫だけど、遠目で見てすぐに“アイツだ!”ってわかったからなぁ。。。
まさにビロード、まさにアシナガ、いいオトシブミだったなぁ~。。。
山梨県北杜市 6月撮影

6月s
とりあえず1月~6月、後半はまた後ほど。

ではでは。。。。。。や
[ 2019/10/15 22:59 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

初見ミーハー

今日の一枚目。 背の高~~~いコセンダングサ。  かな?
                       コセンダングサs
見つけた時は思わず『ウォッ』と声に出た。 なんせ3メートル以上あるのだ。
オイラの身長が約175センチで星印あたり。倍までいかないがそれに近い大きさだ。
ただアホなのがこれを見つけた時 『でかいなぁ~、まさにセイダカアワダチソウだ!』 と、つぶやいていた。
そして少し移動したところに本物のセイダカアワダチソウがあり、オイラは頭の中は『ん??』 と、なり
たった2つの植物の情報処理が出来ずキャパオーバーになってしまった。



年々低下する処理能力だが、探虫力は、さほど落ちる事がなくこの日も初見ゾウムシを見つける事ができた。
    クチボソチョッキリ1s



初見と言っても数人のブログ仲間の方はすでにアップしているようで、普通種のようだ。
いわゆるゾウムシ初見貯金をおろした形になった。

            クチナガチョッキリ2s



残念なのは、実際の綺麗な青が出せなかったことだ。  今度、なんとかの実を探しに行くかな。。。
クチナガチョッキリ1s



まだ、エルタテハやシータテハを見た事がないオイラ。 これはもしや!って撮ったけど普通にキタテハだった。。。
        キタテハs



何の樹だかわからないけどトサカグンバイがたくさんいた。
翅の虹色を撮りたかったんだけど、、、ムズかった。。。

                     トサカグンバイs



葉っぱをジロジロしているとこの角度で昆虫が見つかった。  当然『???』だ。
        ツユムシ


正体はツユムシ?クサキリ?  横から見てもわかんないんだから、おしりから見たら、そりゃぁ???だわな。。。
                ツユムシ?クサキリ



ひとつの場所にたくさん同一種がかたまっているのを見るとなんだか得した気分。
もちろん種類にもよるんだけどね。。。 あと多すぎってのもNGかな。
このくらいがベスト! それがツマグロオオヨコバイでもね!!
    7匹。わかるかな?
        ツマグロオオヨコバイs



大垂水のてっぺん辺り、セイダカアワダチソウがたくさん咲いていて、
アサギマダラがマッタリしていたので、ちょっとコンデジで撮ってみた。  
                         あ~、ワイドがいい感じのコンデジ欲しいなぁ~。。。

                コンデジアサギs



この付近に外来種ではあるが、まだ見ぬムネアカハラビロカマキリがいるらしい。
初見ミーハーのオイラは是非!と思っていた。
そんな中、それらしいハラビロカマキリを発見! 
しかし撮影に夢中になり特徴である胸の裏側の赤部分を見るのを忘れてしまった。 
まあ、そんな事も旅姿スタイルの真骨頂でもあるしな。。。
           基節の感じからタダハラかな?     
ハラビロカマキリs





最後は、、、マダラアワフキ、   だとしたら5年前に撮ったきりだ。  
        ちょうどヨコバイにはまっていた頃かな。。。  
        今年は久しぶりにヨコバイマニア復活! ってのも悪くないかな。。。

                マダラアワフキs
ではでは。。。。。。や
[ 2019/10/14 15:29 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

特別スタジオ

今日の一枚目。 上から富士山。
        表紙s
これは今年4月沖縄遠征、行きの飛行機から一枚。 
これも4月末にアップしている写真だけど、この時は二つの驚きがあった。
ひとつはこんなにしっかり見えるんだって事と
もう一つは[ 窓越し+コンデジ ]でまあまあの写真が撮れるんだなという事。
この時からコンデジのハイエンドモデルがオイラノ頭の片隅に常駐している。
ちなみにこの写真は、2020年カレンダーの表紙。 
月別はすでにアップしたものだけですが、後日アップするのでお付き合い下さい。




地元緑地でぷーらぷら。。。
今年はウラナミシジミが多い?
日陰のキク科の花にとまるウラナミシジミ。 バックの緑は日向になっているからチョウは暗くなっちゃうのかな?
と、思いながらも一枚撮ってみると、意外に好きな色合いになっていた。

ウラナミシジミs



アワダチソウウラナミは順光でコッテコテ。
        ウラナミシジミこてこてs



ちょっとおとなしそうな個体がいたから、オイラノ好きな部分をへなちょこマクロで。 なんか高級毛布みたいだ。
            ウラナミシジミ尾状s



ここまで寄って撮ったのは初めてだけど、やっぱりウラナミシジミの複眼も『メゲ』が生えてるんだな。。。
    ウラナミシジミ複眼毛s



ウラナミ遊びの次は、シギゾウ遊び。
            クリシギゾウムシ俯瞰2s



ここでシギゾウを見つけられたら、特別スタジオに連れて行きたいと思っていた。
特別スタジオって言っても同じ敷地内にある苔が生えた手すりなんだけどね。。。

クリシギゾウムシs



こんな歩きにくい所、ゾウムシは嫌なんだろうけど、少しだけお付き合いしてもらった。
                       クリシギゾウムシ正面s



なんか、模型みたいと言うか、、、SFっぽいと言うか、、、この現実っぽくない感じが好きなんだよなぁ。。。
        クリシギゾウムシ3s

去年も同じような写真を撮っていて、しかも先月9月のカレンダー素材になっていた。





ここに来ると必ず撮ってしまうシマアメンボ。  紅葉シーズン、モミジアメンボは叶うのか。。。
            シマアメンボs




最後は、、、大っ嫌いな蜘蛛の巣。谷戸の小道に大きく幅を利かせ、時には直径1メートル以上のものもある。
       探虫に夢中になっていると、顔におもいっきりくっつく事もしばしば。
       そんな中、手すりの支柱に小ぢんまりと屋台を広げていたジョロウグモが何だかかわいく感じた。

        ジョロウグモs

ではでは。。。。。。や
[ 2019/10/12 17:31 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

最後も。。。

今日の一枚目。 魔除け。
        シーサーura
これは今年の6月、ヤンバル遠征の時の一枚で、すでにアップ済み。
なんで再び、、、そう、そんな季節が来たんですね~。  KoYoMi かれんだー。  カレンダー制作。
ちょっと早いかなと思ったけど、写真選びを進めていて、ようやく表紙・裏表紙含め14枚が決定した。
これは裏表紙予定のシーサー。 あらためてシーサーって言う事もないんだけどね。。。
ただ、皆さん知ってました? シーサーって雄雌がいるらしいんです。
入り口などで、向かって右側で口を開いているのが雄、左側で口を閉じているのが雌らしいです。(オイラも初耳でした。)
でもその逆説もあるらしく、、、いかにもゆる~い沖縄っぽくていいですよね。





そんなシーサーにもひけを取らないナツアカネのどアップ! けっこういい魔除けになりそうな。。。
ナツアカネs



撮る虫がいないとついついへなちょこマクロに頼っちゃう。 
マユタテアカネも寄ってヨってガッツリ寄って、ストロボもガッツリ当てて~の、、、う~ん、いつもと変わらんな。。。
そっかー、その逆でも今度やってみよっか!
 
                      マユタテアカネs



別に今度じゃなくて今日やれよって話で、、、
で、引いてヒイて少し引いて、ストロボはしっかり消して~(おまけに逆行で)の、、、う~ん、いつもと変わった!

アカトンボs



ついでに立て位置も。  これは何とかアカネって言うより、[ THE アカトンボ ]って感じだよね。
                    アカネ2s



やったぜ、初見のツツジコブハムシ!
ってか、今までムシクソハムシでアップした中に絶対一匹は混じってそうだけどね。。。

                ツツジコブハムシ2s



ちょっと映りがパッとしない。。。 近々リベンジしますんで『またか!』なんて言わんで下いね。。。
        ツツジコブハムシs



リベンジ宣言するような写真をアップするなって話だけどね、、、
でもこれまたリベンジリストのタデサルゾウムシ。  はっはっはっは。。。

                タデサルゾウムシs





最後は、、、ってか、最後も。。。       意外に美しかったマユタテアカネのドラゴンバック。       
マユバックs


ではでは。。。。。。や
[ 2019/10/09 23:28 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

予約制! しかも9日待ち! 何それ!

今日の一枚目。 予想的中
        pcems.jpg
新しいパソコンのセッティングで、一番不安に感じていたのは無線ランの接続だったけど
新しい無線ランに差し込むだけ!みたいな感じで出来てしまい、ホッとしたが
やっぱり最後まではあっさりとは行かなかった。
windowsのセットアップがうまくいかず、未だメールの受信ができない状態だ。 送信はできるんだけどね。。。
メール受信の件は話すと長くなるんだけど、、、しかも長く話しても落ちがない感じなので端折っちゃうけどさ、、、
あと、セキュリティソフトも古いPCから乗り換えだからうまくいってるか心配だ。。。
そんなんで緑地に行く気にもなれず、行ってもすぐに帰ってきちゃったりで間が空いてしまいました。。。



とりあえず問題はメール受信の件だけ(だけ?たぶん、、、そう願いたい。。。)になって
NECのサポートデスク(予約制! しかも9日待ち! 何それ!って感じ)に予約を入れ
あとはサポート待ちだけの状態になったので、少しは気持ちが落ちき、じゃあ緑地にも行ってみようかなと言う事になり
大地沢に行ってきた。  気分的にまだ美女谷って感じじゃないんだよなぁ。。。
で、まるで病み上がりのリハビリの如く、、、オオカマキリから。  今の時期は多いから撮りやすいんだよねぇ。。。

                オオカマキリs



リハビリレベルを少し上げてハラビロカマキリ。  ってか、上がってないか。。。
        ハラビロカマキリs



そして[大地沢] → [カマキリ流れ] → 【ヒメカマキリ】となるわけで。。。  今日もいてくれました。
            ヒメカマキリs
擬木にいたから、もう少し色気のあるところでと思って手のひら乗っけたら、パタパタとオイラの胸に飛び移ってきた。
何だかカマキリワッペンみたいでいいなと、ミゾソバがたくさん咲いているところまで行って撮ろうとしたら
いつの間にかオイラの胸からワッペンは消えていて、ミゾソバ×姫コラボは実現しなかった。。。




暖かった今日はチョウたちも元気に飛んでいた。 写しやすさを考えると、、、
チョウ - 飛んでいるチョウ = シジミとなったので、ウラナミシジミなんかをパチリンコ!

    ウラナミシジミs



普段はほとんど撮らないウラギンシジミも地べたじゃないし、背景もNGって訳じゃないから撮ってみた。 
ウラギンシジミなんて何年ぶり?

        ウラギンシジミs



セイタカアワダチソウ?だっけ? そこにはテントウ、ムーアシロホシテントウが。 いやシロトホシテントウ?
            ムーアシロホシテントウ1s



テントウムシなんかは、よく動くんだけど、たまに止まってくれたりもするから
その瞬間を撮る!!ってのがけっこう楽しいんだよね。

    ムーアシロホシテントウ2s



初見?と思って撮ったツマグロアオカスミカメは、5年前に撮っていた。  残念! もちろん残念はオイラの脳ミソの話。
            ツマグロアオカスミカメs



でも夕方には朝飯も忘れちゃうんだから、5年前の記憶なんて、、、ねぇ。。。
    ツマグロアオカスミカメ2s



カミキリチックで好きなカメムシは、クモヘリカメムシ。
                クモヘリカメムシs



以外に撮っていて楽しいカメムシだ。
        クモヘリカメムシ2s



いつの間にかオイラの中で大地沢名物になりつつあるオオアオイトトンボ。
綺麗なんだけど、アオイトトンボには及ばないんだよね~。。。

オオアオイトトンボs




最後は、、、ツリフネソウを綺麗に撮りたいと思ったんだけど、なかなかいい感じに撮れず、、、
       そこにホシホウジャクが来て、よし!っと思うが
       ツリフネソウもホシホウジャクもなんか中途半端になってしまい
       トホホな感じの終わりは、リハビリアップの今日の記事にはふさわしいのかな。。。

                ホシホウジャクs


ではでは。。。。。。や
[ 2019/10/06 01:43 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

憂鬱EST

今日の一枚目。  お金を出して買う憂鬱。
          パソコンs
Windows7サービス終了の事もあり、どうにか増税前に購入。
先日、増税バトル2連敗と記したが、ここ一ヶ月の最安値より+6000最高値より-10000でも購入となったので
まあ、勝ち負けなしのドローと言ったところだろうか。。。
それにしても増税前とは言え一か月の間で、15万ほどの商品が上下16000円の差があるってのも怖い話だよね。
それより買ったはいいけど問題はこの後で、今使っている無線ランが“脆弱性の何たら”で、
アップデートをしなければいけなく、それも面倒で古い無線ランなのでついでに買い替えてしまえと、買い替え。
しかし年増すごとに機械音痴になっていくオイラは、その無線ランの設定や、セキュリティソフトの乗り換え更新、
データの移動、PCの設定などでウルトラスーパースペシャル憂鬱ESTなのだ。
他の方のブログても『PCを新しくしてから、調子が悪く、、、』などの記事をよく見るもので
そんな煩わしさを考えると、“多少トロくてもこのまま使い続けたい”と言うのが正直なところだったのだけれども、、、
Windows7の終了や、インターネットエクスプローラーの不具合などで致し方なく。。。
この記事はまだ古いPCなので、このあとPCバトル突入となる予定、、、
もしこの記事のあと更新が滞っていたら、機械音痴のオッサンがバトッていると思ってください。



んな訳で、最後の更新!?となるかもの記事を。。。
実は前回の続きで富士山周りパート2。
この日は初見こそなかったものの色んなハムシを見る事が出来た。
オイラ的には春とか夏前のイメージのハムシ、この時季にこんなに見る事が出来るだなんて思ってもいなかった。
まさかアカガネサルハムシがいるとは、、、富士山って土地柄なのかな。。。

     アカガネサルハムシs



ちっちゃーーーいハムシはムネアカタマノミハムシ。
          ムネアカタマノミハムシs



これもハムシHBによると3月~7月が出現時期となっていた。
ムネアカタマノミハムシ2s



カミキリチックな所がそそるキバラルリクビボソハムシ。  教科書通りツユクサにいた。
               キバラルリクビボソハムシs



3週間ほど前に初見を終えたイタヤハムシ。前回の黒いエリトラとは違い、今回はちょっとゴージャスな金色エリトラ。
          イタヤハムシ2s



ムナグロツヤハムシ。 これは過去2回アップしているけど、やっぱり早目で4/22と6/8だった。
                    ムナグロツヤハムシs



今年5/27以来、2回目の出会いはルイスクビナガハムシ。 
          ルイスクビナガハムシ2s



カミキリはいなかったけど、今日はハムシで楽しませてもらったかな。。。
ルイスクビナガハムシs




最後は、、、いれば撮ってしまう、スジボソヤマキチョウ。 自分の中ではちょっと特別な感じがするチョウ。
       モンシロチョウやjキタキチョウなんかとそんな変わんないんだけど、
       最初の印象が『うぉ、スゲーきれいじゃん!』的な感じで、その印象が未だ変わらずで、、、 
       そんな昆虫っています    よね。。。

          スジボソヤマキチョウs

ではでは。。。。。。や
[ 2019/09/30 22:01 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

マイナス32円

今日の一枚目。 TOKYO.
                    ベイ1s
先日、母方の墓参りで千葉の小見川まで行ってきた帰りの首都高での一枚。
いつもは走りって行く景色も渋滞の今日は、ちょっと眺める余裕があり
まざまざと見る景色は、何だか外国のようでカッコ良かった。
  でも右下のビルを見れば日本だなってすぐにわかるんだけどね。。。



で、この日はそんなウォーターフロントとは真逆の富士周りの林道散策へ。
ここに通いだした頃の習慣なのか、土場がなくなった今でも跡地で昆虫探しをしてしまう。
木材があった所には草が生え、カミキリの代わりにホソミイトトンボがいてくれた。こんな寒い所で越冬できるのかな?  
山中湖あたりで真冬の最低が-15度位だから、この辺だと-20近くは、いっちゃうんじゃない?
それともこの辺のは成虫越冬しないのかな?  
でもヤゴで越冬するにしても この辺の水場と言う水場は完全凍結するだろうから、、、どっちにしろアッパレだ!!

                          ホソミイトトンボs



アカアシカスミカメ。 カスミカメの美麗種。 芸能人で例えるなら誰なんだろう? 
たま~~~にくだらない事を考えてしまう。    たま~にじゃないか。。。

アカアシカスミカメs



やっぱ女性だよな、、、松島菜々子は?  本人聞いたら怒るんだろうなぁ、、、   何でカメムシ!って。。。
          アカアシカスミカメ2s



これはさすがに有名人には例えられないよな。 ナガアシヒゲナガゾウムシ。
でも鈴木雅之あたりはありかな?

               ナガアシヒゲナガゾウムシs



お~、地味だけど初見ゾウムシだ。    ツチイロゾウムシで合っていれば、、、だけどね。。。
ツチイロゾウムシ2s ツチイロゾウムシs



ここ富士山周りではよく見るエゾアオカメムシ。 マットな感じがいいよね。    もちろん化粧をしてるって事じゃないよ!?
               エゾアオカメムシs



久しぶりにヨコバイ撮影。 ウスアカイチモンジのようなマダラのような、、、
まあ、どっちでもないから初見は初見なんだろうけど
ヨコバイの初見種はまず同定不可能なんだよね。  だって、資料が少なすぎ。。。

                    ウスアカイチモンジ≒マダラ≒s



なにげに初見が多かったこの日、アカアシヒゲナガゾウムシもその一つ。
          アカアシヒゲナガゾウムシs



これは何だろう? アナアキゾウムシの仲間だとは思うんだけど。  うまく着地が出来ず浮遊中。。。
                    アナアキゾウムシの仲間s



これまた初見ゾウムシは、ヒレルホソクチゾウムシ。
               ヒレルホソクチゾウムシs



初見云々と言うより、特筆すべきは大きさ。 激小だ!
          ヒレルホソクチゾウムシ3s



10円玉の厚さが1.5㎜で、ゾウムシの体長は口吻を入れないから、そのまま1.5㎜、もしくは1.6㎜ほど。
こんなに小さいのにちゃんと口吻があって、球桿があるんだからなぁ。  ホントいい仕事してるよ!
ちなみに10円玉一枚の発行益はマイナス32円なんだって。 (一円-13円、五円+1円、百円+27円、五百円+457円だって)

ヒレルホソクチゾウムシ2s




最後は、、、これまたヨコバイ同様、同定キラーの小さなハチ。 たぶんメンハナバチの仲間だとは思うんだけど。
       ってか、お預けポーズが可愛いよね!

     メンハナバチ2s



正面顔もいい顔してるぜ!!
メンハナバチs


ではでは。。。。。。や
[ 2019/09/28 23:22 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

過疎化対策

今日の一枚目。 キャップ&ハット。
                    帽子s
若い頃から帽子はけっこう好きで、ちょこちょことかぶっていた。
その帽子が原因だかわからないが、50歳ころから額左右上部及び頭頂部の過疎化が著しく
今では外出時のマストアイテムとなっている。
今回も冬用、探虫用ハット、来年の夏用?にと購入。
若い頃はファッションアイテムとして買っていたので値段もそれなりにしていいたが
今では過疎化対策での購入なのでこんな値段で買ってしまっている。
貧乏?貧乏性?と言うより、、、  まっ、ビバ!“タカハシ everyday low price”って事ですな。。。





そんな安物ハットをかぶり今日も緑地へ。
この日は朝天気が良く、今日も美女谷あたりを攻めよっかな~なんて思っていたけど
念のため予報を見ると、午後から傘マークになっている。
一時間も雨に濡れてバイクで帰ってくるのもしんどいし、、、かと言って地元って気分でもないしな。。。 
そうだ、そんな時は中間をとるのが一番かなと、大地沢に行くことにした。
 

お~、キラキラ蜘蛛の巣! 撮っては見たもののクモの巣って意外に撮るのが難しい。
ちょっとした角度で何にも写んなくなっちゃうし、ピントも合わせづらいしで。。。  でも綺麗だよね!

                    クモの巣s



前回の観察会でヒメカマキリを見そびれちゃったので、とりあえず今日の目的はお姫様。。。
姫は予想に反してすぐに、その姿を現してくれた。

          ヒメ2s



たまには真横からのショットで。  ってか初真横かな。。。
ヒメ1s



やっぱり正面ショットはお約束。
                            ヒメ3s



へなちょこマクロでも楽しませてもらった。
     ヒメ4s





今回の姫撮りでオイラは初めて知ったんだけど、カマキリのカマって脛節にあたる部分だって皆様は知ってました?
パッと見一番先にあるから、ふ節とばかり思っていた。  でもよく見てみると一番先ではないみたい。。。
カマキリは普通の甲虫と違って基節が発達しているから余計ややこしい。  
カマのカーブ部分辺りからピロピロって出ているのが、ふ節なんだって!

          ヒメふせつ



ヒメカマキリに遊んでもらっていると空が怪しげになって来たので、やむを得ず家そばの緑地まで戻る頃にした。
そこではシマアメンボ。  何度も撮ったことがあるシマアメンボだけど、すいすい動く小さな被写体をとらえるのは
射撃ゲームの感覚で、他の虫撮りにはない楽しさがある。
あといつも気になっているというか、好きな感じというか、、、アメンボの脚の着水点。
グラスについだ水の表面張力の逆現象みたいな。。。  一瞬“表面重力?”なんて思ったけど
理科が苦手なオイラはググってみた。  ってか、理科だけじゃなくて全教科だけどね。。。
で、ウィキを見てみると、、、いきなり右わきにアメンボの写真が載っていた。  
思わず、意味の分からない喜びに包まれたオイラだった。。。

                    シマアメンボs



すぐそばに見た目が少し異なる別個体。  幼虫? 色々調べてみたんだけど同定には至らずで、、、
ただその過程で見つけた“ヒメイトアメンボ”ってのがいて、イトカメムシに魚のヘラヤガラの顔をくっ付けたみたいなやつ。
コイツが中々面白そう。 出現時期はもう終わり頃だけど、来年の楽しみが一つ増えた。。。

          アメンボ幼虫?s



極めて単純に 『綺麗な赤だなぁ~』と一枚。  ナツアカネ?
                    アカネs



ウラナミシジミなんかもいて、けっこう地元でも楽しませてもらった。
     ウラナミシジミ♂s




最後は、、、遅い季節の歩み。 真夏を乗り越えようやく帳じりがあって来たかな。 9/23の曼珠沙華。
          曼珠沙華s

ではでは。。。。。。や
[ 2019/09/26 21:39 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

渋谷円山町

今日の一枚目。 マイバイク。
                    バイクs
以前事故った時に、全損となったので新調したバイク。 16’年始に買ったので約3年半くらいなのかな。。。
日頃整備をしていないせいなのか、エンジンやセルの調子がよろしくない。
修理をするとなると、けっこうな修理代がかかってしまい、走行距離・年数を考えると買い替えの選択肢が浮かんでくる。
するとやはり、“増税前”にと言う発想になり、 PC同様に価格com.でバイクサーチ→
関連部品(ウィンドシールド・リヤボックス等)サーチ→決定→実車見学→納車時期問い合わせ→
『在庫がなくメーカー取り寄せになるので増税後になってしまいますね~』    嗚呼、増税バトル2連敗。。。
 





そんな旅姿号にまたがり、この日は時間が無かったので地元のアオイトトンボのポイントへ。
で、今日はほぼアオイトトンボのみのグダグダな感じなので、あしからず。。。

トンボの習性なのか、草よりもしっかりとした枯れ枝にとまりたいらしく、最初はパッとしなかったので
せめて“青”を綺麗に撮りたいなと、マイナス補正で撮ったんだけど、暗過ぎなのかな?
個人的にはこの暗さは嫌いじゃないんだよなぁ~。。。

          アオイトトンボ1s

              

虫撮りのいいところなんだけど、ちょっと時間をかければ昆虫たちがいいシチュエーションを作ってくれたりするもので
とりあえず草にも来てくれた。

                    アオイトトンボ3s



 
色んな角度から撮ってみる。 真横から。  って、見ればわかるよね。。。
               アオイトトンボ4s



               
甲虫と違いトンボ・チョウは俯瞰の写真を撮りたくなる。   ほぼ同じような写真だけど、雰囲気が微妙に違う2枚。
                    アオイトトンボ5s

                    アオイトトンボ6s




草にとまる写真が撮れたら、やはり今度は花がらみの写真を撮りたくなるもので、、、
          アオイトトンボ2s



不安定な花周りは止まってもすぐに飛んじゃうことが多いから、ある意味ゲーム感覚が増してくる。
     アオイトトンボ7s



これも撮ったらすぐに飛んじゃった。 でもこれが今日一番のお気に入り写真だ。
アオイトトンボs



時期的な事なのか、トンボ達は思ったより敏感で、へなちょこマクロでの撮影は叶わなかった。
じゃ、という事で100㎜マクロでのアップを楽しんだ。

     アオイトトンボ8s



目線より高いところにいた、アオイトトンボをアオリ気味に。 クモの糸を上手くかわしていたみたいだ。
クモの糸で思い出したけど、昆虫たちを撮っていると、飛んで逃げちってその先がクモの巣だった、
なんて事がたまにあり、何とも言えない、責任を感じちゃうんだよなぁ。  
クモには悪いけどそんな時は即救出。 違うきっかけでよろしく!ってね。

                    アオイトトンボ9s



しれ~と、1匹だけいたアジアン男子も便乗アップ。
アジアs



交尾態なんかもたくさんいた。 でもこれはなんか違うよね。。。 浮気と言うか、国際結婚と言うか、なんつーの? 
                            アオイト別種s



『たくさんいた!』と言うからには写真も載せるべきで、、、一番上の茎の反対側のをいれれば6組。
週末の渋谷円山町?新宿歌舞伎町?状態だった。  ってか、アオイトトンボのラブホ街だ。
 
                    アオイト6組s



上の写真だと、何がなんだか的な所もあるので3.5組に縮小。。。
アオイト3.5s




最後は、、、シジミがひらひらと、、、よく見るとツバメシジミだったので、ここでへなちょこマクロを使わせてもらった。
          ツバメシジミs

ではでは。。。。。。や
[ 2019/09/21 12:43 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

『ひょえ~~~』

今日の一枚目。 美女谷の林道。

                            美女谷道s
ここはいつもスクーターで通る道で
まあ普通の道と言えばそうなんだけど、オイラ的にはけっこう緊迫して通る道で、、、
ほとんど通行量が無く、日当たりの悪いこの道は、車の轍の真ん中に見事なコケが生えている。
50センチほどの幅の轍をはずれ、タイヤがコケに踏み込むと常にウェッティなこの場所は
非常に高い確率でスリップ転倒と言う結末になるだろう。
痛みに弱いオイラは、転んだことを想定してしまい、いつも黄門様をザワつかせながら、この道を通っている。
これをご覧になっているほとんどの方にとって、ここ数年で一番の“いらない情報”だったと思うけど
ちょっと報告してみたかったもので。。。
そんなザワつきとともに今日も美女谷に行ってきた。




このザワつきロードのすぐ先にある橋の所にいつもいるヒメコブオトシブミ。
『あそこに行けば、あれがいる』ってのがけっこう好きなんだよね。

     ヒメコブオトシブミs



よく美女谷で見かけるこのガは、シラフシロオビナミシャク。オイラは“ダイミョウナミシャク”と呼んでいる。。。
                    シラフシロオビナミシャクs



キムネクマバチ、かな? へなちょこマクロでファインダーを覗かずシャッターを切ったら撮れていた。
この一枚からもお分かりのように、今日は無駄に枚数が多いです。。。  あしからず、、、

               キムネクマバチ♀s



カレキーズは、ウスモンとナカスジさんで。
ウスモンカレキゾウムシs ナカスジカレキゾウムシs



出初式の梯子のりの様にポーズをとってくれたのはヒメケブカチョッキリ。
                    ヒメケブカチョッキリs




アケビコノハ幼虫を発見!   えらいパッツンパッツン。
                         アケビコノハ幼虫s



もしかしたらいるかなぁ? と、カラムシをジロ見すると、、、いた。 今までの最遅記録が去年の9/12で
このラミーは9/12撮影だから5日間の記録更新。  地味~~~な楽しみだ。。。

                    ラミ子2s



おっ、もう一個体。  上は顔が黒いし、これはエリトラのクロが強いから両方とも♀かな?
          ラミ子s



でもこっちの個体は、顔が微妙に黒くないし、前胸の下も黒くない、、、  りんごちゃんタイプ!?
                    ラミーりんごちゃん系?s



いいのみっけ。  ミミズクだ。  頭の後ろのミドリが強いタイプだ。 なんか渋いね~。
          ミミズク2s



真横から。
ミミズクs



なんか、カブトガニみてえだ。
                    ミミズクBs



ラスト一枚は、凛とした感じで。。。
     ミミズクAs



まーーーず、日頃はスルーしてしまうカツオゾウムシ。
あまりにもブログアップをしないものだから、『あれ、何とかカツオゾウムシだっけ?カツオ何とかゾウムシ?』
なんて思いながら、一応ネットで調べたりなんかして、、、で、カツオゾウムシで良かったんだけど
意外だったのが活動時期が6月~8月になっていた事。  年がら年中いる感じだよね。。。

                    カツオゾウs



それにしても何でこんなに目立つところにいるんだろう?  怖いものなし? な感じなのか。。。
          カツオゾウ2s



そうでもなかった!  近くにこんなのもいた。  やれば出来るじゃないの~!  よっ、お見事!!  

                    カツオs





最後は、、、アシグロツユムシ。  幼虫はよく撮っていたけど、成虫は撮った記憶もない。
       花のツボミの上におとなしそうな個体がいて、『実は翅や前胸の模様が綺麗だったりするんじゃない?』
       なんて思ったので撮ってみたんだけど、予想は外れグリーンにドット柄があるだけで、普通な感じ。
       でも“おとなしそう”の予想は当たっていて、いろいろ撮らせてくれた。

          カオ1s


少し角度を変えただけで、雰囲気が変わり少し驚いている表情になる。
『全然変わってないじゃん』と言うマジョリティ、でもオイラには変わって見えた10枚だ。
 
                    カオ2s



以前のドロハマキチョッキリに次いで、ズバッとホリデーしてくれた。
                    カオ3s



                       『えっ、うそ!』
                    カオ4s



                       『ひょえ~~~』
                    カオ5s



                       『マジ、ホント?』
                    カオ6s



                       『で、で、で、それから?』
                    カオ7s



                       『スゲ~、そうなんだー!』
                    カオ8s



                       『えっ、えっ、全部ウソ?』
                    カオ9s



                       『オレもう帰るわー。』   的な、、、
                    カオ10s
一匹十色、ツユムシ劇場でした。。。


ではでは。。。。。。や
[ 2019/09/18 21:39 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

『まだいるんだぁ』

今日の一枚目。 マイPC。
          PCs.jpg
最近PCの調子が芳しくなく、Windows7の問題もあり買い替えを考えていたんだけど
まだいけるかなぁとのん気に構えていたら、『あっ、そうだ、消費税増税もあるんだな。。。』と
今更焦り始め、購入価格のラインをあらかじめ決めて、価格.comで連夜の料金比較を繰り返していた。
オイラの予想では増税前にセール的な要素で料金が下がると思っていたが、さほど下がる事もなかったので
じゃあ、この辺で買っちゃうかなと思い、ポチろうとしたら、どうやらショップの評判がよろしくない。
ここは様子見だなとスルーをしたら、その翌日から料金がグイグイと上がり
今ではポチろうとしたときに比べ13000円も値上がりしてしまった。。。
増税分でも5000~10000円だと言うのに、13000円って、、、   あ~、しくった。。。






そんな悔やみを抱えながらも先日は、久しぶりに観察会に参加をした。
さすが一人で探すより、効率がよく初見種も含め色々な昆虫たちと出会えることが出来た。
観察会参加の皆様ありがとうございまいた。

まずは初見のガ、ヤママユガだ。  とにかくデカい!
シンジュサンには興味がなかったが、見たくなってしまった。。。

          ヤママユガs




OCZではけっこうハンミョウを探していたけど、ここ最近全く見る事が出来なく
もしやOCZでは絶滅しちゃった?なんて思っていたけど、、、そんな事はなかった。

               ハンミョウs




これも見つけてもらったもので、キボシカミキリ。  これも今年は見る機会が少なかった。  ってか、これから見るかな?

                    キボシカミキリs



オオアオイトが暗めの林縁にいた。  そういう季節なんだなと、ふと思う。。。
               オオアオイト2s



なに気にまだ2回目のアケビコノハ幼虫。  もちろんこれも見つけて頂きました。。。
                    アケビs



ススキにはクロコノマチョウの幼虫がたくさんいた。
頭と頭をくっつけあっている幼虫もいて、それをアップしようとしていたんだけど、、、間違えちゃった。。。

                            クロコノマs



昔このハチが好きでよく撮っていた。 
せわしいハチだけど、葉っぱの淵でお尻を落とすあの仕草が何とも言えず可愛らしい。

                    キスジセアカカギバラバチs



あ~、まだいるんだぁ。 と撮っていたけど普通に9月末くらいまではいるみたいだった。。。
          アカハネナガs



これは綺麗なトリバガだったなぁ。  キンバネチビトリバってやつみたい。  
キンバネチビトリバs



これまた『まだいるんだぁ』と思って撮っていたけど図鑑を見たら9月~10月となっていた。
でもオイラの撮影記録からすると最速で7/30、遅くとも9/3だから、やっぱ『まだいるんだぁ』で合っていた。

          ルリモンハナバチs



ゾウムシ系は2年ぶりのハイイロチョッキリ。 
ハイイロチョs



背側の腹の体色が意外に綺麗だった。
                    ハイイロチョッキs




最後は、、、先日富士山周りに行ったんだけど、撮れ高上がらずでブログアップに至らなかった。。。  
        富士山なのに。。。  写真を寝かしても仕方がないので、ちょっと2,3枚。

オイラの中ではいかにも“富士の林道”って感じがするこの一枚。ここで見るジュウジナガカメムシはけっこう好きかな。

ジュウジナガカメムシs



アザミにヤマキチョウ。  ちょっと遠くまで来たなって思えるひと時。。。
               ヤマキチョウs



マルアワフキ。  以前撮ったはずなんだけどマイ図鑑に載っていなかった。
図鑑データを飛ばしちゃって作り直したけど、けっこう漏れてるんだろうな。。。

                    マルアワフキs

ではでは。。。。。。や
[ 2019/09/16 21:44 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

抑止力

今日の一枚目。 『立ち入り禁止』
首都圏を直撃し、猛威をふるった台風15号。
早朝まで強い雨風にさらされていたフィールドで、昆虫たちはどうしていたのだろうか?
その日の昼ごろから、ちょっと美女谷まで様子を見に行ってきた。
現地に着き、気になったのがこの札?看板?みたいな物。
実はこれは以前からあり、今回の台風とは無関係の物で
工事車両専用の林道の入り口にそれが掛けられている。
ただそこは、さほど危険な感じはなく中国語・英語まで使うほどでもって感じで
その立ち入り禁止区域の中では、時折り役所の人間が環境調査の為
三脚にデジスコを付け野鳥などを観察しているほどだ。 
しかも美女谷には頻繁に通っているオイラでさえ、その工事車両なんかは見た事が無い。
だからなのか、、、要はあまり危険では無いが、仕事的に告知しておかなければいけない。
故の“ポップ書体の『立ち入り禁止』”か。。。
要はオイラ的に、立ち入り禁止の告知ををポップ書体で作るってのは、どういう神経?と思ったので。。。
抑止力無さすぎですよね?   嫌いじゃないけど、犬も気になるし、、、2匹も。。。



                    IMG_1610s.jpg



んなわけで、数時間前まで大荒れであったフィールド、昆虫たちは今どうしているのであろうか?
それが、当たり前の事なんだろうけど、普通におりました。。。
まあ、カメムシたちが多かったんだけどね。 
ただ今日は、あの暴風雨の中、よく耐え忍んだなと称えてあげたく、何でも撮ろうと思っていた。
なので、、、先日アップしたばかりだけどアカキン幼虫なんかを。。。
でもトサカグンバイは久しぶりのアップだ!  ってか、久しぶりのアップだ!って言えるほどの昆虫じゃないけどね。。。

アカキンs トサカs



ナシカメムシは富士山の林道で撮って以来の2回目。  触覚欠損も美女谷産ってのが嬉しいね。
          ナシカメムシs



ウシカメムシ幼虫も2年ぶりだ。  なぜかこれも前回は富士の林道だった。
ウシカメ幼虫s ウシカメ幼虫3s


やっぱり、ウシカメムシは幼虫 > 成虫だな。
ウシカメ幼虫2s



美女谷の定番カメムシも撮っておく。  オオメダカナガカメムシ。
          オオメダカナガカメムシ1s



カタツムリ。 これは頑張ったと言うより、台風が追い風?
              カタツムリs



けっこうピカピカと綺麗だった、セモンジンガサハムシ。
                    セモンジンガサハムシs



これは、別人。  ってか、別カメ、、、別ハム、、、   別のカメノコハムシ!
               コガタカメノコハムシs


正体はこのお方。  コガタカメノコハムシ。
          コガタカメノコハムシ2s



カマキリも台風に耐えていたようだ。  お疲れちゃん。
                    カマキリs



スケバハゴロモは、そうとう頑張ったのか、熱っていた。
               スケバs




最後は、、、不思議だったのが、クモの巣。  あの雨風だったのにほぼ無傷。
       今日作ったのかな? でもけっこうデカかったしな、、、やっぱ不思議だ。

                            クモの巣s


ではでは。。。。。。や
[ 2019/09/10 23:35 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

Gレール

今日の一枚目。 ガードレール。
2~3年前までは、冬場の観察場所だったけど、今では常時チェックするようになったGレール
チェックするようになったと言うか、下草探すより楽なもんだから、ついついGレールに逃げてる感じ。。。
そんなGレールを見ていて、いつも気になっていることがあった。
それはGレールの破損だ。  単純に考えれば、強風や衰弱による倒木によるものなんだろうけど、、、
でも破損するにしても下の写真の凹み程度じゃないかなと。。。
じゃあ、イノシシ?それともツキノワちゃん?なんて一瞬思ったりもするけど
そっちの方がよっぽど無さそうだし、もしツキノワちゃんだったら、もうこの林道は来る事が無くなっちゃうよね。

          Gレール (3)s


こんな状態になると、『えっ、倒木?』って思っちゃうんだけど、、、
                    Gレール (6)s
でもまあ、木って意外に重くて、生木となるとけっこう固いから、『ん~、ありえるのかな。。。』とこの程度なら、ねえ。。。
                    Gレール (2)s



でもこのクラスになると、入り口が細いわりにエグられちゃってるから、『何か他の仕業?』って疑念がマックスになり
                    Gレール (4)s



で、こうなると疑念が確信に変わってしまうんだけど、、、
『じゃ、何これ?』と、ふりだしに戻ってしまうんだよね。。。
このモヤモヤをスッキリさせてくれる博学の方って、、、います?

          Gレール (1)s



そんなGレールで悩みながらも大月で昆虫探し。
最近は、とりあえず頂上まで行き探虫をしながら下ってくるパターン。
で、これは頂上のノリウツギにいたムラサキナガカメムシ。
ああ、早くもこのカードを切ってしまった。。。   でもシラッとまた載せちゃえばいいか!

               ムラサキナガカメムシs



ちょっと降りてきて、アザミにいたのはウラギンヒョウモンかな?
アザミとチョウs



ミドリヒョウモンも多かったなぁ。  今日のお目当てはクジャクチョウだったんだけどね。。。
          ミドリヒョウモンs



ゾウムシなんかは見た事がありそでなかったマダラクチカクシゾウムシ。  
                   マダラクチカクシゾウムシs



逆にこれはスグリゾウに似た初見種だと思っていたけど、普通にスグリゾウムシだった。。。
              スグリゾウムシs



最近この手のゾウムシに悩むんだけど、普通にカシワクチブトなのかなぁ? 色濃い目の。。。
                    クチブトゾウムシSP.s



棚から牡丹餅、9月に初見種。  ってな事で初見ハムシはイタヤハムシ。 ハムシの初見貯金だったのかな?
          イタヤハムシs



ここ最近ほぼ毎回登場するカメムシ。 今日はジュウジナガカメムシ幼虫がコロニってた。
                   ジュウジナガカメムシ幼虫コロニーs



今日は甲虫が調子いいみたいだ。 お気に入りカッコウムシはキオビナガカッコウムシ。
          キオビナガカッコウムシs



ストロボが当たりすぎの複眼。  ってか、こういうタイプの複眼なんだろうな。
     キオビナガカッコウムシ2s



銭湯の深い方の浴槽みたいな水たまりがあり、そこに甲虫がジタバタとあおむけで溺れていた。
もちろん救出。  そしてセンチコガネにはギブ&テイクの一枚を頂いた。。

          センチコガネs



タナボタPART2!まさかの9月に2つ目の初見種は、チビルリツツハムシ。  ん~、ちっちぇ!
               チビルリツツハムシs



テントウは白色個体のシロトホシテントウ。
          シロトホシテントウ (1)s



白色個体とか、同定泣かせの色彩変異だけど、逆にアドバンテージにもなるし、何より特別感があっていいよね。
シロトホシテントウ (2)s




最後は、、、本日唯一のカミキリは、ヒメヒゲナガカミキリ。 9月に見るのは初めてだけど、この標高だからかな。。。
       シーズン中に伐採木にいてもシラケちゃうけど、9月にガードレールにいると、何かうれしいねぇ~。

          ヒメヒゲナガカミキリs


ではでは。。。。。。や
[ 2019/09/08 17:26 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

夏のホラー体験

今日の一枚目。 キノコ。。。
虫撮りをしていると、道路の脇が日陰になっていて
そこに綺麗な緑をした苔が生えていているのを見つけ、なんか昆虫とからめたいなぁと、ジロジロ。
ハエ?カ?みたいなのしかいない中、1本だけ『ピョンッ』と出たエノキに似たキノコがもうアピールしていた。
キノコって数千種類ある中で食用に適しているのは数パーセントらしいけど、このキノコは食べられるのかな? 
シイタケは苦手だけど、エノキは好きなんだよねぇ。。。
  


          キノコs




この日はなんとなく、この時期の多摩川に行ってみたいなと
いつもとは逆方向にバイクを走らせた。
途中、いいトンボでもいないかなと池のある公園に立ち寄ったけどトンボはご不在。
代わりにいてくれたのが久しぶりのタバゲササラゾウムシ。

                    タバゲーs



ゾウムシを可愛いと捉えるのなら、ベスト3に入るだろう。。。
タバゲササラゾウムシs
トンボもいない事だしレッツラ多摩川!と踵を返すと、『ウェッ!』足元の草陰にアオダイショウ
ヘビ年ながら、ヘビを苦手とするオイラは、さっさと多摩川に向かったのであった。。。


多摩川は河川敷の樹木の樹皮裏で越冬している昆虫たちを撮りに来たことしかなく、夏場は初めてだった。
予想はしていたが、草は伸び放題で冬場との風景の違いに、少し戸惑ってしまった。
しかし夏場にしかいない昆虫たちとの出会いがあるかもと、探虫を開始。
すると初めて見るキマダラカメムシの幼虫がいて、少しテンションが上がる。

               キマダラカメムシ幼虫s



そして草ボウボウ伸び放題の河川敷の前に立ち、しばしシンキングタイム。
もし奥まで行って何もいなかったら、つまんないよな、、、この草むらにマダニがいないとは言い切れないし、、、
マダニじゃなくても変なムシが体に付いていてもやだしな、、、  
ビビリーでヘタレなオイラは夏の河川敷を断念するのであった。   Mr.Chicken(ミスチルじゃないよ) 
ってか、前のポイントでアオダイショウでビビってたんだから、この看板見たら、そりゃやめるわな。。。
  
                    マムシ出没注意s



予定の時間がはるかに余ってしまったので、これまた冬場メインの散策場所、東高根森林公園に移動することにした。
ここに来れば、手すりに何かしらいるだろうと言う予想は外れ、見栄えのしないカメムシ幼虫しかいなかった。。。
そう言えば、まいさんのとこでも手すりの昆虫は1匹も載ってなかったよな。。。
木道を歩いていると、ちょっとカッコ良さげなガを発見。  何とかヨトウ?何とかシャチホコ?  全然わからん。。。
  
               ヨトウ?s



またまた、ガを発見。  おっ、これはブドウスカシクロバだ。  
以前も撮ったことがあるけど、写真にすると意外にブルーが映えて綺麗なガだ。 モニターをのぞくもブルーがイマイチ。
帰宅後、一応確認してみたらタケノホソクロバって言う別種だった。。。

          タケノホソクロバs
結局、東高根ではこのガ2匹のみ。。。  なぜならそれは、オイラの精神が崩壊したからだ。。。



最後は、、、残暑のホラー。。。グロ文あり!  でも画像は無し。。。
タケノホソクロバを撮ったオイラは散策を続け、少ないながらもチョウが舞っていたので、チョウでも撮ろうかなと思っていた。
すると目の前に綺麗に刈り込まれたツツジ?サツキ?があり、その綺麗に刈り込まれながらも1本だけ刈りこぼしなのか
3~4センチ抜け出た枝があり、そこにヤマトシジミがとまってくれた。  絵になる構図だ。
カメラを構える前に、中腰になり画角を確認してみた。
その時何気なく、膝に手をやると、、、ウェッティ。。。  イヤ~な予感が頭をよぎる。
オイラは緑地に行く際ほぼ100%ガーデニング用の膝パットを付けている。  
ウェッティだったのはその膝パットの内側付近。 今年の春みたいにまた毛虫?なのと、恐る恐る見てみると、、、
『・・・・・・』正直、言葉にならなかった。。。そこには直径1センチ長さ10㎝弱のイモムシが。。。 気が狂いそうになる。
一瞬の無言のパニック状態を脱し、イモムシを除去、トイレに駆け込みティッシュで“るーしー”をふき取った。
トイレに駆け込んだ時は、たぶん鬼の形相だったと思うが、心では大号泣だった。
自宅に帰り、速攻シャワーを浴びる。 シャワーを浴びながらも10㎝イモムシが蘇り、まだ動揺している。
その証拠にシャワー後、パンツもはかずいきなり短パンをはいてしまい『あ~、何やってんだオイラは』的な事もあり、、、
でも冷静に考えれみれば、もしあの時画角を確認していなかったら、、、
『おっ、いいとこにシジミがいるじゃん! チヤ~ンス!』なんて、いきなり膝をついて撮影していたと思うと、、、
るーしー祭りになっていたのか、、、想像しただけでも泣きそうになる。。。 そんな夏のホラー体験をしたオイラだった。


ではでは。。。。。。や


       

[ 2019/09/07 12:02 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

ダブルヘッダー

今日の一枚目。 富士山。
ちょっと前から“富士山と天の川”を撮りたいなと思っていた。
その一枚を撮るためには、いくつもの条件をクリアしなければいけない。
まずは基本の天気、晴れマークだからと言って富士山に雲がかかっていたらNG。
次は“夏”であるという事、と言っても夏限定と言う訳ではなく、天の川は夏が一番それらしく写るらしい。
そして星撮りの基本、新月あたりと言う事。
あと大事なのは、どの辺りから撮ると富士山に天の川がからめられるかという事だ。
数日前から新月前後の天気を気にしていて、ようやくその日が来た。 9月2日
どうせならと細い三日月もからめた富士山もいいなと、月が沈む時間までに到着するべく
いつもの道志道ではなく、現地に30分以上早く着く高速で御殿場経由を選択し、第一目的地の“夕月公園”に向かった。
高速を降りて一般道へ。  ここでまさかの左手首、上下運動の発動となった。 そう、雨だ。。。
気象庁の一時間天気をチェックし、夜八時以降、そして翌日は終日ガッツリ晴れマークだったのに。。。
富士山に雲がかかる事は想定していたけど、まさか雨とは。。。気象庁に高速代の出金伝票を書きたくなった。。。
しかし時間はまだ7時。  どう転ぶかわからないのが富士山撮影、とりあえず夕月公園へ。
そして夕月公園に到着、、、そして愕然。。。  ネットの調べでは富士山が眺められるプチ公園。
的な事が書いてあったが、公園がプチなら見える富士山もプチで、しかも道路を挟んでの富士山なので
夜間の撮影場所としては、最悪の場所。  と言うか車のヘッドライトで富士山は写らないだろう。。。
当然の事ながら、ノーシャッター。  ってか、機材を出す事もなく第二の目的地平野へ。
平野到着。そして富士山雲ががり。 それ以上の問題として、湖畔は大学のテニスサークルの花火大会会場と化していて
仮に雲がかかっていなくても、富士山撮影の雰囲気ではなかった。
時間を気にしながら第三目的地の山中湖パノラマ台に急いだ。
車が4台、バイクが一台。 予想以上に富士撮りマンが集まっていた。
しかしこの人気ぶりに反して、平野ほどではないが雲が覆っていて、富士山は見え隠れしている状態だった。
それより月が見えない。  時間を勘違いしたのだろうか?  いまだに解明できていないんだけどね。。。
それと一番肝心な天の川。 ざっくり調べた感じだと、河口湖から山中湖にかけて天の川バックになるらしい。と調べていた。
で、富士山川には天の川はなくほぼ真上に見える。。。  詰めが甘かった。。。
何時頃と言う情報が抑えきれていなかった。  いつものように行けばどうにか撮れるっしょ!的な感じだった。。。
しかもここは湖畔から来たものの、ほぼ山中湖の南端に位置し、“富士山と天の川”という事では圏外のようだ。
月も見えず、天の川も見当違い、肝心な富士山すらパッとせず、、、しかし予報を信じて一時間近く待っていると
とりあえず、、、の富士山を撮る事が出来た。  やっぱ富士山は難しい。。。  最後は、、、で続きを。

  
          富士パノs



この日は昆虫・富士山のダブルヘッダーだった。
空を見上げると、晴れてはいるものの曇りがちな空模様。
富士山の事を考えながらボ~ッとしていると、目の前には成熟したミヤマアカネの♂がいた。

                    ミヤマアカネ♂s



ミヤマアカネを撮影しながら、今日もまたトンボ・チョウの日なのかなと思っていると、おっイレギュラー! 
アオマツムシの幼虫だ。

          アオマツムシ幼虫s



アオマツムシ幼虫を確認できたが、やはりトンボ・チョウの日みたいで、アキアカネ。
               アキアカネs



オニヤンマはガキの頃から知っていたけど、『成虫になるまで5年前後』という事を知ったのは数年前。
真実を知って評価が上がったオニヤンマなのだ。

     オニヤs



トンボとくれば、、、やっぱりチョウも。。。
今日のサカハチチョウは手の上ではなくて、ちゃんと葉っぱの上。 
葉っぱの上が“ちゃんと”なのかわからないけどね。。。

          サカハチチョウs



夏型は“裏”がいいんだよね~、 逆八くん!
サカハチs





最後は、、、パノラマ台だと天の川は無理っぽいかなと
カンを頼りに、いつも行っている昆虫ポイントの富士山が見えるところに移動してみた。
これが中々いいポイントで、移動中に雲も抜行けてくれて、富士山と天の川を撮る事が出来た。
最初にしては上出来かな。。。  これから富士山もオモシロそう。。。

富士天の川2s



おまけは、これも撮ってみたかった登山者の灯りと小屋の灯り。  オイラらしくちょっとアップの70㎜で。。。
          富士70s

ではでは。。。。。。や
[ 2019/09/03 23:25 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

早っ!! 早すぎーーー!

今日の一枚目。 ホタルブクロ。
花については、ほとんど知識がなく前回撮った花のように同定に至らず残念なパターンが多々。
しかしこのホタルブクロは、小学校に入ったくらいの頃から、この形に興味を抱いて知っていた。
昆虫もそうだけど、“変わった形”が好きだったんだなと50年近く前を思い出していた。


               ホタルブクロs




この日は林道のホタルブクロから一転して地元緑地での探虫。
変わった形と言うより変わった模様の持ち主のアカキン幼虫だが
本当に『わっはっは』と聞こえてきそうなその模様は、若齢幼虫時代はまだ鳴りを潜めている。

                    わっはっは?s


4齢幼虫になるとニンマリ笑いだし
               わっはっは2s



5齢幼虫で立派な?『わっはっは』となる。
                          わっはっはs
この日は三つのステージの幼虫がいて、ちょっと話してみたくなったのだ。。。



カメムシも多いけど、地元緑地ではトンボフィーバーだ。
ウスバキトンボがいたけどスルーしようとしたら、スッと腹端を上げて誘惑してきた。
全ての誘惑に弱いオイラは、もちろんセクシーポーズを頂いた。

               ウスバキトンボs



捕食シーンはグロイものの怖いもの見たさで、興味がわいてしまうものだ。  
          オオシオカラトンボ捕食sr
ノーカット版も見たい方はこちら。  ってか、そんなグロくないけどね。。。



地元緑地でもいるけど、少し自然度の高いところに行くと、よく出会うミヤマアカネ。
でもその地元緑地で出会えると、少しうれしくなってしまうオイラだ。

ミヤマアカネs



このミヤマアカネは綺麗な個体で、さらに今まで見た中でも最小クラス。
トンボって羽化してから大きくなるの?

               ミヤマアカネ2s



アカが綺麗で思わず撮ったけど、よく見てみると、、、おもらし?
                    おもらしs



前回は高標高地のトビナナフシ、シラキトビナナフシに出会え
今日は平地のトビナナフシ、ニホントビナナフシと遊んでもらった。

          ニホントビナナフシs


変なポーズをとってたけど俯瞰で一枚。
                    ニホントビs


前脚のR、いい仕事をしております。。。
     ニホントビ2s



ナミアゲハなんか撮ったのは何年ぶり?しかもこの時季に、、、と、伏線を張りつつ、
実は今回の撮影・同定で、ナミアゲハに春型・夏型があるという事を初めて知ったオイラ。
もちろんこれは夏型。  黒が強くコントラストが効いた感じのアゲハを単純に綺麗だなとパチリンコしていた。。。

ナミアゲハ夏型s



日陰の植え込みをジロジロしていたら、蛾らしきものが葉っぱに着地。 おっ、何だこの形は!
名前通りのえぐれた部分と毛並が、動物のような雰囲気をを醸していた。  ネズミエグリヒラタマルハキバガ。

                             ハマキガs

                             ハマキガ2s



小さなヨコバイの幼虫を見つけ、ためしに撮ってみると、これが中々いい模様を持っていた。
んじゃぁ、撮るべぇ~!  と数カット。。。

ミスジトガリ幼虫s ミスジトガリヨコバイ幼虫s



習慣的にガードレールや手すりチェックをしてしまうオイラ。 もちろん今日も。。。
すると、、、早っ!! 早すぎーーー!  これを撮ったのは昨日だからまだ8月。
でも今年は花の開花や昆虫発生が遅れていたけど、これって遅れてるの? なら遅れすぎーーー!
ってか、どっちみち、、、すぎーーー!!的な、コミミズク幼虫。。。

     ミミズク幼虫s



9月もまだ始まったばかりだと言うのに、コミミズク幼虫や
はたまた文句ちびるテントウこと、モンクチビルテントウ。。。   この秋冬、もはやネタ切れか。。。
   んな訳無い!
                モンクチビルテントウ2s


久しぶりにへなちょこマクロ×テレコン2.0×テレコン2.0の真冬仕様で撮ってみた。
                                ちなみにこれはお初の顔黒タイプ。

     モンクチビルテントウs


そんな真冬仕様は、撮っている自分でさえ頭をひねる驚きの[ f値91 ]    91って。。。
                   ダブルF91s




最後は、、、地元のいつもの場所にシマアメンボ。  模様が粋かしていて好きな昆虫のひとつ。
       ただ背景がなぁ、、、  水底に紅葉×黄葉したカエデかなんか沈んでいたら最高なんだけどねぇ。。。

          シマアメンボs


ではでは。。。。。。や
[ 2019/09/01 15:17 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

yo!

今日の一枚目。
林道に小さなかわいい花が咲いていた。
ユキノシタに似ていてオイラ好みの花だから、どうにか同定にこぎ着けたい思ったけど
予想通りの未同定となってしまった。 
早くコンピューター同定の“同定サイト”が出来ないものか。。。

“タニタデ”と言うそうです。 まいさーん、ありがとうございます! 超スッキリです!
            ミニバナs



そんな感じで今日は、大月の林道まで行ってきた。
やっぱりこの時期多いのがカメムシで、ガードレールには幼虫から成虫までいろんな種類が見る事が出来る。
お初のヒメクモヘリカメムシといつものチャイロナガカメムシ。

ヒメクモヘリカメムシss チャイロナガカメムシs



そんな中、違和感と言うか、初見種感というか、そんなものをビビッと感じたカメムシが現れた。
前胸背の突出しがウシカメムシの様になっていて、普通のツノカメムシ類とは一線を画す感じだ。

             アシアカカメムシs


同定をしていたらアカアシクチブトカメムシと言うのがいて、くらべて見るも少し違う感じがする。
ようやくただのアカアシカメムシだと言う事にたどり着きホッとしていて
何だかんだしているうちに、実は“アカアシ”ではなくアシアカカメムシだったと言うオチになり
あ~、やっぱ同定は苦手だなぁ。。。とあらためて感じてしまった。

                               アシアカカメムシ2s



チョウはモンシロチョウがやたらと多く、ようやく色物のヒメアカタテハを見つけた。
                        ヒメアカタテハs



1500mも上がってきているんだから、もう少し山っぽいチョウを撮りたかったけど、、、まぁ しゃーないか!
ヒメアカ1s



ガは綺麗なものが見つかった。  オオボシオオスガ。
果たしてこれが山っぽいかと言うと???だけど、 ネットで調べっていたら撮影地が上高地の物がいて
『よしっ!』と、訳の分からない満足感をかみしめていた。。。

                                  オオボシオオスガs



ガードレールの陰にナナフシらしき影。 yo!  撮ろうとしたらポトリ、、、しかし急にビタ止まり!  チヤ~~~ス!
俯瞰で撮ったのは初見のシラキトビナナフシ。 
しかも調べてみると “本州以南では標高の高いブナ・ミズナラ帯に生息している”と、ある。  
高標高地ならではという事が、初見の喜びをはるかに超えていた。。。

      シラキトビナナフシs



緑系のゾウムシも難しいけど、これもまた然りで、、、ツンプト?オオツカ? はたまた別物??
            ツンプト?




最後は、、、本日唯一のカミキリはフタオビアラゲカミキリ。
       カミキリが少なくなってくると、今年の虫撮りも終盤なんだなぁ~、、、  と。。。

フタオビアラゲカミキリs フタオビアラゲカミキリ2s

ではでは。。。。。。や
[ 2019/08/30 14:11 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

カメカメサワーズ

何年ぶりだろう、、、  リアルタイムでエンディングを見たのは。。。  24時間テレビ。
マラソン企画なんて全てシナリオ。   って、わかってるんだけど、感動してしまうんだよなぁ。
また障害者たちのチャレンジで涙腺崩壊してるから、なおさらなんだよね。
ちなみにオイラは“はじめてのおつかい”で崩壊します。。。

そんな感動の余韻とともに月曜の朝を迎え
よし、昆虫で何か感動を与える事は出来ないものか!   なんて事は全く考える事はなく
とりあえず美女谷でも行くべ~。。。  と、いつものようにグダグダとバイクにまたがった。

今日は過ごしやすい気候で、バイク移動だと日陰やトンネル内だと寒いくらいで
現地で探虫をしていても涼しく、久しぶりの探虫日和だった。
最初の被写体は、カメムシ。  ミドリっ気があんまり無く、ん?ん?と思いながら撮ってみたけど
どうやら普通にハサミツノカメムシ♀だったようだ。

                        ハサミツノカメムシ♀s



今日一番見た昆虫がこれ。  やっぱカメムシでオオメダカナガカメムシ。
前回もそこそこいたけど、パワーアップしてた。。。

                                  オオメダカナガカメムシs



しょっぱなからノーベル製菓で、今日はカメムシデー?なんて思ってたら
目の前にサカハチチョウが舞ってきて、地べたにペタッ。  とりあえず撮ったけどボツ。。。
少し歩くと別個体だろうか、またサカハチチョウがヒラリヒラリと目の前に現れた。
オイラは念ずる、『いいとこ、とまれ~~~!』と。  すると静止状態のオイラの右手にピタッ。
えっ、どしよ。。。 右手が動かせないからへなちょこマクロは使えないし、、、 そだ! コンデジ持ってきてたんだ。
左手でズボンのポケットからそっとコンデジを取出し、使い慣れない左手で電源を入れ、どうにか一枚!

                  サカハチ手乗りs
いい感じでストラップに脚をかけてくれたから、右手をストラップから外そうとしたら、、、どっかに行ってしまった。。。


ちょっと大きめのこのタイプのチョウ、コミスジじゃないなと撮ってみるが、思いっきりコミスジだったみたい。。。
コミスジs



どうやら今日はカメカメサワーズではなく、チョウの日だった。
このほかにもカラスアゲハ、モンシロ、モンキ、ジャノメ、シジミ系やら最後はオオムラサキ♀まで現れた。
ってか、オオムラサキはゆ~っくり目の前を舞い、そのまま林に消えて行ってしまった。
      ノーシャッター、ダサッ。
            コミスジ2s



林道を途中で折り返し、さっきのサカハチポイントに来ると、また1匹舞っていた。 さっきのかな?
一か八かで左手をそっと差し出すと、、、お~~~、とまってくれた。。。

サカハチチョウs



調べてみると、サカハチチョウは花や樹液、腐果などいろんなものに集まり、人の汗まで吸うらしい。  吸われてるぅぅぅ。。。
                        サカハチチョウ2s



綺麗どころでは、お初セイボウのホソセイボウと出会うことが出来た。  ってか、今年もオオセイボウはオアズケだった。。。
            ホソセイボウs



おっ、ラミー君!  こんな時期まで、こりゃオイラの中では記録じゃないか? って思ったけど
去年は9/17に見てるみたい。  がんばるね~!  ちなみに今日は3匹もいた。

                        ラミー917s



今日もいたベッコウハゴロモ。  目がいいんだよね~、頼りなくて。  
翅のワンポイントもオスグロトモエっぽくて、いいんだよね~!
  
      ベッコウハゴロモs



そんな事を考えていたら、本物登場!  って、、、うそ、後付けです。。。  たまたまいた、オスグロトモエ。
                        オスグロトモエs



何やら空が怪しげな感じになって来たので、家近のポイントに移動することにした。
図師の谷戸に寄ってみると綺麗なピンク(紫?)の花が咲いていた。
花にトンボでもいればいいなと思ったけど、そんな調子のいい事はなく
帰ろうかなと思ったら、黄色い点が、、、   アズチグモ。   白はスルーも黄色はロックオン!

            アズチグモss



クモだけど、なんかいいね~。
アズチ3s



アズチグモって色彩変異があるみたいなんだけど、青とか緑とかいないかなぁ。。。
            アズチ1s




最後は、、、昼過ぎセミの羽化を発見!  でも様子がおかしい。。。  こんな時間にこの状態はないよな。。。
       近ずくと少し動いているみたいだ。  たぶん羽化不全だ。    せっかくここまで出てきたのに。。。  
       あんまりだから、このブログで陽の目を見てもらおう。。。

                        ツクツクホウシs

ではでは。。。。。。や
[ 2019/08/27 01:02 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

催眠術

唐突ですが、皆さんは催眠術にかかった事がありますか?
と言ってもオイラ自身もそうだけど、普通の人なら催眠術をかけられるシチュエーションってあんまり無いですよね。
そんな皆さんに今日、催眠術をかけて差し上げましょう! 臆することなく是非やってみて下さい。
まずは下のスケバハゴロモの写真の中央を凝視し頭の中で10秒数えて下さい。
その後画像全体を見て、首を左側に少し傾けてみて下さい。   ハイ、見えますよね!あなたはもう催眠術にかかっています。


おっさんs
スケバハゴロモしか写っていなかった写真には、メガネをかけたトボケたオッサンが見えてきました。
そして、この写真を何度見てもスケバハゴロモには見えず、トボケたオッサンにしか見えなくなってきます。。。 
催眠をとく方法は『あ~アホらし!』と、思って頂ければすぐにとけます。。。                       
       
いや~、昆虫が少ないってシンドイですな~~          ※口だけ加工しちゃいました。 (^-^) 






と、真夏の下らん話は終わりにして、真面目に昆虫ブログ。。。

終齢になると撮る気が無くなっちゃうから、今のうちにアシグロツユムシ。

                  アシグロツユムシ若齢s



ヒメコブオトシブミは第二世代ってあるんだっけ?
            ヒメコブオトシブミs



やっぱりメインになってしまうのは、どらごんふらい。 大塩辛蜻蛉雌産卵中。  謝謝。    ?
                        オオシオカラ♀s



早くもルリボシヤンマが出ていた。
            ルリボシ3s



おっ、初見サナエ?   って、普通にコオニヤンマでした。  こんな時季までいるんだ。。。
                  コオニ



ドラゴンフライ、なんで龍の蠅なんですかね?  わかんなくもないけど。。。  で、トンボってホバリングするじゃないですか
で、そのトンボのフライとホバーを合わせた、ホバーフライって昆虫の種類もいるんですって。
昆虫ってオモロイですけど、昆虫の英訳ってのもオモロイですな~。。。       ちなみにハナアブらしいです

                       ミヤマアカネs




                  


毎回思うけど、このミヤマカラスアゲハの美麗っぷりは、置き物にしたくなるよなぁ。。。
     ミヤマカラスアゲハs



サワガニ。 もしかして違う種類かなって思って調べたけど、日本には完全な淡水生活をするのはサワガニだけなんだって。
                  サワガニs




最後は、、、今日は珍しく蛾フィニッシュ。 ガも綺麗な物はチョウを超えてくるからね~。     チョウエツ。。。  タハッ
      カノコガs


ではでは。。。。。。や
[ 2019/08/22 23:06 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

嗚呼、空回り。。。

お山に行ってきたのだけども、、、パッとせず。。。
ムシムシとこんなに暑いのに、虫撮りには熱くなれていない自分がここに。。。
この暑さのせいで集中力も萎えちゃってるのかな?
集中力も集虫力もない“へなちょこブログ” 今回は大菩薩。
大菩薩だってのに、写真は6種9枚。  しかも6種のうちクモが一枚。。。
そんなヘタレな感じだけど、とりあえずどぞ。

                  アサギマダラ2s



アサギマダラは数こそいるんだけど、中々いいところで撮らせてくれない。
この日はこの2枚が限界だ。。。

            アサギs



ハギツツハムシ。  もしや初見?それでもって、ちょっと高標高地を感じさせてくれて、少し熱くなったオイラだったけど
自ブログを検索したら、2回もアップしていた。。。  しかも2回とも地元緑地だった、、、  嗚呼、空回り。。。

                        ハギツツハムシ2s


でもガシッとした感じが、いいハムシだな。
            ハギツツハムシs



カミキリはエグリトラカミキリ、アカハナカミキリ、トゲバカミキリの3種だけ。  あと、ニンフホソハナカミキリか。。。
で、撮ったのはトゲバだけ。。。  やっぱ俯瞰で撮るとトゲがわからないよね。。。

                                  トゲバカミキリ2s


一応トゲトゲ的なヤツも。。。
            トゲバカミキリs



ゾウムシもコイツだけ。  ツヤケシヒメゾウムシかな?
                  ツヤケシヒメゾウムシs



今日の一番の戦利品はツノアオカメムシ。   う~~~ん、微妙だ。  でも好きなカメムシだから、いっかな~!
ツノアオカメムシs
次回は虫撮りに熱くなってきま~す!!



最後は、、、夏になると蚊に刺されて、まいっている人も多いと思うけど 
       中でも蚊に刺されやすい体質の人は気の毒だ。
       刺されてもあまり感じない鈍感なオイラは、そういう人の気持ちはわからないけど
       コイツなら少しはわかってくれそうだ。。。

        
                        ザトウムシs

ではでは。。。。。。や
[ 2019/08/21 21:57 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

とぼけ目

数日前、近場で虫撮りを楽しもうと出かけるも見事撃沈。
あまりの貧果にブログにならなかった。。。
あそこに行けばどうにかなるだろうと、美女谷に行ってきた。
結果は地元とさほど変わりはないが、どうにかブログには、なった、、、       と思う。。。
この日一番多かった昆虫は、意外にもクロホシテントウダマシ。
頻繁に見かける昆虫じゃないけど今日はスゴかった。   50匹位はいたのかな。。。

                        クロホシテントウゴミムシダマシs


こんな風にガードレールの支柱にいて、不思議とガードレール自体にはほとんどいなかった。
たぶん明日あたり行っても1匹も見つからないんだろうなぁ。   ホント不思議だよな。。。

                                  クロホシテントウs



うれしい出会いは、2年前の初見ではワンカットでポロリ、、、のリベンジ必至だったヨツキボシハムシ。
            ヨツキボシハムシ2s



いいハムシだね~!
ヨツキボシハムシs



ハゴロモ系では断トツお気に入りのスケバハゴロモ。
                        スケバハゴロモs



でも今日は、幼虫時代と変わらない、とぼけ目だったベッコウハゴロモと順位が入れ替わった。
            ベッコウハゴロモs



緑の中に茶色。 けっこう目立つはずなんだけど、何となくとけ込んで見えるミヤマカワトンボ。
      ミヤマカワトンボs



逆に緑に映えてしまったコチャバネセセリ。
            コチャバネセセリs




最後は、、、、美女谷と言えど昆虫は少なく、早めの帰宅を強いられる。
        もう少し撮りたいなぁ、、、と、地元GKに!
        ルリモンハナバチなんかいないかなと探してみたけど空振り。
        代わりにいてくれたのがキバラヘリカメムシ。
  
                  キバラヘリカメムシs



5年前、必死になって撮っていたカメムシ。   綺麗なカメムシだなぁ、と感動していた頃が懐かしい。。。
            キバラヘリカメムシ2s

ではでは。。。。。。や
[ 2019/08/19 23:10 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

納涼感たっぷり

ようやく探虫時間が出来た。    が、今日は天気が微妙だ。
美女谷あたりまで行きたいとは思ったが、現地に着いたら雨が降り出すパターンかなと、、、
しかも午後は雨予報だったから、美女谷からスクーターで帰ってくるのはちょっとしんどいし。。。
結果、近場周りをする事にした。

やはりこの時期は、甲虫はかなり少なくなってきている。
そのかわりに元気がいいのが、セミやこのトンボ達だ。
リスアカネは先日もアップしたけど、前回が初アップだったみたい。
  
                        リスアカネs



茶色いイトトンボを発見。 たぶんホソミイトかなと帰宅後同定。。。 予想通りホソミイト。  
だけど、、、茶色は越冬型?じゃなかったかな?  この時期に?   それとも未成熟なのかな?


                                  ホソミイトs



ゴルフ場わきの水路では、去年は未撮のハクロトンボ。
                  ハグロトンボ2s



午後になっても雨の降る様子は全くなく、陽射しがガンガン。
今向かっている忠生公園で今日は終わりにする事にした。
いつものように林の中の手すりをチェックしていくと、カメムシの幼虫がやたらと目立つ。
そんな中1匹の甲虫が!  見てすぐにわかるコイツ。  エゴヒゲナガゾウムシだ。
こんな遅い時期までいるんだなと、ちょっと感心しながらモニターを覗いてみたら、、、あれ、ダニ?
そのダニがマヌケなエゴヒゲナガのメスの顔をさらにマヌケな物にして、感心はすっ飛んで行ってしまった。。。

            エゴヒゲナガs



やっぱりここもトンボが多い。  オオシオカラって普通種だけど、けっこうかっこいいトンボだよね。
オオシオカラモノs



またまたトンボ。  ギンヤンマを撮ったんだけど、飛んでる時って脚はたたみ込んでいなかったっけ?
捕食とかの関係? じゃなかったら旋回とかかな?    それとも正座をくずす様にただ楽にしたかっただけ?
    
           ギンヤンマ1s



今年も見る事が出来たカブトムシ。  ホントはこの木でノコギリクワガタをさがしてたんだけどね。。。
                        カブトムシs




最後は、、、出た~~~、お化けーーー!  納涼感たっぷりなのは、シャチホコガの幼虫。
       このテカリ感は、蛹化寸前って事なのかな?

            シャチホコガs


ではでは。。。。。。や 
[ 2019/08/14 00:38 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

消費期限

前回の林道の続きでカミキリ編。
この時期多いのがピドニア(◯◯ヒメハナカミキリ)
ピドニアは模様もいろいろあって、花にいるから絵になるし嫌いじゃないんだけど、、、 そう、同定がねぇ。。。
まあ、そんな頼りない同定だけど、まずはこれはオヤマヒメハナかな?

                  オヤマヒメハナカミキリs



この全身茶系が悩むんだよね、、、候補は4種類前後しかいないんだけどね。。。   ブービエヒメハナカミキリ?
                        ブービエピドs



これは合ってると思うんだけど、ヨコモンヒメハナカミキリの♀かな。
            ヨコモンヒメハナカミキリ♀s



で、こっちがヨコモンヒメハナの♂。
                  ヨコモン♂s



これまた微妙で、たぶんゴマダラモモブトカミキリだと思うんだけど
まだ未見のミヤマモモブト、ナカバヤシモモブトっていうのがいて
心情的にはそっちの方がいいなぁ、、、と同定に希望がからんでくるヤバいパターン。。。

モモブトカミキリs



ゴマダラモモブトだとは思うんだけど、ミヤマ・ナカバヤシの可能性を残し、、、冠をはずしてモモブトカミキリって事で!
                               モモブトカミキリ2s




ここ最近、林道に行くと必ずいるマルガタハナカミキリ。  たまには撮っておきますか!!
マルガタハナカミキリs



初見種発見! オオクロカミキリ。 って言ってもクロカミキリの大きいタイプじゃなく、オオマルクビヒラタとかヒメマルクビヒラタを
大きくしたタイプかな。

                        オオクロカミキリs



で、そのオオマルクビヒラタとかより、かなりデカいから見つけた時は、『おっおっ』と、なること間違いなし!!
            オオクロカミキリ2s



4年前に見たヒゲナガカミキリ。 きのうの事でも忘れてしまうオイラが4年前の事なんて覚えている訳もなく。。。
                        ヒゲナガカミキリs


当然の事ながら『初見カミキリだ!』と思って、目をキラキラさせながら撮ってました。。。
            ヒゲナガカミキリ2s



ここいらでモドキなんかも。。。   スジカミキリモドキ。
                        スジカミキリモドキs




最後は、、、10日ほど前、近所で撮ったトラフカミキリ。  この時はこれしか撮れなくてブログアップ出来ず
       何かと抱き合わせでって、思っていたんだけど、なかなか抱いてもらえなくて、、、  消費期限が過ぎない内に。。。

トラフカミキリs



                        トラフカミキリ2s



            トラフカミキリ3s


ではでは。。。。。。や
[ 2019/08/09 10:11 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

ギャップがたまらん!!


今日も林道。。。
今の時期のアサギマダラは撮影しやすいんだね。
そんな事も頭に入っていないから、ワイド用はコンデジしか持ってこなかった。。。 残念!

                        アサギマダラs


コンデジでも綺麗に撮っている人もいるから、コンデジの練習でもするかな。。。
            アサギマダラ2s



ゾウムシは、模様が少しわかりづらいけどイチゴハナゾウムシかな。
                  ゾウムシ2s


ゾウムシのこういったポーズが、けっこう好きだな。
            ゾウムシs



シロコブゾウムシっぽいけど、ちょっと違うよな、、、これってお初かな。。。 ブッブーーー、2回目のウスヒョウタンゾウムシでした。
                  ウスヒョウタンゾウムシs



いいのがいた!
これは間違いなく初見種だ!  オオキノコムシと言うらしい


オオキノコムシs


エリトラと前胸のギャップがたまらん!!
            オオキノコムシ2s



イチゴハナゾウムシがいたバラ科の植物には、ギンボシヒョウモンもやって来た。
                        ギンボシヒョウモンs


これも初見のチョウなんだけど、花にいなかったら撮っていなかったよな、、、もう少しチョウも下調べをして・・・
何てことは性に合わないから、今度から見つけたら何でも撮っておこっと!!

            ギンボシヒョウモン2s





最後は、、、カミキリでもいないかなとピンクの花をジロジロしていると、、、  なんかいる。。。
       幼虫だ。 タテハチョウ系の幼虫かな?  調べたけどわからんかった。
       とにかく綺麗だった、ピンクの花に同化していて、こんな綺麗な幼虫もいるんだなと、感心してしまった。

幼虫s


オマケに正面顔も。。。

                       幼虫2s

ではでは。。。。。。や
[ 2019/08/07 22:03 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

きたーーーっ?

今日は大菩薩界隈。
車を降り、ふと足元を見ると見慣れぬシジミが。 シジミと言えど初見種は気合が入るものだ。
何シジミだろう? 帰宅後、早速同定。   ウラキンシジミ。  ん?あれ?
一か月前に撮っていたみたいだ、ポッカ兄さんと。。。

            ウラキンシジミs



もしかしたら撮った事ないんじゃないかなと、撮ってみるも普通にハコネホソハナカミキリだった。
                  ハコネホソハナカミキリs


以外にも撮っていなかった初見種はヒゲジロハナカミキリ。
            ヒゲジロハナカミキリ (3)s



クロハナカミキリ系の触角の先がちょっと白いだけなんだけどね、、、それがいいんだよなぁ。。。
ヒゲジロハナカミキリ (2)s



過去にも見てるけど、ヒゲ白に気が付いていなかっただけかな?
                        ヒゲジロハナカミキリ (1)s



カミキリは粗朶にいたトゲバカミキリ♀。 オスの翅の根元には一対のトゲのような物があり、それから名前が付いたようだ。
            トゲバカミキリ♀2s



で、これがその♂。  でも色がずい分違うけど、こんなものなのかな。。。
トゲバカミキリ♂s



あとは、シロオビチビカミキリなんかも。
                        シロオビチビカミキリs



ホソミオツネントンボ。  いれば確実にレンズを向けているお気に入りのトンボだ。
            ホソミオツネントンボs




林道のはしっこにコムラサキがいた。  しかしこれがよくある光景で、獣のう◯ちをお召し上がりになっているところだった。
コムラサキは過去に撮った事はあるが、すべて翅裏の“茶色”しか撮れておらず、あの綺麗な“アオ”を拝めていない。
今、目の前にいるコムラサキは、見事に開翅している。  う~ん悩む。。。
イチかバチか飛んでもらう事にした。  すると、運よく近くの葉っぱの上に着地、チヤ~ンス!  
でも違う、“アオ”が。。。

                        コムラサキ3s


おっ、今度はいいぞ!  いやダメだ、奥の翅は青いけど、手前の翅は茶色くてメスのようだ。
コムラサキのLGBTはちょっとなぁ。。。

            コムラサキ2s


お~~~、いいねー!  もうちょいだ! 両翅の綺麗な“アオ”を拝ませてくれ!!
                        コムラサキs



キターーーッ!   って、やっぱりそっちにきたーーーっ? 自然を制御する事は、人間には出来ないのであった。。。
                               コムラサキ4s



コムラサキとひと遊びした後は、初見コガネのツヤケシビロウドコガネの登場だ。
                  ツヤケシビロウドコガネs



この日のラストインセクトは、アオオビナガクチキとかなり渋めのキャスティングだった。
                        アオオビナガクチキs




最後は、、、久しぶりの初見セミはコエゾゼミ。  この背中がWのセミも好きだけど、一番みたいのはクロイワゼミだな。。。
コエゾゼミs

ではでは。。。。。。や
[ 2019/08/06 14:06 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

エリトラのブルーは印象的

遠征2日目。
きのうめでたくコトラを落とし、御嶽山をあとにする事ができ
今日は、帰路に就きながらのんびり気分の虫撮りデー!
でも何気に遠回りなんだけどね。。。
最初は林道に入る前に土場があるので寄ってみる。
ここ最近よく目にするルリボシカミキリと、あれ、土場にもいるの?と思ったラミーカミキリ。
2個体いて、2個体とも顔が黒かったから産卵なのかな?

ルリボシs ラミーs



久しぶりの初見テントウはアカイロテントウ。
            アカイロテントウ3s


さすが自然度が高いと初見テントウも見つかる訳だ!  と思ったけど、普通に町田あたりにいるみたい。。。
                        アカイロテントウ2s



でもまあまあ、カワイイからいっかな~。
アカイロテントウ (1)1s



林道に入るとカミキリ色々、御嶽山と同じく多いのはヨツスジハナカミキリとフタスジ?ヤツボシ?系。
それとこのチャボハナカミキリ。  チャボは最近アップしていないからとりあえず。。。

                        チャボハナカミキリs



これは、ニセヨコモンヒメハナであってるかな? まあ、そのへんって事で!
                                  ニセヨコモンヒメハナカミキリs



いると撮っちゃう系はヒメトラハナムグリ。 ちょっと暑そう。。。
            ヒメトラハナムグリs



林道をさらに奥へ進むと、まるでイベント会場のオブジェの様の絵が。
針葉樹に絡まるツルアジサイ。  なんか好きな絵だなぁ。。。

景色4s



そのそばにはミドリヒョウモンが訪花していた。
                        ミドリヒョウモン1s



花に口吻を絡めたミドリヒョウモンをツルアジサイに絡まれた針葉樹を絡めて一枚!?
ミドリヒョウモン2s



この場所はチョウたちの憩いの場所なのだろうか?
山でしか見ることの無い、スジボソヤマキチョウがいた。  でも葉っぱの上じゃなぁ。。。

            スジボソヤマキチョウ1s



聞こえちゃった?  そうそう、そっちの花の方へどうぞ。。。
スジボソヤマキチョウs



オトシブミ発見!
                        オトシブミ2s


もうオトシブミも何回アップしたんだろう?  いるとついつい撮ってしまい、撮るとついついアップしてしまう。。。 そんな存在だ。
            オトシブミ1s



粗朶にいたのは、ヒメナガサビカミキリ?それともエゾサビカミキリかな?
                                  ヒメナガ・エゾs



山頂を折り返し、林道を下ってきたらアカネが山を眺めるようにとまっていた。
            アカネs



林道を降りてきて、さらに帰宅方面へと進み、いつも寄っている土場をチェックしてみる。
多数のクビアカトラカミキリが、せわしく動き回っている。  これかぁ、大運動会って。  種類が違うけど。。。

                        クビアカトラカミキリs



クビアカトラの大運動会はいいんだけど、それ以外が見つからない。
帰ろうかなと思ったその時に、お~~、キマダラミヤマー! 5年ぶり2回目となる初見の様な出会いがあった。

キマダラミヤマカミキリ2s



五年前に見たのが長池公園、やっぱ長池ってカミキリポテンシャル高いよな。
キマダラミヤマカミキリs





最後は、、、最後の土場で見つけたタマムシ。  マスダクロホシかなと思って聞いてみたら首を振っていた。
ってか、グル~ッとまわしていた。   で、どっち?  マスダが付かない方、タダクロかな。

            クロホシタマムシ3s



クロホシタマムシ色々。  クホタ特集をどぞ。
クロホシタマムシ6s




            クロホシタマムシ4s




                        クロホシタマムシ2s



                        クロホシタマムシ1s



                  クロホシタマムシ8s



                               クロホシタマムシ5s




クロホシタマムシ7s
ホント綺麗なクロホシタマムシだったなぁ。。。特にエリトラのブルーは印象的だった。。。


ではでは。。。。。。や
[ 2019/08/04 22:27 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

微妙かつ絶妙な喜び

御嶽山 カミキリ編。  
と言っても御嶽三大天牛のサハリン・オトメ・スミイロは、全くかすりもせず、、、
じゃ、御嶽まで行って何してたの?って言われると、ちょっと無口になってしまいそうだけど。。。
ま、こんな感じのヤツラに遊んで来てもらいまいた。
まずは、過去2回ほど見ているのに、クワガタ?と、思い込んでいたクロカミキリ。

                        クロカミキリs


考えてみれば、触角を見れば一発だったんだけどねぇ。
            クロカミキリ2s



今シーズン3回目のホンドアオバホソハナカミキ。  なぜ3回も、、、そりゃ、ご覧の通り、触角がキュートでしょ!!
                  ホンドアオバホソハナカミキリs



これがもし人間だったら、、、田中みな実ばりのぶりっ子なんだろうなぁ。。。
ホンドアオバホソハナカミキリ2s



ニイジマトラカミキリを遠目から100㎜マクロでパチリンコ! 
                        ニイジマトラカミキリs



へなちょこマクロで撮ると、だいぶ雰囲気が変わっちゃうね。
            ニイジマトラカミキリ2s



最近の悪い癖、、、交尾態に逃げる。。。フタスジハナカミキリ。
                        フタスジハナカミキリs



マツシタトラも今年何回目だろう?
                  マツシタトラカミキリs



この遠征で、一番見たカミキリがこれ、ヨツスジハナカミキリ。
                        ヨツスジハナs


もっと明るい所で撮ればストロボを使わなくて済んだのに。。。 何でここで撮ったんだろう?  覚えてない。。。
            ヨツスジハナカミキリs



ハナカミキリの流れで、、、ハナカミキリ達を。。。
4ツマグロハナカミキリs  4ヤツボシハナカミキリs
                  ツマグロハナカミキリ                                ヤツボシハナカミキリ   


4ミヤマクロハナカミキリs  4ツヤケシハナカミキリs
                  ミヤマクロハナカミキリ                               ツヤケシハナカミキリ




キスジトラカミキリは材のイメージだから、こうやって訪花しているところを見るのは、うれしいものだ。
            キスジトラカミキリs



たいした成果もあげられないまま、林道を下り次なる目的地“コトラのいる土場”に向かった。
一泊二日のこの遠征、二日目は帰宅方向の林道を攻めようかなと考えていたが
この土場でコトラを得ることが出来なかったら、御嶽山残留を選択しなければいけない。
出来たら見つけて、明日はサクッと帰宅しながらの林道コースと行きたいのだが。。。

とりあえず土場に付き探虫するもルリボシ、ニイジマ、アカハナと目的虫とのずれに、少しあせりを感じる。
ちょっと雰囲気を変えて、近くの粗朶系を探してみると、2年前に初見を済ましたフタモンアラゲがいた。

                        フタモンアラゲカミキリ3s



地味なカミキリだが好きなカミキリだ。
            フタモンアラゲカミキリs


地味なだけに渋い正面顔を頂けるかなと思ったけど、なんだか本官さんみたいだ。。。
                  フタモンアラゲカミキリ2s
そんな本官さん似のフタモンアラゲと遊んでいると、大きな網を持った虫屋さんが現れた。
挨拶をし、今日の戦利品を聞いてみると、カンボウトラなどいいものを落としていた。
話を聞いていると御嶽山とは反対側の山の上から歩いてきたのだと言う。
『えっ、上まで歩いて行ったのか?』と思ったオイラの心を見透かすように
行きはタクシーで行ったんですけどね。と言っていた。  う~ん、確かにその作戦はいいかも。。。
と、どっかの林道でやってみたくなった。
そんな話をしていると、もう一人の虫屋さんがやってきた。
どうもーと声をかけると、『ここの土場って有名なんですね』と一言。  確かに。
ここに三人の虫屋が集まるという事は、ど田舎の“スナックあけみ”が満席になっているようなものだ。
  いや、全然違うか。。。
最初に出会った虫屋さんが、今来た虫屋さんに成果を聞いている。
するとチャック式の小さな袋を取り出し、見せてくれた。 ミヤマドウボソカミキリ。 5∼6体得たようだ。
すると、成果を訪ねた虫屋さんに『よかったらお好きなのをどーぞ』と言っている。
それを見ていたオイラは『うっそー、マジー、オイラも欲っしい~』と、、、もちろんこれは心の叫びだ。
しかしその後から来た虫屋さんは超能力でもあるのだろうか、心の叫びを聞いていたようで、オイラの顔を見ながら
『よかったら、どうぞー』と、神の声。   『あ、さーせーん!』とありがたく頂戴した。
そしてさらに図々しいオイラは、『ここにはコトラを探しに来たんですよね~』と、
なんか情報があったら教えて下さいまし、神様!!的な感じで言ってみると
『コトラはここよりもあっちの材の方がいますよ!』と、本日2回目の神の声。
さっそくオイラは、昆虫談議もそこそこに『じゃ、行って来まーす!』とそちらに向かった。

う~ん日当たりが良すぎる様な、、、そして半日陰の材に目を移すと、、、
いたーーーーーっっっ!!  コトラカミキリ


コトラカミキリ1s


トラらしい体格、そして渋めのエリトラ。  予想通りのいいカミキリだ。
                        コトラカミキリ (14)s


コトラをゲットした喜びもあり、明日は違う林道を攻められると言う喜びもありで
タナボタの成果で残業を回避できたサラリーマンの気持ちがちょっとだけわかった。  ような気がした。。。

            コトラカミキリ (11)1s



神ことSさん、ミヤマドウボソ(情報付!)ありがとうございました。
それはもとより、ここを教えて頂いた、Nさんもありがとうございました。
ミヤマドウボソ、コトラがいなかったら御嶽撃沈!だった。  感謝感謝感謝ですーーー。
 
コトラカミキリ2s



で、そのSさんから頂いた、ミヤマドウボソカミキリ。
                                  ミヤマドウボソカミキリ2s



長い触角好きのオイラにはたまらんカミキリだ。  
ミヤマドウボソカミキリ1s




最後は、、、これまた初見のマツシタヒメハナカミキリ。  微妙かつ絶妙な喜びを感じるのは、ピドニアならではか。。。
            マツシタヒメハナカミキリs


長野県産カミキリリストを見ていたら、ピドニア同定がかなり楽になった。  まるちゃん、ありがとー!
                        マツシタヒメハナカミキリ2s


ではでは。。。。。。や
[ 2019/08/03 22:37 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

異色のカップルだ!!

先日1泊2日で、御嶽山に合宿遠征に行ってきた。  もちろんピンで。
夜中の3時に出発し現地を目指した。

南会津以来のロングドライブは、思ったほど疲労を感じず目的地付近までやってきた。
朝六時半ごろだったろうか、御岳湖の湖面がガスっていい感じになっていたので撮ってみたが
思ったほどガス感が出ず、写真って難しいなと再確認。。。

景色s



時間もまだ早いので、そばで虫探し。  おっ、御嶽第一昆虫は、どうやらハムシ、初見のアザミオオハムシだった。
                                  アザミオオハムシs



前も後ろも対向車も全くいない。 それをいい事に景色を楽しみながらの~んびりと車を走らせた。
おっ、これまたいい景色。 いかにも夏っぽく、無風の湖面には山なみが映し出されていた。
まるで先月遊びに行ったボリビアのウユニ塩湖のようだ。
              ウソです。  ボリビアなんか行った事ね~!
                                                  ボリビアに行くより、コスタリカに行きたいなぁ。。。
            景色2s



途中、去年も寄った御嶽山神社に寄り、願掛け。  いい昆虫に出会えるようヨロシクお願いしや~~~す! 
                                  景色3s



ついつい撮ってしまう昆虫の代表格アオハムシダマシ。
                       ハムシダマ2s


これいいね~! ありそうで見た事なかった交尾態は、まさに異色のカップルだ!!
            ハムシダマシ1s



もちろん最後は飛んじゃって~~~。
                        ハムシダマシ3s



高標高地で出会う事が多いヒメヒラタタマムシ。
            ヒメヒラタタマムシ1s



今までに見た事が無いくらい今回は数が多かった。 今年は全然見ない昆虫がいたり、やたらと数が多かったり、、、
やっぱりこの夏の変な天候のせいなのかな?

ヒメヒラタタマムシ2s



コメツキは去年と同じメスアカキマダラコメツキ。  ちなみにこれは♂。  そして♀は、と言うと、、、
                        メスアカキマダラコメツキ♂s



お~、確かにメスアカキマダラコメツキだ。。。
            メスアカキマダラコメツキs



オオトラフコガネの面白いのを見つけた。
これは普通にメスの個体だと思うんだけど。。。

                        オオトラフコガネ♀s


これだよね~、オモロイのは。  一瞬オス?メス?って感じだった。
            オオトラフコガネ♂?s



たぶん前胸の模様や、触角の大きさ、お尻の感じからオスでいいのかな?
                        オオトラフコガネ♂?オシリs


オオトラフコガネにも最後は飛んでもらいまひょ!
            オオトラフコガネ♂?パs



林道の隅で、ヒラヒラ・ヒラヒラ~~~と。  白いシジミだ!  長野、高標高地と来ればレア種に違いない!
何の事は無い、スギタニルリシジミのお疲れ個体だった。  たぶん。。。

                        スギタニルリシジミs



カオジロヒゲナガを撮ると、ついついデッカクしちゃうんだよね。。。
カオジロヒゲナガゾウムシs





最後は、、、赤いアザミに黄色いコマルハナバチ、オマケにバックは緑と来てる、これ撮らない人いないっしょ!
                        コマルハナバチs
って、事で今回はカミキリ以外編。 次回はカミキリ編。 サハリン、オトメ、スミイロは出て来ないよ~

ではでは。。。。。。や
[ 2019/08/02 22:54 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

遅い梅雨明け



今日は大月か富士山方面に行きたいな、と思っていて
各地の天気をチェックするも昼頃に傘マークがついている。
どうしよっかなー、とウダウダしていたら、いつの間にか昼近くになってしまったので
ここは天気のいい地元緑地を選択する事にした。

緑地に到着し探虫するも目ぼしい昆虫が見つからない。
すると目の前に赤トンボ。  リスアカネかな?
7月下旬と言う遅い梅雨明け、そして目の前には赤トンボ。  夏の様な秋の様な、、、何か調子が狂うよなぁ。。。
  
                        リスアカネs



目の前に現れたのは、またトンボ。  オニヤンマなら撮ってやろー!
って、帰宅後見たらコオニヤンマだった。。。

            コオニヤンマs



今度はオオシオカラトンボの交尾態。  なんかこの絵初めて見たような気がするなぁ。。。  見ているはずなんだけど。。。
                                  オオシオカラトンボs



またトンボ、ってかオイラの目は、もはやトンボを探している。。。  
おとなしそうなマユタテアカネだったから、へなちょこマクロで頂いた。

            マユタテアカネ2s



ジワリジワリと寄って、息を止め~の、、、ふぅ~~~。。。  いっちょ出来上がり。
マユタテアカネs




へなちょこマクロでジワリもいいけど、やっぱイトトンボなんかを100㎜マクロでって言うのも好きかな。ホソミイトs



最初アオモン・アジアかなって思ったけど、ホソミイトだったみたい。 ちょっと、うれしいね~。
ホソミイトトンボs




最後は、、、今日はオールトンボ。 そして久しぶりのドラゴンバックはシオカラトンボ!
            シオカラバックs

ではでは。。。。。。や
[ 2019/07/30 12:58 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

『くらべる君』

先週の水曜日に発生した、まさかのパンク事件。
今思い返せばラッキーな点もあり、、、
トラブルと言う意味では同じ事で、脱輪では無くて良かったなと言う事、
古い車だったので、パンク修理キットではなくスペア―タイヤだった事など。。。
(後日タイヤ屋さんに行きタイヤ交換をした際、破損タイヤを確認したら内側が3センチほど避けていた)
パンク当日は、この事態に『この林道はもう来るのはやめよう』と考えていたが
よくよく考えれば『不幸中の幸いポイント』と言う事で、決して悪い場所ではないと感じてきた。
ならば、、、行くっきゃないっしょ!!と、いろんな意味でのリベンジ虫撮りに出かけてきた。

この日一番見かけたカミキリがフタスジハナカミキリの色彩変異?
またまた楽して撮れる、交尾態を選ぶオイラ。

                        フタスジハナカミキリ交s



この日はこれが見られたらいいな、と言うカミキリが3種ほどいたんだけど、正直1種見れればラッキーだと思っていた。
そしてその1種が目の前に現れた!  オオアオカミキリ。
ネットでは見て知っていたが、普通のミドリカミキリと大して変わらなかったので、このカミキリは今日のランキングでは3番目だった。
しかし実際に見ると、明らかにミドリカミキリとは違い、テンションは上がった。

            オオアオミs



何が違うかと言えば、当たり前の事だがサイズだ。  “オオ”と付くから大きいのだろうけど
昆虫のネーミングで“オオ”とか“ヒメ”は、本種とさほど変わらない事もあるので、油断をしていた。

オオアオフロントs  オオアオバックs


ハイテンションはサイズだけはなく、見た通りの美麗種という事だ。 前胸とエリトラの色の差がまたオシャンティーだ。
オオアオバストs  オオアオサイドs


へなちょこマクロでは、この画角でしか収める事が出来なかった。
            オオアオフルs



目的虫を一種おさえたから、パンクする前に帰ろっかな~とネガティブな事を考えながらもキレイ目甲虫を撮っていると、、、、、、
ケヤキナガタマムシs  スジカミキリモドキs



ウォ~~~~~、キターーーーー、マジ--------!!
本日の見たいランキング1位のタキグチモモブトカミキリだーーーっ。
ってか、総合見たいランキングでも1位なんだよな~~~!沖縄でトラニウスを見つけた時より、興奮してしまった。。。

            タケウチモモブトホソカミキリ (1)s



オイラの見ているネット図鑑では、“長野県では少ない”と記されていたので
長野で少なけりゃ、そうそう見られるものではないなと、思っていたので感動もデカかった。

タケウチモモブトホソカミキリ (3)s



けっこう前から見たいと思っていたので、これ以上時間が経って来年、再来年となると感動も腑抜けたものになっていただろう。。。
            タケウチモモブトハナカミキリ6s



感動続きの合間には、ゾウムシ系でも楽しんでいた。  ツツムネチョッキリ。
                                  ツツムネチョッキリs



微小ヒゲナガゾウムシは、4年ぶりとなるコモンヒメヒゲナガゾウムシ。
            コモンヒメヒゲナガゾウムシs


ヒゲナガゾウムシの中では優しい顔をしている方だ。
                  コモンヒメヒゲナガゾウムシ2s


この角度だと、笑ってる?と思えるくらい。。。
            コモンs



モンクチカクシゾウムシは地味~~~だけど、価値ある初見種。
                  モンクチカクシゾウムシss



オモロ顔のハチは、コンボウハバチの仲間かな。
                        コンボウハバチの仲間ss




なんだかんだと遊んでいると、、、まさかの本日見たいランキング2位のヤツが、、、
ネットではよく目にしていが、なかなか縁のなかったコバネカミキリ、、、ひろ子、、、
元い、ヒロコことスネケブカヒロコバネカミキリだ。

            ヒロコ3s



先週のパンクで厄落としでも出来たと言うのか、、、信じられない初見ラッシュだ。
ヒロコs



見たいランキング2位のヒロコだけど、実際見て撮っていると、タケウチ越え? と、感じてきてしまう。
色もスタイルも申し分ない!!

            ヒロコ1s



今日は誰もいない林道で何度叫んだんだろう。。。  
その日の見たい昆虫のナンバー1,2,3を落としたなんて初めてじゃないか、、、
ってか、一日で見たい昆虫を3種も狙う事すらなかったし。。。    記憶に残る一日になった。

ヒロコ4s



ヒロコと言えば名前にもなっているココ!! 地にあわした毛色もタマラン!  いい仕事してるね~~~!! 
                        ヒロコスネs



初見3種、しかしただの初見ではなく見たかった3種には、少しオーバーだが幸甚の至りを感じていた。
しかし、初見フィーバーは、まだ終わっていなかった。。。

            キイロアラゲカミキリ3s



キイロアラゲカミキリ。  虫撮りに行く前日、見ていたブログにこのキイロアラゲが載っていた。
奄美での採集記事だった。 奄美かぁ~来年あたり行ってみたいなぁと漠然と思い、キイロアラゲはノーマークだった。

キイロアラゲカミキリs



しかし、記事中に載っていたフレーズは覚えていた。 “山梨で採ったやつのほうが黄色味が強かったな”と。
今、その強い黄色味を堪能している。
      
                  キイロアラゲカミキリ4s


ラストはパッカン〆で。。。
キイロアラゲカミキリss  キイロアラゲカミキリ2s
コインを投げての裏表。5回連続表が出て、6回目に投げる時は何を思うか、、、
オイラだったら、さすがに次は裏だろう。。。表の流れが続いてるから次も表だろう。。。 と、二つの考えが交差するだろう。
コインの裏表を考えるように、次なる探虫場所を思案するオイラだった。。。





最後は、、、以前オイラのブログでは、『くらべる君』なるものを紹介していたが、それは単にハリガネの先に50円玉を付け
        昆虫の大きさの比較用で使っていたものだ。
       今回それが復活した!!  名付けて『くらべる君スーパープレミアム』だ!
  来年には55歳、四捨五入すると還暦を迎えるオイラですが、何か??
オオアオクラベルs
500円玉の直径2.6㎝よりもさらに大きいのがお分かりでしょうか?  デカいっしょ、オオアオカミキリ。

ではでは。。。。。。や
[ 2019/07/28 23:03 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

やっぱりこのオモロ顔

虫撮りに出かけようと思った朝、ちょっと寝坊をしてしまった。
近場にするか、、、でも変わった昆虫を見てみたいし。。。
そんな時は、美女谷が打ってつけだ。
ただ、変わった昆虫はその時の運しだいなんだけどね。。。
運を信じて美女谷へゴー!
最初の昆虫は、葉っぱの上にポツンとムツキボシカミキリが。
いろいろ撮りたかったけど、すぐに飛んで行っちゃった。

                        ムツキボシs



いいのがいた。  ニセクロホシテントウゴミムシダマシ。 
それにしてもこんだけネガティブなネーミングも珍しいよね。
偽者のニセ、やっぱり黒って色はネガティブだし、犯人の事をホシって言うよね、テントウはまともだけど
変換すると“転倒”なんてあまりヨロシクないし、ゴミはやっぱ、ゴミだよね。、
ムシはオイラは好きだけど一般的にまだ市民権を得てないし、ダマシってのも良くないよなぁ。。。  ある意味アッパレ!だ。

            ニセクロホシテントウゴミムシダマシs



思ったほど昆虫が見つからず、オオクモヘリカメムシなんかも撮っていた。
                        オオクモヘリカメムシs



ヨツキボシに続いてカミキリが見つかった。
オスは初めてのオオヨツスジカミキリ。   たまには撮るかぁ~と、ヨツスジカミキリ。

オオヨツスジハナカミキリ♂s  ヨツスジハナカミキリs



これまた渋い系、ネアカクロベニボタルもいいね~。  でも赤なの?黒なの?紅なの?って感じだけどね。。。
            ネアカクロベニボタルs



しぶ~~い初見種はケチビコフキゾウムシ。  調べていてわかったんだけど、コフキゾウムシ類って6種類もいるんだね。
                        ケチビコフキゾウムシs



ガードレールにいたから枝に移して撮ったんだけど、普通葉っぱにいるんだよねハコベタコゾウムシは。。。
                  ハコベタコゾウムシs



美女谷らしく、ヒゲナガオトシブミ。  なぜかクワの葉っぱにいたんだよな。。。
ヒゲナガオトシブミ2s



ってか、これアカクビナガオトシブミってヤツかなぁ?
            ヒゲナガオトシブミs



これは極小ヒゲナガゾウムシの初見種で、ムモンチビヒゲナガゾウムシ。
                        ムモンチビヒゲナガゾウムシ2s


大きさ2.5㎜、そんな昆虫の複眼にピントが来ると、うれしいんだなぁー、これが!
            ムモンチビヒゲナガゾウムシs



池淵にミヤマカラスアゲハがいたから撮っては見たけど、バックがどうもね~。。。
でもこのバックが逆にいい引き立て役になったかな?

ミヤマカラスs




最後は、、、今年はもう発生しないと思っていたエゴヒゲナガゾウムシがヨコバイ天国で確認できた。
       やっぱり今年はだいぶ遅いみたいだなぁ~色々と。。。

            エゴヒゲナガs



エゴヒゲナガゾウムシの特徴はヒゲナガじゃなくて、やっぱりこのオモロ顔
だから顔がわかるように今までは正面のショットが多かったけど
考えてみると、この逆絶壁の様な平たい顔は真横からのショットが有効だよね、やっぱ!  って事で、これは♀。

                        エゴヒゲ♀横s



これは♂なんだけど、あんまり変わんない?
            エゴヒゲ♂横s



真横もいいけど、やっぱり正面顔は、ついつい撮っちゃうよね~。  エゴヒゲ♂
エゴSS



なんか助けてあげたくなる顔つきしてるよね。  エゴヒゲ♀
            エゴヒゲ♀s

ではでは。。。。。。や
[ 2019/07/27 01:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

気圧現象

このところ気温はしっかり上がって来て、スクーター遠征も気持ちがいいもので
きのうは大月方面の通称“名もなき林道”に行ってきた。
スクーターで来るのは久しぶりだ。
現地に着いたが、晴れ予報のはずだった空は、しっかり曇っている。
とりあえず、曇りでも問題なさそうな、ピドニア・ホソハナカミキリ系のいるポイントに向かう事にした。
スペア―タイヤがある車と違い、スクーターのパンクはシャレにならないので
オイラはちょっとビビリながら林道を登って行った。
ポイントに着き花を見ると、もう終わりかけのようだった。
しかしその終わりかけの花を認識する前に、花のまわりを飛び交う多くのカミキリが視界に飛び込んできた。
単体ではスルーも交尾態は頂いておくニンフホソハナカミキリ。

            ニンフホソハナカミキリs



撮りやすい交尾態についつい逃げてしまっているオイラ。  ニセハコネハナカミキリかな?  ニンフと大差がないよなぁ。。。
ニセハコネホソハナカミキリ交尾s



葉裏にはニョウホウホソハナカミキリが潜んでいた。
                        ニョウホウホソハナカミキリs



前回アップし忘れた、ホソハナカミキリのオイラが好きな部分。  ココだ!  何とも言えずキュートだ。
            ニセハコネホソハナカミキリs



ピドニアは誤同定で見ている方にご迷惑をかけてもいけない。  という事を口実に同定サボります! 
こんなのがいるんだ~、、、的なスタンスでお願い致します。   同じ種類もいるかもだけどヨロシクです。。。
ってか、ピドニアじゃなくても誤同定はにちじょうちゃめしごとだけどね。   タハッ 

ピド1s  ピド3s  ピド2s


ピド5s  ピド4s  ピド7s
久しぶりのピドニア・ホソハナフィーバーを楽しんでいると、この林道では初めて会う、虫網を持っている方がいた。
声をかけ話を聞くと、カミキリ狙いらしい。
けっこうやられている方のようで、色々な話を伺えた。
その方の知り合いが先週ここでジャコウホソハナカミキリを見たらしく
これから行ってみるとの事だったので、図々しくもご一緒させて頂くことにした。



ポイントに着き、その方が網で掬ったものを見させて頂くと、中にはキヌツヤハナカミキリが入っていた。
去年、御嶽山付近で見た以来2回目だ。 綺麗なカミキリだなぁ~、と心の中でつぶやいたオイラの声が聞こえてしまったのか
『どうぞ。』と、頂いてしまった。  ラッキー!と思っているのもつかの間、目の前に赤いエリトラが見えた。

キヌツヤハナカミキリs


ビロウドカミキリと同じような質感のエリトラ、赤だとすこぶる綺麗だ。
            キヌツヤハナカミキリ2s


ちょっと、雰囲気を変えてみたけどイマイチだったかな。。。
                        キヌツヤハナカミキリ3s



微妙なアオバもこれまた良し。  ホンドアオバホソカミキリ。  
                  ホンドアオバホソカミキリ2s



春のイメージのカミキリだが、やはり標高が上がるといるもんだな。 シロトラカミキリ。
                       シロトラカミキリs



なぜかアオハムシダマシも。。。
                                 アオハムシダマシs



マツシ外ラカミキリはこんな感じでパチリンコ!  どおでもいい事だけど、、、マツシそとラカミキリなんだぁ。。。
                        マツシタトラカミキリs



そして本日の嬉しい初見くん。 ルリハナカミキリィ~~~!
ルリハナカミキリ4s



高標高地ならではのルリハナカミキリ、いや~けっこう見たかったんだよな。
            ルリハナカミキリ5s


もちろん“パッカ~~~ン”も!
                        ルリハナカミキリs
時間は短かったけど、満足のいく時間だった。  この場をかりて、I さんありがとうございました。



雨無し予報も冷たいものを肌に感じたので、帰る事に。
途中、無造作に転がる倒木などをチェックしていると、初見ゾウムシ発見。 コゲチャツツゾウムシ。

                  コゲチャツツゾウムシss



保育社であたりを付け、ネットで確認。 コゲチャは1:1.5。  サンキューでーす!
            コゲチャツツゾウムシ2s



見つけた瞬間ピドニアに見えたから、??と思いながらも珍し種類かも!
とテンション上がるも、、、キッコウモンケシカミキリでした。。。

                        キッコウモンケシカミキリs



そしてギャラリーと言うか、材置き場と言うか、、、そんなところでウスイロトラFINISH!!
                  ウスイロトラカミキリs




最後は、、、オイラの大好物、  ヤマザキランチパック! じゃなくて、、、見てよこのふくれっぷり!
        オイラの好きなのはこの膨張感、そう標高差の気圧現象
        相変わらず『ウェ~~イ、気圧ぅーーー』と喜んでいるアホな54歳だ、オイラは。
                      by倒置法
                        ランチパックs


ではでは。。。。。。や

[ 2019/07/25 17:17 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

かわいいね~

前回の続きで、カミキリ以外の昆虫編。

トップバッターは、見つけた時は思わず声を出してしまった、アカスジキンカメムシの超美麗個体。

            アカスジキンカメムシ2s



いつも思うんだけど、こんな綺麗な昆虫を知らない人がたくさんいるんだよね。
アカスジキンカメムシみたいな昆虫は、是非知ってもらいたいし、見てもらいたいよなぁ。

アカスジキンカメムシs



輝くミドリならこちらも負けていない、ツノアオカメムシ。
アカキンより渋めのグリーンメタリックは、甲乙つけがたい美しさだ。

            ツノアオカメムシs



ツノアオカメムシは標高高めのイメージだけど、コイツもやっぱりちょっと高めのイメージかな。 シロホシヒメゾウムシ。
シロホシヒメゾウムシ2s  シロホシヒメゾウムシs




これは普通のヒメクロオトシブミ。  でも黄脚タイプだと何か稀少な感じがして、つい撮ってしまう。
            ヒメクロオトシブミs



これまた普通種。 林道まで来て何をやってるのやら。。。  でも5年ぶりなんだよね、マダラアシゾウムシは。。。
                        マダラアシゾウムシs



去年の7月ここに来た時は、オオツノカメムシが卵を大事に抱えている写真が撮れた。
今年もいるだろうかと、同じ樹の同じような所を探してみたら、、、いた!
撮るには撮ったが、去年と同じ絵なので2,3枚だけ。。。
帰宅後PCでチェックをしていたら、アレ? 卵じゃないよ、もうかえってる。  かわいいね~
ってか、もう少し絞り込んで子供達にもピンを合わせて撮りたかったなぁ。。。

            オオツノカメムシs



見た目まっ黒なクワナガタマムシは、普通に撮ったらイマイチだったけど、へなちょこマクロでガッツリ寄って撮ってみたら、、、
                        クワナガタマムシs



お~、なかなかの美男子後顔! 美少女⁉  好きなタイプの複眼だ。
クワナガタマムシ2s



林道のある現地に向かう途中、ちょっと車を停めて何かいないかなと探していたら
いいところにアオバネサルハムシ。  こういうの好きなんだよね~。 何より初見種だ、ラッキ

           アオバネサルハムシs



これまた初見ハムシは、カシワツツハムシ。  名前をけっこう見てるんだけど、撮ってなかったのね。。。
                        カシワツツハムシs



ツツハムシの仲間は、可愛らしいこの角度が一番好きだな。。。
カシワツツハムシ2s



町田近辺では見た事が無いヨツボシナガツツハムシは、見つけると『あ~、遠出をしたんだな』って思える1匹だ。
                                ヨツボシナガツツハムシs




最後は、、、お子ちゃまたちが可愛かったので、ちょっとピンが合っていた1匹を無理やりトリミング。
                  オオツノss

ではでは。。。。。。や
[ 2019/07/20 10:27 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

イヤーーーーーーな感じ

今週はずっと曇がちで遠出はないと思っていたが
火曜日に予報を見ると、翌日17日山梨方面の昼前後が晴れマークになっていた。
このチャンスを逃す手はなく、早々に床につき明日の早朝に備えることにした。
久しぶりの早朝ロングドライブは、車の走りもオイラの気持ちも軽快のまま現地に到着した。
訪花するカミキリタイムにはまだ早いので、ウダウダと葉っぱを見たり、木を見たりと時間を潰していた。
少し走ると材がわずかだが積まれている場所があり、そこでは地味ながらも初見カミキリを見つけ、さい先のいいスタートと感じた。
探虫をしていると時間が過ぎるのは早いもので、そろそろ10時、カミキリタイムになろうとしていた。
オイラは車を走らせながら、咲いている花を見つけては網を振っていった。
既知種ではあるが、オイラの好きなトホシカミキリ系が数種ネットインし、一人でウホウホと喜んでいた。
更に車を走らせると、どう見たってカミキリがいない訳はないでしょ!と、ビンビンに感じるショウマが咲いていた。
そっとショウマに近づいたつもりだったが、オイラの気配を感じたのか、かなりの数のハナカミキリが飛び交った。
オイラは少し後にさがり、手に持っていた網を置いて
再び近づきショウマを見ると、写欲をそそる10㎜前後のハナカミキリが落ち着きを取り戻し、吸蜜していた。
ここでもゴリラの様にウホウホと楽しみ、そこをあとにした。
少し走ると再び花があり、今度はどんなカミキリがオイラを楽しませてくれるんだ!と、車を停め後部座席を見ると
あれ?ない! 網が無い!  さっきの場所に置いて来てしまったんだ。 網を取りに戻らなきゃ!
誰もいない林道、網を持っていく人なんかいるわけないのに、変に焦っていたオイラ。
車でさっきの場所に行くにしてもこの場所ではUターンは出来ないので、少し走らせて切り返しが出来そうな場所を探す。
少し走らせたが、すれ違い用の退避スペースはなかったので、ちょっと広めになっていたところで、数回切り返す事にした。
先月54歳になったオイラ、まだアクセルとブレーキの踏み間違いは大丈夫だと思うが細心の注意を払っていた。
もちろん一番注意しなければいけないのが“脱輪”だ。  スマホも通じなければ、助けを求める車も多分通らないだろう。
慎重に慎重を重ね、切り返しを繰り返し、ようやく反対方向にハンドルを切れるようになった。
『ふ~~~っ』と息をつき車を走らせると、今度は車外で異音を感じた。 
カサッ、カサッ、カサッ、カサッと、タイヤに木の枝か何かがひっかかっているのか、、、
車から降り、タイヤを見るが何も見つからない。  ??何だったんだろう。。。
とりあえず運転席に戻り車を走らせると、やはり音が聞こえて来たが少し走れば外れるだろうと思い、そのまま走らせた。
すると10秒もしないうちに“カサッ”と言う音は消えたが、ほぼ同時に車内にイヤーーーーーーな感じが伝わってきた。。。
今度は車から降りることなく状況が把握できた。。。     “パンク” だ。  ヤバッ。。。  脱輪じゃなくてこっちかよ!
ここは十数キロある林道のほぼ真ん中、何度か来たことがある林道なのでわかっていた。
どうしよう、、、と思ったのは一瞬で、オイラはトランクにあるであろうスペア―タイヤを探し始めていた。
“そなえあれば憂いなし”の自分の性格を恨みたくなるほど、トランクには色々な物が入っていて
ようやく出し切り、ベリベリッと底のシートをはがすとスペヤータイヤとジャッキが出てきた。
さっそくジャッキアップし、ネジを外しスペアーをはめ込み、ネジを締めこんで取り付けが完了した。
ジャッキを少しずつ下げ、取り外そうとした時だ、タイヤを見ると思いっきり潰れている。
車検時には点検してくれないのだろう、10年以上そのままのスペア―タイヤは、かなり空気が抜けていた。
このタイヤを見た時は、パンクになった時より危機感を感じたが、行ける所まで行くしかないと林道を下って行った。
パンクは左の前輪、とにかく小石でもよけて通っていた。  小石と言うか葉っぱすらよけていた。
寄り道をしなければ30分程の道のりを一時間以上かけて下った。  
国道に出てスタンドを探し、エアーを入れてもらったが、4.2kPaなければいけないタイヤの空気圧は1kPaしかなく
かなりまずい状態だったようだ。  しっかり4.2まで入れ家路についたが、自宅まで約2時間半、まだまだ安心できない。
と言いながらも、少し安心したオイラは、途中いつも立ち寄る材置き場で既知種を撮り、この日を締めくくった。
と、こんな日にいたカミキリ達をどぞ。



最初の材置き場で、車を降りた時に目の前にあった蔓を見たら、ニセビロウドカミキリ。  同定が間違っていなければ祝初見だ!

            ニセビロウドカミキリs


材には大きめのカミキリ、チャボヒゲナガカミキリ。
                        チャボヒゲナガカミキリ?s



お次は、いかにも材にいそうな茶色い小っちゃいの。  ホソヒゲケブカカミキリ。  これまた初見種。
            ホソヒゲケブカカミキリ2s


でもこのタイプの初見種って、けっこう微妙な気分だよね。。。
                  ホソヒゲケブカカミキリs



車に戻りながら周りをキョロキョロしていたらビロウドカミキリ発見。  でも写真ではビロード感が出せず。。。  ホントは綺麗なんだけどねぇ。
            ビロウドカミキリs



虫撮りを始めた頃ヨウシュヤマゴボウを知り、こんな花にいい昆虫が来ないかなぁ、、、なんて思っていた事があったけど
ある意味小さな夢がかなったかな。。。

フタオビミドリトラカミキリs


フタオビミドリトラカミキリも普通種と言えど、そんなに見られるものではないから、気合を入れて撮っていたんだけど
違う場所で5個体くらいいて、小さな夢の実現が少しウエッティになった。。。

            フタオビミドリトラカミキリ2s



カミキリタイムには嬉しいトホシカミキリ系、オニグルミノキモンカミキリ。
                  オニグルミノキモンカミキリs


このカミキリを見つける度、最初に出会ったシチュエーションをかなり鮮明に思い出す。
            オニグルミノキモンカミキリ2s



トホシ第二弾はキモンカミキリ。 去年遅まきながら初見を終えたんだけど、8月だったからか擦れた個体だったから
今回の完品個体はちと、うれしかったなぁ。。。

キモンカミキリs



トホシ第三弾はムツキボシカミキリ。  すっとぼけた正面顔がチャーミング!
                        正面ムツキボシs


正面顔の流れから、、、キモンさんも。
                        正面キモンs


まだまだ流れてオニグルミさんも。。。
                        正面オニグルミs



ショウマ発見!!  ハコネホソハナカミキリ。  この細翅感がいいんだよね~。 
            ハコネホソハナカミキリs



って言いながら細翅感ゼロのサイドショットも。
ハコネホソハナカミキリ2s



なんか淋しいかな、、、冠が付かないホソハナカミキリ。  タダホソ?
                        ホソハナカミキリs



今回見た中で一番好みのミヤマホソハナカミキリ。
            ミヤマホソハナカミキリ3s


細翅系の翅端が好きでそこのアップを撮ったんだけど、アップロードするの忘れちった。。。
                        ミヤマホソハナカミキリs



触角の先2,3節が黒いタイプもいるみたいだけど、オスメスなのかな?
ミヤマホソハナカミキリ2s



帰り道、いつも寄っている民家の材置き場でルリボシ君。
            ルリボシカミキリs



同じくナガゴマフ君。
                        ナガゴマフカミキリs

いや~、今回はホントまいったよ。
トラブルも予備知識があったり予見出来れば、結果もかなり変わってくるものだと思いますので
皆様もこれを機にタイヤのチェックなど、色々と点検されてみては如何でしょう。。。





最後は、、、これまたカミキリで、ナカジロサビカミキリ。  なんで今さら?
        いや~、このハゲっぷりがいいなぁ、、、と。  最初に見た時は初見種だと思っちゃったからね。。。

            ナカジロサビs

ではでは。。。。。。や
[ 2019/07/19 02:26 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

“黒襟エンコが”

先日、花虫会が大地沢で行われたようだ。
あいにくオイラは仕事が入っていた為、掲示板でその様子を楽しませてもらった。
そして海の日のきのうは、海日和!と言うにはほど遠く、淡いグレーの空が広がっていた。
しかし、予報は虫撮りは出来そうな終日くもりマーク。 と言っても山梨方面の遠征は少しリスキー。。。
近場の寺家は昨日行ったばかりだし、、、自然と行先はネットで見ていた大地沢となった。

ずいぶんと久しぶりな感じがする大地沢。前回はカエルとカメムシの写真を撮っただけで帰って来てしまったからかな。。。
今回はじっくり撮ってやるか~、と意気込むも寺家と同じく多かったのはカシルリオトシブミ。
だけど意外な昆虫も多く、それはヨツボシテントウダマシだ。
今まで見てきたヨツボシテントウダマシの個体数が、今日一日だけで超えてしまった。
いるから撮る。 の、いつものパターンで撮っていると、ある事に気が付いた。
前胸に溝があるものが多い。 大量発生は羽化直に有りがちだから、羽化不全か何かかなと思ったが
今日はまじめに帰宅後調べてみみると、答えはすぐにわかった。  メスには溝があるようだ。
よって、一枚目が♂、二枚目が♀という事らしい。

                        ヨツボシテントウダマシ♂s

                        ヨツボシテントウダマシ♀s



そんなオスメスの違いを確認しながらヨツボシテントウダマシ探しもいいかなぁと思った。。。
ヨツボシテントウダマシs



目をひく甲虫がいた。コメツキとは一線を画し、何となく品を感じるキムネヒメコメツキモドキ。
                        キムネヒメコメツキモドキs



大地沢と言えばハンミョウだが、この日は全く目にする事が無く
代わりにてくれたのが、トウキョウヒメハンミョウだ。 角度によって出る緑色が綺麗なハンミョウだ。

トウキョウヒメハンミョウ2s


正面顔は、どのハンミョウも似たり寄ったりだけど、ついつい撮ってしまう。。。
                        トウキョウヒメハンミョウs



この時期のフォトジェニックな被写体は、アシグロツユムシ。  もう少し明るめに撮りたかったなぁ。。。
アシグロツユムシs



イトトンボでもいるかなと思ったけど、トンボ池にいたのはシオカラトンボと、このオオシオカラトンボだけだった。
メスは産卵に集中し、オスは警備に徹していた。  うん、生き物の正しい姿だ。

オオシオカラトンボ♀s  オオシオカラトンボs



確か虫撮りを始めた頃以来なような気がする、クロエリメンコガ。
ひらがな入力で昆虫名を変換する時、ほとんどが変換ボタンを押すとカタカナになってくれるけど
この蛾は“黒襟エンコが”と変換され、微妙な笑いがオイラの中で起こった。

                        クロエリメンコガs



見たかったヒメカマキリもいた。  それにしても幼虫は小っちゃい、、、ヒナサイズだ。
複眼を綺麗に撮りたかったんだけど、夏過ぎの宿題かな。。。

                  ヒメカマキリ若齢幼虫s



小さなカメムシはヒメセダカカスミカメ。 今日は一枚だけど、こういうカスミカメをじっくり何枚も撮りたいよな。 
                        ヒメセダカカスミカメs



カスミカメ、他にはモンキクロカスミカメ。
モンキクロカスミカメs


“キ”と言うより、赤やオレンジに近いこの模様。  でもこの模様が無ければ撮らないカメムシだよな。。。
            モンキクロカスミカメ2s



今までルイスアシナガオトシブミを見るのは決まって美女谷だった。
去年そのポイントが伐採されてしまい、今年はまだ撮影できていなく
今シーズンはお預けかなと思っていたから、うれしい出会いになった。

ルイスアシナガオトシブミs



ゾウムシはヤサイゾウムシ。      って、先月末にアップしたばっかだった。。。  忘れてた。
                        ヤサイゾウムシs



久しぶりのヨコバイはヨモギシロテンヨコバイ。  オイラのヨコバイランキングではトップクラスだ。        ヨコバイランキングって。。。
                                  ヨモギシロテンs



今さらだけど、ラミーカミキリ。  カミキリが無いとなんか淋しいしね。。。
                        ラミーカミキリs


やっぱラミーと言えば正面顔。
            ラミーs



先日オイラがオマージュするブログにアミガサハゴロモの幼虫が見事に撮影され載っていた。
そのブログ曰く、正面顔を撮るのは難しいとの事だったので、見つけたらぜひ挑戦したいと思っていた。
アミガサではないがベッコウがいたので挑戦。 確かに難しい。 レンズを向けると、ことごとくそっぽを向いてしまう。
けっこうねばって、やっと撮れたのがこの一枚。   オマージュブログに比べると格下感が否めない。。。

                        ベッコウがゴロモ正面顔s


真正面は難しかったけど、若干サイドからのショットは、毛束に色が入りお気に入りの一枚になった。
ベッコウハゴロモ幼虫s




最後は、、、 《 A89% → B83% 》 緑地に遊びに来ている母子。  園児程の子供が草むらでキアゲハ幼虫を見つけ
        興味を抱いて触ろうとしていた。 それを見た母親は『ダメ、その虫は!毒があるから!』と言う確率A
        しかしそのその母親が、飛んでいるキアゲハの成虫を見つけた時『ほら、綺麗なチョウチョが飛んでいるよ。』
        と、子供に言う確率B。                  いっつもくだらない事ばかり考えているオイラだ。。。

                        キアゲハ幼虫s

ではでは。。。。。。や


[ 2019/07/16 22:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

心霊写真?

このところ不機嫌なオイラ。
理由はもちろんこの天気で、、、曇・曇・雨・雨・曇  みたいな。。。
先日の様に、到着そして雨、みたいな事を考えると、曇り予報での遠出は戸惑ってしまう。
じゃ、どうするの?って事で、濡れてもすぐに帰れる寺家に遊びに行ってきた。

今年はどうなっているんだろう? ここ最近の天気もそうだけど、
さほど天候が悪くなかった4月5月頃から、昆虫達の出がイマイチだったような気がする。
ただ前年より、よく見かけている昆虫もいるんだけどね。
まあ、これは個人的な主観に過ぎないんだろうけど。。。
代表格がこのカシルリオトシブミ。  多く感じるのは他が少ないからなのかな。。。


                        カシルリオトシブミs


またやっちまった『これは初見だ!勘違い』  それでもアカコブコブゾウムシは4年ぶり。
            アカコブコブゾウムシs



被写体飢えしているとコガシラアワフキなんかも撮ってしまう。  お腹がちょっといいかも。。。
                        コガシラアワフキs



こんないい時期なのにへなちょこマクロがメインになってしまっている。
そんな時は、ササキリ幼虫みたいなのがよく目につくんだよね。

                  ササキリ幼虫s



おっ、良さげなアブ。  派手さはないけどなんか小奇麗な感じ。。。  ん、コガタノミズアブ?  ウソ?
ホントはもっと綺麗なグリーン何だけどね。


            コガタノミズアブs




最後は、、、小っちゃなゾウムシ発見。  ヒゲナガホソクチゾウムシ。 上からパチリンコ。
                        ヒゲナガホソクチゾウムシs


次は横から。  ???  なんか変だ。  なんでだ?    口吻の奥に右前脚が透けて見える?  心霊写真?  
            ヒゲナガホソクチゾウムシ2s
シャッタースピードが遅かったからかな。。。

ではでは。。。。。。や
[ 2019/07/15 23:56 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

大きなミス

前回ブログ更新したのが、先週の木曜日。
時間を持てあましていると言うのに、一週間もあいてしまったが
ここ一週間の天候を考えればしかたないか。。。
緑地には行ってはいたが、貧果に泣きブログ更新のモチベーションに至らない。
今日も予報は悪かったが大月まで行ってみた。しかし現地活動15分という最悪な形で雨天コールドとなってしまった。
雨天と言っても霧雨程度だが、スクーターでの帰路を考えるとその選択は間違いではなかっただろう。。。
途中、雨が止めば美女谷、大地沢、長池公園、小山田などと考えていたが、
霧雨は常にヘルメットのシールドにまとわりついて来ていた。
そんな帰り道での出来事。  交通事故に出くわした!!
と言ってもオイラは目撃者で事故にはかかわっていないのだが。。。
さらに、、、、目撃者と言っても事故を目撃したのではなく、事故直後の目撃者なので
なんだかんだ言って、その事故からは、かなり遠い存在のオイラだ。  でも。。。
事故自体も大きい事故ではなく、チャリンコで買い物途中のオバサンがRV車と少し接触し転倒した、と言った感じだった。
しかし、2年半前に交通事故にあっている身として、スルーする訳にはいかず
バイクを停めオバサンを介抱する運転手に近づき『救急車は呼んだの?』と聞くと
運転手は気が動転しているのか、訳の分からない事を言っていたので
オイラが119番通報した。  『そうです。町田街道沿いです。   え~と5、60歳位ですかね。。。  女性です。』
などの質疑応答を終え、電話を切って4~5分で救急車は到着した。
事故は加害者も被害者も動揺してしまうもので、訳の分からない事を言っていた運転手の気持ちもわかるような気がする。
幸いオバサンの怪我も大したことは無さそうで、膝から少し血が出ているが擦り傷程度で
救急隊員の処置で表情からは安堵の様子がうかがえた。
しかし、、、そこでオイラは大きなミスを犯してしまった事に気が付いた!!
それは、その安堵の表情は決して5、60歳ではなく、どう見ても40代なのだ。
オイラのやり取りが、もしオバサンに聞こえてしまっていたら、、、
それは膝の擦り傷の完治よりはるかに時間を要してしてしまうだろう。。。
人命第一まずは119番通報、運転手に警察への通報指示、安全確保のための他車の交通誘導。
完璧なまでの目撃者で終わるはずだったのに、、、一番動揺していたのは遠い存在のオイラだったのか。。。   
オバサーン、ごめんなさ~い! ってか、オネエサン。。。

そんな事もあり~ののオイラの探虫記。 まずは、、、
地元緑地にいたイタドリハムシ。  
イタドリハムシと言えば早春の甲虫で、今の時期いるのは標高の高い所だけかなと思っていたからついつい撮ってしまった。
ってか、もしや違うハムシ!?と言うスケベ心も少しありました、ハイ。。。

            イタドリハムシs



これも先日、尾瀬で撮っていたものだから、今の時期はこの辺にいないと思い込んでいて
なんかラッキー、って感じながら撮っていたけど、よく考えりゃ普通だよね。。。  ゴマダラオトシブミ5-8月だって。

                        ゴマダラオトシブミs



やっぱオトシブミのスタイルと、このドット柄は絵になるね!
ゴマダラs



セイタカアワダチソウがあれば、そこには99%はいるんじゃないかと言う超普通種のアワダチソウグンバイ。
それを今さらなぜ??   答えは簡単だ、4匹まとまっていたからだ。。。

                        アワダチソウグンバイs



すでに花は終わり、小さなトゲトゲの実をつけ始めている栗の木。
もうアイツはいないんだろうなぁ。。。  でもちょっと覗いてみるか。。。   お~いた、3個体だけどね。。。

            クリタマ2s



クリタマムシ、なかなか絵になるタマムシだ。   来年も撮るんだろうなぁ。。。
クリタマs



おっ、初見ゾウムシだ!  雰囲気的に同定もすんなりいきそう。  ヒメクチカクシゾウムシ。
念のために自分のブログで検索、、、   えっ、ありやがった。    最近こういうの多いんだよなぁ~。。。

                  ヒメクチカクシゾウムシs



葉っぱに黄色い昆虫。 見た事あるよな無いような。。。  この感覚は間違えていなかった。
以前見た事があるアオカメノコハムシの黄褐色タイプだった。

                        アオカメs



いいね~!同定に苦しまずにすむ変異系は大好物だ!!
            アオカメノコハムシs



ヨコバイ系は久しぶりのシロズオオヨコバイとテングアワフキ。
シロズオオヨkバイs  テングアワフキs

テングアワフキは好きなもんで、もういっちょ!
            テングs



これも初見と思ったけど、2回目だったヨモギハムシ。  スカッと初見来ないかなぁ。。。
                  ヨモギヨコバイs



50メートル先に虫撮り人発見。  何かを撮っている。 
その人がいなくなったところで、知らん顔して口笛を吹きながらそこの場所にビタ止まり。   なんだ、花か。。。
でも綺麗だから撮っておくか。。。  ヒメヤブラン。
           だよね。。。
            ヒメヤブランs




最後は、、、どうせ曇りで虫撮りもパッとしないなら、キスでも釣り行くか! と行ってきた。
        本命シロギスは11匹しか釣れなかったけど、うれしい外道ホウボウがオイラの針にかかってくれた。
        コブ〆にして食べたら、アマくて美味かった~~~!   ゴメンナサイ!

                        ホウボウs


ではでは。。。。。。や
[ 2019/07/11 23:25 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

“THE 俯瞰”

前回の続きで、ヒヌマのポイントの後に訪れた横浜の公園。
アジア、アトモンイトの他にいたのが、ベニイトトンボ。
これも毎年撮りたくなるトンボの一つで、このためだけに一時間近くバイクに乗り、横浜の公園までやって来る。
でもその価値は充分あるんじゃないかなとオイラは思っている。
ただ、毎年撮っていると、構図がマンネリ化してしまうので、今回はなるべく目先を変えて。。。



ベニイトトンボ (1)s



目先を変えると言うか、構図の行き詰まりを感じさせる一枚になってしまったケ・ツ・ピ・ン!
                       ベニイトトンボ (2)s



けっこう辛い姿勢で下から煽って撮った見た一枚は、『オマエ何やってんだ?』とベニイトの偽瞳孔が見下している感じだった。
            ベニイトトンボ (3)s



構図も大事だけど、よそではあまり見られない写真と言う意味では、へなちょこマクロは有効かな。。。
                        ベニイトトンボ (6)s

ベニイトもヒヌマほどではないが敏感で、へなちょこマクロでの撮影はそれなりに時間がかかってしまう。
でも撮れた時はうれしいし、このゲーム感覚が楽しいんだよね。

                   ベニイトトンボ (7)s



今回このブログで初めてベニイトトンボを見たと言う人がもしかしたらいるかも、、、てな事で、普通の一枚も。。。
ベニイトトンボ (8)s



オイラの好きな“俯瞰”の一枚。
            ベニイトトンボ (5)s
今日は単品ベニイトトンボ特集になってしまった。。。




最後は、、、ベニイトトンボだけでは、ちょっと寂しいので、、、と言っても大して変わらないイトトンボの写真だけど。
       これも特集?   “THE 俯瞰”  この日いたイトトンボ達の小さな背中、ドラゴンバック。


アオモン俯瞰s

アジア?俯瞰s

ヒヌマ俯瞰ds

アオモン?俯瞰s

IMG_1829sss.jpg
上からアオモン♂、アジア♀、ヒヌマ♀、アジア♀、ヒヌマ♂、、、かな。。。

ではでは。。。。。。や
[ 2019/07/04 11:38 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

黒にグリーンのドット

おもいっきり梅雨してますね。。。
雨が降れば虫撮りはしづらくなる。 特にオイラの場合バイク移動だからちょっとした雨でもダメージ大。。。
だが、今日明日(火曜水曜)と雨の確率は少なめで、一時間予報のマークも曇がメインでチャンス到来!
しかし、そんな日に限って病院の検査予約が入ってる。
前回からの流れで、まだイトトンボが撮り足らない感じで、ワナワナしているオイラ。  どうしよ。。。
そっかー、検査は午後からだから、午前中だけなら行けなくもないな。。。
ここで発動した! オイラの座右の銘『悩んだ時はGO!』 が。

現地に到着するとすぐに、シャッターに添えたオイラの人差し指がうなった!  バシャッ!!

                        ブタクサs
違う、、、  ブタクサハムシなんか撮りに来たわけではない。。。



そして伝家の宝刀もうなる!  バシャッ!!
            シマアシブトハナアブs
そうそう、甲虫じゃなくて、翅が透明で撮ろうとするとすぐに飛んじゃう、、、 違ーーーーう! アブじゃない!
  (いい年をして、のりツッコミをしてみました。。。)



キター、これ! そうトンボ!  でもイトじゃない。。。  う~~~ん、あと一歩!
                        コシアキトンボs



そーーーーー、これ! 今年もいてくれました、ヒヌマイトトンボ!
今年は色んな昆虫の出が遅かったり、少なかったり、いなかったりで、少し心配だったけど、、、あ~何かホッとした。。。

ヒヌマs


見慣れていないからなのか、この黒にグリーンのドットが妙にオイラの視覚を刺激する。
                                  ヒヌマイトトンボss


イトトンボの俯瞰のショットがオイラは大好きだ。 ヒヌマイトトンボは特に撮影感がある。
            ヒヌマ♂s



もちろんメスだって、うれしい被写体だ。
ヒヌマ♀2s


アオモン、アジア、モートンとオレンジ色のイトトンボはけっこういるが
ヒヌマイトの頭の黒班は誇りに思っているんだろう。

            ヒヌマ♀s
ヒヌマイトトンボを堪能し、去年の流れ同様、次なるターゲットのポイントに移動した。
ただ一つ心残りなのがへなちょこマクロでヒヌマイトトンボを行けなかった事だ。。。



次なるポイントに到着し、出迎えてくれたのはアジアイトトンボだった。
ヒヌマで撮れなかったへなちょこマクロをアジアイトトンボで溜飲を下げた。

                        アジア2s



眼後紋がまるで発光ダイオードのように輝いて見える。
アジアs



これは胸が青タイプのアオモンかな。。。
                        アオモンアオタイプs



オイラが撮ろうとすると、真横ショットは、やたらと飛ばれてしまうトンボ交尾態。
今回はとりあえず真横から撮れた!

アオモンイト交尾s





最後は、、、これも去年からの宿題だった。 ヒヌマ交尾態を真横から、、、やっと撮れた。。。
                  ヒヌマ交尾s


ではでは。。。。。。や
[ 2019/07/03 08:41 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

『あの細いのいいなぁ~』

庭には、ところ狭しとに色々な花が植えられている。
花好きではあるが、ガーデニングセンスには恵まれていないオフクロの趣味だ。
そんな乱雑に植えられた花でも咲けば綺麗なもので、オイラ自身も毎日庭を見る習慣がある。
ようやく咲き出したオミナエシもあと少しも経てば、いろんな昆虫がやってくる。
いつもの日課のごとく、オミナエシをボ~ッと眺めていると、、、あっ、イトトンボ。。。

            オミナエシs



あわてて部屋にカメラを取りに行き、窓越しにいた場所を確認する。   いない。。。
どっかに飛んで行ってしまったのか。。。
庭に出て探そうとドアを開ける。  その瞬間オミナエシからイトトンボが羽ばたいた。
ラッキー、まだいた!   ってか、オミナエシ絡みで撮りたかったんだけどなぁ。。。
しかしせっか来たゲスト、大事に扱わないとなと、ハナモモの葉に飛び移ったアジアイトトンボを撮影するも
数カットで屋根の上に消えていってしまった。

                        アジアイトトンボs



今日は小雨がぱらつき、やんでは降ってやんでは降っての空模様なので、探虫はお休みと思っていたが
消化不良のトンボ撮りで、眠れる獅子、、、ではなく眠れるタヌキおやじが覚醒してしまった。
ってな事で、今年はまだカメラにおさめていないエゴヒゲナガゾウムシでも撮ろうと家そば緑地にまずは向かった。
エゴノキを前に全体を眺める。 実はたくさんなんっているが皆ツルンとし綺麗な状態だ。
ターゲットがいれば産卵の為、多くの実に穴が開いているはずだ。  今年も発生していないようだ。
なんか、残念だなぁ。。。そんな気持ちを慰めてくれるかのように見慣れぬゾウムシが一匹現れた。
  
            コクゾウムシs


コクゾウムシのようだ。 先日アシナガコクゾウやココクゾウは撮っていたが、本家コクゾウムシは久しぶりの2回目だ。
                        コクゾウムシ2s




久しぶりのコクゾウムシはうれしかったが、やはり江戸の仇は江戸で討つ。      長崎は遠いし。。。
アジアの仇はアジアで討つ!! これが旅姿流だ!とアジアイトトンボ実績のある貯水池に向かった。
到着し早々ターゲットをロックオン!!  激写!  決まった。。。       ってか、これアジアじゃなくてアオモンだよ。
これが真の旅姿流か・。。。

アオモンイトトンボs



でもアジアであろうがアトモンであろうが、イトトンボ好きのオイラにとっては、オッケー、オッケーって感じで
他に撮る昆虫もいなく、アカツメクサに訪花したキマダラセセリを頂いておいた。

                        キマダラセセリs



あと、こんなのもいた。 ちょっと前アップしたばっかりだけど、、、まあまあまあ。。。
            シリジロ2s


名前がわかり易くていいよね。 シリジロヒゲナガゾウムシ。  これでセイボウみたいな色合いだったら大興奮なんだけどね。
                        シリジロs



にしても触角デカすぎ!絶対に邪魔だと思った事、1回はあるよな。。。
ヒゲナガオトシブミなんか出会っていたら、『あの細いのいいなぁ~』なんてさっ!

シリジロ3s





最後は、、、ぐやじ~~~、せっかくいいコバチに出会ったのに
       この一枚を撮ったら、葉っぱをはじいちゃってどっかにいっちゃった。。。
       翅と言い複眼と言い、触角だってなんかそそるんだよね~。  ってか、これコバチ?

       
            コバチs


ではでは。。。。。。や
[ 2019/07/01 23:16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

瑠璃色のエンゼル!

南会津。 今回はせっかくここまで来たのだから、尾瀬まで足をのばそうと思っていた。
昨晩は民宿で素泊まりをし、温泉にも入り快適な朝を迎えた。
天気はバッチリの今日の予定は、尾瀬を目指しながらの途中拾い撮り。
宿の支払いを済ませ、車に乗り込み、いざ出発!

ミヤコグサ。 以前地元で見た時はパラ、パラとしか咲いていなかったが、ここでは溢れんばかりだ。
けっこう珍しい部類だと思い込んで、バシャバシャと撮っていた。
帰宅後調べてみたら、ミヤコグサが珍しいのではなく、
以前いっしょに撮った“カキラン”が珍しいのであって、ミヤコグサはそうでもなかったみたいだ。
でもいつもの事だけど、綺麗な花だから、、、まっ、いっか~~~。。。

            ミヤコグサs



国道を走っていると白い花が目についた。  カミキリチャンスだ!
車を停めハザードを付ける。 交通量が少なく、幅広の道路だからなせる業だ。
しかしカミキリは不発。。。その変わり初見カメムシを撮影できた。  ってか、普通種みたいだけどね。。。 ヨツモンカメムシ

                        ヨツモンカメムシs



次は町田あたりでも見る事が出来るヒメトラハナムグリ。
でも撮っちゃうんだよね~、こういうのは。。。

            ヒメトラハナムグリs



これもそう! 撮っちゃうんだよね~、しかも写りも悪いこんな写真もアップしちゃうんだよね~。。。
やっぱ好きなんだろうね、オイラはタマムシが。。。

                        フチトリヒメヒラタフチトリs



で、意外にオイラのツボなのが、こういうの。。。  ミドリヒメコメツキ。  全然ミドリじゃないじゃん!
字面との非マッチさを楽しみたくなる。。。

                  ミドリヒメコメツキs



単純に『綺麗だなぁ~』と、思ったムネアカサルハムシ。  これも初見ハムシだった。 ホント遠征して良かった!
                        ムネアカサルハムシs



セアカヒメオトシブミ。  お~ラッキー、これも初見だ!
            セアカヒメオトシブミ2s


でもこれは見た事があるけど、今までは普通のオトシブミで片づけていたような気がするなぁ。。。 エセ初見!?
                        セアカヒメオトシブミ3s



これはさっきのミドリヒメコメツキのパターンのヤツ。  銅褐色なのにアオアシナガハナムグリ!  いいね~!!
しかもそれほど脚長でもねえし。。。

            アオアシナガコガネs



触角が長いとついつい撮ってしまうのだよね。。。  エダナナフシかな。
                                  エダナナフシs



今さらだけど、ちゃんと撮っておくべきだったゴマダラオトシブミ。  だって、頭黒タイプなんだもんな~。
ゴマダラオトシブミs  オオゾウムシ12,3㎜s
で、今さらながらのオオゾウムシ。 なぜ今か!それは12,3㎜の“小さいオオゾウムシ”だから。。。このパターンも好きなんだよね。


そして、そして、、、ついに来たーーー!  って、一人で盛り上がってすみません。  わかる人にしかわからないこの喜び。
“赤”を何枚貯めたんだろう。銀のエンゼル5枚で金のエンゼル。。。  5枚どころじゃなかったよな、、、10枚位か。。。

ルリヒラタムシ1s


赤のエンゼル10枚で、、、瑠璃色のエンゼル!  ようやく出会えたルリヒラタムシ。  
赤に比べてかなりデカい!  じゃっかん気持ち悪さも感じるが、、、それがまた気持ちいい!?

            ルリヒラタムシ2s



種類はわかんなかったけど、すぐに初見とわかった!
ヒメシジミs



手前に開翅をするオス、奥にはすました上品なメス。  ヒメシジミ。
            ヒメシジミ3s



左触角欠損。  だけどこんな時の常套句  『綺麗だから、まっ いっか~~~。』
ヒメシジミ2s



そして、みんなも来年福島においで~と、お見合い中。
                        ヒメシジs



尾瀬に到着。 林道もいいけど湿地もいいね~!そして林道もいいけどリンドウもいいね~~~! と、タテヤマリンドウ。
S40産  見事なまでのオヤジギャグ。。。

                               タテヤマリンドウs



湿地と言えばスゲハムシ。  でも日光ギラギラでハムシもギラギラ。。。
                        スゲハムシ2s


赤や青の個体もいたけど、すぐに飛んで行ってしまう。茶色いのは比較的フレンドリー。
って、事は、、、  こいつらは、茶×茶だな。。。

                                  スゲハムシs



せっかくの尾瀬、風景でもと思ったが、、、なんか尾瀬らしくないんだよね。。。 やっぱ、木道入れておかなきゃだよな!
            尾瀬らしくないs




最後は、、、御池の駐車場に戻ると、虫が1匹飛んで来た。  誰?   アメンボだ。   まあ翅があるから当然なんだけど、、、
        飛ぶんだね~。 しかも、けっこうしっかり飛んでいた。。。

                        アメンボ飛来s

ではでは。。。。。。や
[ 2019/06/29 08:22 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)

君達だったんすかっ!

以前より、25・26日と遠征に行こうと決めていた。
南会津に行こうと思っていたが、予報があまり良くなく
遠征での悪天候は、泣くに泣けないので、、、じゃあ、どうする?と思案した結果
少し早いが御嶽山周りに行ってみるのも面白いかもと思っていた。
ところが出発2日前の天気予報を見たところ、今まで雨・曇りだった南会津の天気が曇・晴れに変わっているではないか!
もうこれは確実に南会津がオイラを呼んでいる!と思い込み、慌てて情報収集をし25日の南会津行に備えた。
情報収集は郡山の重鎮、そして南会津を知り尽くす男Sさんにお願いした。

25日、現地に到着。
曇りの予報が嘘のように、晴れ渡った空を見上げ、天気運も上がって来たかなと、一人ほくそ笑んでいた。
最初のポイント、土場Bに向かう。 ここは今回のターゲット、ニセヤツボシカミキリがいる!   らしい。。。
まず第一カミキリは、渋~~~くエゾサビカミキリから。

                        エゾサビカミキリs



土場でしか見た事がない、ゴマダラモモブトカミキリ。
            ゴマダラモモブトカミキリ2s



ようやくハンノアオカミキリを見つけても興奮しなくて済むようになってきた。。。
でも見つけた瞬間は、いまだに『ウォッ!』っと思ってしまう。。。

                        ハンノアオs



積み重ねた丸太の下側に、カミキリの交尾態を見つけた。
何カミキリかを確認しようと、腰を落として下から覗き込むと、あっけなくポロリと下に落ちた。
『まったくよ!何カミキリか判んなかったじゃん!』と内心ボヤキながらも下を見ると、、、
ヒーーーーッ、君達だったんすかっ!  ニセヤツボシカミキリ!あっぶね~、下の丸太が少し引っ込んでいたらアウトだった。。。
関東近県でのターゲットのカミキリを落とせたのはいつ以来だろう。  超うれP~~~  Sさんアザーーースッ!!

            ニセヤツボシカミキリ1s



翌日、丸太の上のシナノキみたいな樹を掬ったら、入ってきた別個体。 触角がちょいと惜しいなぁ。。。
ニセヤツボシ2s




ニセヤツを落とし、これはイケるか!と次なるターゲット、モモブトハナカミキリを狙いに林道へと移動した。
林道を撮ったんだけど天気が良すぎるのか、撮影技術なのか、それともカメラの設定が悪いのか、、、
山と空の境目とかが合成写真みたいになっちゃった。 撮って出しで何の補正もしてないんだけどね。。。

                                  撮ってだしs



ま、景色の写真はいいとして、肝心なカミキリ達はと言うと、、、撮影済の面々がボチボチと。。。
左上からミヤマクロハナ・ヤツボシハナ・カタキハナ・カラカネハナ   かな。

ミヤマクロハナカミキリs  ヤツボシハナカミキリs

カタキハナカミキリs  カラカネハナs



地味な感じなんだけど、けっこう好きなカミキリ、ホンドアオバホソカミキリ。 こいつも既撮。
            ホンドアオバホソハナカミキリs



そんな既撮なカミキリ達をマッタリ撮影していると、甲虫が1匹飛んできた。
アオジョウカイ? 触角や脚が妙に長いな。  あっ、フタコブルリハナか!  そんな0.1秒のひらめきが当っていた。

フタコブルリハナカミキリs


比較的出会いやすいカミキリだと思うんだけど、今までは縁が無かった。 いわゆる初見貯金だった1種だ。
            フタコブルリハナカミキリ2s



ノイバラに鞘翅の赤いカミキリが。  たぶん既撮種だろう。
このタイプのカミキリは本当にややこしい。 変異があったり無かったり、、、
でもずいぶんとズングリしてるな。。。 何か見た事ないような、、、これって初見種?
   
ヒメアカハナカミキリs



初見のヒメアカハナカミキリだ。  見た瞬間に『これは初見だ!』ってわかると盛り上がるんだけど
分かったのは帰って来てからだからなぁ。。。 イマイチ盛り上がらなかった。  ってか、もっと勉強しとけよって、感じかな。。。

            ヒメアカハナカミキリ2ss



今年はよく出会うマツシタトラカミキリなんかを抑えつつ、、、
                        マツシタトラカミキリss



これも初見のハネビロハナカミキリ!  ってか、これも上と同じパターンで帰宅後判明したんだけどね。。。

            ハネビロハナカミキリs




最後は、、、これは翌日の尾瀬に向かう途中で見つけたオニヒゲナガコバネカミキリ♀
        って事で、次回は尾瀬方面編。  パッとしない内容だけど、うれしい出会いがあった。

                        オニヒゲナガコバネカミキリ♀ss


ではでは。。。。。。や

[ 2019/06/27 23:37 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

“あらま、素敵!”作戦

先日、母と姉を連れて2年ぶりの家族旅行に行ってきた。
前回の家族旅行が好評だったので、今回は少しハードルが高かったがオイラには秘策があった。
ま、秘策ってほどのものでもないけど。。。
目的地は那須塩原なので、行きも帰りも新幹線。
仕事で乗った事はあったけど、プライベートとなると何年ぶりだろう。。。
そうか、、、高校生だった頃の修学旅行以来だ。
この東京駅の景色を見て、心躍るのも無理もない。
  
                       ホーム


乗れば早い。  1時間ちょっとで那須塩原に到着した。
眺めはいいが、閑散とした駅前だ。  新幹線の専用駅だから仕方がないのかな。

            那須塩原s



駅からはレンタカーでホテルへ。  チェックインまで時間があったので、フラワー園などで時間を過ごし早めのチェックイン。
まずは温泉に入り、そのあと本日のメインエベント 夕食 だ。
和食も選択できたが、たまには脱日常をと考えフレンチをチョイス。
最初の2品は写真に撮ったが、この後は食べることに専念してしまった。。。

メシ  メシ2



翌日。せっかく来たのだから観光らしい事でもと、那須サファリパークに行く事にした。
母もオイラも初サファリパークだったので、けっこう楽しめた。  ってか、動物近過ぎ!って感じだったけど。。。
                        このくらいの距離感がちょうどいいライオン。
 
            ライオン

草食動物はエサがもらえると思い、ガンガン寄ってくる。  ん゛~近いって。。。
草食系  那須2


ライオンも迫力があって怖かったけど、園内で一番怖かったのは、これだ。  目が怖い。。。
子供が多い施設なんだから、もう少しメルヘンチックにした方が良かったんじゃない?  でもまぁ、これもありか。。。

                        怖っ


帰りは15:00の新幹線。 そしてこれが今回のオイラの秘策『サプライズグランクラス』だ。
行きと同じ普通の指定席と思わせておいて~~~の扉がウィーーーン、“あらま、素敵!”作戦だ。
まだグランクラスを知らされてない二人に、駅のホームでオイラが言った
『家に着くまでが旅行だから』 と小学生の遠足の様な前フリが効いたのか
母も姉も喜んでくれた。そしてオイラもご満悦!!  車内風景だけと思ったけど、、、汚いオジサンでゴメンナサイ。。。
 
            カGC2



東京駅、新宿駅と乗り継ぎ自宅に向かう小田急線。
ここでもプチサプライズ。 展望席をとっておいた。 家に着くまでが・・・ここでも効いて二人とも喜んでくれた。
 
                        ロマンスカー




という事で、我が家の家族旅行の記事だけだと申し訳ないので
近場で昆虫の写真も撮ってきた。
今年は思いのほか昆虫が少なく、いるかなと思ってもいなかったりで、少しこれも心配だったけど、、、
いた。  いてくれました。   クリタマムシ。

            クリタマs


今年もどうも ありがとね~!
                               クリタマ490



クリタマムシと言うくらいだから、栗の木にいるわけで、、、(他にもホストはクヌギ・カシワ・コナラなどもあるらしい)
じゃ、カミキリもいるっしょ!  と探してみるものの小雨のせいか探虫力のせいか、全く見つからない。
もう帰ろうかと思った時にようやく1匹。  ある意味貴重なガロアケシカミキリ。

                        ガロアケシカミキリs




最後は、、、旅行とセットのとりあえずの昆虫写真を撮りに来たんだけど、うれしい事に初見ゾウムシと出逢えた。
        ってか、ゾウムシの初見貯金を使った感じの普通種。  ヤサイゾウムシ。

            ヤサイゾウムシs

ま、普通種と言えど初見種。  たかがヤサイ、されどソウムシ??
                        ヤサイゾウムシ2s


ではでは。。。。。。や



[ 2019/06/24 20:38 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

このゴールド感!

前回に続き、灯に集まる昆虫でスタート。
屋外の公衆便所や自販機の灯に寄ってくる昆虫は“蛾”がほとんどだけど
たま~に、カミキリやいい甲虫がやってくる。
でも今回のように、シジミがいたのは初めて。
しかもそれが初見種となれば、自販機バックと言えどうれしいものだ。

            ウラキンシジミs


自販機で見つけた昆虫は、近くの下草に移して撮ったりするけど、さすがにウラキンシジミとなるとそうもいかない。
ならば自販機感をあえて強調!  ポッカお兄さんとツーショットで!!

                        ウラキンシジミ&ポッカ兄ちゃんs



夜が明け、日中のゾウムシは久しぶりのオビモンハナゾウムシ。
            オビモンハナゾウムシ2s



いいね~、ヒゲナガ君。  これも2年ぶり、カオジロヒゲナガゾウムシ。
                        カオジロヒゲナガs


いかちぃヒゲナガゾウも顔が白いだけで、かなり印象が和らぐ。
            カオジロヒゲナガゾウムシ2s



白いから和らぐと言うより、目の下の黒いそれがピエロのように見えるからかな。。。 うん、ピエロヒゲナガゾウムシ。。。
カオジロヒゲナガゾウムシs



この前アップしたばかりだけど、いるんだからしょうがないよなぁ。。。  セダカシギゾウムシ。
            セダカシギゾウムシ2s



そして、、、ここで、、、キターーー!!
前々から見たいと思っていたゾウムシ、ビロードアシナガオトシブミ!!  ザ~~~~~ン!  見てよ、このゴールド感!

ビロードアシナガオトシブミ (1)s



5㎜弱の大きさだけど、ネットでよく見ていたからすぐに 『オワッ、アイツだ!』 と、わかった。  
見れそうで見れない種類だったから、スゴイうれしい感覚もあるけど、なんかスッキリ!って感じだなぁ。。。

            ビロードアシナガオトシブミ (4)s


 全体の単色感が昆虫と言うより、動物っぽい。どっからみても渋カッコイイ!
ビロードアシナガオトシブミ (3)s  ビロードアシナガオトシブミ (2)s



ちょっとタイプが違うけど、このナガアナアキゾウムシの茶色部分も
新鮮個体は撮り方によっては濃い金色に見えて綺麗なんだよね。

            ナガアナアキゾウムシs


そんな美麗種という訳でもないんだけど、山地性だからそれなりの所まで行かないといないゾウムシだから
いるとついつい撮っちゃうんだよね。

                        ナガアナアキゾウムシ2s



ヒゲナガゾウムシをもう一種。  ナガアシヒゲナガゾウムシ。  長いのはアシなのかヒゲなのか。。。
            ナガアシヒゲナガゾウムシs



たま~に見かけるヘリアカナガハナゾウムシ。  君もやっぱ、ジミーだね~。
                        ヘリアカナガハナゾウムシs




最後は、、、前回載せ忘れたわけではなく、あまりにもエリトラ模様が綺麗に残っているナカジロサビだったから
       ちょっとフィーチャーしたいなと、、、 って言ってもこの写真一枚だけどね。。。


ナカジロサビカミキリs


ではでは。。。。。。や
[ 2019/06/23 10:01 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

地味なジャブの連打

先日、山梨方面に日帰り遠征。
夜中出発で、まずは町田街道の安いガソリンスタンドで給油をと、立ち寄り。
パネルタッチを済ませ、いざ給油という時に、オイラの脳内虫レーダーが反応した。
夜中発なので、明るいスタンドにはいろんな昆虫が寄って来ていた。
ふと上を見ると、カミキリが、、、しかも大物。      

            シロスジカミキリs
大物と言っても希少種と言う意味ではなく、そのまんまデカいと言う意味での大物、シロスジカミキリだ。
現地でのカミキリ確変突入を予感させる、幸先のいいスタートだ。



現地付近に到着し、湖の大きな駐車場で仮眠をとり朝を待つ。
地方の駐車場では、たいてい日差しを遮るものが無く、暑さで目が覚める。 今はもうそんな時季だ。
歯を磨き、顔を洗い探虫開始だ。

ちょこちょことカミキリはいるけど、いかにもフロントアクトと言った顔ぶれだ。
タブンコジマヒゲナガカミキリとタブンツヤケシハナカミキリ、う~ん地味だなぁ。。。

コジマかなs  ツヤケシハナカミキリs



もちろんコイツも前座級のチャイロヒメハナカミキリ。
            チャイロヒメハナカミキリs



地味なジャブの連打の中ようやく、、、   オ~来た!  ダイミョウコメツキだ。
                        ダイミョウコメs



意外な事にダイミョウコメツキは過去に一度しか見た事が無く、撮影もショボショボで4年前にリベンジを誓っていた。
ダイミョウコs



やはり昆虫との出会いは、時期や時間、天候で大きく左右されると言わんばかりに
この日はダイミョウコメツキは10匹以上がネットインしてきた。

            ダイミョウコメツキs



網を置き、下草を探虫していると、いいのがいた。  ラクダムシだ。
                        ラクダムシ♀s


すらっとしたイメージのラクダムシだけど、子持ちなのかな?かなりデップリとしていた。
            ラクダムシ2s



ベニボタルかな?普段は撮らないけど、綺麗な個体だったのでついつい撮ってしまた。
                        ニホンベニコメツキ (1)s


せっかく撮ったので同定と、、、だけどこれがなかなか定まらない。 保育社Ⅲとにらめっこするも見当たらない。
のはずだ、ベニボタルの仲間ではなかった。  コメツキにお仲間のようで、ニホンベニコメツキらしい。
何の気なしに撮った雑甲中の同定に、30分以上も時間を持っていかれてしまった。

            ニホンベニコメツキ (2)s



わずかにまだ花が残るカエデの仲間があったりで、再びカミキリ捜索に。
そして始まったのが、地獄、、、  ピドニア(ヒメハナカミキリ・P)地獄だ。
もしかしたら初見がいるかもと、淡い期待を持ちつつ。。。    ナガバPとニッコウPがネットイン。

ナガバヒメハナカミキリs  ニッコウヒメハナカミキリs
自分のブログで検索をかけてみたら、ニッコウPはどうやら初見。   微妙なうれしさが湧いてきた。。。



上品な色の鞘翅はカミキリではなく、モドキのようだ。  ハイイロカミキリモドキ。
                        ハイイロカミキリモドキs



フタオビヒメハナカミキリ。 あたまに“ニセ”が付き微妙に違うニセフタオビヒメハナカミキリと言うのもいるが
いまだ未見なので、来週あたり探してみっかな!

            フタオビヒメハナカミキリs



たぶん見た事はあるんだと思うけど、ブログ検索上では初見種となったキボシナガツツハムシ。
                        キボシナガツツハムシs



好きなんだよね~、こういうの。  最近やけに縁があるカッコウムシ。  今日はキオビナガカッコウムシ。
            キオビナガカッコウムシs


1㎝にも満たないカッコウムシだけど、存在感はあるんだよね~!
キオビナガカッコウムシ2s



野イチゴ系のトゲがある下草にいた、シロオビナカボソタマムシ。
                        シロオビナカボソタマムシ (2)s


100㎜マクロで撮った後、へなちょこマクロでも頂いておくかなと、茎をそっとつかみ撮影。
パッカンも撮れたけど、、、そのあと指に鋭い痛みを感じた。 イタタタっ、見た目はトゲが刺さった感じはないんだけど。。。
とりあえずビニールテープを患部に貼り、ペロッとはがして後は水で長して応急処置をする。
少し経つと患部が白くミミズ腫れの様になり、ちょっとビビるオイラ。  
その後30分ほどで腫れも痛みも消えたけど
やはり野山などでの活動はそれなりに注意すべきと言った、忠告だったんだろう。。。

            シロオビナカボソタマムシs




最後は、、、上のタマムシのそばにいた“ハネモンリンガ”なんだけど、
       素晴らしいよね! 折れた枝だよ、まさに。  コブスジサビカミキリと小枝ツートップだな。。。

                        ハネモンリンゴs
次回は喜びの初見種ゲット、ソウムシ編で!!

ではでは。。。。。。や
[ 2019/06/22 12:58 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ニン、ニン、ニン、ニン、


コフキゾウs
とりあえず、初見のカミキリがいたり、珍しめのコメツキが見つかったりで
決して悪い内容ではなかったんだけど、な~~~んか、まっっったりっした一日で
そんな心境が一枚目にコフキゾウと言う流れ。。。
個体数がたくさんいるから粗末にされがちコフキゾウだけど、ホント綺麗なゾウムシだから
もう少し注目してやってくださいな!! 
      おっ、秀さんさすが!


で、マッタリな一枚目は、撮ろうか撮るまいか悩んだけど、やっぱ最初のムシは、おさえちゃうんだよね。
                                            モンキクロカスミカメ
                        モンキクロカスミカメs



これが保育社Ⅲに稀と書いてあった、ムネアカツヤケシコメツキ。
確か、前胸が赤はあんまりいなかったよな、、、って、撮ったヤツ。

            ムネアカツヤケシコメツキ1s



透明の翅なら撮らなかったけど、色付きじゃね~、、、ついつい撮っちゃいました。
                        カワトンボs



思わず、おっ、おおーと言いたくなるような綺麗なウンカがいた。  オビカワウンカ。
ヨコバイで言えば、カシヒメヨコバイみたいな、、、って、わかる訳ないっすよね。。。
   
            ウンカの仲間s




ポツンとどうでもいいような一枚だけど、、、お初なんすよね。。。ミスジチョウ1s
                                                                     ミスジチョウ




このフォルムに飴色感。  ついついオイラの人差し指は操られてしまう。
            ヒゲナガオトシブミs



去年はもしかしたら見ていなかったんじゃないかな?
いや、ぜったい見てないな。  だって、見つけた時ちょっと感動しちゃったからなぁ。。。

アカスジキンカメムシs



オイラの好きなライトグリーン×ピーチピンクのパターンだった。
                        アカスジキンs



初見カミキリもゲット!! タテスジホソハナカミキリ。
今までずっとニン、ニン、ニン、ニン、ニン、ニン、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・そして待望のタテ!  遂に2.0撃破!!

            タテスジホソハナカミキリs



視線が合うと、すぐに飛んで行ってしまうイメージのオオトラフコガネ。
今日はおとなしかった。。。  今日のマッタリ感の一因とも言えよう。。。

                                  オオトラフコガネs



へなちょこマクロでボディペイントアートを堪能!
            オオトラフコガネ3s



コイツに会うと、プチ遠征感にひたれるんだよなぁ~。
オオトラフコガネ2s



オイラの好きなパターンのヤツは、ホウネンタワラチビアメバチ。
             コンボウ2s



こういうのを撮っている時って、時間が経つのを忘れちゃうんだよね。
コンボウs



中高年サラリーマンが仕事を終え、家に帰る前にちょっと行きつけの店で一杯。。。  いいですよね、こういうの。
そんな感覚に少し似ている、オイラにとってのヨコバイ天国。  帰るにはちょっと早いしな、、、ヨコバイ天国でちょっと、1、2枚。。。
いつも見る赤トンボとはちょっと違うなと思い撮ってみる。

                        コノシメトンボs



やっぱりそうだ。 あまり見た事が無いコノシメトンボだった。
コノシメトンボ2s



キイトトンボを探しに行ったけど、ご不在のようで。ってか、お引越しされてしまったのかな?
じゃ、私でも代わりにどうぞとセアカツノカメムシ。

                        セアカツノカメムシs




最後は、、、キイトトンボはいなかったけど、カエルがいた。  デッカイ!  こんなデカかったっけ? モリアオガエル。
                                  モリアオガエルs


ではでは。。。。。。や
[ 2019/06/18 21:14 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

(バックが)ミドリ


前回に続いて富士周り編で。
この前来た時あった土場に加え、新たにもう一つ土場が増えていたので、覗いてみた。
材はウラジロモミかシラベだと思うけど、あまりいいのはいなさそう。。。
目を凝らして探していると、デッカイのが目に入った。  お~、コイツはいい!

            シラフヒゲナガs



シラフヒゲナガカミキリは2回目。 1回目もこの林道だった。
シラフヒゲナガカミキリs



お次は常連さん。  ホンドニセハイイロハナカミキリ。  普通種のこのカミキリだけど、去年は撮れなかったし
何よりオイラの好きなタイプのカミキリだから、見つけた時は少し盛り上がってしまった。。。

            ホンドニセハイイロハナカミキリs



好きなタイプを好きな構図で撮っている時が、何より楽し!
ホンドニセハイイロハナカミキリ2s



オッ、これは美麗タマムシか!   んっ?微妙に違うな。。。    先日撮ったミドリオオキスイだった。
            ミドリオオキスイs



オイラの前をアブが飛んでいるなと思ったら、へなちょこマクロのストロボにランディング。  
肩にかけてあったへなちょこマクロをそ~っと外し、左手にへなちょこマクロを持ち
右手の100㎜マクロで撮影。   綺麗なアブは、ヒゲナガハナアブのようだ。

                        ヒゲナガハナアブ2s



この綺麗なアブをへなちょこマクロで撮りたくなった。 でもどう考えても物理的に撮影は不可能だ。。。
そうだ さっき撮った逆をやればいいんだ! と、ハナアブをうまく100㎜マクロ側に移動させ
今度は左手に100㎜マクロ、右手にへなちょこマクロでどうにか撮影。


            ヒゲナガハナアブs



土場の脇にあるイタドリを見てみるとイタドリハムシ。  イタドリハムシ?って思うくらい、黒が強い個体だった。
                        イタドリハムシ黒個体s



ほかにはサクラムジハムシ。  エリトラの赤が、かなり綺麗なハムシだった。
            サクラムジハムシs



イタドリにはコヤツボシツツハムシもいた。  これも色彩変異が多いハムシだ。
                        コヤツボシツツハムシs


例えばこんな色彩変異。  オイラはこっちの方が好きなんだよね。
            コヤツボシツツハムシ2s



ここ富士山は色彩変異が多いのだろうか? そう思わせたのはシロジュウシホシテントウの黒化個体。
                                   シロジュウシホシテントウ黒個体s



網を振ってみたらこんなカミキリが入った。  ヒシカミキリ?  違った。  カッコウカミキリのようだ。  いいね~。
            カッコウカミキリs



富士山をあとに道志道で帰路につき、途中で以前クスベニカミキリやヤマトキモンハナカミキリがいたクリの木に寄ってみた。
赤いのがいた事にはいたけど赤違い、ヘリグロベニカミキリだった。

                        ヘリグロベニカミキリs



いる所にはワンサカといるホタルカミキリなんかも。。。
                                     ホタルカミキリs




最後は、、、カミキリの流れで。  これは今日長池公園で撮ったハスオビヒゲナガカミキリ、何年ぶりだろう。。。
        ってか、このカミキリもまだ2回目かな?

                        ハスオビヒゲナガカミキリs



これは、(バックが)ミドリカミキリ。
            ミドリカミキリs


ではでは。。。。。。や
[ 2019/06/17 08:36 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

赤いTシャツ

この日は、久しぶりの富士周りスクーター遠征に行ってきた。
6月中旬と言っても山中湖方面のスクーター移動となると結構な寒さを感じる。 時間もまだ7時、8時だ。
冬用のグローブをはめ、上着の5枚重ね着は少しオーバーかなと思ったが 移動中はこの重ね着がちょうど良かった。
現地に着き、探虫を始めると一枚また一枚と脱ぎ、白のロンTと赤いTシャツで虫撮りを楽しんでいた。
すると黒のロンTに赤いTシャツ。  そんなヤツがオイラの前に現れた。

オトシブミ。  このタイプのオトシブミもけっこう種類がいるみたいなので、じっくり探してみいたものだ。

            オトシブミs



キマダラヒゲナガゾウムシ。  富士山くんだり撮るゾウムシでもないが、ゾウムシ好きならわかると思うけど
ヒゲナガゾウってだけで、撮っちゃうんだよね。    ヒゲナガパワー恐るべし。。。

                        キマダラヒゲナガゾウムシs



またまたヒゲナガゾウムシ。  好きなんですよね~、オイラはコイツが。。。
            エグリコブヒゲナガゾウムシs


エグリコブヒゲナガゾウムシは、エリトラのデザインがいかしているけど
正面顔も手抜きなしのいい顔をしているよなぁ。。。

                        エグリコブヒゲナガゾウムシ2s



良さげなゾウムシ発見!!
キスジアシナガゾウムシs


何か見た事があるような無いような。。。     なかった、ラッキッ!  キスジアシナガゾウムシ。
                        キスジアシナガゾウムシ3s


前胸とエリトラのさかいのカットが、オシャレなゾウムシだ。
            キスジアシナガゾウムシ2s



次はコケの上で!    って、実はこれは別ゾウムシ。  似てるよね~、上のと。  マツアナアキゾウムシ。
                        マツアナアキゾウムシs



同定キラーの2種。  緑のゾウムシはケブカヒゲボソトゲアシゾウムシ、   かなぁー、、、  って、めちゃくちゃ毛深いし。。。
ケブカヒゲボソトゲアシゾウムシs  クチカクシゾウムシs
右のゾウムシはこれまた難しいが、クチカクシゾウムシの一種なんだろうな。




◯◯の一種まで行ければ全然いい。  このゾウムシなんかは“チャイロゾウムシ”としかいいようが無い。。。
                        チャイロゾウムシs



5㎜にも満たない微小シギゾウは、セダカシギゾウムシ。
            セダカシギゾウムシs



大菩薩に次いで2回目の出会いは3㎜ほどの超微小種、セダカホソクチゾウムシ。
赤いエリトラが写欲をそそり、今回のNo.1ゾウムシ!

セアカホsクチs



青いエリトラも負けていない、ルリイクビチョッキリ。
            ルリイクビチョッキリs
と、いう事で今回は、ゾウムシオンリーとなってしまいました。
part2はカミキリメインで。。。





最後は、、、雨上がりに庭のユキノシタを見てみると、しずくがいい感じ。  撮っておきますかぁー。。。
ユキノシタs


ではでは。。。。。。や
[ 2019/06/16 09:28 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)