fc2ブログ

人気ブログランキングへ

地味虫UP継続中

もう春も闌だと言うのに未だ地味虫UP継続中のへなちょこブログでございます。。。
今日のフェンス物は、ここでは初めて見るヒメオビオオキノコ。

        1ヒメオビオオキノコ (1)



このキノコムシの類ってちょい悪風なんだけど、複眼がくっきりしているから、撮っていて楽しいんだよね。
なんか、腕が上がってみたいでさ!

2ヒメオビオオキノコ (2)



けっこうアリンコを撮るのが好きで、特に変わった形や大型の物になると、ついついレンズを向けてしまう。
このミカドオオアリも大型種で、しかもこんな橋の上にいるみたいな構図はうれしくなっちゃうよね~。
でもバックの農作業用のブルーシートがちょっとうるさいかな?

        3ミカドオオアリ



お、何だこれ? ゴミムシ?ゴモクムシ? この2種の違いって全然分かってないんだよねオイラは。。。
普段撮るタイプと違っていて、ちょい茶色い感じ?  果たしてどっち。。。

            4ゴモクムシの仲間 (1)



たぶんゴモクムシの方なんだけど、微妙にネットに出ている物の違っていて、これだ!ってのがいないんだよねぇ。。。
って事で、ゴモクムシの仲間ーーー!

    5ゴモクムシの仲間 (2)



このゾウムシは口上板のとこに鱗片が無くて綺麗だから、カシワクチブトでまず間違いないっしょ!
        6カシワクチブトゾウムシ (2)



このゾウムシがねぇ、、、最近リバーでよく見るんだけど、どーもわからん。。。
会合線の黒い斑紋が決め手なんだろうけど、サルゾウムシって白い斑紋は多いけど黒が見当たらないんだよね。
サルゾウムシじゃないって事?  まさかなぁ。。。

    7サルゾウムシ仲間 (1)



以前撮ったアシブトコバチと同じかもなんだけど、好きなんすよねぇ~アシブトコバチって。
8アシブトコバチ (1)



でもアシブトコバチって位だから、もっとアシブト感を写さなきゃだめだよね、、、次回ガンバリまーす。。。
                    9アシブトコバチ (2)



やっぱ赤い昆虫には反応しちゃうよねぇ。 でもフジハムシだとちょっとスタイルが
普通っぽいから、早くルイスアシナガとか春のチョッキリ系が出て来ないかなぁ。。。

        10フジハムシ

ではでは。。。。。。や
スポンサーサイト



[ 2024/04/12 23:52 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

ミドリの美尻

今日の一枚目。 姫ビー最高!。
    1タケノコ
地元でもようやくタケノコが採れだした。 去年の夏頃から楽しみにしていたタケノコ堀り。
先週も行ったのだけどフライングで、今回も結局見つかったのはこの一つだけで
しかも赤線の上しか地上に出ていなかったから、危うく見過ごすところだった。
とりあえず1本有れば楽しめるかなと、すぐに帰宅し茹で始めた。 一時間ほどで茹で上がり夜まで放置。
採れたてなのでエグミはそれほど無いだろうと、夕方には処理を開始し、姫カワとやったビールが最高だった。



まだまだリバーネタで、クロオビカサハラハムシ。 
カサハラハムシの中では大きめで、パッと見ゾウムシかとの思いは、糠と終わった。。。

            2クロオビカサハラハムシ (1)



今ふと思い出したのだけど、対馬のツシマヘリビロトゲハムシなんてもう見る事は無いのかなぁって。。。
まあ、対馬に行かなきゃ見る事が出来ないから、無いのかなぁ、、、ってより、無い!って事だよね。。。
今後対馬に行く予定は無いから、何かに紛れて外来種の様に“横浜に来ちゃいました!”なんてない!?

    3クロオビカサハラハムシ (2)



立派なハサミを持ったハサミツノカメムシがフェンスの上を歩いていた。
この手の緑のカメムシは見栄えがしていいよねー。 好きだわ。。。

        4ハサミツノカメムシ



お、今度はメスか! いや違うな、これってオオツノカメムシの方かな? たぶんそうだよね。
            5オオツノカメムシ (1)



ハサミか大かって言えばやっぱ大の方が好みだよねー! いやー、リバーも楽しませてくれるよ!
    6オオツノカメムシ (2)



カメムシなんかは、コガシラコバネナガカメムシも。 ちょっとスラッとしていてカッコイイよね!
7コガシラコバネナガカメムシ (1)



薄っぺらいのかそうじゃないのか、微妙な薄さだ。。。
        8コガシラコバネナガカメムシ (2)



シャカって落ちて来そうな昆虫がフェンスの上を歩いていたので、葉っぱにお招き。
超ミニミニ君は、サイズ1.8㎜ほどのミジンムシの仲間。 オモロイのが上翅右側の白い点。 

    9ミジンムシ1P8



たぶんダニだよね。。。 何がオモロイって1.8㎜に着くこのサイズのダニがいるって事。 0.2㎜ないっしょ!
昔0.3㎜のシャーペンの芯があったけど、その直径より小さいんだよ! 凄くない?

            10ミジンムシ1P8a



この日はクモも多く出ていて、ただいつもは赤×黒の小さいクモがほとんどだったけど、今日はミドリ系が多く
これなんてテカっちゃったけど、ミドリの美尻がナイスじゃない?

        11美尻蜘蛛 (1)



この後、ミドリの美尻を撮り直そうと探していたら、違う美尻が現れた。 
なんとこの美尻クモのお尻には赤い羽のニワトリが描かれていた!? ニワトリ?

    12美尻蜘蛛 (2)


ではでは。。。。。。や
[ 2024/04/11 23:20 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

お前ら一体なんなん!!

今日の一枚目。 選ばれし者。
    1カエデ
今日ゴミを出した後、玄関の脇をふと見ると、『お~、カエデちゃーん!』と言いたくなるような、ミニチュア盆栽風の
可愛い7~8センチのカエデが地面から生えていた。 カエデの種って、かなりの数を地べたに落としているけど
今まで発芽しているところを見た事が無く、不思議に思っていた。 この芽を見た事で解決したわけではないけど
ちゃんと芽吹くんだぁ、、、と、感心し少し嬉しくなってしまった。 でもこれって大きくなるのかなぁ?


昨日の続きでリバーもの。
カミキリが出ている事を知り、気持ちもじっくり探そうってモードのなったところ、現れたのがコミミズクの幼虫。
ボルトの先で何を考えるのか哀愁に浸っていた。 まあ、色々考える事もあるだろうよ。。。
“なんで僕は昆虫なのに鳥の名前が付いているんだろう? ツバメとかシギとか一部ならわかるけど、フルネームだから
たまらないよなぁ。。。 それに“コ”が付くからってミミズクの子分の様に思われてるんじゃない?”とか。。。
そんな風に幼虫を見ていると、複眼もなにか遠くを見つめているように見えて来た。。。 
すると、すぐそばにやって来ていたアリが、、、

            2コミミズク幼虫



アリ:『ねえねえ、何してんの!え、なになに?なんか見えるのそっちに? あ、わかった!甘い物があるんしょっ!
絶対そうだ!  どこどこ? 僕もたべたいーーーっ、 え、もしかしたらもう食べちゃった? ズリィ~~~!
口の周りのでいいからちょーだい!、食べちゃうよ!』
コミミズク幼虫:『うっざ!』 ってドラマが繰り広げられてるかも。。。

    3コミミズク幼虫2



まあ、そんなドラマなんか展開されているわけもなく、、、なんて思いながら歩いていると、先日、甲虫先生に頂いた
コブハナゾウムシが、やはり哀愁をはなっていた。
コブハナ:『ヤバッ、背後に何かを感じる、、、何かが来ている。。。』

        4コブハナゾウムシ (1)



アリ:『はい、どーもー! 何してるんすかぁ。。。 ってか、鼻ナッガッ!』
コブハナ:『ホント、うっざ! お前ら一体なんなん!!』   なんか、こんな日常もあるのかなと思えて来た。。。

5ウスモンチビゾウムシ (2)



さすがのアリたちも機動力のある、アケビコンボウバチには興味を示さないようだ。。。
            アケビコンボウバチa



そんなくだらない事を考えていた方が福がやって来ると言わんばかりに現れたのが、モンチビゾウムシだ。
        モンチビゾウムシ (3)a



1.6㎜-1.9㎜の極小ゾウムシだけど、形なのか色なのか、それなりに写真映えはしてくれる。
好きなんだよなぁ、そう言う昆虫って! 

8モンチビゾウムシ (2)



まだ、数回しか見た事が無いんだけど、このゾウムシイヤーに出て来てくれるってのが、ありがたいね~!
    9モンチビゾウムシ (1)



10日ほど前、『さすが美女谷!』と感じたトラフコメツキだけど普通にリバーにもいました。。。
            10トラフコメツキ


ではでは。。。。。。や
[ 2024/04/10 22:40 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

しかも黒化個体!!

今日の一枚目。 ツチの筆。
        1ツクシ
今年もリバーのツクシ群落ポイントがにぎやかになっていて少し安心した。 去年はホトケノザの群落ポイントが
新たに畑として耕されてしまったので、見る事が出来なくなってしまった。
昆虫のポイントもそうだけど、楽しみにしているポイントは無くなる事はあるけど、ほぼ増える事が無いのが現状で
たかだかツクシの群落だけど、撮影できたことに喜びを感じていた。  ああ、ジジイになったんだなぁ、、、とも感じた。


そんなリバーでの探虫。 この日はかなりの撮れ高で大忙しとまではいかないまでも充実した時間を過ごせた。
まずは、冬のメンバーっぽいけど雰囲気が少し違っていたので撮ってみると、、、やっぱり!アカスジナガムクゲキスイ。

    2アカスジナガムクゲキスイ (1)



今シーズン初めての撮影だ。 暖かいせいか動き回っていたので、フェンスをバン!と叩いてみたら、、、
見事に止まってくれた。     けれども、、、衝撃で委縮してしまい、被写体としての価値を下げてしまった。。。

            3アカスジナガムクゲキスイ (2)



次は何かなぁ?と歩いていると、『ウォッ、ン?カミキリ?』フェンス上をカミキリが歩いている事を想定していなかったから
一瞬バグッてしまった。 なんとこの時期にトガリバアカネトラカミキリだ。しかも黒化個体!!

        4アカネトラカミキリ黒化 (1)
Wさんありがとうです。 うっかりしてました。。。


隣の公園に行くと時季になると集まって来るウツギがあるから、比較的見つけやすいんだけど
やっぱりリバーで見られると言うのが、なんかうれしいよね。

5アカネトラカミキリ黒化 (2)



渋いところでは、マツムラグンバイ。 もうシブシブだよね。 でもそれなりにイイ感じだよな。。。
        6マツムラグンバイ



ゾウムシはユアサハナゾウムシ。 斑紋が薄かったから、もしや初見ゾウ?と、色めきだったが、な~~~んて事は無い
普通にユアサ君でした。。。  

            7ユアサハナゾウムシ



この日フェンスで3個体ほど見かけたのがムーアシロホシテントウ。  
以前は少ない種かなと思っていたけど、普通にバンバンいるもんだね。。。

        8ムーアシロホシテントウ (1)



もちろん正面顔も。。。
    9ムーアシロホシテントウ (2




最後は、、、一瞬なにか分からなかった。 よく見ると微妙な色合いのイモだ。 なんか、悪くないよね、、、
      ってオイラは思ったけど、大半の人は“キモい!”って思うんだろうなぁ。。。  ま、わかる気はするわな。。。

            10ビミョー幼虫


ではでは。。。。。。や
[ 2024/04/09 23:30 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

やっぱり大和撫子ですかね~!

先月末ヒシモンナガタマムシのパッカ~~~ンをUPした時、あらためてタマムシの背腹は綺麗だなぁ、、、と思い
今度、タマムシのパッカン特集でもやって見るか!との思いが今日に至る、、、的な。。。
な訳で、今日はタマパカを写真のみですが、お楽しみくださいまし。。。

        1ウグイスナガタマムシ 
ウグイスナガタマムシ




2オキナワムツボシタマムシ
オキナワムツボシタマムシ




    3クロナガタマムシ
クロナガタマムシ




            4シロオビナカボソタマムシ
シロオビナカボソタマムシ




5ダイミョウナガタマムシ
ダイミョウナガタマムシ




        6トガリカラカネナガタマムシ
トガリカラカネナガタマムシ




            7ハイイロヒラタチビタマムシ2
ハイイロヒラタチビタマムシ



        8ヒシモンナガタマムシ




9ミドリナガボソタマムシ
ミドリナカボソタマムシ




        10ヤノナミガタチビタマムシ
ヤノナミガタチビタマムシ




    11ルリP2
ルリナカボソタマムシ




最後は、、、タマムシと言えばヤマト、ヤマトと言えばタマムシ!って事は無いけども〆はヤマトタマムシで!
      皆さんはヤマトと言えば何でしょう?    
      ちなみに私は“山と川”です。 ウソです。 やっぱり大和撫子ですかね~!

        12ヤマタマ


ではでは。。。。。。や
[ 2024/04/08 17:44 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

でも そんなの関係ねぇ~♪

狭山の最終回。
ここ狭山では柵有りGレール有り擬木有りで、草花探虫の不得手なオイラにはもってこいのフィールドだ。
そんな擬木をジロジロしていると、見慣れぬカメムシが! 何カメ? 初見? なんか良さげな雰囲気だ。。。
帰宅後すぐに答えは出た。 ナカボシカメムシだ。 しかも去年は2回見ているようだ、、、 全然覚えてない。。。
しかもブログのコメントも<レア系?>とか<気の利いたカメムシ?>と、同じようなコメントだ。困ったものだ。。。 

        1ナカボシカメムシ



現地では当然そんな事は分かりもせず、初見?と喜んで撮っていた。
2ナカボシカメムシ2



ゾウムシは、金髪がオシャなヒレルホソクチゾウムシ。 金髪ってか茶髪レベルかな。。。
            3ヒレルホソクチゾウムシ (2)



金髪って言えば、ここ数年会えていないけど、今年はビロウドアシナガオトシブミに会いてーなー! 超金髪個体に!!
4ヒレルホソクチゾウムシ (1)



お、この小さな赤い斑紋はヒメアカホシじゃない方、青い目のフタホシテントウだ! 
いや、フタホシテントウはフタホシテントウだけど、初めて見る“青じゃない方パターン”だ。 
う~ん、なんだか嬉しいような、そうでないような、、、  やっぱ青が見たいっす。。。

            5フタホシテントウ



いつもの脇道の終わりごろ、あとは数百メートルのメイン通りを残すのみとなったところで、お、なんか久しぶり!
ナナフシモドキの幼虫だ。 幼虫の個体数はかなり多いと思うんだけど、去年は一度しか見ていないようだ。
そういう意味ではラッキーかな! あざーーーす! と、感謝しつつラストのメイン通りへ。
ここに来ると、いつも帰りは来た歩道と反対側を歩いて、少しでも違う種を探そう!って感じなんだけど
今日はトウキョウトラカミキリの件があるしなぁ、、、まあ、飛んで行った個体がまた戻って来るとは考えずらいけど
もしかしたら、ご神木と言うか発生場所かもしれないし、とブツブツつぶやきながら行きに歩いた歩道側を歩いていた。

        6ナナフシモドキ幼虫



すると、、、キタァーーーァ!! ワンサゲン! 春のTだぜ! 今度はしっかりキープ!
    7トウキョウトラカミキリ (3)



斑紋は午前中に見た個体と微妙に違うように見えるんだけど、、、同個体と言ってもおかしくないレベルだ。。。
でも そんなの関係ね~♪だな。。。 しっかり撮らせてもらえればそれが一番だ!

8トウキョウトラカミキリ (1)



トウキョウトラも大月のエゾトラも、エグリトラやクロトラと大して変わんないんだけどね、、、
んだども微妙にいいんだなぁ~、これが。。。

        9トウキョウトラカミキリ (2)



最初はけっこう落ちこんだけど、なんだかんだで楽しい狭山だったな。
来年も楽しませて頂きますか!  ありがとーTT!!
  ってか、“T”が写ってるの一枚しかなかった。。。
10トウキョウトラカミキリ (4)

ではでは。。。。。。や
[ 2024/04/07 17:40 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

やっぱ、正面顔っしょ!

今日の一枚目。 やっと。
                     ハナニラa
ようやく我が家のハナニラが満開に。道端で咲いているような雑草だけど、なぜか惹かれるハナニラ。
庭の中でも陽の当たらない所に密集しているから遅いのかな?でも遅い事が控えめに感じ、それもまた良し、かな。。。

ハナニラは4/6の写真だけど、記事はチョイ前の狭山の続きで。。。
さすが自然度が濃いと言うか、環境がいいと言うか、結果この日は撮れ高的にはウッハウハだった。
もう昼近くにはすっかり東京消失の事は頭の中には無く『お、いたぞ!』『ん、今度はなんだ?』と探虫を楽しめた。
そんな楽しませてくれたキャラクター達、まずはクロボシツツハムシ。

            1クロボシツツハムシ (1)



まだまだシーズン序盤という事で赤い色には強く反応し、高揚してしまう。 もちろんオイラがね。
    2クロボシツツハムシ (2)



アカホソアリモドキは特徴の上翅の凹みと複眼にピンを合わせてみよっかなぁ、、、と、上翅ピン甘でした。。。
        3アカホソアリモドキ (2)



好きな角度からも一枚。
            4アカホソアリモドキ (1)



これは何だ? カシワクチブトっぽくないよな。。。  コカシワクチブトゾウムかな?
5コカシワクチブトゾウムシ (3)



複眼だけにピンが合っちゃてるから分かりづらいけど、口上板に鱗片が有りそうだよね。。。
        6コカシワクチブトゾウムシ (5)



象年(ゾウムシイヤー)なんてやっちゃてるけどさ、そう言えば同定のムズさを忘れていたよ。。。
    7コカシワクチブトゾウムシ (2)



お~、狭山と言えばヨツボシチビヒラタカミキリも名物的なカミキリだよな。
        8ヨツボシチビヒラタカミキリ (1)



やっぱ、正面顔っしょ!って撮ったけど、なんかクモっぽい画になっちった。。。
    9ヨツボシチビヒラタカミキリ (2)



もう今シーズンはUPする事は無いと思っていたけど、狭山産って事でよろしくどうぞ!
            10ヘリグロチビコブカミキリ
スミマセン! 次回もう少し狭山が続きます。

ではでは。。。。。。や
[ 2024/04/06 22:14 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

東京消失

この日は“春のT”でも探しに行くかと、狭山まで足をのばしてきた。
Tに関係なく年に一度は来たいなと思っている場所だ。
いつも駐車している施設が去年から閉鎖されてしまったようで、ビクつきながら第二駐車場に行ってみた、、、セーフ!
バイクをとめ歩き始め、メインの道路に出て探虫開始! 
天候、気温とと悪くないのだけど、昆虫類がまったく見当たらない。。。もしやヤバい日に来ちゃった?
10分ほど歩くと柵の上に昆虫の影が見えた。 近寄って確認してみると、、、キタァーーー
いきなり第一昆虫が春のTこと、トウキョウトラカミキリだ! 動きが無い事を確認し遠目でまずは一枚。 
モニターを見る、、、ダメだ白い柵の上に暗い色の昆虫で真っ黒につぶれてしまっている。 まだ動いていない。
仕方なくストロボ使用してみる。モニター確認、、、う~んさっきよりましだけど、まだ暗めの方が、、、

なんてやっていると前から自転車がやって来た。
オイラはとっさ的に柵側へよける。
ヤベッ、カミキリが。
すたすた動き出す東京寅。
とりあえず、捕獲だ。
あれ?タッパはどこのポッケ?
どこどこどこ、、、 あ、ブ~~~~ン 東京消失。。。  THE END...

で、とりあえずストロボ撮影の写真がこれ。

        1トウキョウトラカミキリ



その後も10分ほど全く昆虫が現れず、久しぶりに凹み気味での探虫となっていた。
そしてようやく第二昆虫、ちょっと前リバーにもいたベニヘリテントウだ。 でもそんな事は言ってられない。。。

            2ベニヘリテントウ (2)



その後は、色んな昆虫達が出て来てくれて、寅喪失感を忘れさせてくれた。コトハツ、ヒゲナガホソクチゾウムシも。
        3ヒゲナガホソクチゾウムシ2



パッと見、今年は既にとっているアザミホソクチにも見えたから、象年はカウント出来ないなと思ったけどセーフだった。
やっぱ今年はカミキリ運より、ゾウムシ運がいいようだ。

4ヒゲナガホソクチゾウムシ



よくありがち。 目的虫ロスト後の花撮影。 スミレが心を沈めて静めてくれた。
        スミレa



次から次へ昆虫達が目に入るようになり、春っぽいヤブキリ幼虫なんかも。 これでいいんだよね。。。
    6ヤブキリ幼虫



春の訪れを感じるアトボシハムシなんかも出て来た。
            7アトボシハムシ



あー、こんなのもいるんだぁ、、、と、キボシチビヒラタムシ。  って、去年もここで撮っていた。。。
8キボシチビヒラタムシ (3)



なにげにツボっている甲虫だ。  デザイン、質感、何よりこのヒラタ感が何とも言えない。
        9キボシチビヒラタムシ (1)



せっかくだから、いつもは撮らない構図も一枚おさえておいた。
    10キボシチビヒラタムシ (2)
次回も狭山編。

ではでは。。。。。。や
[ 2024/04/05 23:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

葉っぱスタジオ

今日の一枚目。 浅ましい。
        1執着
その日は急に飲みたいなぁ、という衝動にかられたのだけど、家にツマミがほとんど無かったので
あまりない事だけど、ツマミだけを買い出しに出かけた。 
時間は19時ちょっと前で、このタイミングで行けば割引商品をゲット出来るかも!と勇んでスーパーに向かった。
残念な事に魚・肉・惣菜系の割引は無く、普通にツマミを購入。 あとたまには甘いものでも食べたいな、、、と
普段は血糖値などの理由で控えている、甘パン系を物色しにコーナーへむかった。
お、20%OFF発見!すかさず手に取るがすぐ隣のチョコパイが無言のもうアピールをして来ている。。。
悩む、、、どっちだ、、、ガリッとチョコかチョコパイか。。。
体の事を考えると『両方いっちゃえ!』なんて事はありえなく、、、
今日の雰囲気だと数時間後の飲み終えた後に欲するのは、、、そうだ、たぶんしっとりとしたチョコパイだ!と
チョコパイをカゴにIN!! ちょっとスッキリした気分でレジに向かい会計をすませた。
台にカゴを置き、エコバックに詰め替えようとした時だった、、、『ウォッ、二つ買っている。。。』 マジか。。。
チョコパイだけのつもりが、20%OFFの商品をとりあえずカゴに入れて考えていたのだろう。。。
なんとも浅ましい、、、己の甘い物への執着を感じてしまった。  まあ、冷凍にして次の飲みの時に食べればいい。
なんて考えていたのだけど、酔った勢いで二つとも食べてしまった。。。 心にも体にも悪い晩だった。。。
でもお酒は美味しく飲めたから良かったんだけどね!



先日、スベリビユサルゾウムシをUPしたのだけど、それ以前に甲虫先生から『もし、スベリビユサルゾウムシがいたら
キープしておいて!』とのリクエストがあったので、撮影後ケースに入れてリバーのフェンス沿いの目立たない所に置き
『置いておきました』と連絡。 無事、手に渡ったようで、その後甲虫先生からもし良ければと
サルゾウとハナゾウをと、逆にそのケースに入れて再びその場所へ。
既撮の2種と言えどコトハツの2種、回収しありがたく撮らせて頂いた。

で、どちらかと言うと好みのコブハナゾウムシから。

2コブハナゾウムシ (3)




触角とか口吻とか、このコブとかのように何かイレギュラーがあると盛り上がっちゃうよね。
            3コブハナゾウムシ (1)



白い斑紋がしっかり出て、綺麗な個体だったなぁ。。。
    4コブハナゾウムシ (2)



花のあとは猿。 ケマンサルゾウムシ。
5ケマンサルゾウムシ (3)



ケマンって、あのムラサキケマンとかミヤマキケマンとかの華鬘なのかな?
ミヤマキケマンとかにいたら映えるだろうなぁ。。。  でも黄色バックって言うのも飛んじゃって難しいんだよね。。。

        6ケマンサルゾウムシ (1)



まあ、当分は葉っぱスタジオで撮らせてもらおっかな。。。
    7ケマンサルゾウムシ (2)
甲虫先生ありがとうございました!



最後は、、、、ちょっと良さげなコバチがいたもんで、その子をUP
たぶん、アシブトコバチだと思うんだけど、、、まあアシブトコバチだよな。。。

                      8アシブトコバチ



黄色のラインが入ったり、頭が変な形をしているのもいいけど、シンプルってのもいいもんだね。
    9アシブトコバチ2

ではでは。。。。。。や
[ 2024/04/04 22:50 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

全てコトハツ物

今日は美女谷のゾウムシ達を。 なんと全てコトハツ物
今年見たゾウムシも一気に23種まで数を伸ばした。 ご覧になる方はコチラをクリック!!
最初のゾウムシは、時期になればいつでも見られるようなカツオゾウムシ。越冬個体なのだろう、ちょっと擦れ個体。

            1カツオゾウムシ



渋ちんゾウムシはクロナガハナゾウムシ。 地元付近では見た事がないから山地性なのかな? 
        2クロナガハナゾウムシ (1)



ハナゾウムシってより、かなりイネゾウモドキよりのビジュアルで、らしくない所がまたいいのかな。。。
            3クロナガハナゾウムシ (2)



わざわざ美女谷で見る事もなく、リバーにもいるナカスジカレキゾウムシ。
                      4ナカスジカレキゾウムシ



最初にハラグロノコギリゾウムシを見たのもここ美女谷だったな。。。
5ハラグロノコギリゾウムシ



このゾウムシは好きなんだよね。 ただノコギリゾウムシと名の付く6種の内、ハラグロしか見た事が無いんだよね。
そろそろNewノコを拝ましていただきたいな。   と。。。

        6ハラグロノコギリゾウムシ2



できたら、似たようなゾウムシでタカハシトゲトゲなんかを見せて頂くと、シッポ振って大喜びなんだけどなぁ。。。
                    7ハラグロノコギリゾウムシ3



今ぐらいの時期、ちょっとでもトゲトゲの植物を叩けばいくらでも落ちて来る印象のイチゴハナゾウムシ。
            8イチゴハナゾウムシ (1)



似たゾウムシにユアサハナゾウムシって言うのがいるけど、こっちのイチゴハナゾウムシの方が好みかなぁ。。。
9イチゴハナゾウムシ (3)



最後にパッカ~~~ンといって頂きました!!
        10イチゴハナゾウムシ (2)


ではでは。。。。。。や
[ 2024/04/03 23:18 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

オイラの人間性といい勝負

今日の一枚目。 出し忘れ。
        1キタキチョウ
次回は残りの甲虫を!なんて言っておきながら、、、UPを忘れていたキタキチョウ。
去年はキタキチョウをあまり撮れてなくて、秋に久しぶりにキタキチョウだ!って撮ったら
けっこうレアなツマグロキチョウだったなんて事もあったよな。 
今年もまた、そう言うタナボタっぽいのが欲しいなぁ。。。



で、こっからが美女谷の甲虫達。
色がけっこう地味だなぁなんて思っていたら、やっぱオオが付かないただのセンチコガネの方だった。
センチコガネはまだ2~3回しか見ていないんじゃないかなぁ。。。

            2センチコガネ (1)



顔を強調するための正面顔だったのだけど、顔以上に前脚のトゲトゲがカッコイイね~。
3センチコガネ (2)



お~、こんなのもいたぜ! オイラの人間性といい勝負の薄っぺらさ!
        4ベニヒラタムシ (3)



ベニヒラタムシは過去に5~6回見ているけど、今回この美女谷産が一番家から近いんじゃないかな?
どうでもいい事だけど、なんかうれしいね~!

5ベニヒラタムシ (1)



昆虫の神様は、あと何回“ベニ”を見たら“ルリ”を出してくれるんだろうか。。。
    6ベニヒラタムシ (2)



これからイヤって程出て来るフジハムシ。 気持ちが新鮮の内に撮っておくか!
            7フジハムシ (1)



デザイン的に悪くはないんだけど、飽きちゃうんだよねぇ、、、終盤には。。。
    8フジハムシ (2)



ゾウムシはヒメカタゾウムシ。なんかオジサンぽいよね、このゾウムシって。オイラだけかな、そう思ってんの。。。
        9ヒメカタゾウムシ (1)



普通の複眼なんだけど、なんかキマッちゃってる感じがして、ちょっと怖いよね。。。
10ヒメカタゾウムシ (2)
んな訳で、この時期ゾウムシ類が1種なんて事はある訳もなく、、、残象は次回って事で!!

ではでは。。。。。。や
[ 2024/04/02 22:50 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

50年ぶり

今日の一枚目。 好きな画。
    1ミツバチ
この日は大地沢→美女谷と虫撮りに行って来たのだけど、いつもは、美女谷→大地沢なので逆コースになる。
ちょっと美女谷に向かうには早いかな?もう少し気温が上げってからの方が良さそうだなと大地沢を先に回った。
まずはトンボ池に向かっていくと『お、もうやってんの?』と、そこにはミツバチの巣箱が置かれていた。
巣箱の前にはオオイヌノフグリが賑やかに咲き、その上をミツバチが行き来する。 なんか いいなぁこの構図、、、
と、ほんわかとした気分で撮ってみると、ピントもほんわかとしていた。。。  こんど撮りなおそ、、、



トンボ池まわりは昆虫の出がなく、谷戸へと向かった。
そこでフワフワと飛ぶ昆虫を見つけた! イトトンボだ。   が、上の方上の方へと飛んで行き、3Ⅿほどの高さまで。
まあ、今シーズンの初トンボだからとりあえず撮っておくかと一枚。 ホソミイトトンボかな。。。
 ちなみに中央ちょい上ね!
        2ホソミイト




結局イマイチの撮れ高で大地沢を後にして美女谷へ。 いつもの庭に行くには少し早いので、直接林道へ。
ガードレールジロジロを始めると最初に見つかったのがコトハツカミキリ(除:ヘリグロチビコブ)のナカジロサビカミキリ。
超普通種で、しかもクモの糸が絡まっていたりで、今年のカミキリ運を暗示しているのか。。。

            3ナカジロサビカミキリ (2)
暗示を解くかのように別個体もいたので横からアップで一枚どぞ。



少し歩くとGレールの支柱にキボシアシナガバチ。 アップで撮ろおとするも手前のGレールが邪魔になる。。。
まだ活性化してないからダイジョブっしょ!って事で木の枝を見つけ上手く乗り移させる、、、 
よっしゃー!成功。 ちょろいもんだぜ!
        4キボシアシナガバチ (1)


キボシアシナガバチが乗った棒を持って反対側の苔の生える法面へ。 ゆ~くりと苔の上に、ご移動願った。
そうそうそう、この方がとりやすいよね~! いいよー、横顔!!
5キボシアシナガバチ (2)



そうだね~、前からも頂いておきますかー! なんて色々な角度から撮っていたら、飛ばないと思っていたハチが
勢いよくオイラの左の方へ飛んで行った。 『あ~あ、、、』と思った次の瞬間、目の前にそれっぽい物が横ぎり
オイラの右耳に突入してきた! 『う゛ぇ~~~』と大きな声を出しながら耳をはたくオイラ。 
瞬間的に痛みを感じていない事に少しホッとしたのもつかの間、今度は首筋にチクっと痛みを感じた。
あわてて首に巻いていたタオルを取り、首周りをパタパタバタバタとはたいた。
たぶんタオルの上から刺したのだろう、触ってみると蚊に刺された程度のふくらみがあっただけだった。
いや~、マジあせったなぁ。。。  ハチに刺されたなんて50年ぶりかな? ちょっと調子に乗り過ぎたな。。。
    6キボシアシナガバチ (3)



気を取り直してGレールジロジロ再開。
お、ガラ物コメツキ。 トラフコメツキだ。
            7トラフコメツキ (2)



これも夏前限定の春コメツキだよなぁ。 コメツキでもガラ物だとうれしいよね。
    8トラフコメツキ (1)



ケブカカスミカメなんかも出ていた。 翅が半開き? ちょっとカッチョわりぃなー。。。 
        9ケブカカスミカメ




最後は、、、帰り際、橋の欄干でホソミイトトンボをちゃんと撮る事が出来た! 大地沢の仇を美女谷で討つ!!
10ホソミイト2
残りの甲虫達はまた次回!!  

ではでは。。。。。。や
[ 2024/04/01 00:38 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

仮面ライダーっぷり

コバチの時期って冬だと勝手に思い込んでいたけど、何気に今頃なのかなぁと、思うここ最近。
んな訳で、この日もコバチがたくさん撮れました。 
まずは初見のコバチは大きさなんと1.5㎜ほどの極小タイプ。 だけども何とも言えずのかなりの美麗種。
これはツヤコバチの仲間かな? 

        1ツヤコバチ



お次は、、、はいはい君ね。。。 色は渋めだけどイイ感じの色だよね。 でもちょっと地味? と思いきや、、、
            2シリビコバチ2



『お尻も見てから言って!!』と言わんばかりにお尻をパカン! メタリックのストライプが素敵です!!

    3シリビコバチ



よーーーやく見れました、ニジモントビコバチ! 相変わらずの仮面ライダーっぷりがいいね!
4ニジモントビコバチ (2)



パープルの触角をガッツリ撮りたかったのだけど、こんな写真しか撮れませんでした、、、
リベンジは来シーズンだな。。。

        5ニジモントビコバチ (1)



パッと見ただの黒いコバチ、撮るか撮るまいか、、、そんな時はファインダーを覗いて決める事もあるんだけど、
この時は赤い複眼を見て、シャッターにかけた人差し指がクイッと動いた。。。

            a6クロコバチ



ハネカクシは、ナガサキヨツメハネカクシ。 ハネカクシにしてはおとなし目の見た目で好きなハネカクシだ。
                    7ナガサキヨツメハネカクシ (1)



ちょっと前もナガサキヨツメハネカクシでUPしちゃったんだけど、図鑑より少しほっそりしてるんだよね。。。
ま、とりあえずヨツメハネカクシの仲間は確定って事で!

            8ナガサキヨツメハネカクシ (2)



かなり綺麗な個体のジュウジチビシギゾウムシ。 白がシロだよね~~~!?
        9ジュウジチビシギゾウムシ2



シギゾウの初見から遠ざかっているんだけど、ゾウムシイヤーの流れで初見シギゾウに出会えたらいいんだけどなぁ。。。
10ジュウジチビシギゾウムシ


ではでは。。。。。。や
[ 2024/03/30 23:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

もらった。。。

まだまだ続くリバーの昆虫から。
なんやかんやで、コバチを中心に色々と撮影できたこの日、一番の収穫はこのゾウムシだった。

        1スベリビユサルゾウムシ



去年初めて見たスベリビユサルゾウムシ。 
それなりにレア種っぽく、画像検索してもあまりヒットしないゾウムシだ。

2スベリビユサルゾウムシ (1)



レア種で好きと言うより、このカワイさとチョコマカした動きにやられてしまった。
        3スベリビユサルゾウムシ (2)



去年見つけた場所とかなり離れていたから、リバーではそれなりに繁殖していそうで来年も楽しみだ。
4スベリビユサルゾウムシ (3)



ピカピカのハチや、レアなゾウムシばかりいるわけでもなく、、、とうぜん渋ちんもいらっしゃるわけで。。。
クロヒラタヨコバイの幼虫を一枚。 真っ黒から白っぽい個体まで、変異が多いヨコバイだ。
もちろんこの黒×白バージョンもネット検索で見つかった。

            5クロヒラタヨコバイ幼虫



10㎜程の大きな体長と脅かさなければ緩慢な動きのミカドオオアリは、いればついつい撮ってしまう。。。
    6ミカドオオアリ



フェンスの上に先日もUPしたアカホソアリモドキがいて、撮ろうと思ったらなんかモゾモゾしていたので
これはもしや、パッカン準備かな?と思い、そのタイミングを待っていたら、、、ビンゴーーー!
見事にパッカ~~~ンと、してくれました。 
ファインダー越しの複眼と触覚に集中していて飛ぶか飛ばないかの瞬間シャッターを切る。
すると複眼と触角がストロボで照らされた瞬間くっきりと見えた。 もらった。。。
シャッターを切った瞬間に手ごたえを感じる時があるが、その感覚だった!   が、満足気にモニター確認をしてと
『ありゃ? ダメだこりゃぁ。。。』いくら複眼と触覚にピンが来ていると言っても この上翅と腹のボケ方じゃなぁ。。。

        7アカホソアリモドキ



ケヤキの樹皮下にいるとすぐにユアサハナゾウムシだってわかるんだけど、フェンスの支柱になんかにいられると
『もしや初見か?』と色気が出てしまう。。。

            8ユアサハナゾウムシ



もう一匹嬉しいゾウムシはケブカホソクチゾウムシ。 ホソクチゾウムシの中ではセアカホソクチゾウムシに次いで
好きなゾウムシだ。 コトハツという事で2024.1/1に貼っておくか。。。

9ケブカホソクチゾウムシ2



このケブカホソクチゾウムシで17種類目。 冬の三ヶ月で17種は多いのか少ないのか、、、微妙な感じだぁ。。。
来月から気合入れてゾウムシ探しをすっかなぁ。

        10ケブカホソクチゾウムシ


ではでは。。。。。。や
[ 2024/03/29 23:12 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

綺麗な胸のアップはコチラ

リバーの続きから、、、この日はとにかくハチ系が多かった。なもんで今日はハチデー!、、、って、語呂ワルッ。。。
で、前回言っていた見た事がない綺麗なコバチがコレ! 芸術的な模様が何とも言えずで。。。
久しぶりに興奮しながら撮っていた。 で、たくさん撮ってしまったので、たくさんUPします。。。
全部で8枚。 写真だけお楽しみくださいな!
           いつもの事ながら未同定でございまする。。。
‍a1ニジコバチ


        a2ニジコバチ (7)


    a3ニジコバチ (5)


            a4ニジコバチ (3)


        a5ニジコバチ (1)


                    a6ニジコバチ (8)


        a7ニジコバチ (6)




a8ニジコバチ (2)
スゴイ綺麗っしょ! この胸の点刻とデザインは来るよね! 普通にUPしちゃうと画像がボケちゃうので
綺麗な胸のアップはコチラから



ここからも“ハチデー”って事で、ハチが続きまっせ!
これは以前もUPした、あまり見ない青っぽいハバチ。

            1アオハバチ (1)



赤の斑紋が入らなかったら何でもないハバチなんだけどね。 何でもそうなんだけど、ちょっとした事なんだよね。。。 
2アオハバチ (2)



とりあえずいたコバチをパチ、パチ、パチと。。。 下はタマバチの一種かな。
3コバチW 4コバチV

                     5タマバチの一種



コイツも中々楽しませてくれたんだよね~。 どこがってほら、もちろんのフサフサのこの触角!
        6フサヒゲコバチ (4)



ときおり胸と頭を持ち上げ、なにかのアピール?
7フサヒゲコバチ (2)



正面顔も。。。
    8フサヒゲコバチ (3)



ラストはシックな緑系コバチ。 中々の渋ちん系は演歌歌手で言うと鳥羽一郎!?
        9鳥羽一郎


ではでは。。。。。。や
[ 2024/03/28 23:19 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

オカッパテントウ  ジュリアナチョウバエ

春らしくない陽気が続いていたけど、今日はようやく春っぽくなる予報だったので、待ちに待っての出動だ。
オイラ的には、今日から春満開、昆虫ザックザク!のつもりでリバーへ向かった。
まずはキタテハ。 もうキタテハは撮っているけど、春って言えば春っぽいから撮っとくべ!と
ぐぐっと寄ってヴィトンのダミエのような複眼を一枚!

    1キタテハ



空は青く太陽が輝いているけど、なんか雲行きが怪しい。。。 そ、昆虫天気の方が。。。
もう勘弁してよ!ってくらいフェンスに昆虫達が出まくっている事を想像してきたけど、全然いない。。。 ナゼ、、、
そんな時はツノブトホタルモドキで念のため撮っておく。 念のためと言うか、今日は撮る気満々で来ているから
ストライクゾーンが広くなり過ぎてしまっているようだ。。。

        2ツノブトホタルモドキ



ストライクゾーンが広くなっていると言う事は、悪球打ちになっているという事で、、、
ツマグロオオヨコバイなんかも撮っていた。。。
悪球なんていったらツマグロ君に怒られるよな。。。
          ってか、手を振りかざして怒ってる??
    3ツマグロオオヨコバイ



しかし、その悪球打ちはとどまるところを知らず、春だと言うのにガガンボなんかも撮ってしまった。。。
            4ガガンボ



なんか春っぽいの、、、ってか、普通に甲虫でいいや。。。  なんて思っていると、、、
来た!!!超オニ激レア種!!!このテントウは、、、日本ではまだ未発見と言われているオカッパテントウだ!!!

        5オカッパテントウ (1)



念のため、前側からも撮ってみる、、、間違いないオカッパテントウだ。 春満開だ!!!
    6オカッパテントウ2



するとすぐそばにいたのは、驚く事に日本ではすでに絶滅したと言われているジュリアナチョウバエだ!!!
まるで扇子のオブジェの様にフェンスの上に!!!   フェンスに扇子、、、韻も踏んでいる。。。  のか?

7ジュリアナチョウバエ
あまりにも春らしくない想定外の昆虫達に少し気が変になっていました。。。  ナミテントウとオオチョウバエかな。。。



気を取り直してジロジロ再開。
今日はこのハチの仲間がすごく多かったなぁ。。。 これはハナバチの一種だよね。 なんかいい感じ。。。

    8ハバチ (1)



正面からもぐぐっと寄って。。。
        9ハバチ (2)



これは同じ種類なのかなぁ? えらい毛深いよね。。。 まあ、嫌いじゃないから撮っておくか。。。
な感じで撮って家に帰ってPCでチェックしていたら、、、

    10ハバチ (4)



あらま!複眼の上側に綺麗な虹色帯が。 無理やり拡大しているのでお見苦しいですがご勘弁を。。。
        11ハバチ (4)2
たまたまストロボ光のいたずらで虹色発行したのかなと思っていたけど、別のタイミングで撮った超アンダーの
ボツ画像にもしっかり虹色帯が写っていた。 なんなんだろ? ま、綺麗だから何でもいいか。。。


次回はこの続で、今まで見た事がない綺麗なコバチが撮れたよ~ん!

ではでは。。。。。。や

[ 2024/03/27 23:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

青い複眼

寒いっすね~、、、もう4月はそこだと言うのに。。。
チョウやらハムシやらゾウムシやら、春の虫を撮りたいのだけど、UP出来るのは冬の虫。
でも明日あたりから春っぽくなって、“戻り”ってやつも多分ないっしょ! 楽しみ楽しみ。。。

ちょっと前のリバーの昆虫達を。。。
1対の赤い斑紋。 ヒメアカホシテントウではない事はすぐにわかった。 じゃない方テントウ。。。ってかオイラ的には
このフタホシテントウの方が好きなんで、ヒメアカホシテントウの方がじゃない方テントウなんだけどね。

    1フタホシテントウ (2)



何が好きかって、この青い複眼が異質でいいよね。 青じゃない個体もいるようだけど、テントウではこの
フタホシテントウだけだとおもうんだよね、青いの。。。  いいね~!

        2フタホシテントウ (1)



せっかく出て来たんだけど、こんな寒くちゃなぁ。。。  と、言いたげなツヤアオカメムシ。
            3ツヤアオカメムシ



その寒さのせいか動きが緩慢なのは、ミカドオオアリあたりかな?
    4ミカドオオアリ



テッカテカのゴミムシ系は、コマルガタゴミムシ? 白っぽいバックの黒い昆虫はどうも苦手だ。。。
        5コマルガタゴミムシ



シャカって落ちて来たのは、タマキノコムシの仲間。 タマキノコムシの仲間はみんな同じに見えるから
ちょっとオイラには同定不可能なんだよね。

            6タマキノコムシ (1)



でも丸まった姿が可愛くてついつい撮ってしまう。。。 以前の画像だけど丸まったとこ。。。
    7タマキノコムシ (2)



いつも見るより色がかなり淡い気がするんだけど、ヒナナガカメムシ? オイラ的にはそろそろ見納めかな。
        8ヒナナガカメムシ
さ~て、明日から春虫UP出来るかな?

ではでは。。。。。。や
[ 2024/03/26 23:03 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

大垂水のシャカシャカP

この日は大垂水のシャカシャカPで遊んで来た。 
去年ほどの撮れ高は望めないけど、いつもとは違うメンツが見れそうだなぁ、、、と。
で、落ちて来たのが先日リバーでも見つけたキボシアトキリゴミムシ。

        1キボシアトキリゴミムシ (3)



なんだよ、違うメンツじゃないじゃん。。。と思いつつも確かこれってけっこう珍しい種だと教わったような。。。
2キボシアトキリゴミムシ (2)



珍しいんなら、いっかー!と相変わらずミーハー虫撮りのオイラだ。。。
        3キボシアトキリゴミムシ (1)



ゴミムシはこんなのも。 なんだろ?ミズギワゴミムシっぽいけど、ちと違うような。。。
    4コミズギワゴミムシ (2)



ここはお得意のあれで。。。 コミズギワゴミムシの“仲間”って事で!
            5コミズギワゴミムシ (1)



アリヅカムシも落ちて来た。 たぶんこれはオオトゲアリヅカムシでいいんじゃないかなと。。。
6オオトゲアリヅカムシ (2)



以前も撮った事はあるけど、そこそこサイズも大きめだから撮っていても楽しかったなぁ。。。
        7オオトゲアリヅカムシ (1)



ハネカクシはコマルズハネカクシ。今年はハネカクシも少ないけど、これとタチゲクビボソハネカクシはよく見るなぁ。
            8コマルズハネカクシ (1)



ハネカクシやコバチはそろそろシーズン終了かなぁ。。。
いるにはいるんだろうけど、暖かくなると飛んじゃって撮れないしな。。。

    9コマルズハネカクシ (2)

ではでは。。。。。。や
[ 2024/03/25 22:33 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

ほぼイチリンソウ状態

この日は春を感じに行きたいなと、ニリンソウを見に必死ぶりのGKへ。
が、残念な事にほとんど咲いておらず、ようやく見つけたのだけど、ほぼイチリンソウ状態
しかしながら、これもまた良しかなと一枚頂いておいた。

                    1ニリンソウ?



先日、ビロードツリアブの撮影でお世話になったショカツサイ。 今日は嬉しい事に白花が咲いていた。
白い花が特別好きなわけではないんだけど、オドリコソウやホトケノザの白花とか見られると嬉しくなっちゃうよね。

    2ショカツサイ



と、白花でふっておいて、、、別日のクリストフコトラカミキリを探しに行った時に見つけたハナニラの白花を
しれ~っとUP.

        3ハナニラ



このパターンも好きなんだよね~。。。
ひこばえじゃないけど、『え、そんなトコで咲こうとしてんの?』的な感じがたまらんです!

                    4ひこばえ風桜



なんで今回は花が多いかって? そりゃ、昆虫が見つからんかったとです。。。
でもオオイヌノフグリに来ていたキタテハを撮れてちょっと満足。。。

            5キタテハ



パタパタと飛んでいたチョウが茂みに。。。 ルリタテハのようだ。 開かないかなぁ。。。 あ、また飛んだ、、、
        6ルリタテハ (2)



あ、ラッキー! ついた所で開いてくれた。 でも初めて感じたんだけど、ルリタテハの淡いブルーの斑紋って
よく見ると、1/3欠けた綺麗な円に見えるんだけど、これってなんか意味あんのかな?  あってほしいなぁ。。。

    7ルリタテハ (1)




最後は、、、久しぶりの“クイズ”だ!写真の中にいる昆虫は? 答はコチラ!
        8ズル禁止!

ではでは。。。。。。や

[ 2024/03/24 22:51 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

未同定祭り?

一週間ほど前、リバーにいたサルゾウムシなんだけど、、、これがどうにも同定が出来なく四苦八苦。。。
                1キイチゴトゲサルゾウムシ3



当初はキイチゴトゲサルゾウムシだよな、、、なんて思っていたのだけど、上翅の会合線にある黒い斑紋が
なんか違和感があって、、、大きさも約2㎜強とかなり小さ目。(キイチゴトゲサルは2.5-2.9㎜)
ゾウムシイヤーと言う事もあり、“サルゾウムシの仲間”ではなく名前を見つけたいな、と。。。

    2キイチゴトゲサルゾウムシ



会合線の黒い斑紋から行くとミズキトゲムネサルゾウムシとかニッポントゲサルゾウムシなんかがいるんだけど
両方とも黒に近い色をしているんだよね。。。標本だからかなぁ、、、と思いつつも決定打にならずで。。。
んな訳で、“仲間”発動!っちゅう事で!! ゾウムシイヤーにはサルゾウムシの仲間で記載。

        3キイチゴトゲサルゾウムシ2



実は今日、未同定祭り?みたいなもので、、、コイツも分からずの困った君で。。。
これに関してアリ?ハチ?のレベル。。。 たぶんアリバチモドキの仲間だと思のだけど、同じタイプは見つからず。
今年は昆虫の出がイマイチだから、こういう珍しい系がいると、ついつい撮ってしまって苦しんじゃってるオイラ。。。

            4アリバチモドキ?



これまた困った君で、ハチッてまでは分かるんだけど、、、まあハバチだよね、でもその先が。。。
        5ハバチ1



キレイな種類は是非とも同定にこぎつけたいんだけどね。。。 
6ハバチ2



フタホシハバチって言うのが一番近いとは思うんだけど、胸の赤い部分が全く同じ感じの個体は見つからずで
赤以外の少しブルメタっぽい部分が黒い個体はいるんだけどねぇ、、、  ハチもムズイね。。。

        7ハバチ3


ではでは。。。。。。や
[ 2024/03/23 21:32 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)