fc2ブログ

人気ブログランキングへ

インチキくさいって言えばインチキくさい

このところリバーか小山田にしか行ってなく、演者も少々かぶり気味になって来た。
真冬の今の時季の事を考えれば、致し方ないのかなとも思うのだけど
単純に場所を変えればいいのかな、とこの日は別の場所でシャカシャカをしてみる事にした。

いきなり場所替え効果あり! キミも越冬隊かぁ~、と出て来てくれたのはシャカ初見のヨツボシテントウダマシ

1ヨツボシテントウダマシ (2)



もちろん枯れ草から落ちて来たのだけど、今は貴重な赤い昆虫なので葉っぱに移して。。。
            2ヨツボシテントウダマシ



既知種でシーズン中はそれなりに出会いが多いヨツボシテントウダマシだけど、シャカ初見となるとそれはそれで
中々うれしいものだ。

    3ヨツボシテントウダマシ (3)
愛媛大学の准教授がベニヨツボシテントウダマシと言う種もいる事を5年ほど前に探し当てたらしく
その事からTAMI22Mさんより、この個体はベニヨツボシの方に見えます。とご教示頂き、確認してみると
絵合わせ的での可能性ですがヨツボシ<ベニヨツボシのようでした。 
よってへなちょこブログではベニヨツボシテントウダマシ(仮)とさせて頂きます。
TAMI22Mさん、いつも見つけづらい情報、ご教示ありがとうございます!



今ポイントにはケヤキが2本だけある。 そりゃ、めくりますわな。。。
常連のカニムシだ。 でもいつものタイプとは少し違う、トゲヤドリカニムシと言う種類のようだ。

        4トゲヤドリカニムシ (1)



カニムシと樹皮だと、同化してしまいなんかつまらない。。。 そうだよね、カニムシもたまには葉っぱで!
    5トゲヤドリカニムシ (2)



インチキくさいって言えばインチキくさいけど、まあまあ、これはこれで有りかなって。。。
        6トゲヤドリカニムシ (3)



なんで?なんでなの? カニムシ葉っぱに乗っけておいて、、、こっちでしょ!  聞こえて来ました民の声。。。
            7マダラチビコメツキ (1)



人間、長く生きてりゃぁ魔が差すって事も、、、ってかオイラの場合差しまくってるけどね。。。
あ、マダラチビコメツキ(4-5.5㎜)です。
    8マダラチビコメツキ (2)



黒い普通のコバチだけど、翅に少し模様があるから撮ってみるかぁ。
            9クロコバチ2



お、これってアシブトコバチかな? だったらなんか嬉しいなぁ。。。  ハネマダラアシブトコバチとか?
    10クロコバチ
あともう少しあるけど、また明日!

ではでは。。。。。。や
スポンサーサイト



[ 2024/02/29 21:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(3)

さぁよぉぉなぁらぁ~~~

今日はシャカ物から。 
シャカシャカと言うとハネカクシがメインになってしまうのだけど、のっけからそれだと何なので
最初はキレイめコバチから。 緑が綺麗で腹も一部透明部分があって好きなタイプかな。。。

        1ミドリコバ



パッカ~~~ンと言うより二郎さんって感じ!?
2ミドリコバ2



これはちょっとずんぐりタイプでよく見るタイプかな。
        3ミドリコバチ2



触角が特徴的で大きさは2㎜くらいかな。。。
    4ミドリコバチ



さて、ハネカクシは。 五角形の頭がちょっと滑稽なキバネクビボソハネカクシ。
            5キバネクビボソハネカクシ



このくらいお尻が黒いとオオシリグロハネカクシ!と自信を持って同定出来るのだけど、意外に黒が弱かったり
ほとんど黒くないものがいるんだよね。 別種って事かな?

6オオシリグロハネカクシ



ハネカクシは見た目はキモい所もあるんだけど、たいたい5㎜前後の種が多いから
カワイイとまでは行かなくとも近いものはあるのかな、、、と。

        7オオシリグロハネカクシ2



これは初見のシワバネセスジハネカクシ。 いつも見る同じセスジハネカクシより少し大きめでスマートかな。
            8シワバネセスジハネカクシ



これも大きさは以外に小さく4㎜程。 で、ハネカクシって動きもコミカルなんだよね。
        9シワバネセスジハネカクシ2




最後は、、、フェンス上ではなく、シャカシャカでも落ちて来たクロモンキスイ。
      見事なパッカ~~~ンで、さぁよぉぉなぁらぁ~~~

10クロモンキスイ


ではでは。。。。。。や
[ 2024/02/28 21:11 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

一撃24 & 一撃10!

今日の一枚目。 お見事!
1お見事!
少し前の24日の写真。 毎年ここの梅は遅めの満開なんだけど、それにしても見事な咲きっぷりだなぁと思って。
毎年こんなに見事に咲いてた?ってくらいご立派でした。来年は星もからめて夜に撮ってみたなぁ。。。


見事な梅もきのう、今日の強風でたぶん散ってしまったかな。。。
強風と言えば、リバーのフェンス観察は風に弱く、昆虫がほとんど見当たらなくなってしまう。
シーズン中なら別だけど、冬の風の強い日はかなりの苦戦を強いられる。  だけどもただ自宅にいても
昆虫の写真は一枚も撮れる訳もなく、、、ならばダメ元でも出かけるべきかと、いつものごとくリバーへ向かった。
到着するもかなりの風が吹いている。 厳しいなぁ、、、いやダメ元で探せばいいんだ!と歩き出す。
いつものルートで歩くもクモもハエもいない。。。 そしてまさかのノーシャッターでフィニッシュとなってしまった。
家にいても撮れないけど、リバーに来ても撮れなかった。。。
まあ、さっかく外に出たのだからこのまま帰るのもなんだなと、小山田にでも行ってみる事にした。

こんな日は樹皮ペロに限る!とペロリンチョ。  コゲチャホソクチゾウムシ、コバチ、の連打だ。さすがにスルー。。。
ようやくそれっぽいのが出て来た。ハロルドヒメコクヌスト。う~ん、、、悩んだ末、一枚頂くことにした。

            2ハロルドヒメコクヌスト



一枚撮った事で勢いが付いたのか、ムツボシテントウ一撃24で新記録の樹皮を剥き当てた。
左に5,4,6の15で右に9匹。 コゲチャホソクチで1匹隠れちゃってるけど9匹写ってる写真はコチラ!

        3ムツボシテントウ24



気を良くしていると、今度は好みの甲虫が現れた。 アオツヤキノコゴミムシダマシ。
            4アオツヤキノコゴミムシダマシ



好みのと言うか、この時期に見られるからって事が最大の理由なんだけどね。 
でもこのゴミダマのツノ感はイイ感じなんだよね。  って、あんまり写ってないよね。 
別個体だけど写ってるのはコレ!

5アオツヤキノコゴミムシダマシ (1)



今度はハムシだ。 でも何ハムシ? ムネアカキバネサルハムシあたりだろうなと思っていたのだけど
よく見ると少し違ううみたい? アヤメツブノミハムシ?でもこの辺アヤメとかハナショウブとか無いしな。。。

        6アヤメツブノミ? (1)



シャガも寄主植物みたいだけど、まあシャガもないし。。。 ムネアカキバネサル??
    7アヤメツブノミ? (2)



お~~~っとぉーウスキホシも来たかぁ、一撃! ウスキホシは初の二けただぜぃ! 
一撃10! なんだけど、ホントは一撃11だったんだよね。 もたもたしていたら一匹ランナウェイ、、、残念。

        8ウスキホシテントウ



ちなみにこれは、今日出て来たムツボシテントウとウスキホシテントウの大きさ比較写真。
テンハンによるとムツボシ2.0~2.6㎜でウスキホシ3.3~4.0㎜だそうです。  確かにそんな感じだ。。。

            9ウスキホシムツボシ



最後は、、、いかにも樹皮ペロな写真を一枚どぞ。。。
        10ペロ画像

ではでは。。。。。。や
[ 2024/02/27 22:59 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

一気に4種

先週の火曜日だったかな?暖かかった日。。。
あの日はとにかく色んな昆虫達が出ていて感心してしまったけど
今日はその日のゾウムシ達を。 2月だと言うのに4種類も見る事が出来た。

コゲチャホソクチゾウムシはフェンスの上に10~15匹位いたかな。
ゾウムシなんかは近くの枝や葉っぱに乗っけて撮るパターンってけっこうあるけど
このコゲチャホソクチゾウムシは最初からこの赤い茎の上にいてくれた。
それにしてもずい分と居づらそうだ。 後脚なんか完全に浮いちゃってるし、他の脚も。。。
でもおかげで全然動かなかったから、超撮りやすかったけどね。

    1コゲチャホソクチゾウムシ



本来はキツネアザミなんかにいる所を撮りたいのだけど、まだまだそんな季節でもないので
フェンスの上で我慢する事に。

            2アザミホソクチゾウムシ



チャバネキクイゾウムシなんかもいた。 この手のゾウムシは好きなんだよね~。
3チャバネキクイゾウムシ



この日のMVPは、このミツモンヒゲナガゾウムシ。 外来種らしいんだけど、この際ウェルカムだ!
    4ミツモンヒゲナガゾウムシ (3)



去年の12/1が初見で、この日がまだ2回目だから、新鮮な気持ちで撮れるよね。
            5ミツモンヒゲナガゾウムシ (1)



気候も味方してくれて、一気に4種加える事が出来た。
        6ミツモンヒゲナガゾウムシ (2)




最後は、、、前回好きなゾウムシ10選をUPしたのだけど、その際なん枚か候補を上げて、その中から10枚を
      選んだのだけど、10選にこぼれたゾウムシ達がいるので、そいつ等もついでにUPしちゃおっと。。。
      ・アシナガコクゾウムシ なぜこのゾウムシが10選じゃないか、、、入れ忘れました。。。
      ・イトヒゲナガゾウムシ このヒゲの長さが魅力だけど、クロオビヒゲナガゾウと接戦でした。
      ・クリシギゾウムシ 11選だったら。。。
      ・チビクチブトゾウムシ ホントは選びたかったのだけど、名前のわりにマニアックなもので。。。
      ・トコロジョージヒメクモゾウムシ これは何と言っても名前! ってか名前だけ?
      ・イツスジオビモンヒゲナガゾウムシ ハイマダラヒゲナガゾウにインパクト負けでした。。。
      ・モンチビゾウムシ これもかなり好きなゾウムシなんだけど、、、残念。。。
      ・ムネミゾヒラタミツギリゾウムシ アカアシヒゲナガヒラタミツギリゾウムシに触覚の長さで完敗。

                        青文字クリックしてちょ

ではでは。。。。。。や
[ 2024/02/26 20:37 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

おぼんを使う事はないけどね

最近コバチに強く反応してしまうオイラ。 どうやらコバチと言うよりハチに反応してしまうらしく
ちょっと大きめでシュッとしたこのヒメハナバチの仲間には大きく反応してしまう。  いいね~!と。。。

    1ヒメハナバチSP



小さな甲虫。 
ヒメマキムシあたりかなと撮ってみて、帰宅して確認してみると触角がヒメマキムシっぽく無い事に気づく。
じゃ、なんなの?と進めてみるが触覚頼りにシバンムシを見るも該当なし。 
同定出来ない事よりヒメマキムシだと思って雑に撮ってしまう自分を悔いる今日。。。

        2ヒメマキムシSP
TAMIの気まぐれ通信のTAMI22Mさんよりヒゲブトヒメマキムシ Enicmus brevicornis (Mannerheim,1844) とご教示頂きました。
500ページにも及ぶ分厚い図鑑にも載っていないような種名を教えて頂き大変ありがとうございます。



虫撮りを始めた頃は多くの甲虫が成虫越冬と言う事を知らなかったけど、真冬の暖かい日にブタクサハムシが
こうやってフェンスの上に現れると、ああこれも成虫越冬なんだなぁ、、、と感心してしまう。

    3ブタクサハムシ



以前UPしたヘリグロチビコブカミキリを見たマサルさんが『これはただのチビコブカミキリでは?』と
コメントを頂いたのだけど、『寄主植物もないし、ヘリグロでいいんじゃないでしょうか』なんてやり取りがあって
そんな事があったものだから、このヘリグロチビコブがただのチビコブカミキリに見えてしょうがない。。。

            4ヘリグロチビコブカミキリ (1)



これと言った識別法も見当たらず、ついつい初見種よりに見てしまう悪い癖が出てしまいそうになった。
でもこれなんてほぼほぼヘリグロだと思うんだけどね。。。

        5ヘリグロチビコブカミキリ (2)



撮っている時は目の前に被写体がいるから大きさが直に伝わってくるけど、PCで見ると大きさが麻痺して
なんか違うものに見えてくることがある。  このマルクビハネカクシなんかは宮崎駿監督の作品に出て来る
主人公たちを載せて空を飛び回る伝説の生き物に見えてしまった。。。
とか言っておいて、オイラは駿作品は一作も見た事がないんだよね、、、   タハッ。。。

    6マルクビハネカクシSP



もしかしたらレア種?と撮ったホソコバネナガカメムシは北は北海道、南は与那国島まで分布を広げる
超が付く普通種だった。。。

            7ホソコバネナガカメムシ




フェンス支柱のネジ下にはミツボシツチカメムシ。 真冬でも暖かくなると春の虫が一気に出て来るもんだね~。
        8ミツボシツチカメムシ




最後は、、、このミヤマカメムシもそうなんだけど、いつも不思議に思っている事があって、、、
     それは、なんで普通に平地とか丘陵にいるのにミヤマって付くのかなって。。。 
     オイラの持っているポケット図鑑では11種のミヤマ○○が載っていて、生息環境が“山”なのは
     ミヤマカメムシとミヤマハンミョウの2種だけ。 後は平地~山とか丘陵~山がほとんどで
     ミヤマ100%ではないのだ。
     かと言ってミヤマ100%のミヤマカメムシやミヤマハンミョウが、お盆を使う事はないけどね。。。
     笑っちゃうのがミヤマカミキリに関しては“平地~丘陵”となっていて、もはや山の字は見当たらない。
     まあ、見た目は“ミヤマ”っぽいけど・・・それにしても昆虫の名前って、、、と、あらためて思ってしまった。

      
            9ミヤマカメムシa

ではでは。。。。。。や


[ 2024/02/24 21:45 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

同時ツンデレ?

今日の一枚目。 緩和。
        1クモ食カメ
フェンス上を見ていたら小さなクモがいて、面白い形をしているから撮ってみよ!って事でファインダーを覗いたら
面白い形じゃなく捕食をしていたようで、、、これはこれでいいかなと一枚。
でも捕食ってシーンは残忍なイメージがあるから、大きさがわかれば残忍さも軽減するかなと
2枚目は、手持ちのメジャーと一緒に撮ってみた。 4㎜弱のクモだと分かれば多少は緩和されるんじゃないかな、と。



お次はハネカクシ。 なんか模様に惹かれてついつい撮ってしまったクロモンキノコハネカクシ

    2クロモンキノコハネカクシ (1)



これも無地だったら、たぶん撮らないと思うんだけど、模様に飢えている冬場はねぇ、、、そりゃ、撮っちゃいますわ。
        3クロモンキノコハネカクシ (2)



またまたハネカクシで、スジクロメダカハネカクシ。
メダカハネカクシはハネカクシの中でも特別な存在って感じかな。 カミキリで言えばサペル(フトカミキリ属)かな。。。

4スジクロメダカハネカクシ (1)



コワモテの顔に可愛らしいお尻。 同時ツンデレ?
    5スジクロメダカハネカクシ (2)



このわずかながらのグリーンがシャッターを押させるんだよ、ツブノミハムシは。。。
            6ツブノミハムシ



これがねぇ、、、見た事ないし、図鑑やネットでも見当たらないんだよね、約1.8㎜のこのハムシが、、、
ガマズミトビハムシやアサトビハムシみたいなニアピン賞はいるんだけどねぇ。。。  おくらかな。。。

a8トビハムシ1P8



ハネナガヒシバッタも出て来ていた。 同じような形をしたハラヒシバッタの長翅型やトゲヒシバッタって言うのも
いるんだけど中脚腿節の毛の生え方からハネナガヒシバッタかなと。。。

            9ハネナガヒシバッタ (1)


翅が長かったり、触角や脚が長かったりすると、それだけでテンション上がっちゃうんだよねぇ、子供みたいに。。。
10ハネナガヒシバッタ (2)


ではでは。。。。。。や
[ 2024/02/23 18:07 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

いや~、参りましたなコレは。。。

この日のリバーは暖かく、、、ってか暑いくらいで、まるで初夏の陽気。
昆虫達もかなり出ていて、色んな昆虫達を撮影できたのだけど、久しぶりの昆虫ラッシュで
ま~、撮り方が雑で、、、ダメな写真を量産してしまった。 しかしレタッチと言う素晴らしいソフトがあるので
どうにかUPにこぎつけた。 その代表格がこのアカバコキノコムシダマシ。
お分かりだと思うのですが漢字に直すと✕赤箱茸虫騙 ○赤翅小茸虫騙 です。
この日は甲虫先生とお会いして、現地では分からなかったこの昆虫も後日教えて頂いた。
正直、教えて頂かなかったら一生同定が出来なかっただろうなぁと、その旨返信したのだけど
記事を書く際“初見”の文字を使いたかったので、念のため自ブログサーチをしてみたら、、、
4年前にどうやら撮っていたらしく、同定も出来ていた。。。
あらためて自分の記憶力の低下と、いい加減さを痛感してしまった。
ちなみに4年前は“赤箱派”でした。。。

            1アカバコキノコムシダマシ (1)



ようやく今年2種目のアリモドキがいた。 今回は一番よく見るアカホソアリモドキの♂で翅のくぼみが特徴的だ。
    2アカホソアリモドキ (1)



この写真をよ~く見て頂きたい! お分かりだろうか? アカホソアリモドキが頭の後ろに手(脚)をのっけて
いや~、参りましたなコレは。。。』のポーズをしているのが!
           モドキってバレちゃいました?って事なのか? 
        3アカホソアリモドキ (2)



アシブトコバチの仲間。 見つけた時、すぐにそれとわかりキアシブトコバチと違いサイズもあり初見だと言う事が
すぐにわかった。 ついつい慌てて一枚目を撮ったのだけど、モニターを見てみると黒いハチの背景が黒に、、、
天を仰ぎ、あらためて撮り直そうと思うも既にBooooo∼nと、さようなら。。。2回目の天を仰ぐことになった。。。

    4アシブトコバチ



ハムシも小さい種がほとんどだけど、色んな種が出ていた。 
お尻の赤いワンポイントがかわいいのは2㎜程のイヌノフグリトビハムシ。

        5イヌノフグリトビハムシ



さらに小さかったのが2㎜を切るこのオオバコトビハムシ。 なんか春が近づいてるね~。。。
    6オオバコトビハムシ



ただの茶色いキイロセマルキスイだけど、なぜか好きなんだよね。 触角の出どころかなぁ??
        7キイロセマルキスイ



ちょっとムッチリ系なんだけど、キイロフタミゾチビハネカクシはミニミニ君で約3㎜弱かな。
            8キイロフタミゾチビハネカクシ



好きなガラ物ハムシは、キスジノミハムシ。 すぐにピョンしちゃったけど、また今度じっくり撮りたいなぁ。。。
        9キスジノミハムシ

ではでは。。。。。。や
[ 2024/02/22 18:15 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

よし!次回も幼虫だ!?

今日の一枚目。 毎度~。
        1ジョビオ
ジョウビタキって、今までの印象だと撮ろうとするとすぐに飛んで行っちゃうイメージがあったんだけど
ここのジョビオはけっこう付き合いが良くて、たぶん前回と同じ個体のような気はするんだけど
この日もモデルになってくれた。 このくらい他の野鳥も撮らせてくれれば鳥撮りも面白いんだけどね~。


そんなんで、今日もあの手この手で虫撮りを。
まずは、コバチ。 写真では分からないけど、けっこう大きめのコバチで初めて見るタイプ。

    2オオミドリコバチ (1)



緑と言うより、黄緑系のこのメタリック感はオイラのコバチランキング上位に食い込む美麗種だ。
            3オオミドリコバチ (2)



緑のあとは黄色。。。 これもヒメコバチでいいのかな? ナガコバチって言うのはもっと細長い感じだったような。。。
4ナガコバチ? (1)



緑にしても黄色にしても複眼が赤いとなんかシマっていいよね。 
        5ナガコバチ? (2)



オイラの好きな飴色の蟻は、そのまんまの名前でアメイロアリ。
この写真だとうまく写せてないけど、俯瞰で見ると触角と脚が長くてカッコいいアリだよね。 

            6アメイロアリ (1)



ヒゲブトトゲムネアリヅカムシは前回メスをUPして、オスの触覚第一節はでっかくて土台みたいって書いたけど
実際はこんな感じ。 けっこうデカいっしょ!

        7ヒゲブトトゲムネアリヅカムシ



あれ~、これってなんだったっけ?たしかサシガメだよなぁ、、、って探してたら、どうやらカメムシだった。
ヒメクビナガカメムシの幼虫。 そうそう、成虫がけっこう良さげだったんだよな。 
次回は成虫だ!なんて言っていたけど、また幼虫だった。。。 そうだ、目標は達成するためにあるものだ!  
よし!次回も幼虫だ!?

            8ヒメクビナガカメムシ



樹皮ペロをしていて、かなり剥がれかかった樹皮があって『こういう樹皮下はいないんだよなぁ。。。』と思いながらも
剥がしてみると、、、あらま!フユシャクちゃん。 しかもちっちぇーーー! 約6㎜だよな、これ。

        9フユシャク6㎜ (2)



“くらべてわかる蛾”には<♀体長7~9㎜ 北海道~九州 12月~2月 低~山 ブナ科、ニレ科など広食性>
ってあるからウスバフユシャクあたりかな? それともホソウスバフユシャクの方? ま、その辺。。。

    10フユシャク6㎜ (1)


ではでは。。。。。。や
[ 2024/02/21 23:33 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

やべぇ、スミスだよ!

今日の一枚目。 違和感。
        1駐車場?
ど~~~でもいい事なんだけど、、、今日、緑地で見つけたのぼり。
駐車場を示すのぼりなんだろうけど、、、“駐車場”の横に書いてある英語が気になってしまって。。。
PARKINGまではいいんだけど、その後の“ZONE”って言うのが、、、
だってオイラはパーキングで駐車場って習ったもんだから、ゾーンっているの?って、、、
まあ、わからなくもないんだけど、、、でも“AREA”ってのは聞いた事があるけど、“ZONE”はねぇ。。。
あと、“PARKING LOT”でも駐車場って訳すらしいんだけど。。。 “ZONE”はさぁ。。。
で、緑地でこんなくだらない事ばかり考えているから、撮れ高が上がらないんだよねぇ、、、
しかもオイラは英語が苦手だったのに。。。  
ちなみに高校の英語のテストで100点満点で7点って言うのをとった事があります。 
思わず友達に『やべぇ、スミスだよ!』って言っていたのを覚えてる。
スミス=当時の巨人で活躍していた外国人助っ人で背番号が“7”でした。
ど~~~でもいい事から、ど~~~でもいい情報までスンマセン。     そろそろ本題に。。。



数日前、リバースタートでの探虫。 さほど寒くもなく、そこそこ楽しませてくれるかなと思ったら
まさかのコミミズク幼虫のみ! 撮らないで今日はリバーに来なかった事にしよ!と思ったのだけど
茶色じゃなくて緑だったから撮ってしまった。。。

            2コミミズク幼虫



感触がいい時は2往復する事もあるリバーだけど、この日はどう考えてもダメだろうと、樹皮ペロに転向。
いつもと違う所に行ってみたのだけど、内容はいつもと同じで、モンクチビル君。

        3モンクチビルテントウ (1)



そしていつもと同じ、正面顔。  
    4モンクチビルテントウ (2)



もちろんムツキボシテントウではなくウスキホシテントウの方。
        5ウスキホシテントウ (1)



正面顔を撮らせてもらえない時は、、、腹を撮る!
                6ウスキホシテントウ (2)



ゾウムシイヤーだからヒレルクチブトゾウムシも撮っておくかぁ、、、って既に2024年撮ってました。。。
        7-1ヒレルクチブトゾウムシ



葉っぱの裏にはカゲロウ、カオマダラクサカゲロウだ。
                      7カオマダラクサカゲロウ (1)



長い触角をグイ~~~~~~ンってやって、、、最後は、
9カオマダラクサカゲロウ (3)



バシッと決める!!  何気に好きな2枚の写真でした。。。
        10カオマダラクサカゲロウ (2)


ではでは。。。。。。や
[ 2024/02/20 22:49 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

“こんなコバチがいるんだぁ。。。”な、スタンス

新技のシャカざるビーティングで落としたコバチ達を少々。
コバチは和名が付いていない種がほとんどなので、同定は省略!!
“こんなコバチがいるんだぁ。。。”な、スタンスでご覧くださいまし。。。

まずは、背中に猿の顔を背負っているようなコバチから。 これが見つかると、ちと嬉しい。。。

        1サル顔コバチ



黄色いコバチの流れで、これは胸が黒いタイプ。 で、コイツはお初かな?
            2コバチY



キイロ、クロ、アカのコントラストで、グッと締まった感じが好きなタイプだ。 
    3コバチY2



これは一枚目のコバチとかなり近しいタイプ?それとも同種なのかな? ちょっと違うとは思うんだけど。
            4コバチK



やっぱ、撮れるときは正面顔を! ってか、かなりピンあまでごめんなさい。。。
        5コバチK2



胸の黒いコバチは面白味がないんだけど、これは腹が透明でちょっとおもろいかな、、、と。
            6コバチb



この黒いタイプは、なんかグッと圧縮されたようで可愛いタイプかな。。。
            7-1コバチl



今回は以外に少なかったミドリ系コバチ。 この一種しか落ちて来なかった。
    7コバチG2



でた!ラッセンポーズ。
8コバチG




最後は、、、翅のないコバチ、、、じゃなくてアリンコちゃんもついでにUP 初めて見たハラクシケアリ。  たぶん。。。    
    10ハラクシケアリ (1)

ではでは。。。。。。や
[ 2024/02/19 22:44 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

あ、これもだ。。。

え~、前回はリバーからの近場へ移動してでのシャカシャカ。
で、今回はその続きって事で、、、

久しぶりの登場はアリヅカムシ。 ヒゲブトトゲムネアリヅカムシあたりだと思うんだけど第一触角が
さほど強大でもないので、♀の方かな。 ♂はかなり太く、土台?って感じかな。。。

        1ヒゲブトトゲムネアリヅカムシ



コルリアトキリゴミムシは前回と同じ場所でのゲット。
    2コルリアトキリゴミムシ (1)



ゴミムシって特定の物を除いてあまり好みではないんだけど、この類がシャカシャカで落ちて来ると
心の中で小さなガッツポーズを作ってしまう。。。

        3コルリアトキリゴミムシ (2)



ここに来れば真冬でもゴミムシと言えどヒカリ物が見られるんだなぁ、、、なんて思っていると意外に来年以降は
全然見る事が出来なくなるって事もあるからなぁ。。。 まさに“昆虫一期一会!” 新六文字熟語だ。
  あ、これもだ。。。
4コルリアトキリゴミムシ (3)



ゾウムシも落ちて来た。 シャカシャカでゾウムシが落ちて来たのは今シーズン初じゃないかな?
やっぱ嬉しいよね~、ゾウムシは! あんまり特徴が無いこんなケシツチゾウムシでも。。。

        5ケシツチゾウムシ



またもやゾウムシ! チビヒョウタンゾウムシだ。 決めた!今年はゾウムシイヤーにしよう!!
って言っても特別探しに行くって訳でもないけど、一年で何種類くらい見られるかなぁ、、、と集計年にしよ。

            6チビヒョウタンゾウムシ (1)



でも嬉しいゾウムシでも似たような2種だと、うれしさも半減だよな。。。
    7チビヒョウタンゾウムシ (2)



ゾウムシで半減なら、このトフシケシマキムシ(上)とヤマトケシマキムシ(下)だと更に半分だなぁ。。。
                8トフシケシマキムシ≒1p5

ちなみに同定のポイントは図鑑によると、下のヤマトの方が複眼が大きいとの事。 うん確かに。。。
                9ヤマトケシマキムシ1p7



シャカシャカでしか見た事がないヒナナガカメムシ。 けっこう好きなカメムシかな。。。
            10ヒナナガカメムシ

ではでは。。。。。。や
[ 2024/02/18 19:01 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

あ~、春が待ち遠しいなぁ。。。

最近のパターンとして、まずはリバーへ、、、そして感触が悪ければ、シャカorペロの流れ。
で、この日もリバースタート。
今の時期は樹皮下のイメージがあるんだけど、フェンスの上で活動していたメダカチビカワゴミムシ。

        1メダカチビカワゴミムシ (1)



メダカチビカワゴミムシって漢字でどう書くの?と思って調べてみたら“眼高禿河芥虫”だって。。。
いまいちピンと来ないよね。。。

    2メダカチビカワゴミムシ (2)



革質部がずい分、透明感と翅感を感じるカメムシがいた。 ヒメナガカメムシでいいのかな?
            3ヒメナガカメムシ



お、この翅の模様はミバエの仲間だな! 撮った手前、いちおう同定しないとな、、、とミバエ類を見るもヒットせず
もしや激レア種か!と思いきや、ミバエではなくシマバエでシモフリシマバエでした。 

    4シモフリシマバエ



ムラサキナガカメムシはいつも撮っているからやめようと思ったのだけど、前回のセスジナガカメムシみたいに
葉っぱの上だった少しは新鮮かなと、お招きしてみた。

5ムラサキナガカメムシ (1)



やっぱ昆虫は葉っぱや花にいてくれるのが一番ありがたいよね。  あ~、春が待ち遠しいなぁ。。。
        6ムラサキナガカメムシ (2)



リバーで撮っていても同じような昆虫しかいないから、近場に移動してシャカることにした。
おー、痺れるね~このサイズ! ヒメコケムシは遅めのコトハツだ!

            7ヒメコケムシ (1)



カニムシはお腹が白かったから撮ってみたけど、いつもと種類は違うのかな?
        8カニムシ



う~ん、やっぱイイね~! タチゲクビボソハネカクシ。
            9タチゲクビボソハネカクシ (2)



これも細い体型で小さく見えるけど、体長的には3㎜以上あるから、撮りやすいって言えば撮りやすいのかな。。。
10タチゲクビボソハネカクシ (1)



最近、探虫スタイルの新技をあみ出したぜ!! どんな新技かと言うとシャカシャカで使っているザルと受け皿を
そのまま重ねてミカンやヒサカキなんかの葉っぱを下から叩いてみる。 すると落ちて来た昆虫がザルを通して
下の受け皿に!う~んGREAT!!ってか、ほぼほぼコバチ限定なんだけどね。。。でも たまにはこんなも。。。

        11ミドリヒメカゲロウ (1)



ミドリヒメカゲロウは、よく目にするクサカゲロウの仲間ではなく、ヒメカゲロウの仲間で大きさも4~5㎜と小さめ。
科や大きさまで言っておいて全体像が無いってのもおかしいよね。。。  って事で分かりやすい写真

    12ミドリヒメカゲロウ (2)
[ 2024/02/16 23:51 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

5月のハエ

今日の一枚目。  二月枝!?
    0ジョビオ
この冬は野鳥を撮る機会がチョコチョコあって、この日もジョウビタキ。これはジョビオ?オスの方だよね。。。
そんな事より、この写真は周りが少しうるさ過ぎだよね。 まわりの環境なんて目に入らなくて
ジョビオに集中していたら、このあり様。 5月のハエに匹敵するほどの2月のエダだ。


そんなリバーのジョビオからはいいた今日は前回の続きでフェンス物。
この日コトハツを迎えたコガタルリハムシ。 いつものマイナス補正で撮るとあまりにも顔が黒くつぶれてしまうので
顔が写るようマイナスを抑えて撮ったら、いつもは濃紺のコガタルリハムシが何とも言えない色になった。 

        1コガタルリハムシ (2)



色を忠実に伝えるって事は大切だけど、普段は気づかない形や光を当てればこんな色!みたいのもアリじゃね?
2コガタルリハムシ (1)



お~、この手の色は悪くないよね~。 
フェンスの上にいたけど、ここ最近遠ざかっている緑の葉っぱの上の赤い昆虫を演出って事で!

        3セスジナガカメムシ



ケブカカスミカメはフェンスの外側を向いていて、後ろから撮っているとジワジワと体を前に動かし
最後は後脚、中脚でギリギリ支えている状態になっていた。
なんで飛ばなかったんだろ? カメラを向けられたモデルの自負か。。。

            aケブカカスミカメ



ビタ止まりのミナミトゲヘリカメムシ。 実はこれ正面、横と撮ったあと、最後に撮った一枚。
            5ミナミトゲヘリカメムシ (1)



最初ストロボを使わないで100㎜マクロで撮っていたんだけど、どうも上手く撮れず、やっぱ手っ取り早くコレ!
へなちょこレンズでストロボバシャッと正面顔! ちなみに上の写真は最後にストロボたいて100㎜マクロで。

6ミナミトゲヘリカメムシ (2)



正面を撮れれば次は腹! このカメムシはこの腹の色を撮りたいよね。 
撮ろうと思っても上手く色が出なかったり、個体差でミドリが薄かったりで、久しぶりに綺麗なミドリが出た。

    7ナミトゲヘリカメムシ (3)



一週間前は、このクロオビケシマキムシも姿を消しお寒い状態だった。
そんな経験をしてしまうと、、、撮っちゃうんだよね~、いると。。。

        8クロオビケシマキムシ



ニジモントビコバチを撮りたくて、目をコバチ目でフェンスの上をジロジロしているんだけど、見つかるのはジミー君。
せめてミドリとか黄色であって欲しいんだけどねぇ。。。 小山田のミカンの木にでも行ってくるか。。。

            9コバチk


ではでは。。。。。。や
[ 2024/02/15 23:14 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

アイドルと言えば

今日の一枚目。  懐かしい一枚。             心霊写真じゃないですよ!
                1kyon.jpg
先日、年末に出来なかった大掃除をしていると、10年以上前に使っていたシステム手帳が出て来た。
パラパラとめくってみると、ポケット式のページがあり、その中に写真が数枚入っていた。
その中の一枚、30年ほど前に撮った写真の話。
オイラは若い時、渋谷の居酒屋で仕事をしていた。 渋谷という街がら歌手や俳優、お笑いなどのタレントが
来店する事も珍しくはなかった。
その日は名の知れぬバンドの打ち上げで貸し切りとなっていて、ライブ会場から徐々に移動してきているらしく
ゆっくりと席がうまって行った。  すると店内がなんだか、ざわつき始めた。 
バンドのメンバーかスタッフか分からないが、みんな入り口の方を向いていた。 そこにそのざわつきの元となる
人物が笑顔で入ってきた。。。 小泉今日子だ。 どうやらその無名のバンド(オイラが知らないだけ?)と
同じ事務所らしく、ライブを見に行っていたか参加していたようだ。
当時、さほど芸能人には興味がなかったオイラは、軽い盛り上がり程度で仕事をすすめていると、
が、その真逆の状態だったのが、アルバイトの女の子だった。 
やたらとそわそわして『キョンキョンですよ、キョンキョン!』と興奮していた。
そしてオイラに『サインもらってきていいですか?』と尋ねて来たが、オイラの答えは“ノー”だった。
キョンキョンもプライベートで来ているので、仕方なくその選択だった。
すると女性アルバイトは少しおとなしくなり、ちょっと可哀そうだな、、、と思っていたら、そのアルバイトが今度は
『写真とか撮らせてもらってもダメですか?』と聞いてくる。 サインがダメなら写真もダメに決まっている。
その旨アルバイトに伝えると、なんとそのアルバイトが泣き始めてしまった。 うわ、まいったなぁ。。。 
そんな泣くなよ、、、と話を聞いてみると、当時お店の企画で、コース予約の幹事さんに“写ルンです”を
プレゼントしていた為、その在庫があり、そのカメラで撮影してもらいたかったようだ。 
でもプライベートで来ているしな、、、しかも飲食中だし。。。  が、アルバイトは泣き続けてるし、、、
そこでオイラは意をけっして『わかったよ、今聞いてきてあげるよ』とキョンキョンの元へ。。。
話の途切れたタイミングを見て『あ、ご飲食中申し訳ありません。うちのアルバイトが一緒に写真を撮りたいと
言っているのですが、よろしいですか?』と緊張しながら聞いてみると、答えは、、、なんと快諾!
キョンキョンから『じゃ、表に出ましょうか』と言ってもらい、扉の外の狭いスペースでアルバイトとキョンキョンを
写そうとしたら、キョンキョンが再び『ここは狭いから下に降りましょうか?』と気遣ってくれて
では、という事で2階にある店舗から階段で1回の少し広いスペースの所で撮る事になった。
二人が並びアルバイトは満面の笑みだ。 オイラはカメラを構え『じゃ、撮りまーす!』とシャッターを切った。

その時だ!!何かがオイラに降りて来て『オマエも行かなくていいのか、撮らなくていいのか。。。』と。
さほど興味が無いオイラはキョンキョンと写真撮ってもなぁ、、、と言う気持ちがあったものの発していた言葉は
『あ、すみませ~ん、じゃ僕も一枚いいっすかね~』だった。 
アルバイトに“ノー”と言っていた自分はどこに行ってしまったのだろう? そんな事を考えながらも
キョンキョンの隣に並びオイラが発した次のセリフが、、、『肩に手回しちゃってもいいっすか?』だった。
場合によってはすこぶる非礼な発言だけど、後日出来上がった写真を見ると、女子アルバイトとの写真は
ほぼ無表情で、オイラと撮った写真は最高の微笑みを浮かべていた。。。
そんな笑顔を見せられず残念だけど、非礼な手の写真だけでも、、、な一枚でした。
快諾→気遣いで速攻惚れてしまいました。。。 やっぱアイドルと言えど、人柄だね~。。。



30年経った今でもオイラの中ではアイドルと言えばキョンキョン、キョンキョンと言えばアイドルは揺るぎないが
今は違った意味でのアイドルを追い続けている。 そんなアイドルを求めて、今日もリバーへ。
約3週間、見る事がなかったヘリグロチビコブカミキリ。 もう今年は見る事がないのかなと思っていたほど。
しかし今日、なんと7~8匹見る事が出来た。

        2ヘリグロチビコブカミキリ (1)



見られなかった時期はフェンスの裏側にでも回避していて、今日みたいに少し暖かくなると
出て来て活動するのかな?  フェンス上の苔?みたいなものを食べている感じの個体が多かった。

3ヘリグロチビコブカミキリ (2)



今年2回目のツノブトホタルモドキなんかもいた。 もう少しググっと寄っちゃうか!とレンズを前に出すと
クルっと反転し、後ろのツルに、、、   チヤ~~~ス!

                      4ツノブトホタルモドキ (1)



枯れたツルだから折れやすく、イイ感じでの撮影状態に。
            5ツノブトホタルモドキ (2)



いい背景は無いかなとグルっと見回し、、、決定! 竹の樹皮バックで!!
    6ツノブトホタルモドキ (3)



10℃を超えてくると甲虫もかなり活発になってくる。 チビカサハラハムシなんかも出ていた。
        7チビカサハラハムシ



アリフォルダー消失の動き、早くも。。。  って事でハシブトシリアゲアリ。 
            8ハリブトシリアゲアリ



と、もう一丁は、ちょっと大きめなのはムネボソアリの女王かな。  嬉しい事に2匹とも初見種だ。
                    9ムネボソアリ女王
リバーのフェンス、次回も続きます。。。

ではでは。。。。。。や
[ 2024/02/14 16:19 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

ホタルの養殖なんて。。。

今日の一枚目。 蛍烏賊。
                      養殖?
この時期なるとスーパーに並ぶホタルイカ。オイラの大好物だ。 
兵庫産ではなく、もう少し後に出て来る富山県産がやっぱいいよね~。
ちょっと前までは、“生ホタル”なんて言って、釜揚げしていない生の物も売っていたけど
近頃は保健所的にNGになのか、もう見る事は無くなってきた。でも釜揚げもある意味安心して食べられるから
それはそれで悪くないものだ。 ただ、気を付けなければいけないのが、解凍物が売っている事だ。
だけどもそれは、パッケージに必ず記載してあるので“解凍”の漢字を見つけた時は買わなければいいだけの事。

この日、スーパーに行くとそのホタルイカが目に入った。 
今晩はちょっと飲もうと思っていたから、いいツマミを探しているところにホタルイカ! 
“解凍”の文字が無いように!と、シールにZOOM UP !! すると、、、解凍の文字は無かったものの
違う漢字が見えた。。。  養殖?  ハァ~? 聞いた事ないな、ホタルの養殖なんて。。。 
この間コンマ何秒の時間だけど、その後すぐに答え合わせが出来た。 
貼り間違いね。。。  いるんだよね~、こう言うのを見つけるのを好きなオヤジが。。。
   It's me?
  



で、昆虫のお話はと言うと、、、前回の続きでシャカシャカもの。
ズグロメダカハネカクシを見つけ喜んでいると、また好きなハネカクシが落ちて来た。

            1タチゲクビボソハネカクシ (1)



タチゲクビボソハネカクシだ。 
正直、ハネカクシとかを“カワイイ”と言うのは抵抗があるのだけど、、、なんか“カワイイ”のだよ。。。

                    2タチゲクビボソハネカクシ (2)



撮らなくてもいいかなぁ、、、と思ったけど、この大きめなアリ、ミカドオオアリが『撮っておきな!』と。。。
まさにこれが“虫の知らせ”だった。 ミカドオオアリって撮った事があったかなと、たまたま接続していた
ハードディスクを確認しようとしたら、、、『え、マジ?』 なんと、“アリ”のフォルダーだけどっかに消えていた。。。
種類別の他に、日にち・場所別のフォルダーもあるので探せば作り直せるけど、ちょっと面倒な話だ。
新たに撮っていた方が楽そうだし、アギトアリを除けばどうにかカバー出来るんじゃないかなと、、、
って事で、今後アリ画像が増えるかもです。。。

            3ミカドオオアリ (1)



ちなみに5歯をそなえるこの大アゴが、ミカドオオアリの特徴らしいです。。。
    4ミカドオオアリ (2)



落ちてくると、ついつい撮ってしまうのがカニムシ。 で、今回初めて気が付いたんだけど、カニムシってカニみたいな
ハサミを持っているからカニムシって言うのかなと思っていたけど、それだけじゃないんだね。
脚の数もハサミの触肢を含めると、カニと同じ10本になるんだね。 う~ん正しいネーミングだ。。。

        5カニムシ



帰り際ケヤキがあったから、ちょいペロしてみたら、いかにもなゾウムシがいた。 
6ヤドリノミゾウムシ (1)



ヤドリノミゾウムシだ。 他のノミゾウムシは春先に見る事があるけど、これはまず冬にしか見た事がないなぁ。
            7ヤドリノミゾウムシ (2)



やっぱゾウムシはいいね~! 今年は優先順位をカミキリと入れ替えてゾウムシイヤーにしよっかな。。。 
    8ヤドリノミゾウムシ (3)



腹側を撮影しようとしたら、寝返りをうてない赤ちゃんのようでチョイカワでした。。。
        9ヤドリノミゾウムシ (5)


ではでは。。。。。。や
[ 2024/02/12 23:05 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

ニセとかダマシとかモドキとか

先日降った雪も自宅近辺ではすっかり見なくなってきた。 
ただ、林などがある緑地なんかではまだ雪が残っているところも。。。
まあ、小山田あたりのシャカポイントもたぶんダイジョブっしょ!って事で小山田あたりでシャカって来ました。

まずは、ジャブ程度にウスバキスイ。 フェンスでもよく見る種だ。

        1ウスバキスイ (1)



フェンス上で見ると、キスイ系?と盛り上がらないが、シャカシャカの受け皿の中だと『え、何? 甲虫?』と
一瞬盛り上がったりする、、、  でもすぐに覚めるけど。。。

                      2ウスバキスイ (2)



去年、一昨年と、ここでしか見た事がない、ズグロメダカハネカクシがようやく顔を見せてくれた。
3ズグロメダカハネカクシ (1)



好きなメダカハネカクシ類で、しかも少ない茶系と来れば喜ばない訳がない。
これを見たくて、ここに来ていたと言ってもいいくらいだ。

            4ズグロメダカハネカクシ (2)



いい正面顔しているよなぁ。 複眼もデカいしいいハネカクシだ!
    5ズグロメダカハネカクシ (3)



お、アソハネナシヒメバチも落ちて来た。 シャカシャカでたまに落ちて来るけど、、これまた嬉しいゲストだ。
6アソハネナシヒメバチ (2)



でもこれだけアリっぽいのに、ニセとかダマシとかモドキとかを使って“アリ”を名前を入れていない所はナイスだね!
            7アソハネナシヒメバチ (1)



らしくないハチだけではなんなので、、、翅のあるヒシキジラミトビコバチなんかを。。。 
        8ヒシキジラミトビコバチ



いつも見るクロモンキスイとは少し違った斑紋だけど、たぶんクロモンキスイでだいじょぶっしょ!
           9クロモンキスイ (1)



やっぱり〆はパッカ~~~ンとやって頂きました!!
    10クロモンキスイ (2)

ではでは。。。。。。や
[ 2024/02/11 22:04 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

移動成功!

そろそろ撮らせてもらえるかなぁ、、、とリバーに行ってみた。
いい雰囲気はなく、普段撮らないような黒いハムシを撮っていた。 
ガマズミトビハムシとかかなぁ? この特徴の無さが普段撮らない一因かな。。。

        1ガマズミトビハムシ? (1)



いや、特徴みっけ!   小っちゃい。。。
            2ガマズミトビハムシ? (2)



次が中々見つからず、ハエだかアブだかわからないこの双翅類を撮らなければいけない空気になっていた。
        3双翅類



お、この前胸の凹みはウスチャケシマキムシ。 今シーズン初だよな。。。
            4ウスチャケシマキムシ1p5 (2)



特別好きと言う訳ではないんだけど、遭遇率が低いからそれなりに喜べるヤツかな。。。
        5ウスチャケシマキムシ1p5 (1)



クロオビケシマキムシかぁ、、、でもネジ先だから撮っておくか。。。
    6クロオビケシマキムシ



これはウスチャケシマキムシみたいに前胸に凹みがあるから“クロ”がつかないオビケシマキムシかな?
でも手前にも凹みがあるから、同定材料の凹みじゃなくて、単なるへっこみ? で、“クロ”が付いちゃうの?

        7オビケシマキムシ



いい雰囲気のアリがいたから撮ってみたんだけど、これってシベリアカタアリなのかな? 
お腹の白紋が小さいような気がするし、胸の赤味も弱いんだよな、、、
でもアリハンの100種の中から同定しようとする事に無理があるのかな。。。

           8シベリアカタアリ?




最後は、、、フェンスにヒラタアブがビタ止まりしていた。 この様子なら葉っぱに移せるんじゃないかなと、、、
      お~、移動成功!

9ヒラタアブ (1)

ついでにブタっ鼻風の正面顔もどぞ。。。
        10ヒラタアブ (2)


ではでは。。。。。。や
[ 2024/02/10 23:25 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

何とも穏やかだ。。。

月曜日の雪降りで、リバーはかなり厳しい状態で他所でのシャカシャカもフィールドコンディション的にNGで
結局残るは樹皮ペロ。 でもいつものところじゃ、同じような昆虫になってしまうかなと、久しぶりに新規開拓を
試みてみた。 全く知らない道に入っていき緑が多そうな方面にバイクを走らせ、ひたすらケヤキ探し。
街路樹のケヤキなんかは見かけるけど、それっぽい所では全くケヤキが見当たらない。

目線がいつもと違うから野鳥なんかがけっこう目につく。 エナガなんかが柿の木に数匹とまっていたけど
カメラを構えたら飛んで行っちゃって、残ったエナガは下草へ、、、  って、地べたじゃねぇ。。。
しかも小っちゃいエナガを小っちゃく撮ってどーすんのって話だよね。。。

            1エナガ



この際カワウも撮ってみる。 でもこれも川の真ん中あたりにいるから遠すぎる。。。
カワウは緑の目を撮りたいよね。 これじゃカワウかカラスかわかんない。。。  んな事はないか!?

        2カワウ



ケヤキを探しながら走っているので当然低速での運転だ。 目の前にスマホを構えた年配の方がいた。
道のど真ん中で何やってんだ?  と思ったら、オイラを見るなり、いきなり手のひらをオイラに向け
静止を促された。 なんか、穏やかじゃないなぁ。。。  するとその年配者は畑の脇の植え込みを指差していた。
その指先にはキジがいた! 何とも穏やかだ。。。  じゃ、オイラも!と、一枚頂いておいた。

    キジ♂a



で、本職!?の昆虫の方はと言うと、ケヤキが1本だけ見つかり、ようやく樹皮ペロ開始!
出て来たのが、ハムシ。 ムネアカキバネサルハムシにしちゃ長細いし、、、オオバコトビハムシかな。

        4オオバコトビハムシ (3)



大きさは約2㎜の極小ハムシだけど、この時期知らない土地ではデカい存在だなぁ。
オオバコトビハムシ (2)a



これまた初見ハムシが見つかった! しかもオイラの好きなマメゾウムシ亜科。
    6ネムノキマメゾウムシ (1)



特徴的なオケツも撮っておいたんだけど、たぶんネムノキマメゾウムシで合ってるんじゃないかな、、、と。
                      7ネムノキマメゾウムシ (2)



メリケンハムシと言い、このネムノキマメゾウムシと言い、この時期の初見ハムシは何よりの防寒材料だな!
        8ネムノキマメゾウムシ (4)



模様もなかなか渋いしカッコイイよね~! でもネムノキマメゾウムシって言うのに、なんでケヤキの樹皮下?
もしかしたら、やっちゃった系?かな。。。  でも初見には変わりはないから“ま、いっかー!”的な感じで。。。

9ネムノキマメゾウムシ (1)

ではでは。。。。。。や
[ 2024/02/09 23:20 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

本日のMVP 移入種メリケントビハムシ

今日の一枚目。 一撃!
        1ムツボシテントウ (1)
前回の続きで樹皮ペロもので。 樹皮ペロはそれなりに好調なんだけど、どうも種類の変化が乏しくて少し残念。
またムツボシテントウかぁ、、、と次の樹皮をめくると 『ウォッ、来た!』   先日ムツボシテントウ一撃19匹の
樹皮をめくり当てたんだけど、その時以上の感触だった。 念のため数をかぞえてみると17、18、19・・・ ありゃ?
前回と同じ19匹だった。  今年最初のびみょ~~~に残念な瞬間だった。



で、そんな気持ちを振り払うかのように、ピンの撮影を楽しむことにした。

2ムツボシテントウ (2)



赤い翅に6つの黒紋、大きさも2㎜強と小さくてかわいいテントウなんだけど、、、目が、目が笑ってない。。。
        3ムツボシテントウ (3)



樹皮に付いて来た、濃紺の翅に赤い胸のこのハムシが本日の暫定MVP 
        4ムネアカオオトビハムシ (3)
TAMI22Mさんより、北アメリカからの移入種で“メリケントビハムシ”と、ご教示頂きました。
最近の移入種らしく、情報が少ない中、大変ありがとうございます。
タイトルも変更させて頂きました。



なぜ暫定かというと、、、そ、同定ができてましぇん。。。 もしかしたら、何度も見た事があるハムシの色彩変異の
可能性もあるし、、、だったらMVPは剥奪なんだよねぇ。。。
でも見立てで一番近いムネアカオオトビハムシだったら、祝初見&MVP!!って感じかな。

    5ムネアカオオトビハムシ (1)



退却が太いからたぶんノミハムシで、絵合わせでは似ているホタルハムシは消えるし、ノミハムシ亜科の
クビアカトビハムシはサイズが2.5-3.2㎜になってるんだけど、これは5㎜もあるんだよね。。。
ちなみにムネアカオオトビハムシもネット調べでは3.5-4.0㎜だから、???なんだよね。

6ムネアカオオトビハムシ (2)



ちなみにB面はこんな感じ。でも何だかんだと、ここまで楽しませてもらったから普通にMVPでもいいのかなぁ。。。
            7ムネアカオオトビハムシ (4)



ちっこい、ちっこい甲虫はベニモンアシナガヒメハナムシかな? 図鑑では翅は黒って事になってるんだけど
どう見ても茶色だよね。。。

            8ベニモンアシハナヒメナガムシ (3)



でもこれはほぼほぼベニモンでよさそうだな。 以前も同じような茶色い個体をベニモンで同定していたよ。
    9ベニモンアシナガヒメハナムシ (1)


ではでは。。。。。。や
[ 2024/02/08 23:05 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

この際、何でも撮る!

月曜日の大雪で憂鬱に思っていた雪かきも我が家の前の積雪はそれほどでもなく、
翌日の火曜日には10分ほどの雪かきで済みホッとしていた。
で、雪から3日目の今日はボチボチ緑地もダイジョブっしょ!って事で、リバーに足を運んだ。
撮れ高は良くないだろうと予想をしていたが、こんな日だから日頃ないような出会いがあるんじゃないかなと
期待をしフェンスをジロジロと探虫を始めた。  が、いない、、、  何にもいない。。。
非日常的な出会いどころか、日常的な出会いさえない。。。 クモや双翅類をほんの数匹見ただけだ。
ようやく見つかったのが、超日常種クロケシマキムシだ。   この際、何でも撮る!

        1クロケシマキムシ



2匹目の生物がやっと見つかった。 コバチだ。 よりによってジミーなヤツだ。
            2コバチ



ほ~~~んと何にもいなく、何年かぶりに普通のハエを撮っていた。。。
        3ハエ



だってこんなんだよ。。。  昆虫なんている訳ないか。。。 フェンス側に雪が残っているから探虫していても
脚の裏が冷たくなってたまらないんだよね。。。 とりあえず撤収かなぁ。。。

    4フェンス通り



そんな時、目の前にアオジが現れた。 撮りやすい好きな野鳥に気を良くしたオイラは、
アオジを撮り終えると、樹皮ペロでもやるかぁ~と、転戦する事にした。

        5アオジ2



樹皮ペロPに到着。 樹皮をペロってやる前に樹皮にピタッといたのはナミスジフユナミシャク。
今年はかなり見ている気がするなぁ。  こんなもんなの?

    6ナミスジフユナミシャク



撮れ高不足が気になり、定番中の定番ヒレルクチブトゾウムシも抑えてしまった。。。
        7ヒレルクチブトゾウムシ



ウスキホシテントウなんかも撮ってみる。
            8ウスキホシテントウ2



樹皮から葉っぱに移ってもらったんだけど、葉っぱの選択ミスで葉の表面に毛が生えていて
ウスキホシテントウもなんだか居心地が悪そうだった。。。  さーせーーん。

9ウスキホシテントウ



ハムシもいたよ。 でも何ハムシだろ? サルハムシ系だと思うんだけど、ずい分と小さいんだよね。
2㎜弱? こんな小さいサルハムシっていたっけかなぁ、、、ってか、NOTサルハムシって事かな?

        10サルハムシ類
あと初見ハムシとかいるんだけど、それはまた次回!

ではでは。。。。。。や
[ 2024/02/07 23:33 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)