人気ブログランキングへ

カメムシの木

さて今日は、“大垂水峠バイクとろとろ拾い撮り”の
一番の目的『カミキリ探し!』の報告だ。  
正直、ちょっと早かったのかなと、帰り道に思った。。。
今の時期にしか出ないようなものもいるのだろうけど
調査不足を露呈する形となり
行き当たりバッタリのへなちょこ流となった。
ルリハナカミキリを確認するも
目の前で飛ばれてしまいノーシャッタ―という、屈辱も受けたが
見てみたかった初見種をゲット出来て、最終的には楽しい虫撮りデーになった。
で、その初見種はシロトラカミキリ。大き目のサイズにちょっと興奮。。。

シロトラカミキリ (2)bv


トラの後はかわいらしいカミキリ、キクスイカミキリ。
キクスイカミキリbv

ルイスアシナガオトシブミがいた隣の木でチョロチョロ動き回っていた。
                      ヒトオビアラゲカミキリ。

            ヒトオビアラゲカミキリbv

ちょっと細い道に入り探検していたら葉っぱの上に。。。シナノクロフカミキリかな?
シナノクロフカミキリbv

            シナノクロフカミキリ (2)bv

以前も登場したが綺麗なカミキリなのでパチリ。
            フタオビヒメハナカミキリbv

ヤノシギゾウ、セダカシギゾウ、今度こそはと、、、クロシギゾウムシ!!  だと、思うんだけどなぁ。。。
クロシギゾウムシbv

                      クロシギゾウムシ (2)bv

草むらで目をギラギラさせ、探虫していると、、、『?』
ちょっとかわいそうだけど、なんでこうなった? モズのはやにえにしては器用過ぎるし
時季が違うしなぁ。。。   まさか寝ていたら、春の雑草の伸びるスピードで
背中に刺さった!?  わかった!カメムシの木

            FC2-2274_1bv.jpg

最初見た時はゾウムシかなと思ったんだけど、ちょっと違うみたいだ。 
粗朶にいたけど、葉っぱに移動してもらった。  キクイムシの仲間かな?

            キクイムシの仲間bv

最後は、、、久々来たキテレツ君! ケバケバしいと言うか、ゴージャスと言うか、、、 
       見ている方にお任せしましょー!!   ナシケンモン(蛾)の幼虫か。。。

            ナシケンモン幼虫?bv

ではでは。。。。。。や







スポンサーサイト
[ 2015/04/30 20:44 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

『ヘイ、ルイス!』

ROUTE 20 甲州街道。
今日はバイクで大垂水峠を攻めてきた!
コーナーと言うコーナーを片っ端からアタックする。
陽ざしの関係が大きく左右する。
はたしてこのコーナーはイケるのか!

大垂水のコーナーは
植物がたくさん生えていて、昆虫がたくさんいるのだ。
そう、バイクでのんびりとR20を拾い撮りしてきた。。。
なぜ大垂水なのか?
最初は裏高尾に行くつもりだった。
行き方を聞いた時、
インター付近を左折と聞いていたのだが
左折のタイミングを逸してしまい
R20をそのまま直進、大垂水峠に至る。 と言った感じだ。
甲州街道沿いと言っても新宿あたりとはわけが違う。
それなりの撮れ高が得られた。
まずは、長嶋監督風に『ヘイ、カールルイス!』

FC2-2261_1bv.jpg
ルイスアシナガオトシブミ。 たぶんルイスであっていると思うんだけど。。。
                      FC2-2262_1bv.jpg
カミキリ狙いだったので、“たなぼたルイス”に感激だ
            FC2-2276_1bv.jpg

違うポイントでは一枚の葉っぱに仲良く一緒にいた。
                         FC2-2265_1bv.jpg
イタヤハマキ、アシナガオトシブミ、ルイス君といい流れだ! 
ファウストはもうそこか!!


肝心のカミキリはと言うと、気持ちがあせっていて
こんなのもカミキリに見えてしまっていた。

                         FC2-2257_1bv.jpg
以前ジャワカ零さんから教えて頂いたアザミウマ。 ↑ツノオオアザミウマかな?
あとこれも小さなカミキリに見えてしまった。 たぶん、トビムシの仲間↓

            FC2-2255_1bv.jpg
お恥ずかしい事に、一度写真を撮って、モニターを確認しないと
カミキリか何かわかんないんだよね~。

これはモニター確認しなくてもわかった! イタドリハムシ黒化型。 ちゃんとイタドリにいた。
            FC2-2258_1bv.jpg

うれしい初見ハムシは、カタクリハムシ。 図鑑で見るより綺麗なアカだったなぁ。。。
            FC2-2275bv.jpg

初見はトンボもいた。 ダビドサナエ。 ちょっと元気がなかったかな。。。
            FC2-2272_1bv.jpg

ダビドがとまった樹にヒゲナガオトシブミの♂を発見! ヒゲナガと言うよりクビナガ感がたまらない!
            FC2-2271_1bv.jpg

最後は、、、ニセ飛翔と言うというと昆虫に悪いので
         これでいなくなってしまうと言う意味で、、、バイバイシリーズ第5弾!
        以前も登場したベニボタルだが、別種の一枚。。。

            FC2-2229_1bv.jpg

ではでは。。。。。。や







[ 2015/04/29 21:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

G.W.

世間一般では、明日からジー・ダブリューだ。
ゴールデンウィーク中は
ブログ上もいろいろ賑わうだろう。
しかしオイラは大型連休の予定が全くない。
と、いう事でG.W.を三つの言い方で表現したが、、、
ジー・ダブリュー → へなちょこ流
ゴールデンウィーク → 一般的
大型連休 → NHK流
へなちょこブログに訪問して頂いている方の38%の方は
ご存知だと思うのですが
このG.W.はもともと映画業界の言葉だったので
NHKなどでは、宣伝につながるとして『大型連休』と表現しているようだ。
やはりNHKは頑ななんだよなぁ。。。 まぁ、嫌いじゃないけど、、、
てな事で、へなちょこワンポイントレッスンを終えたところで
本題へ、、、前回最後に、、、でアップしたキツネアザミ。
これにつくアザミホソクチゾウムシをさっそく撮ってきた
 
FC2-2247_1bv.jpg
アザミホソクチゾウムシと言ったら、数珠交尾体で4匹重なっている事も。
今回は2+2だけど、次回は4連をアップしたいものだ。。。

            FC2-2253bv.jpg

そばに白くなったタンポポがあり、ヤブキリがいたのだが
えっ、これでもいいの? って、感じだ。  食べるところあるのかなぁ。。。

FC2-2246_1bvc.jpg

ヤブキリと同じで花の上でよく見かけるのがオオメカメムシ。
100㎜マクロの時は思った写真が撮れなかったけど
HMLでは自分的には満足のいける写真が撮れるようになった

                      FC2-2245_1bv.jpg

FC2-2244_1bv.jpg

去年の今頃はムシクソハムシの存在を知らず
今回めでたく初見クリアーだ!                 と、まるでアリのようなハチ、ミカドアリバチ

FC2-2243_1bv.jpg  ミカドアリバリbv

ハチからの流れで、ビビッドな黄色が目を惹いた。。。 んだけど、、、フタホシヒラタアブでいいのかな?  
                         フタホシヒラタアブ?bv

シギ系ゾウムシを見つけた時はビビッとくる。 黄色じゃないけど。。。 セダカシギゾウムシ
FC2-2252_1bv.jpg

トゲヒゲトラカミキリも交尾を始めていた。
            FC2-2251_1bv.jpg

最後は、、、一回見つけると、状況がわかり見つけやすくなった。
       ふかんで見る綺麗なアカもいいが、あおったレインボーカラーが
       オイラのお気に入りだ。  イタヤハマキチョッキリ

           イタヤハマキチョッキリ♀bv

ではでは。。。。。。や





[ 2015/04/29 01:20 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

君子危うきに近寄らず

ウスバシロチョウがそろそろかなと里山を訪ねた。
数が少ないながら、例の優雅な姿で舞っていた。
その優雅さとは裏腹に、われ先にと傍若無人のご婦人。
今日は『虎穴に入らずんば虎児を得ず』ではなく
君子危うきに近寄らず』を選択して
緑地での楽しい時間が台無しになる前に
数カットでその場を後にする事にした。

            FC2-2233_1bv.jpg
バイクでの拾い撮りに作戦を変更し
それっぽい所でバイクを止めパチリ。
今年の7月で虫撮り歴2年のオイラだが
まだまだいくらでも初見種が出てきてくれる!
昆虫。素晴らしい被写体だ。            カバノキハムシ

            カバノキハムシ (2)bv
こんなのもいた。          クロアシコメツキモドキ
            クロアシコメツキモドキbv
撮り方を失敗したのだが、実際は深みのある金属光沢が綺麗なムシだった。
金属光沢と言えば、これが昆虫界№1なのかな?  ジンガサハムシ
                         FC2-2217_1bv.jpg
色彩が綺麗でカタチが変わっている。  うん、理想の理想だ!
            FC2-2218_1bv.jpg

ゾウムシなんかも初めて見る種類だ。  ハダカヒゲボソゾウムシ
ハダカヒゲボソゾウムシ (2)bv
寄主がこれと言う訳でもなく、30m位の範囲でいろんな樹にたくさんいた。
                         ハダカヒゲボソゾウムシbv

きのうは後半になって、マクロ泣かせの強い風が吹いてきて
ヒメナガキマワリのヒゲもビュンビュンだ。

            ヒメナガキマワリbv
硬そうなケブカキベリナガカスミカメの触覚もたポキっと折れたみたいになっていた。
            ケブカキベリナガカスミカメbv

最後は、、、キツネアザミが咲きだしていて、この花が満開を迎えるころ
        アザミホソクチゾウムシでにぎわってくるのだ。  撮りに行ってくるか。。。

            キツネアザミbv

ではでは。。。。。。や





[ 2015/04/28 01:06 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

ヨツモンクロツツハムシ

ヨコバイ天国。  自宅そばの小さな緑地だ。
この冬は、かなりの頻度で足を運んでいたが
暖かくなるにつれ、回数が減っていった。
ひと月ほど前だったか、久しぶりに行ったときは
まさかのウバタマムシをゲットでき、地味~に嬉しかったなぁ。。。
そして先日、フチトリヒメヒラタタマムシの♂を撮影したのだが
今回はメスがいてくれて、アカを堪能してきた。

FC2-2222_1bv.jpg
メスは初めてだが、種類としては2度目だったので
やはり喜びも地味~な感じであった。

            FC2-2230_1bv.jpg

普通種のハムシだと思うのだが、ヨツモンクロツツハムシと言うハムシに出会い
雰囲気でわかる普通種ながら、なぜかテンションが上がっていた。。。

            FC2-2226_1bv.jpg

FC2-2227_1bv.jpg

今日もいろいろ撮ってきたなぁ。。。
                アカハネムシ                         アオバナガクチキムシ
FC2-2219_1bv.jpg  FC2-2231_1bv.jpg

            FC2-2228_1bv.jpg
ミニミニ君、カツオブシムシも久しぶりに、、、

秀さんの所でヒシカミキリがアップされていたので
さっそく、八王子市別所へと。。。

                         FC2-2221_1bv.jpg

            FC2-2220_1bv.jpg

そこでゾウムシなんかも。。。
             ツヤケシヒメゾウムシ                 ヒゲナガゾウムシの仲間  スネアカ?
FC2-2225_1bv.jpg  FC2-2224_1bv.jpg

最後は、、、ニセ飛翔シリーズ第4弾  先日のアシナガオトシブミの♂
        やはり最後は、飛んでバイバイだった。

            FC2-2216_1bv_20150426232949b14.jpg


ではでは。。。。。。や

[ 2015/04/27 00:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)

男気黒田

皆さんは『黒田博樹』と言う人物をご存知だろうか?
男気黒田”と、言った方がピンとくる方が多いだろう。
去年までメジャーリーグで活躍し
今年、古巣の広島東洋カープに復帰した人物だ。
今年もメジャーでは20億円の提示がありながら
1/5の4億円で古巣に戻ってきた。
色々あるのだろうが、“男気”と言う言葉がピッタリだ。
こういう人物が世間から求められているのだろう。
黒田。  そう、黒だ。 昆虫も求められているのはクロだ!

と、いう事で、クロシギゾウムシ。 
         やや、強引。
やはり、ちょっと強引だったようだ、、、ヤノシギゾウムシでした。  すんません。。。 
クロシギゾウムシ (2)bv
今 時代は、くろだ。 
            クロシギゾウムシbv


黒いチョウ、ジャコウアゲハ。かなり小さ目の個体だった。
                         ジャコウアゲハ

名前にもクロは付かず、クロい虫としても無名、もはやただのクロい虫だ。。。ケシジョウカイモドキ
            ケシジョウカイモドキ

黒田は古巣の広島東洋カープに復帰したのだが
広島東洋カープと言えば、『赤ヘル』だ。
カンのいい方なら、おわかりか。。。そう、次は『アカ』だ!


先日のアシナガオトシブミと同じ日に撮ったのだが
当初はルイスアシナガオトシブミだと思っていたので
アップするのをずらしていたのだが、どうやら、普通アシナガオトシブミのメスっぽい。
とは言いながらも オイラのお気に入り昆虫だ!!

FC2-2166_1bv.jpg

                         FC2-2182_1bv.jpg

            FC2-2167_1bv.jpg

まさか、まさかとは思うんだけど、、、アトモンサビカミキリのDNAは
このコンクリ―ト製の擬木の誕生を予測していたのか。。。と、思えるくらいだ。

FC2-2174_1bv.jpg

FC2-2242_2bvc.jpg

先日の大地沢では、ヒゲナガオトシブミ♀にも出会えた。
            FC2-2186_1bv.jpg
そしてこの後、ゾウムシ系の常套手段ポロリ。
しかし、枝をつまみながらの撮影だった為、ポロリの行き先はオイラの手のひらだった。
何にでも使えるジョーカーを手にした気分だ 
近くにあったニリンソウにご招待した。

FC2-2214_1bv.jpg


最後は、、、ニセ飛翔シリーズ第三弾 
        奥さ~ん、オシリの色もイカシてるぜ!!      イタヤハマキチョッキリ♀

            イタヤハマキ (3


ではでは。。。。。。や









 
[ 2015/04/26 00:23 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

4年1組 田中 MA空2‘@

日本の物作りの技術は世界でも注目され
常に賞賛されている。
先日もリニアモーターカーが有人試験走行で
603㎞をマークした。 とんでもないスピードだ。
あの空を飛ぶ飛行機でさえ、巡航速度が900㎞前後だ。
離陸時に関しては250~300㎞しか出ていないと言う。

リニアも凄いが宇宙への話も進んでいるようだ。
数年後には、日本も月面着陸をはたすという。
宇宙旅行もそう遠くはない話だ。

《 2086年 8月  夏休みの思い出 》
お父さんとお母さんで宇宙に旅行に行ってきました。
今回はお母さんが近場がいいと言っていたので
隣の火星に行ってきました。
火星には生き物がたくさん住んでいて
とても楽しかったです。

            FC2-2200_1bv.jpg
火星は地球より寒くて、少し息苦しかったので生き物たちも大変だなと思った。
FC2-2199_1bv.jpg
来年は土星に行って、おいしいドーナッツを食べたいです。  4年1組 田中 MA空2‘@
※ちなみに『MA空2‘@』は2076年 人気名前ランキング第一位だ! バ~イ、ベネッセ!


オイラはこんなくだらない事を考えながら、写真を撮っている。
このナナフシモドキを撮っている時も『なんか宇宙っぽくね?』 と。。。
そしてこのブログが出来上がる。。。

この写真は宮ケ瀬湖付近での撮影だ。 そう、ちょっとだけ遠出をしてきた。
そしてこの遠出でラッキーがおきた!!
な、な、なんと、“板屋ラッキー”がおきたのだーーー!  イタヤハマキチョッキリだぜ~!

FC2-2213_1bv.jpg
い、いた!マジ! うそ?な、なんで? と、思考が少しくるっていた。
FC2-2211_1bv.jpg

もちろん青空アオリもいただいたFC2-2191_1bv.jpg

HMLらしく。。。
            FC2-2212_1bv.jpg
久々の大興奮!  やっぱ虫撮りは楽すぃ~~~なと。。。

しかし、本来の目的はカミキリザックザク作戦だ。
そっちの方はと言うと、、、イマイチ。。。
初見種と出会えたがそれのみで終わってしまった。
でも、 まあまあまあ、と言った感じだ。
                          フタオビヒメハナカミキリ

FC2-2192_1bv.jpg

            FC2-2193_1bv.jpg


最後は、、、『もうやえて~ お願いだから叩かないで~~』な感じに見える クビカクシゴミムシダマシ
            クビカクシゴミムシダマシbv

ではでは。。。。。。や












[ 2015/04/25 01:36 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

赤いムシは、興奮を呼ぶ!

“目標”とまでは、いかないが、今年は多くのタマムシを見たいと思っている。
それとイタヤハマキチョッキリ、ファウストハマキチョッキリなどなども。。。
これらを見る事が出来たら、感動することは間違いないだろう。
かといって、他の物を見た時に感動が無いかと言えば、そんな事は無く
“知らなかった昆虫” “実際に見るとスゲーじゃん的な昆虫”
“見たいリストに入れ忘れていた昆虫”などに出会えた時は、もちろん感動ものだ。

今日は3番目の“見たいリストに入れ忘れていた昆虫”に出会えた。
もちろん出会えた瞬間は、、、感動するよりも先に精神年齢が40ほど一気に下がった。。。
『えっ、マジ! アシナガオトシブミじゃん!!』

FC2-2164_1bv.jpg
やはり個体数があまり多くない赤いムシは、興奮を呼ぶ! 
ゴメンよアカハネムシ、君とは役者が違うんだよなぁ。。。

FC2-2161_1bv.jpg  FC2-2163_1bv.jpg
脚部の赤と、前胸背板(アタマと翅の間の部分)の赤は黒くなっていくらしい。
単純に赤が多い時期に会えてラッキーだ!

            FC2-2162_1bvc.jpg

赤と言えば、こんな赤にも出会った。 ビロウドサシガメ。
左の触覚と中脚の頸節より先が欠損している。 普通に撮っても痛々しいので
アングルを考えながらジロジロ見ていると、腹の赤を発見。
凶悪のイメージがあるサシガメだが、カワイらしく仰向けになってもらった。

            FC2-2178bv.jpg
この赤はこの赤でプチ感動だ。 そして赤と言えば、緑。 サシガメと言えばカメムシだ。 
と、強引な流れでアオクサカメムシ。 ザ・初見な~のだ~。

FC2-2151_1bv.jpg

  そしてこのところ定番化している、カミキリ達。   FC2-2171_1bv.jpg
ヒメクロカミキリは翅部の模様が薄く、初見種だと思いバシャバシャ撮っていた。 アホ。。。
そしてトガリバアカネトラカミキリ。 これは見つける度に撮っちゃうんだろうなぁ

            FC2-2173_1bv.jpg

ここいらでソウムシ三種。 まずはタバゲササラゾウムシ。
            FC2-2145_1bv.jpg
ケブカヒメカタゾウムシとカシワクチブトゾウムシ。と思ったけど、ちょっと色濃い過ぎ?
ケブカヒメカタゾウムシbv  FC2-2172_1bv.jpg


真冬の昆虫がいない時季、お子様には大変お世話になりました。。。 コミミズク様
コミミズク成虫bv
 
最後は、、、ニセ飛翔シリーズ第三弾。  これもベニボタルか?それともアカハネムシの仲間か?
            FC2-2138_1bv.jpg

ではでは。。。。。。や









            
[ 2015/04/22 21:29 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

触角がボブ・マーリー風

カミキリ、ハムシ、ゾウムシと今日も撮らせて頂きました。
そろそろ帰っぺーかなー。。。
おっ、なんだこの木は? 花が咲いているし、カミキリが期待できるなぁ。
ちょっと探してみっぺーかなー。。。

と、帰り間際に木をジロジロしていたら、逆に熱~~~い視線を横から感じた。
ん?だれだ!  ふと、横にふり向く、、、  う、う、うわっ! オマエか!! 

FC2-2153_1bv.jpg
普段は、あまり蛾を撮らないが、あまりの立派な触覚に操られるようにパチリ。。。
ん?でもこの触角どこかで見たような。。。  もしや、、、あの悪名高き“チャドクガ”か!
チキったオイラは、もうワンカットだけおさえ、速攻その場を離れた。

            FC2-2154bv.jpg
自宅に帰り、チャドクガを確認!  あれ???  違う、ヤツじゃない!
となると、、、30分以上探したが見つからず。(岐阜大学の図鑑を何回も見た。。。)
最終的にネットお助け人クプクプさんに教えて頂いた。
『フチグロトゲエダシャクですよ!結構人気があります。撮れてラッキーでしたね。』  と。
え゛~、ドクガじゃないのー? げ~、人気があるのー? 
しかもこの蛾は絵本作家 伊藤知紗さんの“てくてく日記”で見た事があったのに。。。
もっと、しっかり撮っておけばよかった。  やっちまったなぁ。。。
しかしこの時は『やっちまったなぁPart2』が今後起きるとは知る由もなかった。。。

さて、時間をさかのぼりまして、、、
今日もいろいろ撮りましたぜ! まずはハムシでジャブ! 
今日は前回のミドリじゃなく名前通りのアオのバラルリツツハムシ。

            FC2-2149_1bv.jpg

      でも思った色が出せなかったFC2-2148_1.jpg

思った色が出たのはコレ! ムナグロツヤハムシ↓            チャバネツヤハムシ↓
ムナグロツヤハムシbv  FC2-2142_1bv.jpg
“ムナグロ”と言いつつ、頭だけ黒バージョン↑

もちろんカミキリもゲット!! トゲヒゲトラカミキリ
FC2-2158_1bv.jpg

 トラカミキリ系はやっぱ   FC2-2159_1bv.jpg  かっけー

FC2-2160bv.jpg

まだ4月だというのにムネクロテングベニボタル。 触角がボブ・マーリー風
ホタルの近縁種でベニボタル科というのがあるらしい。 ちなみに光らないよ。

            ムネクロテングベニボタルbv

やめときゃいいのに、また撮っちった。 同定に苦しんだあげく導き出した名前は、、、
- Deporaus sp.2 - ホントかよ? って感じだけどこれが一番近いんだよねぇ~。

                      FC2-2152_1bv.jpg

最後は、、、ニセ飛翔寸止めシリーズ第2弾! ヒナルリハナカミキリ。   たぶん。。。
            FC2-2155_1bv.jpg


ではでは。。。。。。や
 





[ 2015/04/22 00:08 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

明日の日本は明るいぞ!!

名刺。 それは、大人のネットワーキングには
必要不可欠なツールだ。
良識のある方同士の名刺交換。これは名刺交換の98%を占めるという。                うそです。
また、『名刺代わりにおみまいしとくぜ!』などと
あまり素行のよろしくない方々は手持ちの名刺がない際には
違うもので代用するほど重要なものだ。
もちろんオイラも名刺は持っている。

FC2-2135bv_20150420162030207.jpg
ただ、オイラの場合は大人の方に渡すのではなく、子供達に配っている。 
もちろんオイラは怪しいものではない。
明日の昆虫業界を担う若者へのプロパガンダなのだ!
そして、ここから昆虫研究家、昆虫写真家が生れていく。
なんて素晴らしい事なんだ!!


ってのは、たてまえで、子供にあげた方が食いつきがいいんだよね~。
きのうも10人くらい子供が寄ってきて、礼儀正しく一枚ずつ持っていき
ありがとうございますと言って喜んで去っていく。
(一人の少年は昆虫に詳しく、その少年は『これがいい!』と、黒バックの“ミドリグンバイウンカ”をもって行った。 う~ん、シブい!、なかなかできる子だ! )
いや~、明日の日本は明るいぞ!!


ってな事で、団らんの親子連れと戯れた後、隣の緑地へ。
ふらふら~と飛んでいたのはニホンカワトンボ。

FC2-2125_1bv.jpg
複眼の色から羽化一週間ほどたっているのか。
            FC2-2136bv.jpg

昆虫シーズンにドップリ突入したこの頃、ゾウムシ類の活性がいい。
ただ困るのが“同定”だ。 特にコレ系のチョッキリは何が何だか??さっぱり。。。

            FC2-2130_1bv.jpg
サクライクビチョッキリ? そばに桜ってあったかな??

同定が出来たものも あるにはある。。。 FC2-2131_1bv.jpg
                                                   ヘリアカナガハナゾウムシ  no Th !

とにかくゾウムシとよく遭遇する。  クワヒメゾウムシ
                      FC2-2132_1bv.jpg

ウォ~、エゴシギじゃん!と思ったのは一瞬で、ずいぶんちっちぇ―や。。。
ジュウジチビシギゾウムシだった。 でも うれぴーーー!

FC2-2126_1bv.jpg

粗朶には定番アトモンサビカミキリ。 そっと持ち上げ緑バックで。
            FC2-2129_1bv.jpg



バラルリツツハムシ。意外と短命だった。FC2-2128bv.jpg
オイラの図鑑では4~6月になっていた。 これからはもう少し丁寧に撮ってやろう。
            FC2-2127_1bv.jpg

最後は、、、スミレの仲間だろうと思って、それなら30種くらい載っている
       ウェブ図鑑があるから楽勝と、、、  スミレじゃなかったっぽい。。。

            FC2-2133_2bv.jpg
                                     セリバヒエンンソウ
ではでは。。。。。。や








[ 2015/04/20 20:07 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)