fc2ブログ

人気ブログランキングへ

アカスジキンカメムシは14個

今日の一枚目。 ニセチビヤシノキダマシ。
        ニセチビヤシノキダマシs
家の前の小さな土手にちっちゃいヤシの木みたいな雑草が生えていて、面白い実をつけるなと思っていたんだけど
どうやらこれは実じゃなくて蕾みたいなものだったと言う事が発覚! 名前はわからないけど一枚頂いておく事にした。
昆虫的に名前を付けるとしたらニセチビヤシノキダマシってとこかな。。。

ちゃんとした名前は、“ノビル”だそうです。  Chrysosplenium grayanumさん サンキューーー です。



ついでに庭花をちょこちょこと、、、去年は白いミヤコワスレと同時にたくさん咲いて賑わっていたイモカタバミも
今年はパラッ、、、パラッ、、、と咲いているだけで、ちょっと寂しい感じ。 でも一輪の貴重さは増したかな。。。

                イモカタバミ1s



去年の様にこんな感じで咲いていたら、こう撮る事もなかったんだろうなぁ。。。
    イモカタバミs



これは庭横のアスファルトの所にど根性的に咲いていた。 
尾瀬で見られる固有種だよ!って言われてもオイラなら信じてしまう。。。

        ニワバナs



普段はあまり見かけないんだけど、ドクダミが今年は多い。
花自体は嫌いじゃないんだけど、いかにも“ドクダミ”って匂いがねぇ。。。

                ドクダミs



で、こっから昆虫なんだけど、裏美女・地元緑地・庭虫をポツポツと。。。
まずはいれば撮っちゃう100% シギゾウはクロシギゾウムシ。 

            クロシギゾウムシ (2)s



ここ数年では一番遭遇率の高いシギゾウかな。
クロシギゾウムシs



ここでうれしい初見種。 オビアカサルゾウムシ。 巷では“おびやかされるゾウムシ”とも言われているらしい。。。
                オビアカサルゾウムシ (1)s



少し黒が強い個体? そもそも誤同定? 
        オビアカサルゾウムシ2s



ヒゲナガホソクチゾウムシは今が旬!と言わんばかりにけっこうな数がいた。
            ヒゲナガホソクチゾウムシs



どうせ同定出来ないんだから、撮らなきゃいいんだよ!って聞こえてきそうだけど、、、
やっぱ撮ってしまうのだよ   いると。。。
微かに見える模様も角度によっては見えなくなってしまう。  シャシャンボ?って事は無いか。。。

                ナガタマ (1)s



ヒゲの感じからいって、“イチモンジナガタマムシ” か!!        スミマセン。。。
        ナガタマシャッシャンボ?s



帰りの栗林で何かいないかなと、、、1匹だけのオンリーロンリーガロアケシでした。。。
            ガロアケシカミキリs



庭花を撮っていた日、昆虫も何かいないかなと探していたら、ニワハツのヤマイモハムシが3匹いた。
 3匹でもこの手はちょっと嬉しいなぁ。

    ヤマイモハムシs



来年はもっとたくさんお見せしまっせ!!って事かな??
        ヤマイモハムシ2s




最後は、、、庭虫を探していると、、、ふ化直カメムシが。 まさか庭でこの風景に出会えるとは思っていなかった。
      と、言ってもこれは、クサギカメムシっていう普通種。
      でも見事なくらいに綺麗にカットされたタマゴに思わずスタンディングオベーションだ。 
      ってか、最初っから立ってるけどね。。。  
      いくつかの抜け殻についている黒いものが、カッター的な? クチブトゾウの牙みたいな。。。
      あと、もう一つ感心したのがタマゴの数。 下の写真を見ると分かると思うけど28個。
      クサギカメムシは、ほぼ28個らしいんだよね。 アカスジキンカメムシは14個で、ナガメなんかは12個らしい。
      卵を守る親カメムシと言い、卵は育てられる分だけ!的な?そんなカメムシが好きになってきた。
 
            クサギカメムシふ化 28 アカキン14nagame12s

ではでは。。。。。。や
スポンサーサイト



[ 2021/05/31 17:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

裏美女谷

この日は美女谷の裏側の林道、私称“裏美女谷”を楽しんできた。
初見種は一種だが、撮れ高はそれなりに上がり、枚数も30枚近くのアップとなった。
そこで、今回は“今日の一枚目”“最後は、、、”はお休みで、いきなり本編って事で!
あと、写真の順番も種名のあいうえお順でのアップとなりますことをお許しくださいませませ。。。
では、始まりj始まり。。。
まずはイチモンジチョウ。 色気のないオン・ザ・コンクリートで。。。

            イチモンジチョウ (1)ds



別個体のコイツは、それなりの葉っぱの上で。。。
    イチモンジs



思わずレンズを向けてしまうツノゼミ系は、オビマルツノゼミ。 今年はニトベさんにも会いたいものだ。
            オビマルツノゼミs



イタドリの葉っぱで揺籃を作ろうとしていたところを撮ろうとしたら、、、ポロリ。。。
幸いにもヨモギ系の下草に着地。“一回ポロリすると、その後はあまりしなくなる”の法則で、じっくり撮らせてもらった。

        キイロヒゲナガオトシブミ (2)Ds



この辺の区別がよく分かっていないんだけど、イタドリにいたって事はキイロヒゲナガオトシブミって事だよね?
            キイロヒゲナガオトシブミ (3)Ds



キイロヒゲナガオトシブミってホント優しい顔をしてるよね。 目もウルウルな感じだし。。。
キイロヒゲナガオトシブミ (1)Ds



久しぶりに撮ったのは、クワキヨコバイ。 擬瞳孔が小さいせいなのか、やたらと意地悪な感じがする。。。
なんかイメージ的には自民の石破さん?

        クワキヨコバイs



なんか、やたらと存在感があったコブハサミムシ。 ハサミムシに挟まれると痛いのかな? レポ求む!?
    コブハサミムシs



撮っちゃうんだよね~、こんな感じでいられると、、、 好きなんだよね、こういうの。。。
                    コムライシアブs




ちょっと遠かったけどコトハツのサカハチチョウも確認できた。
        サカハチチョウ ds



ダイミョウセセリは今までもそれなりにいたんだけど、どうも折り合いがつかずで、、、
とりあえず、アップでおさえておけた。。。

            ダイミョウセセリ (1)ds



上の方のを撮ったら、緑が綺麗に写ってた。
ダイミョウセセリ (2)ds



葉っぱの裏に“トリマスク”がかけてあった。   なんて思っていたら、もうトリにしか見えなくなってしまった。
        トリマスクds



ん?って思ったけど、ガッツリ2.5のニンフホソハナカミキリだった。
    ニンフホソハナカミキリDs



この日はバッタが多かったけど、そういう事だったのね。  脱皮デー。。。
バッタ脱皮 (1)ds バッタ脱皮 (2)ds



ハムシダマシで覚えているんだけど、他の呼び方もあったような。。。
ちょっと“濃い”感じだけど、複眼や触覚はいい物を持ってるよね~!

            ハムシダマシs



いつも美女谷で見ていたけど、今年は裏側での再会となりました。
                ヒメコブオトシブミ (2)s



阪神ファンはヒメコブオトシブミの事を好きになるのかな?やっぱ。。。
    ヒメコブオトシブミ (1)s



お~、ここで出ましたカミキリ初見! って言っても以前見ていそうな気もするホソキリンゴカミキリ。
        ホソキリンゴカミキリ (1)s



葉っぱの裏じゃなくて、茎でラッキーだった。  茎をグインと回して失礼しました。。。
            ホソキリンゴカミキリ (2)s



あと一枚だけ、スンマセン!  
ホソキリンゴカミキリ (3)s



カミキリはホタルカミキリなんかもいた。
        ホタルカミキリ (3)s



正面顔は“ホタル”なんて可愛らしいものじゃなくて、なんか悪そ~~~な感じだ。。。
            ホタルカミキリ (1)s



茶色いマルウンカじゃなくて、ドット入りだたので一枚。
                マルウンカds



意外に好きなんすよ、このメンガタカスミカメってヤツが。。。
        メンガタカスミカメds

お疲れさまでした。 ではでは。。。。。。や
[ 2021/05/29 23:58 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

セ ボ~~~ン!

今日の一枚目。 セ ボ~~~ン!
                    ウメシュs
去年、丹念に剪定した庭の梅が今年はよく咲いてくれて、その産物の梅の実も今まで見た事がない量がなっていて
これをそのままってのも何だかなぁ~と思い、いざ!初めての梅酒づくりに挑んでみた。
ホワイトリカーで作るのも芸が無いかなと、ブランデー梅酒にしてみた。
漬けたのが5/21でさっき試飲をしてみたんだけど、これが中々どうして美味しいじゃないの!
安物のブランデーを使った分、後味がチープだけど、それもまた良しって感じだった。
まだ、梅が冷凍庫に眠ってるから、今度はラムかテキーラで漬けてみっか!!



で、この日は梅酒とは全然関係ない大月の名も無き林道へ、、、ってか、虫採り網を持っている人が6人もいて
もはや名も無きって寂れた感じでもなくなっていた。 
とりあえず、オヒョウポイントへ直行。
メス期待だったがオスのみ。  でも今年も見られたことがなんか嬉しかった。 シラホシヒゲナガカミキリ。

            シラホシヒゲナガカミキリs



地味目なデザインと言うよりかは、クールな感じの白星君かな。。。
    シラホシヒゲナガカミキリ2s



去年同様、シラホシが来ればコイツもかなって感じで、チチブニセリンゴカミキリ
            チチブニセリンゴカミキリs



決して珍しくは無いんだけど、なんか特別感があるカミキリだ。
    チチブニセリンゴカミキリ2s



パッカ~~~ンと、行って頂きました!
        チチブニセリンゴカミキリPs



お~、ヘリグロアオカミキリ!  久しぶりに見た分、初見種に出会えた感覚になってしまった。
            ヘリグロアオカミキリs



ただただ、綺麗なカミキリだ。
    ヘリグロアオカミキリ2s



同じパターンで、パッカ~~~ンと行っちゃいましょー!
        ヘリグロアオカミキリPs



ここでうれしいカミキリが! ニセハムシハナカミキリ!!
ニセハムシハナカミキリ2s



なんで、こんな地味なカミキリがいいのかって?そりゃ、コトハツ初見種だからですよ~!
        ニセハムシハナカミキリ3s



タナボタ初見種は、目的虫を落とすのとは違った喜びがあるなぁ。。。
            ニセハムシハナカミキリs



あ! 言うのを忘れていたけど、今日はほぼほぼカミキリです。
んな訳で、チャッチャッーってテツイロハナカミキリから流しちゃってくださいな。
  
        テツイロハナカミキリs



フタコブルリハナカミキリは福島以来のご対面。
        フタコブルリハナカミキリs



ピドニアは、前回の富士にもいたフトエリマキヒメハナカミキリ。
        フトエリマキヒメハナカミキリs



ピドニアの中でも小さめサイズは、セスジヒメハナカミキリ。
        セスジヒメハナカミキリs




最後は、、、意外に少なかったゾウムシをチョコチョコッと。。。
       コナラシギゾウムシだと思うんだけど、いた場所が見つけた2匹とも同じ種類の葉っぱの上。
       どうなの?って感じだけど、、、まあ、コナラシギゾウでオッケーかな。。。

コナラシギゾウムシ (1)s コナラシギゾウムシ (s



スレが全くなく綺麗な個体だった。
コナラシギゾウムシ (3)s



パッカ~~~ンも頂きました!
        コナラシギゾウムシ s



もう1匹のゾウ系は、カシルリチョッキリ。 いかにも季節遅れの高標高地って感じだ。
            カシルリチョッキリs
ではでは。。。。。。や
[ 2021/05/28 01:37 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

テンションダダ下がり

今日の一枚目。 富士山。
長池s
久しぶりの富士周り虫撮りに行って来た。


まず最初は、ヒメキベリトゲハムシ。 ぜんぜん遠征感がないから、ちょっと細工しておいた。

                     ヒメキベリgif



ゾウムシはキスジアシナガゾウムシ。 最初に見たのもこの林道だったかな。。。
        キスジアシナガゾウムシs



ゾウムシは他にも何種かいたけど、同定が、、、こいつらも迷宮入りになるのかな?
ゾウムシSP2s ゾウムシSPs



カメムシはエゾアオカメムシ。 
        エゾアオカメウシs



ピドニア、同定できたのは、フトエリマキヒメハナカミキリでした。
フトエリマキヒメハナカミキリs



念のため、同定用に腹側の写真も撮っておいたピックニセハムシハナカミキリ。
            ピックニセハムシハナカミキリs



いつもの場所にネジロカミキリ。  トゲトゲが怖いので小枝に移動。。。
    ネジロカミキリs



このピドニアも同定しやすかった。  キベリクロヒメハナカミキリ。
    キベリクロヒメハナカミキリs




最後は、、、タイ北部の少数民族が神と崇めるオブジェ、、、っぽくないっすか!?    ゾウムシだし。。。

        神s

実は富士周りの写真は23枚あったんだけど、その23枚でブログを作成して、最後の最後で全部消えてしまった。
ちょっとした操作ミスだと思うんだけど、、、もうテンションダダ下がりで。。。
せっかくの富士周りをアップしないわけにはいかないし、、、と最初から打ち直し。。。
妙に淡白な感じだったでしょ?   すんません、次回は楽しいブログで。。。

ではでは。。。。。。や

[ 2021/05/26 00:33 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

“波平”

今日の一枚目。 ユキノシタ。
        ユキノシタs
今年も我が家のユキノシタが咲いてくれた。 一昨年ほど花は付けてはいないが、しっかり楽しませてくれている。
庭の花で一番咲いてくれてうれしいのがユキノシタかな。。。



少し角度を変えてみて。

ユキノシタ2s



今年は蕾メインを一枚。  シベが顔を覗かせている。 昆虫の羽化を思わせるなぁ。。。
    ユキノシタ3s




この流れで庭の花たちを少々。
今年も見事に咲いてくれた深紅のバラ。 誰もいない林道を探虫している時、お腹が減って来ると、、、
♪ハーラが減った、ハーラが減った、お腹が空~い~た~♪ と口ずさんでいるのはホントの話。。。

                        バラs



いつの間にか咲いていたミカンの花、そしていつの間にかミカンの花は散っていた。
しかしよく見てみると、そこにはシベを残した状態で小さなミカンがなっていた。
ちょっと感動したオイラは、このミカンに名前を付けてあげた。   “波平”と。
             波平っぽくね?
    ミカンs
ちなみに1本なら波平、2本なら海平だよ




たぶんラン科の花だと思う。 以前オフクロに名前を聞いたところ『白花のシランよ』と言っていたが
今回アップするにあたって一応確認してみたけど、どうもシランとは違うみたいだ。。。
どうもオイラの同定不得手は親ゆずりのようだ。。。

            シラン?s
またまた失礼しました! 白花シランで合っているようです。  通りすがりさんありがとうございます。
“シラン”で画像検索をし、スクロールもせずに『やっぱシランて言うだけあってムラサキだよな。。。』と確認作業終了
的な流れでした。 嗚呼 母上様 申し訳ございません。。。  よって、同定不得手は固有の物でした。。。


この写真を撮ったのが5月15日、ずいぶんと頑張ったクリスマスローズ。 オージー系だ。。。
                クリスマスローズs



ようやく昆虫。   
ここ最近、カメノコハムシ系を見る度、もっとピカピカしたヤツが見たいんだよな~、って思っていた。
ようやく会えたジンガサハムシは4年ぶりだった。

            ジンガサハムシs



お~、いい表情してくれるねー!  いいねいいね~、顔のひねりが💯だ!!
ジンガサハムシ2s



ファインダーを覗いている時は、甲羅?越しに、いい感じで複眼が写ったなと思っていたけど、、、
う~ん、ちょっとテカっちゃった。。。

        ジンガサハムシ3s



シジミが飛んでいて、時おり開翅をしていたからヤマトかなと思ったけど、ルリシジミだった。
で、開翅の写真じゃないと言うところが、へなちょこブログっぽいっしょ!

            ルリシジミs



ヒメウラナミジャノメだったらスルーだけど、ちょっと模様も大きさも違うから撮ってみたけど
大して変わらないヒメジャノメだった。。。  でもへなちょこブログでは、テツトモ状態♪の初アップだった。

        ヒメジャノメs



ナガタマがいた。
                ナガタマsps



ナガタマの同定ポイントは、複眼の内縁、内側隆線、上翅の模様などだ。
写真同定をする場合、そこを確認できるよう数カットおさえるのセオリーだ。 もちろんそれ以上撮るにこした事は無い。

        ナガタマsp2s



でも、でも、、、同定できねーもんはできねーんだよ~!!              すみません、取り乱しました。。。
            ナガタマsp3s



こういう渋いカスミカメってのも いいもんだよね~。   ナカグロカスミカメっての?
        ナカグロカスミカメムシs




最後は、、、ユキノシタを撮っている時、もう少しいい角度で、、、なんて少し茎を曲げてみたら
      意外にも脆く、華奢な感じでポキッといってしまった。。。  
      なんかせっかく綺麗に咲いていたのに悪い事したなぁと思い、一輪挿しに生けてあげることにした。
      たしか、茶色い小さな壷みたいな一輪挿しがあったはず、探してみたけど見当たらず、、、
      そんな時に目についたのが、、、この調味料入れ。  これでもいっかなーと生けてみたら
      これがまた中々いい感じで、うれしくなってしまった。  いやいや綺麗、綺麗!

                                                            葉っぱはユキノシタじゃないよ         

                   イチリンs

ではでは。。。。。。や
[ 2021/05/22 22:49 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

マイルドセブンシリーズ

今日の一枚目。 苦渋の選択。
    ヒメタケs
この日は多摩川方面へ。 いつも行っている狛江方面は護岸工事をしていて、虫撮りはNGなので
斜め向かいの中の島方面で虫撮りをすることにした。
道路そばにスクーターをとめ河原付近まで行くと、そこは竹藪と言うか笹薮というか、、、ま、そんな感じになっていた。
でも普通の草花もあったので普通に探虫していると、、、ガサガサ、ガサガサと藪の中から音が聞こえ
次の瞬間、オイラの目の前にいきなりカマを持った年配の方が現れた。 一瞬あせったものの状況はすぐにわかった。
何かを採っていたようだ。 『こんにちは~』と声をかけ話を聞いてみると、どうやらタケノコを採っているようだ。
貴景勝の中指ほどのタケノコ、ヒメタケ?マダケ?だろう。(肝心なそこは聞いていなかった。)
その年配の方がこう言ってきた。
『これはうんまいぞ~、アクもねえし、炊き込みご飯や天ぷらや何でもうめえぞ! あんたも少し採って行けばいい!』
どうしよ、うまそうだしな~、、、でも道具も無いし、けっこう汚れそうだし、、、でも食いてえな~。。。
元の仕事柄かタケノコを見るだけでメニューが自然とわいてきた。
吸い物、若竹煮、焼きタケノコ、牛肉と一緒に炒めて中華風にあんかけで、、、と。
かなり心は動いたが、今日はタケノコはあきらめることにした。  来年来てもいいしな。。。と。



たけのこご飯を頭の片隅に抱え、探虫を再開した。
その竹(笹)の葉っぱにカミキリがいた。 トラカミキリだ  当然タケトラカミキリだなとオイラの脳ははじき出した。
う~ん、普通にエグリトラカミキリだった。。。 まぎらわしいとこにいるなぁ。。。

            エグリトラカミキリs



今日はもしやカミキリデー?なんて少し頭をよぎったけど、場所的にカミキリってとこじゃないよな、、、って事で
やっぱり多かったのはカメムシだった。 でも久しぶりのカメムシやら、初見種だったりと、思った以上に楽しめた。


        ヒメジュウジナガカメムシ                  モンキクロカスミカメ
ヒメジュウジナガカメムシs モンキクロカスミカメs

ヒメナガメなんかは、かなり久しぶりだ。
                        ヒメナガメs




これがその初見種、ミナミアオカメムシ。  色彩変異部分がちょっとおしゃれかなと思ったけど
でもなんか、失敗した日焼けにも見えてきて。。。  ま、初見種アザースッって事で。

ミナミアオカメムシs



お、いい感じのハムシだ! なんか見た事あるよなないよな。。。
        トホシクビボソハムシs



まわりに何匹もいて、すぐにドットのあるタイプを見つけ一件落着! トホシクビボソハムシだ。
そうだよな、ここは多摩川だしな。  でも活動中のトホシクビボソハムシは初めてだからなんだか嬉しいなぁ。

    トホシクビボソハムシ2s



パッカ~~~ンのサービスまでしてくれた。
            トホシクビボソハムシ3s



楕円形の葉っぱにチョッキリ発見! 既知種だろうけど、これは撮っておくかな、と一枚。
やっちまったー! 初見種のチビイクビチョッキリだった。もっと撮っておけば良かった。。。 ま、あるあるだな。。。

チビイクビチョッキリs
でも多摩川で初見種2種とは、ツイてるなぁ~。けっこう気分が上がってきた!
少し移動すれば、なんかもっと盛り上がんじゃね~の? と、オイラはサーモンスピリッツで中の島を後にして
多摩川の上流へと、転戦した。






そうそう、河川敷らしく花もけっこう咲いていた。
このピンクの花、名前はわからないけど綺麗な花だったな。

                ピンク花 (2)s
ちょっと早いかなと思うけど、ヒルガオかな? あとマメ科の花?
ヒルガオs マメカs



次なるポイントに到着! ポイントって言ってもただスクーターがとめられる場所を探しただけなんだけどね。
お~、これも久しぶりだ。 クモガタテントウって言ったかな? でも中々撮らせてもらえなくて、お尻しか撮れなかった。 
しかもラブルベニア付き。 ちょっとガックシ。。。

            クモガタラブルベニアs



おっ、君はエビカメムシだな!幼虫はエビ色でそれっぽいけど成虫はエビ感ゼロなんだよな。。。
そう思って撮っていたのは、もちろんエビカメムシじゃなくてウズラカメムシでした。。。  
久しぶりに撮ったけど、このおっとり感は何とも言えずいいよね。 あと赤い触覚も!

        ウズラカメムシs



なんか、見慣れないヨコバイが。  ヨコバイは見覚えがあまりないけど、この樹はオニグルミ?  って事は、、、
ハイハイハイ、クルミヒロズヨコバイだよな確か。。。

    クルミヒロズヨコバイs



ちなみにこれは♀の方。
            クルミヒロズヨコバイ♀s



ここは河川敷、石を裏返せば当然何かが現れる。 現れたのはアオゴミムシ。
アオオサムシは見た事あったけど、アオゴミムシはお初かな?  
昔のマイルドセブンシリーズのような喜びが、じんわりと来た。。。

        アオゴミムシs



トホシクビボソハムシもそうだけど、樹皮裏でしか見た事がなくて、活動中を見つけられるとなんか嬉しかった。
ハロルドヒメコクヌストも活動中を見た事がなくて、こうやって緑にいると、やっぱ昆虫だなって思うな。
でもこれは活動をしていない、活動中だったかな!?

                            ハロルドヒメコクヌストs




最後は、、、イモカタバミはそこらにいっくらでも生えて居そうなんだけど、見事な“密”っぷりに羨望の眼差しで
       思わずシャッターを切ってしまった。  ってか、別に密になりたいわけじゃないんだけどね。。。

    イモカタバミs


ではでは。。。。。。や
[ 2021/05/21 21:52 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

あ゛~~~~~~~~~~~

今日の一枚目。 忘れ物。
        IMG_0255セリバヒエンソウs
一か月以上も前の事、ムラサキの綺麗な花を美女谷で見つけた。
数本しか咲いていないこの花をなんとなく健気に思い、いいなあと一枚収めた。
しかしこの写真をアップするのを忘れていて、撮った数日後に地元緑地でボウボウに生えた
セリバヒエンソウを見て、ガックリしてしまい、オクラだな、、、と眠っていたけども
やっぱ好きな花は好きには変わりはなく、、、の流れで40日後のアップとなりました。



今日は、そんなボウボウに生えてた地元緑地での探虫記。
自宅で昼飯を食べ、なんとなく出かけられそうな雰囲気だったので小野路の谷戸まで遊びに行ってみた。
風が強く曇りがちな午後だったけど、短時間のわりには色んな昆虫を見る事が出来た。
ああ、もうそんな季節ですねとアカシジミ。。。

    アカシジ2 s



へなちょこマクロで撮ってみたけど、やっぱチョウ類はデカすぎるな。。。
                アカシジミ2s



ダイミョウセセリを撮ったけど、100㎜マクロはピンボケばっかり。。。
へなちょこマクロの方がましだった。  学習できてないって訳じゃないんだけどね。。。

            ダイミョウセセリs



ハルジオンにゾウムシが付いていた。 見てみると、ここにもここにも。。。  ハルジオン好きか?
カミヤコバンゾウムシs



なんかシギゾウっぽいなと思ったけど、“ハルジオンにゾウムシ”で検索してみたら、秀さんのブログがヒットし
どうやらカミヤコバンゾウムシと言うらしい。 見た事はあるような気がするけど、今回が初アップとなり
うれしい初見種の追加となった。

            カミヤコバンゾウムシ2s



久しぶりのうれしい出会いはアシナガオトシブミ。 4年ぶりだった。
    アシナガオトシブミ♂s



久しぶりに見る事が出来た喜びより、地元緑地で見られた喜びの方が大きいかな。。。
            アシナガオトシブミ2s



面白い模様のノミゾウムシだなとファインダーを覗いたらハムシだった。 チビカサハラハムシっぽいな。。。
                チビカサハラハムシs



材置き場に行ってみると、、、おっ、クワだ! コクワのメスかな?
            ヒラタ♂s



全然違ってた。。。  ヒラタの小型タイプのようだ。  しかもオスだった。  終わってるなオイラ。。。
スジクワガタとの事でした。 まーくさんありがとうございます。 オイラの脳ミソの腐食は終わっていなかった。。。
    ヒラタ2s



おー、これまた久しぶりだなぁ。なんだっけ名前、、、そうそうナガニジゴミムシダマシだったかな。
            ナガニジゴミムシダマシs



なんか見慣れない甲虫がいた。 サンカンムシ系だな。  ヒゲナガハナノミのメス?
                ヒゲナガハナノミ♀s




答は数分後に訪れた。 こういうのって、けっこう嬉しいんだよね。
            ヒゲナガハナノミs



トホシテントウも久しぶりだ。 こうやって見るといいテントウだね~。
    トホシテントウs



おっ、あまり赤くないからキイロクビナガハムシかな? ってか、タマゴ付きじゃん。すみません、モーニングみたいないい方しちゃって。。。
            キイロクビナガハムシs



タマゴからめてもっといい写真を撮りたいなと思っていたら、そそくさと先端まで行って飛んでちゃった。。。
    キイロクビナガハムシ2s
でもビックリしたのが、オイラがそこを動こうと思ったら、飛んだハムシが戻って来たんだよね。
やっぱ、昆虫も我が子は大事なんだなぁ。。。




久しぶりに複眼自慢のキイロケブカミバエでも撮ってみるかとパチリンコ!!
キイロケブカミバエs




最後は、、、先日マークさんんと周った大地沢から帰宅しての出来事。。。
       自室に入り、カメラを置きリュックをおろし、ポケットからアルコールやら虫よけスプレーやら小銭やらと
       8か所もあるポケットから色々なものを出していて、最後に膝脇のポケットからバッテリー関係を
       出している時最後にカメラのスペアー電池を撮った際、なんとなくウェッティーなやわらかいような
       そんな感触があったような気がした。  なんだ??  えっ、まさか。。。
       パニック寸前の自分に、落ち着け落ち着けと言い聞かせ、はいていたワークパンツを玄関まで持って行き
       そっとポケットをひっくり返した。。。
       あ゛~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
       そのまさかだった。 玄関を開け、何でもいいから小枝を探し、そのブツをはじいた。
       オイラは方で大きく息をし、自分がパンイチだと言う事にようやく気付いた。
       ハッと思い回りを確認したが、目撃者はいなかったようで、ホッと胸をなでおろした。
       ホッとなでおろしたその胸に、さらにウェッティーなものが、、、な~んて事はなかったです。 スミマセン。
       でもパニクりながらもコンデジで撮影したオイラは、まるで戦場カメラマンのように
       本能で写真を撮っていたのだろう。。。          戦場カメラマンさんゴメンナサイ。
       と言う事で、これからは毛虫もダニーもフィールドに増えてきますので、皆様もお気をつけあそばせ。。。

                P5141748s.jpg

ではでは。。。。。。や


[ 2021/05/18 23:50 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

Oh!クラウディア

今日の一枚目。 ハルユキ?ダダユキ?
        ハルユキノシタs
明るい農道から少し入った少し暗めの所で、オジサン二人が“綺麗ですね~”“そうですね~”
と、つぶやく先にあったのが、この可憐な花。 最初ユキノシタかなと思ったけど、色味が少し違うみたい。。。
ハルユキノシタと言う種類もあるらしく、ただのユキノシタか同定が難しいところだ。
でもここは得意の綺麗だからどっちでもいっか!って事でハルユキノシタに軍配!



そんなんで、今日はオジサン二人、、、こんな言い方は失礼だな。。。 
紳士なおじ様たのしくいこっかのまーくさんと探虫させて頂きました。


ゆる~い感じでジロジロしていると、、、おっ、ユタカだ!  いや違ったヒロシだ!! 
いやいや違う、ごめんなさい マドガだった。

            マドガs



ウツギには小さなゾウムシ、ケブカホソクチゾウムシが。
        ヒレルホソクチゾウムシs



ゾウムシも花にいてくれると、なんかいい感じだね~。
            ヒレルホソクチゾウムシ2s



カワトンボ、今年はもう撮らないと思ったけど、バックの黄色い花(ハナショウブ?)がいい感じだったもので、、、
そしたら縦の草をどうにか処理しろよって感じっっすよね。。。

        カワトンボs



なんか見慣れないハムシ、、、『ムナキルリハムシですね。』とまーくさん。  
            ムナキルリハムシs



いちおう帰宅後調べてみると、大正解!!  さすが!!
    ムナキルリハムシ2s



ヒメヒゲナガカミキリはコトハツにつき、一枚!
            ヒメヒゲナガカミキリs



ショウジョウトンボの未成熟個体ですねと教えて頂き、ならば!とWITHハルジオンで一枚。
        ショウジョウYgs



これもまた見つけて頂いたヤツメカミキリ。
                    ヤツメカミキリs



この日は見つけて頂くばかりで、オイラが見つけるのは毛虫だけだった。。。
    ヤツメカミキリ2s



葉っぱの奥でハバチがこっそり捕食中。  ってかハバチって肉食?
                      ハバチs



ちょっと捕食中はえぐいかなと思ったけど、見えなきゃいいや!って事こんな感じで。。。
    ハバチ2s
お料理も見たい方はコチラ!



ラストにタケウチトゲアワフキを撮って、お開きとなりました。
        タケウチトゲアワフキs
まーくさん、色々とありがとうございました。 またよろしくお願いします!!
ソロ撮もいいけどワイガヤ撮もいいもんだね~。。。




最後は、、、恋をしていたのは、去年の夏の頃さ、、、もちろんオイラの事ではなく、サザンの“Oh!クラウディア”の
       歌いだし。  けっこう好きな曲だ。  さほど変わらない頃、松田聖子の“Sweet Memories”と言う曲も
       人気があって好きな曲だった。  サントリー缶ビールのペンギンのCMソングに使われてたかな?
       この2曲に共通する事、それはB面と言う事。 いわゆる両A面ってヤツだ。
       B面がA面を凌駕してしまった!と言うのはちょっとオーバーだけど、2曲ともそんな曲。
       で、この日見つけた令和の両A面! ハンミョウの裏っかわだ!!
       パンクなエリトラに比べ、まるでバラードのような腹側、これはまさに両A面だ!!
       バラ―ド好きのオイラにとって、やはりここは腹側推しかな。。。

ハンミョウs

ではでは。。。。。。や
[ 2021/05/15 23:35 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

“釣り堀”

前回からの続きで、南A林道から。
今回の一番の目的中である、赤いエリトラを持つコバネカミキリ、ツジヒゲナガコバネカミキリ(ツジウス)は
この林道近辺でしか生息が確認できておらず、1999年22年前に新種として発見された。
そんなお宝のようなカミキリを今日は早い段階から、ゲットする事が出来た。 最初の一匹目は小さいメス。

        ツジメス3s



続いてきたのが、大きめの個体だったのでオスだろうと思ったけど
どうやらメス個体のようで、ワダヒゲナガコバネカミキリ(ワダアキコ)だった。

    ツジメスs



正直、最初のメスでかなりの満足感があったので、オスはどうでもいいかなと思っていた。
写真だと触覚の長さは伝わるけど、大きさは上手く伝えられないし。。。

ツジウス4s



しかし、うれしい事に過去2回分の初見貯金を使わせてくれたのか、3匹目に念願のオスをゲットする事が出来た。 
やはり大きさは伝えられないけど、この長い触覚は写真でも見ごたえがあるものだ。

        ツジオスs
その後メスがプラス1となり、合計4ツジと言う大変満足な結果となった。



だがこのオス、前胸後縁をダニに寄生されていたので、生態写真にこだわらないへなちょこブログとしては
レタッチソフトで消してしまった方がいいのではと、レタッチ処理をしています。 
そのため前胸背板の後縁部分のラインが、もしかしたら本物?と少し違っているかもです。。。
  
ツジウス2s
昆虫撮ってて、ダニがどうのこうのって言ってんじゃねーよ! 
大事なのは、いかに生態写真に近いかって事なんだよ!  って、方はこちらどうぞ。。。




あいま合間に、色々なカミキリを得る事が出来た。 コボトケヒゲナガコバネカミキリ。
            コボトゲヒゲナガコバネカミキリs



ピニボラことオニヒゲナガコバネカミキリも♀の方が写真の様に触覚が短い。
    オニヒゲナガコバネカミキリ ピニボラs



もちろんこちらもオスをゲットーーー!!
                    オニヒゲナガコバネカミキリ♂s



黒一色のシックなコバネカミキリはホソツヤヒゲナガコバネカミキリ。 これはこれでシブいものだ。
    ホソツヤヒゲナガコバネカミキリs



色々なコバネカミキリが面白いように採れる。 “釣り堀”と言われることが分かるような気がする。 
ホソツヤヒゲナガコバネカミキリ2s



これはカエデヒゲナガコバネカミキリかな。
                カエデヒゲナガコバネカミキリs



もちろんピドニアもネットインして来る。
    フトエリマキヒメハナカミキリs



フトエリマキヒメハナカミキリは他所にもいるんだろうけど、オイラはここでしか見た事がない。
            フトエリマキヒメハナカミキリ2s



ミヤマルリハナカミキリもけっこうな個体数がいた。
                みやm、あs



思ってた以上に複眼が大きかったから、少し好きになってしまった。
        ミヤマルリハナカミキリs



ピックニセハムシハナカミキリなんかも。。。  ピックが付かないやつも見てみたいなぁ。。。
            ピックニセハムシハナカミキリs




最後は、、、少し見慣れてきたこの風景も 来年からはもう見る事は無いんだろうなと思うと淋しい気もするけど
      ポイントまで片道4時間を要することを考えると、少しホッとする気もする。。。
      でも今回、目的虫を落とせたと言うのは、何ともうれしい事だ。 
      あらためて“自然の恵みに感謝を”と、帰りの車の中で感じていた。。。 
  
        南アルプスs


ではでは。。。。。。や
[ 2021/05/13 17:16 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

杉が立つ水際で太陽が燦々と

今日の一枚目。 遠征。
        気温s
久しぶりの遠征に出かけてきた。 
遊びに来た姉にオフクロを任せて、普段ではできない“前のリスタイル”
前日の21:00に家を出て、現地にて車中泊のソロキャンだ!  いや~、楽すぃ~
ってか、肝心なのは虫撮りの方で、、、天気は良さげだけど気温はこんな感じだ。
目的虫を落とせていない過去2回もこんな気温だったので、果てしてどうなるのか。。。


久しぶりの遠征に気分が高揚してしまい、あまり眠れぬまま朝を迎えた。 いざ出発だ。

おととしの台風被害で一般車は通行止めとなっているため、ポイントまではバスでの移動となる。
最初はバス移動に抵抗があったが、いざ利用してみるとあまりの楽さに『次回もこれだな』と、一瞬思ったが
次回は無いのだ!オイラもここは3回目。 今年こそ目的虫を落とし卒業せねば!
と、そんな事を考えながら朝は9:00前から活動開始したが
昆虫たちは、太陽の暖かさを感じるようになった頃ようやく活動を始めた。

まずは、オイラノ好きな華やかチョッキリ系イタヤハマキチョッキリも
移動時間4時間を考えると少し物足りないかな。。。

            イタヤハマキチョッキリs



おー、これこれ! 初見でもなく、プチ遠征でも撮る事は出来るが
キアシチビアオゾウムシ見ると、オイラの中では遠征感がある。

チビアオゾウムシs チビアオゾウムシ2s



パッと見は小さく、綺麗なエメラルドグリーンのこの昆虫もマクロで撮ると複眼の上のふくらみが
なんとなくガッツ石松に見えて、ちょっとイカツク感じてくる。

    チビアオゾウムシ4s



コクロヒメテントウは♂のほうかな。
                コクロヒメテントウ♂?s



ドットがオシャンティーなミドリオオキスイ。 なぜミドリ? 小楯板の後方がわずかにミドリな気はするけど。。。
            ミドリオオキスイs



でもフォトジェニックな可愛さで、名前なんてどうでもいいかな。。。
    ミdリオオキスイ2s



ここでの定番種、ファウストハマキチョッキリもせっかくの遠征なので一枚。
            ファウストハマキチョッキリs



これまた既知種のケブカホソクチゾウムシ。
                ケブカホソクチゾウムシ2s



既知種と言えど、この大きな複眼は撮っていて楽しくなる。
ケブカホソクチゾウムシs



ついでに正面顔をも一枚。
        ケブカホソクチゾウムシ3s




ルイスアシナガオトシブミも いれば撮りたくなるフォトジェニッカーだ。
ルイスアシナガオトシブミs




最後は、、、ちょっと枚数が多かったので分割。 次回はカミキリ編。 そんな次回はコイツがメイン。
      杉が立つ水際で太陽が燦々と、、、そんな亭主を持つ、アイツだ!?

                      最後s

ではでは。。。。。。や
[ 2021/05/12 13:17 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)