fc2ブログ

人気ブログランキングへ

ごっつぁんでした~~~!


施設っぽい所の続きから。 ってか、施設じゃなくて普通の民家っぽかったんだけどダイジョブだったのかな?
でも入り口はウェルカムムード満載だったんだよね。。。
ま、とりあえずツマグロヒョウモンに続き、そこのお家?の前の昆虫達をどぞ。

オイラの好きな感じでとまっていたのは、オオハラビロトンボ。
いいね~!  でも♂はけっこう撮らしてもらったから、♀が撮りたいんだよね~。

        1オオハラビロ♀



そんなわがままを叶えてくれるのが沖縄なんだよね~! うれしい初見のオスがいた!!
2オオハラビロ♂ 1 (2)



そうそう、この下からあおる感じ! 好きなんだよね~。
    3オオハラビロ♂ 1 (1)



最初の一枚目と少し角度を変えて。。。 これも今度いつ会えるか分からないからね!
        4オオハラビロ♂ 1 (3)



おまけに青空バックで一枚!  ごっつぁんでした~~~!
    5オオハラビロ♂ 1 (4)



ちょっとお気に入りのハムシ、ホソセスジハムシもいた。
            6ホソセスジハムシ (1)



いい顔してるよね~、ついつい正面顔を撮りたくなっちゃうよ!
    7ホソセスジハムシ (2)



オオハラビロのオスとの出会いで、上機嫌のまま材置き場へ!
ここに限らず、小さな粗朶が積んである所や、倒木があったりする所でやたら目にしたのはヨツスジトラカミキリ。
今年は発生年なのかな? それともこれが普通??

        8ヨツスジトラ



まわりの草っぱらでベニトンボのメスなんかを撮りながら、引き続き材ジロジロ!
    9ベニトンボ♀




すると、材にすこぶる違和感を感じる。 茶色い樹皮に緑に輝く物体。 全く動かないけど昆虫だ。
お~~~、ウバタマ! アオウバタマムシだ! これ見たかったんだよな~!!

11アオウバタマムシ・ウバタマムシ (1)



ネットで見た時、『これって、実際はもっと綺麗なんだろうなぁ。。。』なんて思ってた。
このタマムシの色彩感って、写真で見るのと実際に見るのとでは、けっこう違っていたりするからね。

    10アオウバタマムシ・ウバタマムシ (2)


もちろん今日のM.V.P.はオキナワモンキなんだけど、アオウバも負けてないね~
        12アオウバタマムシ・ウバタマムシ (3)



『コイツがいると、ついつい肩身が狭くなっちゃうんだよね。』と材の隅の方に本家が。。。
            13ウバタマムシ (4)



今度は、伐採木のちょっと奥の方を見てみると、見慣れないゾウムシが! またしても初見種頂きか!
        14ヒラヤマメナガゾウムシ (3)



でも特徴のないこの感じは、同定でまた苦労しそうだな。。。
            15ヒラヤマメナガゾウムシ (1)



ん? 上翅の後半に見覚えのある白斑が、、、もしや平山さん? ヒラヤマメナガゾウムシだ。
スッピンだったのね。。。 ちなみにメークをしている時はこんな感じ!

    16ヒラヤマメナガゾウムシ (2)



さっきメスを撮ったから、オスも撮っておきますか! と、この日をしめくくった。
            17ベニトンボ




最後は、、、この前、富士山にダイヤモンドを撮りに行ったんだけど、うまくいかず“富士の仇を沖縄で討つ!”
      と、言う訳でもないけど < ダイヤモンド名護 > が綺麗だったので、コンデジで一枚。。。

    18最後ダイヤ名護d


ではでは。。。。。。や
スポンサーサイト



[ 2022/06/30 21:32 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

40歳頃に失ってしまっていた“根拠のない自信”

今日の一枚目。 花。
                    1林道花

                    2林道花
林道を歩いていると、時おり見つかるこの花。 今回は林道沿いを探虫してもイマイチの感じの中
この花を見つけては癒されていた。  昆虫はいなくとも沖縄っていいよな。。。って。



そんな昆虫が少ない雰囲気の中、今日も道路わき、タミフル、林道、池畔と精力的に歩いてきた。
まずは、ルリモンポイントで車を止め、もしかしたらマサキルリモントンボなんかもいるのかな?とジロジロ。
見つかったのは、アブ。 胸が少し金色っぽくなっているけど、ただそれだけ。 どしよ? と思ったけど
きのうからの流れを考えてみると“とりあえず押さえる”と言うのが、今日の鉄則のような気がして。。。
後のPCチェックで気が付いたんだけど、腹も緑で綺麗だし、複眼もいい感じ、胸も思った以上の綺麗な金色。
今思えば、とりあえず押さえるというか、撮っておくべき種だったんだなあと。。。

        3ミズアブ



ササキリ? しかも幼虫? 沖縄なのに?  もちろん、押さえました。
    4ササキリ幼虫



ルリモントンボは見つからなかったけど、綺麗なリュウキュウベニイトトンボがひっそりと、葉っぱの上に。
        5リュウキュウベニイト
ルリモンポイントを後にして、タミフルポイントへ向かうことにした。
今後、名護ステイの場合お決まりのルートになりそうだ。 8:00ホテル出発→田んぼP→ルリモンP→タミフルP...
そんな事を考えながら、きのうオキナワモンキのポイントを教えて頂いたKさんの言葉を思い出した。
『時期はもう遅いんですけど、食痕が残っているのでいる可能性もありますよね。』と。
ガツガツ回るほど、昆虫がいるわけでもないので、タミフルの前にちょっくら寄ってみるか、、、と、ハンドルを切った。



きのうは『あれですよ!』と言われ確認が出来た食痕も一人で行くと『あれ~、どこだぁ?』って、しまつ。。。
まあ、その辺の葉っぱを掬っておけばいいっしょ!的なちょっと時季外れのグダグダモード。
ガサ、ガサ、ガサ、、、と。 どうせ昆虫自体入ってないっしょ?
ほぉ~~~、はいってんじゃん!   黄色いのが、、、   
『え゛ーーー、え゛~~~!!! マジ! オキナワモンキじゃん! まだいてくれたのかー!』
      ↑これはけっこうデカい声で実際に発してしまっていました。。。
Kさん、いやK師匠、いましたよ~~~!ありがとうございまーーーす!!

    6オキナワモンキ♂ (4)



実は奄美でも探していたんだけど、ハゼにいるという情報しかなく、奄美のハゼだらけの林道を闇雲に掬っていたけど
同然見つかる事もなく、、、今回はリーチ一発。。。  情報の重要性を痛感した一幕だった。

7オキナワモンキ♂ (1)



昆虫との出会いは一期一会なんていうけれど、まさにそれなんだろうなぁと思う。
たぶんこの先、出会う事のないカミキリなんだろうなぁ、、、と、しみじみ喜びをかみしめタミフルへと向かった。

    8オキナワモンキ♂ (3)



ここタミフルPにはモウセンハナカミキリと言う赤い綺麗なカミキリも飛来するという。
これまたKさん曰く、ちょっとベストシーズンは過ぎちゃった感じですかね、と話していた。
が、しかーーーし! 今のオイラなら!! と、40歳頃に失ってしまっていた“根拠のない自信”が
今、蘇ろうとしていた。。。 そしてまず目の前にいた超普通種、オオシオカラトンボ♀を写していた。
これは、決して押さえなんかじゃない、いわゆる“余裕”と言うヤツだ。   ハッハッハッ。

            9オオシオカラトンボ♀



モウセンポイントに向け歩くオイラの前に、甲虫らしき影が横切った。
とっさ的に手で払い落としていた。 なんだ、今の黄色いのは? 落ちた辺りを見てみると、、、
本日2回目となる『え゛ーーー、え゛~~~!!! マジ! オキナワモンキじゃん!』がフィールドに響きわたった。
ってか、一期一会じゃなかったのー?

10オキナワモンキ♀ (1)



2匹目はすこしポッチャリ型でメスのようだ。 いやー、こんな事もあるんだね~。。。
    11オキナワモンキ♀ (2)



結局モウセンも見つかるなんてうまい話はなかったが、ちょっと見た事のないカメノコハムシがいた。
                      12アカヒラタカメノコハムシ (1)



アカヒラタカメノコハムシ。 カメノコハムシを撮る時は顔を出してくれるまでねばって撮っていたけど
何とコイツは “ ねばり不要の顔出しタイプ ” だった。 綺麗に頭の部分に切れ込みが入っていて
いつでもどうぞ!の状態だ。 何気ないこのカメノコハムシとの出会いは、ジワジワ喜びが込み上げた。

        13アカヒラタカメノコハムシ (2)



オキナワモンキ、カメノコハムシの余韻を楽しみながら林道へと転戦した。
数年前、Tぞーさんに頂いた情報メモ。  地図に場所が示され、“道路沿いの広葉樹(シイなど)枯れ枝を
スイーピングすると、他所では得難い以下の種が採れる。 ヤンバルアトモンチビ・フタモンヒメダビ
アマミシロオビチビ・オキナワクロオビトゲムネなど”と、記されていた。
教科書通りにスイーピング。  はい、キターーー。 オキナワクロオビトゲムネカミキリ。

    14オキナワクロオビトゲムネカミキリ (2)



Tぞーさん、いまだ活用させて頂いてますよー! ありがとうございまーす!!
            15オキナワクロオビトゲムネカミキリ (1)



石垣で綺麗なハナバチが訪花していた、ピンク系?の花をチェックしてみたら小さなゾウムシが付いていた。
見つかっちゃった、、、と、すぐにポロリ。。。  しかしそのポロリ先はオイラの手のひらだった。
葉っぱに写し、パチリンコ!

        16ゲットウトゲムネサルゾウムシ (2)



離島遠征にありがちなパターンで、せっかく来た離島で初見種欲しさゆえ
思考が既知種を排除しようとしてしまう。これもそうで、なかなかゲットウトゲムネサルゾウムシに行きつかなかった。
何回もゲットウは撮っているんだけどねぇ、、、  卑しいねぇ。。。

17ゲットウトゲムネサルゾウムシ (1)



いつも行っている池に寄ってみると、トンボ屋さんが一人いて、水面を凝視していた。 
ミナミトンボを狙っているとの事。 オイラは今回の目的虫でもあるコシブトトンボの情報なんかも聞けたらなと
話をすると、地図を広げながら詳しく教えて頂けた。 その他にも石垣の話をしながら、トークタイムを楽しんだ。
手ぶらで移動するのも何だからハラボソトンボを撮り、また新たな林道へと移動した。

        18ハラボソトンボ



小ぎれいに整備された、施設の入り口みたない所があり、オフリミット感がなかったので、奥へ進んでみた。
ちょっと虫影の淡白さも感じ、オイラはいつでも撮れるツマグロヒョウモンの交尾態を撮っていた。

    19ツマグロヒョウモン
喜びのあまり、オキナワモンキを5枚もアップしてしまったので、ちょっと枚数がかさんでしまいました。。。
林道の続きは、また次回! 次回もうれしい出会いが!!

ではでは。。。。。。や
[ 2022/06/29 20:41 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

ウ、ウワ~~~ッ、 ま、ま、眩しいー--っ!

今日の一枚目。 こうでなくっちゃ!
1一枚目
朝目を覚ますと、窓から碧い名護港が見えた。 何回ぶりだろう?晴れた名護港。
前回の本島遠征では、まさかの太陽を拝めずじまいだった。 晴れればいいってものじゃないけど
やっぱ、テンションは違うよね。 いつもとは言わないけど、2日に1回はこうあって欲しいものだ。

さて、きのうの不振は忘れて、今日が初日だ!とオイラはホテルを出た。
車を少し走らせ、日当たりのいい田んぼではタイリクショウジョウトンボがウェルカムインセクトをつとめていた。 

        2タイリクショウジョウトンボ



次は、前回リュウキュウルリモントンボがいた、ちょっと日陰のポイントへ。
しかしリュウキュウルリモンは見当たらず、その代わりにいてくれたのがオキナワオオシオカラトンボ。
しかしすぐに飛び立ち、どこへ行くかと思えば、、、

            3オキナワオオシオカラトンボ



そこでは、メスが打水産卵を行っていた。 これはチャンスとシャッターを切り、モニター確認をするも超ボケボケ。
あれ?でもちょっとピントが合っている方が左にいらっしゃるじゃないですか!

        4オキナワオオシオカラトンボオスメス



オオシオカラ夫妻はお役御免と言う事で、レンズを振ってルリモン王子へ。
5リュウキュウルリモントンボ (1)



今回もいると言う事は、来年からも見られるかなと思うんだけど、車の往来がそれなりにある道路っぷちだし
大雨で水の流れが変わると、ここの側溝が干上がってしまう可能性もあよな、、、そうならない事を願うか。。。

                      6リュウキュウルリモントンボ (2)



お次は赤いヒメイトトンボの未熟がいた場所へ。 まず視界に入ったのは、前回と同じ二羽のトリ、鶏。。。
野生化と言うより、ここが餌付けポイントになっていて、広いスペースにいる家畜みたいな物かな?

                7二羽トリ



日陰の下草を見ていくと、リュウキュウベニイトトンボの連結個体。
この産卵スタイルみたいのはベニイトに限らず初めて撮るから、なんか新鮮だなぁ。。。

        8リュウキュウベニイトトンボ



草にしがみついていたのは、白っぽいセミ。 見た事ないし、草の上ってのは南方種かなと撮ってみる。
もしやクロイワニイニイ?でもちょっと違うのかな??  たぶんタダニイだな。 にしても白いなぁ。。。

            9タダニイ



今日一番の目的地、信頼の“タミフルポイント”に到着。 
まずは道路の反対側にある、粗朶をチェックして発見したのは、オキナワハンミョウ。
地べたにいると、すぐに飛んで行っちゃうけど、葉っぱの上や木の上だとかなり考え込んでから飛ぶみたい。。。

        10オキナワハンミョウ
とりあえず粗朶にはほかの昆虫は見当たらず、メインの道へ。
なんかイヤな雰囲気だ。 いつもならアカメガシワの葉上に何かしらいたりするんだけど、何もいない。。。
昆虫の影が薄いまま、奥へ進んで行き、カミキリ・タマムシポイントへ。  すると網を持った先客がいた。
『タマムシか何かですか~』と話しかけてみると、オイラの質問とは違った答えが返って来た。
『確か、前もお会いしましたよね?』  一瞬??だったけど、すぐに思い出した。
去年ここでお会いしたKさんだ。 ヨナグニアカアシカタゾウムシのポイントを教えて頂いた方だった。
沖縄に住んでいる方なので、ポイントの話をまたお聞きする。 タマムシやカミキリなど。。。
ダメもとで『オキナワモンキカミキリなんて、どの辺りにいるんですかね?』と聞いてみると
『あ~、行ってみます? でもちょっと遅いかな。。。』 と意外な答えが返って来た。
遅いも何も来年の楽しみにもなるし、行ってみたいと思っていたが、ここに来たばかりだし、、、と
ウジウジ考えるオイラ。。。  でもこの様子じゃ、ここでの成果は見込めないなと、移動する事にした。

ポイントに到着、Kさんはリュウキュウハゼを見上げ『ほら、あそこに食痕がありますよね?』と指を指す。
眼の悪いオイラだが、どうにか確認できた。  Kさんは『じゃあ、あそこを掬ってみて下さい』と。
二人でそれっぽい所を掬ってみたが、他の昆虫も入らなかった。 。。
でも食痕があるし、シーズンに来ればかなり期待できそうだ。 大きな土産を頂き、Kさんとはここで別れた。



オイラは島の北へ移動した。これも遅いかと思ったけど、本島に来たからにはチャレンジしておきたいのが
ニジモンサビカミキリだ。 しかし先ほどのKさん曰く、このポイントにいるらしいが、かなり難しいとの事だった。
そんな話を思い浮かべさっさと撤収し、南下しながら途中の山へ向かう道に入り、林道を攻めてみた。

いや~、実に昆虫が少ない! 去年の7月とあまり変わらない状況だ。。。
花を掬って、やっとの被写体がこのオキナワホソクビアリモドキだった。 オキナワとは付くけど前回見てるし
ヤンバルでアリモドキとはねぇ、、、と、ブツブツと愚痴っていた。

            11オキナワホソクビアリモドキ



撮れ高が急に不安になり、クロマダラソテツシジミをおさえに入っていたオイラ。まだ初日の午前中だってのに。。。
        12クマソ



そんな中、ちょっと嬉しかったのが、葉上で休息していたオキナワウスアヤカミキリを見つけた時だ。
ほ~、こんな所もいるんだねー。  と、機嫌が回復する単純なオイラ。

                      13オキナワウスアヤカミキリ



川沿いにはリュウキュウハグロトンボがいて、なんとなく活性化してきた。  昆虫じゃなくてオイラがね。。。
    14-1リュウキュウハグロトンボ




暗いけど、写真の左下にアブラゼミ。 なんでこんな写真?と言うと、、、これはリュウキュウアブラゼミで
普通種なんだけど、初見と言う事で備忘録にもなっている当ブログらしい、アップでございます。 スンマセン。。。

            14リュウキュウアブラゼミ
林道でもあまり成果は得られなかったので、今回の目的でもあるコシブトトンボでも探そうと平地に移動。



そこにいたのはトンボではなくチョウ。
オイラの好きなアオタテハモドキがいた。 花どまりを待ったけど中々とまらずで、メスにアプローチしているのか
チャラチャラと飛んでばかり、、、逆にこれなら飛翔の方が狙い安いかなと一枚。 うん正解

15アオタテハモドキ (2)



観光地で彼氏と彼女がカメラを持ってモジモジ、、、よかったら撮りましょうか?の感覚で
アオタテハカップルも一枚撮ってあげた。   てか、撮らせて頂きました。。。

    16アオタテハモドキ



センダングサ?にゾウムシがちょこんと乗っていた。 ヨナグニアカアシ?と思ったけど
去年ヨナグニを撮影しているオイラにとっては、逆にラッキーな初見ゾウムシ、ホソヒョウタンゾウムシだった。

            17ホソヒョウタンゾウムシ



さっきはメスの開翅がとれなかったけど、別個体がオープンどうぞって感じだったので一枚。
        18アオタテハ♀
このあと、なにかしら初見カミキリを期待して伐採木ポイントへ移動。



ウ、ウワ~~~ッま、ま、眩しいー--っ!!』って、言ってはないと思うけど、、、
そんな写真だったもので。。。

    19ヨツスジトラカミキリ (2)



本島のヨツスジトラカミキリは、黒が強くて別種のようだ。 上の個体もそうだけど、この個体なんか、かなりの黒がち。 
ま、別種っぽくて撮っていてっ楽しいんだけどね!

            20ヨツスジトラカミキリ (1)



アオはよく見るけど、普通のタテハモドキはあまり見ないので、撮ってはみたけど、、、なんか窮屈な写真だな。。。
        21タテハモドキ



この日のトリはトンボ、、、なんか変だよな。。。 殿はトンボ、、、これも分かりずらいな。。。 
ラストドラゴンフライ! って余計わかんなくなっちゃった。。。 “最後”は“最後は、、、”で使うしな、、、 
要はヒメイトトンボで、今日は打ち止め!!

    22.jpg




最後は、、、クイズだ!! 単純な問題です。 さて、何の写真?
                      23真喜屋最後ポチポチ
 
                                               ヒント:ポチポチと画像を回転させちゃった。。。 でも色や形は現物のままだよ!

                      答はコチラ!
[ 2022/06/28 17:34 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

日没サスペンデッド

今日の一枚目。 ルービー&しーすー
        1寿司 田d
勘のいい方なら『お、遠征だな。』とお分かりいただけるような、お寿司の写真。
そうです、遠征に行ってきました。  今回は沖縄本島へ。前回よりひと月半経過しているので
昆虫相もだいぶ変わって来ていて楽しめるのではないか言う算段だ。
これが果たして、“撮らぬ昆虫の翅算用”だったかどうかは、ご覧いただければと。。。

今月5日からの石垣遠征では、到着日の夜回りで予想以上の撮れ高が稼げ、今回も到着時刻が17:50と
遅かったので、初日は夜回りだなと考えていた。 あと、荷物受け取り、レンタカー貸し出しがスムーズにいけば
いつもの南のポイントに行ってもいいかなとも考えていた。  結果レンタカー屋を出発したのは18:25。
ホテルの反対方向の南のポイントまでは40~50分。  微妙なタイムスケジュールだったが“悩んだときはGO!”
のオイラは、南のポイントをナビに打ち込んでいた。  
19:10に到着したが、日没が遅い沖縄と言えど探虫ギリギリの明るさだった。 とりあえず探虫開始!
 



昆虫はいるようだ。 これは何コガネだ? さすがにこれはお手上げでコガネの仲間で着地。

            2コガネ系



これはアトモンチビカミキリ。 既知種と言えどカミキリで調子が上がるかと思ったところで日没サスペンデッド
        3アトモンチビカミキリ
もう少しいるかなと思っていたけど、移動一時間半でこの撮れ高は、ちょっと厳しい。。。
そんな事を言っていてもしょうがないので、次なる作戦はホテルそばでの夜回り作戦。
あらかじめ調べておいた、めぼしい夜回りポイントをナビにセットした。


現地に到着したのは、21:00少し前だった。
予定通り、白い壁と自販機があった。 車のヘッドライトを壁に向け停車し、集虫効果を促し自販機に歩み寄った。
うえっ、なんだこのヤスデは、、、自販機、地べたにけっこうな数。。。  一気に探虫意欲が低下した。
しかしそうも言っていられないので、自販機と壁をチェックしていく。 懐中電灯に映し出されるのはヤスデばかり。
ダメ~、限界ってところで、地味なサカグチクチブトゾウムシが見つかった。
とりあえず、、、いた!と言う事で、その場を撤収。  夜回りも難しいと痛感しながらホテルへ。

            4サカグチクチブトゾウムシ
今回の宿、ホテルルートインに到着し、大浴場で汗を流し、ビールと軽いものを食べ、ベッドに就き明日に備えた。

ヤスデが多かったから昆虫が少なかったのか分からないが、南のポイントでも予想より少なめ
前回初見ゾウムシまで見つかった、ホテルの大浴場も昆虫うがほとんどいなかった。
はたして明日からはどうなるのだろうか、、、実際の天気はこの先良さそうだが
探虫と言う点では、雲行きが怪しくなってきているなぁ。。。
去年7月の『本島の7月って、こんなに昆虫がいないんですか?』の悪夢が蘇って来てしまった。。。



最後は、、、飛行機から降り、荷物のターンテーブルに向かう途中、この時は『よーし!何がいるかな!』と
       気分上々だったのだけど、、、中々うまく行かないものです。。。

5那覇空港D
さて、今回の遠征はどんなもんだったのでしょう、、、 
次回は昆虫写真3枚って事はないですが、たいした内容でもないような。。。

ではでは。。。。。。や
[ 2022/06/27 15:08 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

クロサワヒメコバネカミキリ2022

今日の一枚目。 連日の熱さ。
        aプラタナス1
オイラの家からスーパーに向かう道に街路樹が植わっている。 プラタナスかな?
そのプラタナスも連日の暑さでとろけてしまったようで、道路側にも流れ出しそうな始末だ。
ちなみにグッと寄った写真はコチラ! 
すみません! とろけてしまったのはプラタナスではなく、どうもオイラの脳ミソだったようです。。。




ってな事で話は数日遡り、前回の急遽予定変更を経て、クロサワヒメコバネカミキリを探しに行って来た。
今回はいい天気で、仮ににわか雨が降ってもカッパや雨よけメガネも持ったので心配なし!
このポイントに来るのも一年ぶりだなぁ、なんて思いながら到着すると、すでに車が一台とまっていた。
ポイントには人影がなかったが、昆虫の影もなかった。。。 少し経つと車の持ち主の虫屋さんが現れ
もうすでに5匹程つかまえたと言っていた。 標本をやっている採集者はいるだけ持って行っちゃうからなぁ。。。
まあ仕方ない、ちょっと林道でも回ってそれからまた来てみよう。 と、ポイントを離れて林道に向かった。

たしか去年はこの辺にハナカミキリがいたんだよなぁ、、、と、スクーターをとめると、おっ!
今年はハナカミキリではなくハナムグリがいた! う~ん、やっぱりいい昆虫だよなぁ、コイツは!

    1オオトラフコガネ  (1)
へなちょこマクロでも一枚頂いた。



そのすぐそばには、少ないながら材がおいてあり、ジロジロしてみるとキマダラヒゲナガゾウムシを発見!
            3キマダラヒゲナガゾウムシ (2)



これはいい昆虫だよなぁとは言わないけど、いい被写体だよな。。。
    4キマダラヒゲナガゾウムシ (1)



この材にはタマムシが結構いて、このウグイスナガタマムシのほかにもケヤキナガやシロテンナガも。
ケヤキとシロテンはアップ出来るような写真が撮れませんでした、、、ショボすぎ。。。

        5-1ウグイスナガタマムシ



カミキリなんかもいた。 チャボヒゲナガカミキリ。 過去に一回撮っているんだけど、全く記憶になく
初見モードで撮っていた。。。  名前通り、ヒゲナガ感がカッコイイぞ!

    5-2チャボヒゲナガカミキリ



へなちょこマクロだと、その良さが伝えられない。。。
        5-3チャボヒゲナガカミキリ  (2)



枯れ草あたりで動くものがいた。 ん?もしや先日教えて頂いたコロギスか! 
威嚇のポーズがいいらしく、それを待つが全く威嚇してくれなかった。。。  のはずだ、これはコロギスじゃなくて
キリギリスの幼虫のようだ。 
キリギリスは成虫にしても名前と姿の一致が意外に難しい昆虫の一つなんではないだろうか?
『あ、これササキリ、これはカヤキリで、この後脚にトゲがあるのがヤブキリ、で、これがキリギリスね!』
なんて言える人は、何%位いるんだろう? ってかバッタってなんで人気ないんだろう??

            5キリギリス幼虫



久しぶりなのは、クビアカサシガメ。  こんな口吻でやられたら痛いんだろうなぁ、、、昆虫も人間も。。。
        6クビアカサシガメ



時間をつぶして戻ってきたら、予定通りのノーゲス。
じっくり探してみると、いました! クロサワヒメコバネカミキリ2022!!   ♂!

7クロサワヒメコバネカミキリ♂ (1)



まずいるだろうと分かっていても嬉しいもんで、予定調和を楽しませてくれる数少ないカミキリだ。
        8クロサワヒメコバネカミキリ♂ (2)



なかなか見つからなかったんだけど、メスもとりあえずロックオン!
    9クロサワヒメコバネカミキリ♀



栗の木には定番昆虫ゴマダラオトシブミも。
        10ゴマダラオトシブミ



同定するまで『とりあえず初見であってくれ!』の願いむなしく、既知種のケシカミキリでした。
            11ケシカミキリ



似たようなのが多いけど、翅端の形などから、これはたぶんクリサビカミキリ。
        12クリサビカミキリ



下草には、イイ感じのカスミカメなんかいたりして。。。  モンキクロカスミカメ。
    13モンキクロカスミカメ



これ系のカメムシを見つけた時は“とりあえず撮っておけ!”のセアカツノカメムシ。
            14セアカツノカメムシ




最後は、、、唐突ですが、このカメムシを知っていますか?
       ある日、部屋のカーテンにとまっていました。 エビカメムシか? ちょっと違うなぁ。。。
       部屋の中にいるにしたら、ちょっとデカいよな、、、まあ、せっかくの来客だから撮っておいてやるか! 
       と、庭から葉っぱを持ってきて数カット。
       
    15ヒラタトガリカメムシ (1)



とりあえず同定しなきゃな。なんとなく似たカメムシを見つけた。ヒラタトガリカメムシ。 他の記事も見てみると
“2022.05.10外来種カメムシを愛媛県で発見~ヒラタトガリカメムシが四国に侵入~”とあった。
えっ?愛媛で発見。  って、町田でも発見したんだけど。。。 しかもキンキンの記事だ。
“本種は中国や台湾、八重山諸島などに分布する南方系のカメムシで
近年になり韓国や本州、九州などに分布を拡大している外来種です。”とある。  え~~~、八重山って、、、
もしやオイラに同伴しちゃった感じ??  でも石垣から帰ってきて、一週間近く経っていると思うんだけど。。。
カミキリとかなら、後食しない種類もいるから分かるけど、カメムシなんて水分がなければ、3日は持たないでしょ?

        16ヒラタトガリカメムシ (2)
肝心な事は、このカメムシを撮影した後、同伴者なんて思っていなかったから、窓からバイバイしちゃったんだよね。
あ~~~、オスである事を願うだけだ。。。


ではでは。。。。。。や

[ 2022/06/26 21:04 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

テクノカット

今日の一枚目。 ふしあな。
        1フェイク (1)
この日は、藤野まで行ってクロサワヒメコバネカミキリでも撮ろうと思って家を出たのだけども
途中、雲行きが怪しくなってきて急きょ長池公園の手前で引き返し、近場散策とする事とした。
その引き返し地点の横山の道をちょっと覗いてみたら、いい感じの材が目につき、『こりゃ、何かいるかも!』と
そっと近づいた、、、 ハ~~~ッ?なんでここに置いた?ここに置く意味あんの?  擬木じゃん! まったく!
と、思いつつも擬木に対しての自分のふしあな感をちょいと反省したオイラでした。。。

とりあえず小山田あたりの栗の木を見てみると、久しぶりに見るリンゴマダラヨコバイが
ビタ止まりでいてくれたので、じゃ、頂きますかと1枚。  いや2枚。。。

3-1-1リンゴマダラヨコバイ2 3-1リンゴマダラヨコバイ



リンゴマダラヨコバイを撮りながら、そっかー栗の季節だよな。。。  と言う事で、クリタマムシでも見に行こうと
スクーターをクリタマポイントに向け走らせた。
まずは周辺の雑草系をチェックしていると、いつもは視線が合うだけでポロリするようなカシルリオトシブミが
けっこうじっとしていてくれたので、ならば!と、一枚。

3カシルリオトシブミ



下草にいるのは珍しいね、とベニカミキリも頂いておいた。
            5ベニカミキリ



目的のクリタマはと言うと、すぐに見つかった。 いる樹がだいたい決まっているので、時間はかからない。
最初に見つかったのは交尾態なんだけど、ちょっとおかしい? サイズ的に逆のような気がするんだけど、、、
クリタマは♂小♀大って訳じゃないのかな?  なんて考えながら撮っていた。

        6クリタマ逆



すると、上の大きいメスらしき個体が『あ~ら、間違えちゃったわ!』と、オスから降りた。
            7クリタマ訂正



その♀が『あれ、確かこうだったわよね?』と、正しい交尾を再開した。
    8別個体
って、そんな訳ありません。  おもいきりフィクションです。 最後の一枚は別個体。 



すぐには見つかったんだけど、いつもより個体数が少なく交尾態×2、ピン×2で6匹しか見当たらなかった。
とりあえず、そのピンクリをパチリンコ!!

        9クリタマピン



他にクリにいたのは、比較的見つけやすいカミキリだけども見つけた瞬間は、おっ!となる、ヒメヒゲナガカミキリ。
            10ヒメヒゲナガカミキリ



クリと言えばガロア、ガロアと言えばクリ!って事もないけど、毎年ここで見るガロアケシカミキリ。
        12ガロアケシカミキリ



栗の木以外では梅にいたウメチビタマムシ。 チビタマはルイスヒラタチビタマムシってのを見てみたいよな。
            14ウメチビタマムシ



クリと間違えた?アカシジミも梅の木のとまっていた。
        13アカシジミ




最後は、、、オイラが若い時、松田聖子の髪形をまねた“聖子ちゃんカット”と言うのが流行っていた。
      その他にもサーファーカットなんてのが流行っていて、そうそうテクノカットなんてのもあったかな。
      で、この日見たコメツキなんだけど、???で、なんかおかしい。。。  わかった
      いま、コメツキのあいだでは“ハネカクシカット”が流行っているのかも。。。
 
                      15ハネカクシカット
[ 2022/06/25 18:31 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

カエルに睨まれたハムシ!?

そう言えば、最近リバーに行ってないよなぁ、、、と、時間的にも都合がいいリバーへ探虫にいってみた。
夏になると、ここの柵も淋しくなってしまうけど、まだ大丈夫だろうと柵をジロジロ探し始めた。
コクゾウムシがいたんだけど、上翅の模様がはっきり出ていなかったから、もしや初見?とドキドキしながら
撮影をしていたんだけど、この形ってコクゾウムシしかいないみたいで、、、ドキドキを返してくれ!って感じ。。。

            1コクゾウムシ



実はコクゾウムシの前にオジロアシナガゾウムシがいたのは知っていたんだけど、パンダかぁ~、、、と
スルーをしてコクゾウを撮っていた。 そしてコクゾウを撮り終えると、パンダはまだ同じ姿勢をしていて
『撮り終わるのを待ってました。 よろしかったら撮影して頂けますか?』言っているような気ががした。
撮らないわけにはいかないよなぁ~。。。久しぶりにオジロアシナガゾウムシを撮った。

    2オジロアシナガゾウムシ



この日一番笑えたのが、クロウリハムシの交尾態。 この写真で見るとただの交尾態なんだけど
実際は後ろのオスが体を左右にグワングワン振っていて、思わずオイラも『激しい~~~』とつぶやいてしまった。

        3クロウリ交尾



三脚がないので、gif アニメだと、ちょっとガチャガチャしちゃうけど、まあスゴカッタもので。。。
                    4クロウリサンバ



初見ゾウムシも見る事が出来た。 アカネニセクチブトキクイゾウムシ。 
キクイムシやサンカンムシじゃなくて、ゾウムシであってくれ!と願ってたんだけど、願いは通じたみたいだ。。。

            5アカネニセクチブトキクイゾウムシ (1)




この日はゾウムシが多く、もちろんリバー名物のオオアオゾウムシもいた。
        6オオアオゾウムシ



それにしてもホント綺麗なゾウムシだよなぁ~、、、  ずっと見てられる。。。
7オオアオゾウムシ2



見た事ありそで無さそなゾウムシがいた。 もちろん“初見であってくれ!”と願っていた。
これもめでたく願いが通じ、初見のムツヒゲキクイゾウムシと判明!

    8ムツヒゲキクイゾウムシ (1)



しかも珍しい種類らしい。  やっぱリバーってスゴいとこだよ!まだここに来るようになって一年位なのに
初見ゾウを7~8種類くらいは、見ているからなぁ。
  
            9ムツヒゲキクイゾウムシ (2)



ヨツキボシカミキリ。 たまにはカチッとした写真もいいざんすね!
    10ヨツキボシハムシ



幼虫、成虫100:1のヒゲナガサシガメだけど、ここでは成虫も良く見るな。
        11ヒゲナガサシガメ



なんとな~く、だらしないのはイモサルハムシかな? 見えてないけど、ハムシのすぐ右下に
アマガエルがスタンバっていた。 ハムシなんか食べないよね? カエルに睨まれたハムシ!?

            12イモサルハムシ



最後もゾウムシでジュウジチビシギゾウムシ。 似た種でレロフチビシギは知っているけど
似たようなのがあと何種かいて、なんか興味あるんだよね。

        13ジュウジチビシギゾウムシ (1)

ではでは。。。。。。や



この個体は左触覚の先が欠損しているけど、こう撮ればわからんよね。
14ジュウジチビシギゾウムシ (2)

ではでは。。。。。。や
[ 2022/06/24 22:56 ] 未分類 | TB(0) | CM(3)

涸沼さん!!

この日は、毎年恒例のヒヌマイトトンボを撮りに行って来た。
はたして今年も無事再会を出来るだろうか。。。  目印の建物を探し、ポイントに向かっていく
気のせいか、去年以前より険しくなっている。 ちょっと探しづらいよな、これじゃ。。。 と思っていた時
綺麗なオスと目が合った。

1オス5



なんなんだろう、この感覚は。  ここ数年毎年見ているので、まずいるだろうと言う事は、わかっているが
最初に見つけた時の安堵感。 不思議な感覚だ。。。

                      2オス4



メスの未成熟の個体も見つかった。 オシリをプイっと上げて、ちょっと気が強そうな子供だなぁ。。。 
ヒヌマイトに限らず、モートンやコフキヒメイトなど未成熟の方が個人的には好きかな。。。

        3メス1



俯瞰でも一枚撮っておこう。
            4メス2



お、成熟メスも発見! オスもいて成熟メスもいるという事は、、、
    5メス3



やっぱりいた!交尾態。 これを見ると来年も見られるのかなと少し安心する。
ヒヌマイトのメスは2型あり、♂型のメスがいるらしく、Wグリーンハートを見てみたいものだ。

        6オスメス



やっぱりオスの綺麗な緑のドット目立たせるには、バックやとまっているところが茶色の方がいいのかな?
7オス2 8オス1



いやいや、緑の中でもミドリのドットがバッチリ目立ってますよ、涸沼さん!!
    9オス3



いつもより、ちょっと雰囲気が違う一枚を撮って、ポイントを後にした。
        10―1オス7
次なるポイントは、ベニイトリベンジ!って事で、横浜の公園へ。



前回もそうだったんだけど、いつもの場所のフェンスの区切りが変っていて、すごく探しづらくなってるんだよね。。。
とりあえずは、コトハツのチョウトンボを一枚。  ってか、この一枚しか撮れなかった。 チョウトンボも少ない。。。

            10チョウトンボ



お~、いたいた! 綺麗なオスだ。  これが見たかったんだよね~!
    11ベニイトトンボ2



メスもいた! いいね~。。。   でも結局、この♂1♀1しか見当たらなかった、、、  なんか寂しいね。。。
12ベニイトトンボ2
とりあえず今回はベニイトトンボが撮れたけど、来年からは別のポイントを探さなければいけないのかな、、、
って感じだ。  あそこの池で何をしようとしているのだろうか?  何かの調査??

ではでは。。。。。。や

[ 2022/06/23 21:29 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

キターーーー!      違った、、、

実は、前回の富士山撮りの合間に虫撮りも行っていて、田貫湖と本栖湖の間の<むむむむ>は虫撮りだったのだ。
田貫湖で富士山を撮り終え、7時前には昆虫ポイント身延へと向かった。
この場所は以前、名も無き林道でお会いしたSさんに教えて頂いたポイントで、あるカミキリがいると言う。
そのカミキリをネットで調べてみたけど、昼近くになると居なくなってしまうらしい。
そんなわけで現地に着いたのは、朝の7時半を少し回った頃。。。  こんな時間に昆虫いるの?
教えて頂いた、それらしい樹があったので、とりあえず網ですくってみた。
すると、、、“え~、こんなにいるの、もう?”ってくらい昆虫が網の中に入っていて
その中には予想外の1匹が! なんとキンイロジョウカイが入っていた。
勝手に関西より西側にしかいないと思い込んでいたから、この1匹はうれしかった。

    1キンイロジョウカイ (1)



先日のアマミアオジョウカイといい、このキンイロジョウカイといい、ジョウカイも悪くないなと思えてしまう。。。
        2キンイロジョウカイ



これまた初見のオオヒラタハナムグリだ。 先日見たオオシマヒラタハナムグリとそっくりだけど
まあ、別物と言う事で素直に喜んでおこう。。。

            3オオヒラタハナムグリ (1)



そしてまたハナムグリ! と言っても名義貸し的な、、、キイロハナムグリハネカクシ。
これまたうれしい初見ハネカクシだ。冬には見られないハネカクシもいるだろうから、今のうちに見ておきたい。

                4キイロハナムグリハネカクシ



ん?見た事あるよな無いよな。。。  えー、シマアオカスミカメなの? そんな感じはしてはいたんだけど。。。
今まで見た個体は、すぐにシマアオカスミカメだ!とわかるほどの綺麗な緑だったんだけど、これは。。。

            5シマアオカスミカメ



もう時期が遅いから? それともここの身延の特性かな? 比較的ここは南方種が多いけど
シマアオカスミカメって長野とか山梨のそれなりに標高がある所にいるイメージなんだよな。。。
紅葉や果物みたいに寒暖差がないから色が付かない?  まさかな。。。

    6シマアオカスミカメ1



おーーー、キターーーー!         違った、、、  普通のアメイロカミキリだ。。。
7アメイロカミキリ (1)



普通のって言っても好きなカミキリだから、ありがたく撮らせて頂きましたよ!!
        8アメイロカミキリ (2)



カミキリはミヤマホソハナなんかも。これも好きなカミキリなんだよな。。。身延はオイラの好みを知ってるね~
    9ミヤマホソハナカミキリ (1)



ウンモンテントウもなんか久しぶりなような気がするなぁ。。。これもちょっと標高高めのイメージだな。。。
            10ウンモンテントウ



で、今度はホントにキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! サドチビアメイロカミキリだ 
        11サドチビアメイロカミキリ (2)



正直アメイロカミキリと並べると、見る人によっては“おんなじじゃん!”的な感じなんだけどね。。。
でも実際見ると大きさがサドチビ3.5-6.0㎜、アメイロ6.5-10.5㎜らしいから、サイズが全然違って
これは6㎜に近い方の個体だったけど、ちっちゃくてかわいんだよね~!

12サドチビアメイロカミキリ (1)35-60



今から10年前なんて、こんな小っちゃなカミキリなんているとは思わなかったからなぁ。。。
ま、朝の8時前から虫撮り網を振っているとも思わなかったけどね。。。

            13サドチビアメイロカミキリ (3)
富士山と午後の林道はイマイチだったけど、身延はキンイロジョウカイの大きなオマケつきで、楽しい一日だった。
あらためてSさんありがとうございました。

ではでは。。。。。。や
[ 2022/06/22 22:13 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

富士撮りリベンジ


3日ほど前から、この日は天気がいいんだな。と、認識していた。
前日も予報をチェックしてみると、晴のままだ。 よし、明日行こう!とダイヤモンド富士を撮りに行く事に事にした。
前夜出発し、仮眠所の“道の駅 朝霧高原”を目指す。
到着後は珍しくノーパーティー、缶ビールを1本だけ嗜み、仮眠へと入った。

2時間ほど寝れたのだろうか、4時過ぎに目を覚ますと富士山が肉眼でも見えていた。
早朝とはいえ、少し雲が気になる。 富士山周りの雲は急転があるので、とりあえず一枚おさえておいた。

        1道の駅 朝霧高原 4:48
                道の駅 朝霧高原  04:48



道の駅で撮影後、5:38のダイヤモンドに合わせ、ポイントに向かった。
到着すると、裾野付近がかなり明るくなっていた。  おかしいぞ。
地図で見た場所では、まったく山頂とずれてしまう。しかも雲が多く、綺麗なダイヤモンドは見込めそうもない。  
でも出来る限りの事はやろうかと、南に向かった。 
まだ太陽も裾野付近なので、車で移動すれば運がよければダイヤモンドにありつける。
しかし、そんなにうまく行くわけもなく、曇りのせいか富士山越しの太陽が見えたのは
予定の5:38をはるかに過ぎた頃だった。 せっかくダイヤモンド富士を撮りに来たのだから、と一枚おさめた。
かなりのおぼろげなダイヤモンドだ。 山頂からもかなり離れているのでダイヤモンドでもない。

    2オボロダイヤモンド0601
        富士宮  06:01


せっかく来たので、田貫湖にも寄ってみようと立ち寄り一枚。
        3田貫湖0613
                田貫湖  06:13








久しぶりに本栖湖からの一枚も撮ってみた。 来年は芝桜祭りにでも行ってみようかと、ふと思った。
    4本栖湖0902
        本栖湖  09:02



なぜか道の駅 なるさわ付近に来ると、便意を催すオイラだ。 
今回初めて気が付いたが、手洗い所の屋根が富士山をモチーフにしているようだ。
撮り方によっては、精進湖と同じ“子抱き富士”になるなと一枚。

5道の駅 なるさわ子抱き富士? 0927
    道の駅 なるさわ 09:27




少し虫撮りでもしようかと林道を目指し走っていると、富士山が見えるところがあったので、一枚。
            6山中湖と河口湖のあいだ。 952
                    創造の森 付近   09:52



いつもの林道ポイントで頂上付近を一枚。
        7林道ポイント1108
結局、林道ではまさかの昆虫ノーピクチャー! 疲れていたのか、集中できなかったのか、、、
さっさと帰宅してしまいました。 前回の富士撮りリベンジのつもりだったのですが
リベンジのリベンジをやる羽目になってしまった。

ではでは。。。。。。や
  
[ 2022/06/21 22:58 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)