fc2ブログ

人気ブログランキングへ

暴力的な毛深さ

前回、イッカクトビナナフシの続きで、エスキモーアブ!
とにかく毛深くて、ビックリ! 帰宅後同定を試みるも該当が見つからず、途中チャイロオオイシアブ?と思ったけど
後肢の腿脚の太さが全然違うし、もちろん毛深さも違っていて、、、とりあえず、その姿を!!

            1アブ
あ、間違えました。。。  これはなんとなく良さげなアブだなと思って撮っておいたヤツ。。。  タハハッ。


むかしニュースになっていた、どっかの国の多毛児もビックリ!大月の多毛虻だ!!って、大月限定じゃないけどね。

2オオイシ系2



ビロードツリアブも毛深いけど、このアブみたいに暴力的な毛深さじゃないからなぁ。
大きさは1㎝位だったかなぁ、、、ってか、こんな毛深かったらどこが腹端なのか分からないよね。。。

        3オオイシ系



普通正面から撮ると、ゴツくなったり威圧感があったりなんだけど、これは逆におとなしくなっちゃうよね。
1枚目とかこれが、いい感じのエスキモー感だ!?

    3オオイシ系3



う~ん、それにしてもスゴイ! 久しぶりにいいアブを見させてもらった。 この日一番の収穫だったかな。
        5オオイシ系4



そのアブのそばにいたのは、カメノコテントウ。 Gレールのつなぎ目で越冬しようとしているのか?
            6カメノコテントウ



甲虫はゾウムシもいた。 しかもうれしい事にシギゾウ、クロシギゾウムシだ。
    7クロシギゾウムシ (2)



クロシギゾウは口吻が長いから目立たないけど、前脚もかなり長くてかっこいい。
たしかに口吻が長い分、前脚も長くないと意味がないからなぁ、、、
もし前脚が短かったら口吻が邪魔でしかたないだろうなぁ。。。

    8クロシギゾウムシ (1)



パッと見クロシギだとは思ったんだけど、内心はクロシギ以外クロシギ以外、、、と呪文のように唱えていた。
9クロシギゾウムシ (3)



小さすぎて肉眼だとシギ感が伝わってこない、ちょっと残念なヒメシギゾウムシ。
    10ヒメシギゾウムし (3)



でも写真で撮るとしっかりシギゾウしてた。 でもサイズは約3㎜強。
            11ヒメシギゾウムし (1)



もう11月と言うのにこの標高でシギゾウが見られるなんてやっぱ名も無き林道は、ベストフィールドだな。。。
    12ヒメシギゾウムし (2)




最後は、、、曇り空ながらもしっかり見えている富士山。 あまり見られない光景なので
      しっかりカメラにおさめておきたかったのだけど、もちろん広角レンズなど持っているわけもなく
      広角代わりに持っていうるコンデジはそれなりの写りで、、、画角は狭いけど、ちゃんとしたレンズで
      撮っておきたいなと、いつもとは違う所へ登っていき、なんとなくそれっぽい一枚を撮って来た。。。

13大峠富士


ではでは。。。。。。や
関連記事
スポンサーサイト



[ 2022/10/29 23:05 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akatei613.blog.fc2.com/tb.php/1512-e0a4d8fe