fc2ブログ

人気ブログランキングへ

沖縄本島 DAY5-Ⅱ

今日の一枚目。 ベニトンボ。
        ベニトンボa
最終日、ふらっと訪れた池ではベニトンボが飛んでいた。 私がいつも参考にいしている図鑑《日本のトンボ》では
オスとメスで戯れるベニトンボの飛翔写真が載っている。 いつかはこんな写真が撮ってみたいという強い思いがあり
実現させるには今しかないと思った私は、すでにベニトンボにレンズを向け必死にシャッターを切っていた。
ねばった。 最終日にこんな事をしていていいのかと自問自答を繰り返し、気が付けば二時間という時間が過ぎ
撮った写真は1500枚にも及んでいた。 精神的にもかなりきていて、そろそろあきらめようかと思った次の瞬間
モニターを見なくともすこぶる手ごたえを感じられるるシャッターが切れた。  それがこの一枚。。。

な~んつーのは真っ赤な嘘で、同じ昆虫に10分以上ネバルなんてオイラには到底無理。。。
2~3分連写でバシャバシャバシャとやったら偶然にも撮れていた。 まったくまぐれ当たりも甚だしいくらい。。。  
やっぱ沖縄と言うこの地がミラクルを呼ぶんだね~。



そんな本島遠征最終日最終記事。
まずは、おこまりゾウムシ君から。 もちろん困っているのはゾウムシではなくて、同定出来ないオイラ。

1ゾウムシ初見



色が黒ければクロツブゾウムシ1択だったんだけど、この色だしね。。。 しかも擦れなのか、元々なのかわからない
このザビエル地帯。ハゲスレにしちゃ、あまりにも綺麗な擦れ方だし、紋様としても保育社には載ってないし。。。
大きさは具体的には10円玉のくらい、、、って全然具体的じゃないし。。。

        2ゾウムシ初見2



もうラストチャンスですよ、養老先生! 教えて~~~。。。     なりすましが現れる前にやめておくか。。。
    3ゾウムシ初見3



今回は天気のわりにチョウやトンボの写真が少なかった。 オイラ的には撮りたいと思っていたんだけど。。。
ツマムラサキマダラもつま~んないこの一枚のみ。  ま、こういう時もあるって事かな。。。

        5ツマムラサキマダラ



粗朶をたたくと落ちて来るフタモンサビカミキリ。珍しくもないし、でもウジャウジャいるって訳でもない普通種。
    6フタモンサビカミキリ



でも図鑑を見ていておもしろいなと思ったのが、亜種レベルではないけど、本島北部タイプと本島南部タイプで
2種載っていた事。 ほ~、そうなんだぁと感心しつつも南部同一個体を2枚UPしているアホなオイラ。。。 

            7フタモンサビカミキリ南部 (1)



お、その触覚は! オスのウスモンツツヒゲナガゾウムシか! 
対馬では普通の触覚のメスしか見られていなかったから、うれしいね~。。。

        8フタモンツツヒゲナガゾウムシ (1)



いや、アンタはウスモンじゃないね! 初見のフタモンツツヒゲナガゾウムシだ! 
ラッキーが1匹で二度味わえた、稀な瞬間だった。。。

9フタモンツツヒゲナガゾウムシ  ウスモン×



これは嬉しいカミキリ初見種のフトヒゲナガアメイロカミキリ。
        10フトヒゲアメイロカミキリ (1)



初日のタミフルポイントでツマグロアメイロカミキリを逃してしまったのは残念だったけど、こっちの方が断然ウレシイ!
            11フトヒゲアメイロカミキリ (3)




さすがトラニウスの有名産地のここタミフルポイント、今日は3個体見る事が出来た。
13ヤエヤマホソバネカミキリ (1)



ガッツリ正面顔も頂きました!
        14ヤエヤマホソバネカミキリ (6)



で、これが別種かなと思うくらい大きかったメスのヤエヤマホソバネカミキリ。 よく見ると腹パンだ!
    15ヤエヤマホソバネカミキリ ♀



最初に見た時の感動は無いけど、やっぱコイツを見ると沖縄に来たなぁと思える1匹のヨナグニアカアシカタゾウムシ。
            16ヨナグニアカアシカタゾウムシ (1)



ちょっとグロい感じもあるんだけど、それがアジなんだよなぁ。。。   と、思っているオイラ。
    17ヨナグニアカアシカタゾウムシ (2)



この色のハナノミは珍しいなぁと思わず撮ったのはララサンヒメハナノミ。
決してRalaさんが発見者と言う訳ではなく、たぶん台湾の拉拉山から取ったんじゃないかな?
  間違ってたらゴメンナサイm(__)m
        18ララサンヒメハナノミ



もう少し綺麗に撮ってあげたかったリュウキュウクワヒメゾウムシ。
            19リュウキュウクワヒメゾウムシ



これまた初見のリュウキュウムナクボカミキリ。 シブいね~!
        20リュウキュウムナクボカミキリ



このリュウキュウルリボシカミキリと八重山にいるイワサキキンスジカミキリもそうなんだけど、ドットやラインの色が
エメラルドグリーンっぽかったり、淡いゴールドぽかったりするんだけど、これって単に個体差?それとも♀♂?

    21リュウキュウルリボシ (1)



まあ、行きつくところは『綺麗だから、何でもいっかー』って感じだけどね。。。
            22リュウキュウルリボシ (2)




最後は、、、伊芸S.A.で売っていた、ブルーシールのマンゴーソフト! 激ウマだった。
      これだけのために沖縄に来てもいいかな。  ってのは嘘だけど、またくるぜ!本島ー!!

ソフト!




もう一つの最後は、、、Day2-Ⅰに出て来たオキナワムツボシタマムシ。 
正直どの程度の稀さか知らなかったのだけど、ここ本島のオキナワムツボシはけっこう価値があるらしく
標本屋さんのサイトで見ると、通常沖縄のカミキリやゾウムシは1000円∼3000円の値が付いているんだけど
このムツボシにはナント28000円の値が付いていた。 じゃ、もう一枚くらいUPするかという事で
ちょっと触覚が下向きで冴えないんだけど、どぞ。。。

オキナワムツボシ28000円a
今回も遠征で感じた事は“全恵感”でした。 遠征に限らずどこのフィールドでも全ての恵みに感謝をの気持ちを
これからも大切にしたいと思います。
ダラダラとした沖縄ネタにお付き合い頂きありがとうございました。

ではでは。。。。。。や


関連記事
スポンサーサイト



[ 2023/05/17 18:58 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

ベニトンボ 感動しました(T_T)/~~~

ところでどちらが♀♂なんですか?
(●^o^●)
[ 2023/05/17 21:46 ] [ 編集 ]

aozoratenkiさん

ベニトンボは偶然2匹にピントが合いました。
感動して頂けて、なによりです。
雌雄は赤いのが♂で黄色っぽいのが♀です。

ではでは。。。。。。や
[ 2023/05/19 09:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akatei613.blog.fc2.com/tb.php/1666-34f925d3