FC2ブログ

人気ブログランキングへ

初見ザックザク

去年の年末に交通事故にあい
不自由でつまらない、年末と正月を過ごしていた頃
治る頃にはどこかに旅行へ行きたいなぁ。。。と考えていた。

寒いところへは、行きたくない。 海外もなぁ。。。
となると、行先は決まったようなものだ。
そう、沖縄だ!
2月にはいり、ようやく杖を使わずの歩行が
出来るようになった頃、旅行を予約した。  石垣島だ。
予約をした当初は、何年振りだろう?と言うワクワク感があった。
そうだ、 ガイドも頼もう! オイラはダイビングをやっていたせいか
ガイドの重要性を認識している。 せっかくの石垣、無駄な旅行にはしたくない。
さっそく、電話で申し込む。    のはずが、、、まさかの“満”回答だ。
軽~~~い焦りを感じて、色々と他のガイドを探してみたが
適当なガイドが見つからなかった。

それからと言うもの、今までのん気で見ていた石垣採集記などのブログを血眼で見るようになった。 
さすがに予備知識無しでの石垣での撮影は、かなりのタイムロスにつながる。 貧果も必至だ。
ふと、去年の八ヶ岳一人撮行の惨敗が甦ってきた。
まずは、何を見たいかだ。。。 それすらも決まってなかった。 のん気すぎた。。。
『見たいムシ』は決まった! “ナナホシキンカメムシ” “クロカタゾウムシ” 
“イワサキインスジカミキリ” “ミドリナガボソタマムシ” の4種だ。
この4種の内2種、そう、2本のホームランを打てればいいなと思っている。
そしてシングル、2塁打、3塁打となる初見種を見る事が出来れば、今回の旅行は大満足だ。

本当は、旅行はふせておいて、帰って来てから『初見ザックザクでした~~~!』 
なんて流れを考えていたのだが、、、ここ最近どうも雲行きが怪しくなってきた。
まさに言葉の通り“雲行き”で、、、  な、な、なんと、滞在中すべての日に雨マーク。 そして晴れマークゼロ。 
最終日に至っては、今日の東京と変わらない気温だ。。。

このダダ下がりのテンションをどうすればいいのか。。。
かつては“歩く太平洋高気圧” “ミスターフェーン現象”と呼ばれていたオイラが
なぜにここまでの悪天候に見舞われなければいけないのだ。。。
最近、年齢とともに冷え性になったり、基礎体温が低くなったりと
体質が変わってきたが、まさかこんなところまで体質変化が影響しているのか。。。

つい最近までは、“石垣島・昆虫・ナイター”などでググっていたが
軌道修正を余儀なくされた今、“石垣島・雨天の過ごし方・美味しいお店”で出直し検索だ。
そして『見たいムシ』も変更となった。。。
今、新たに目標となった物は、、、『食べたい物』in石垣島となり
“定番 石垣牛” “南の海の幸” “ここが一番!の八重山ソバ”という事になった。
ここは3本のホームランを打ちたいと思っている。  いや、打つ!!!

気分を入れ替え、いざ緑地へ。

不思議と言うか、当たり前と言うか、、、
去年ヘリグロチビコブカミキリが一か所に4匹いた公園があったのだが
今年は1匹も見つからない。。。ここ一か月、緑地に行くたびに寄っていたのだが、、、不思議だ。。。
そして、もうひとつの不思議は、去年樹皮ペロでさんざん見てきたユアサハナゾウムシ。
今年は1匹も見つからない。。。  サイクルがあると言われればそれまでだが、、、でも不思議だ。。。
そして今日見たゾウムシは、いつもと同じ顔ぶれで不思議感はゼロだった。。。

  今年の定番ゾウかな。。。チャイロアカサルゾウムシ  FC2-4945_1b.jpg
やっぱりゾウムシも水を飲むんだなぁ、、、と思えた一枚。 これも定番ゾウのコゲチャホソクチゾウムシ。
            FC2-4947_1b.jpg

で、これがたぶん初見なんだけど、、、超小さくて、、、ま、ピンボケのいい訳だけど。。。
タデサルゾウやタデノクチブトゾウよりさらに小さかった。 写真では比較物(五円玉)の置き方が悪く
わかりずらいが2㎜弱じゃないのかなぁ。。。  吻と触角は茶色っぽかったけど、、、とりあえずサルゾウムシの仲間。

            FC2-4950_1b.jpg

今日は、雨上がりは春らしく暖かくなり、初見ハムシ2種に出会う事が出来た。
最初のハムシは、ズグロキハムシ。 イヌシデをホストにしているらしい。

            FC2-4948_1b.jpg
名前の通りだ。  頭黒黄葉虫。  越冬明けだからか、触角が欠損していた。
                        FC2-4949_1b.jpg

もう1種は、クロオビカサハラハムシ。 最初マメゾウムシ系かなと思ったんだけど、カサハラ系?だった。
                        FC2-4941_1b.jpg
やはり撮り安いこの複眼は、カサハラ系の魅力のひとつだ。
FC2-4942_1b.jpg

そう言えば、かわいらしいヨコバイの幼虫がいた。
  体の透明感が初々しい。    FC2-4943_1b.jpg

撮影をしていると、さらに透明感のある幼虫を発見。 う~ん、さらに小さい。。。
ピョンされないように、慎重に撮る。

                        FC2-4944_1b.jpg
透明な訳だ。 脱皮殻だった。。。  たぶんコイツのだろう。


最後は、、、クサカゲロウの仲間の幼虫かな?
       なんかこの地味な感じが、石垣旅行を暗示しているような。。。

                        FC2-4946_1b.jpg

ではでは。。。。。。や


B de T
                                       傍若無人に車いすを押していたオバサン。 それは違うよ。。。



関連記事
スポンサーサイト



[ 2016/03/19 23:51 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akatei613.blog.fc2.com/tb.php/545-056b8305