FC2ブログ

人気ブログランキングへ

いき過ぎじゃね?

二年前の今頃、ニイジマチビカミキリという小さなカミキリに出会った。
当時、まだ探虫歴が一年にも満たないオイラは、えらく感動したものだ。
そんなニイジマ君に、去年は会う事が出来ずじまいだったので
まだHMLこと、へなちょこレンズでの撮影が出来ていないのだ。

先日Mさんよりニイジマ情報をお聞きしたので、ちょっくら行ってみた。

探虫を開始するもニイジマ君どころか、ほかのムシもあまり見当たらずで
粗朶の束を2、3コ見ただけで、あっけなく断念。 
唯一見つかったのは、へなちょこブログの常連になりつつあるヒシカミキリだけだった。

                        ヒシカミキリb
ひと通り探虫を済ませ、バイクの駐輪場へ足を向けた。
バイクまであと5メートルと言う所に、何かの蔓が垂れていた。
昆虫探しが職業という訳ではないが、このような蔓を見ると職業病のように凝視してしまう。
カミキリがよく付いているものだ。。。   で、付いてた!  しかもニイジマ君だ
久しぶりのニイジマ君をしばし楽しむ。  翅の模様もいいけど、表情がありそうな触角がまたいい!

            ニイジマチビカミキリ (3)b

  これは長い触角を自慢しているのかな?   ニイジマチビカミキリ (1)b

ニイジマチビカミキリ (4)b 何か反省しながら謝っているんだろうか???

これはすぐにわかった!!  
            ニイジマチビカミキリ (2)b
                                         YMCA 西城秀樹の“C”だ!!

カマキリの幼虫をよく目にするようになってきた。
イッチョ前に威嚇をしてきているのか。。。 幼虫と言えど、成虫顔負けのいい目をしている。
黒い瞳のように見える偽眼もさまになっている。 まるで本物のようだ。

                        カマキリ幼虫 (2)b
オーーーイ、いくらなんでもそこまで後ろに行くと、いき過ぎじゃね?
            カマキリ幼虫 (1)b

この辺もまた、同定に苦しむんだよなぁ。。。ミヤマホソチャバネコメツキの同定要素に重なるんだけど
肝心の翅の色がなぁ。。。
ヨコバイも最初ブチミャクって思ったけど、ちょっと違うしな、、、ハトムネヨコバイ側なのかな?

ミヤマホソチャバネコメツキb  ブチミャクヨコバイb

伐採木でカミキリを探していたら、気の抜ける様な飛び方で
オイラの前にランディング。  コシボソアブの仲間かなと思っていたんだけど
どうやら羽化直のホソムシヒキの仲間のようだ。  これ系、好きかも。。。

            ホソムシヒキb

最近茶色の小さめのサルハムシを見ると、全部ウスイロサルハムシで
片づけてしまっているが、はたしてダイジョブだろうか??

   でもこれはクリの木にいたからセーフだろう。。。     ウスチャイロサルハムシb

あと最近、同定上よく使っているの言葉が“黒化型”だ。
非常に使いまわしがよく、都合のいい言葉だ。
“基地外に刃物”は聞いた事があるが、そのうち“へなちょこに黒化型”も定着しちゃいそうだ。
で、チャイロサルハムシの黒化型?
                   名前がチャイロ(サル)ハムシって言うくらいだから合ってるんだろうな。  茶色は無視!? 
                        チャイロサルハムシ黒化型b


最後は、、、あまり見かけない黄色い花が咲いていた。  名前は何というのだろう?
        写真はうまく撮れたわけではないが、今見ても綺麗だなぁと思う。
        そして、名前を知る事があまり重要な事ではないような気がしてきた。
 
                   FC2-6209b_1b.jpg


ではでは。。。。。。や


B de T                           メシだって腹がすかなきゃ美味くないし、ビールだって喉が渇かなきゃ美味くないんだもんな。。。

関連記事
スポンサーサイト



[ 2016/06/07 23:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akatei613.blog.fc2.com/tb.php/616-b93fb5b6