fc2ブログ

人気ブログランキングへ

ランボルギーニカウンタックだ! 2nd. Day

二日目。 
今日は、どうすっぺか。。。 相変わらずノープランのオイラだ。
ってか、天気の急変を考えると予定も中々たてられないと言うものだ。
空は曇り空、ここはイチかバチかの勝負で最北端に行ってみるのも妙案ではないかとふと思う。
なぜなら雲はだいたい島の上で停滞するものだ。 石垣の北端は細くなっているため
雲も下に島がある事を気が付かないのではないかと言うスペシャルなアイディアだ。
しげしげさんが北の海岸付近にはアオタテハモドキがいると言っていたし、、、
そう思った時には、ファミマで買い物を済まし、島を北上するオイラがいた。

けっこう走ったのか、、、なんと薄日が差したかと思うと、あっという間に青空が広がっていた。
作戦成功だ。  前線に勝った。。。  勝負の余韻に浸るため車を降り太陽を浴びる事にした。

おっ、昆虫発見!

ナナホシキンカメムシ幼虫 (2)s  幼虫だ。  おそらくナナホシキンカメムシだろう。  それにしても綺麗だ。。。


            ナナホシキンカメムシ幼虫 (1)s
ナナホシキンカメムシと言えど、親の七光りとは無縁の幼虫だ!?

天気がいい中、ドライブを楽しみながらさらに北へと向かう。
あと少しで北端かなと言うところで、左の歩道の奥にビーチに続く小道があったので
少し探索、探虫してみる事にした。

小道に足を踏み入れると、昆虫オーラを感じふと見てみると、、、お~久しぶり!!


            ヤエヤマムネマダラトラカミキリだ。          ムネマダラトラs
相変わらずカッコイイな、お前は。。。
            ムネマダラss


既知種はあっさりめなオイラ。  とにかくビーチに出てみると、まずいろんな花が咲いていて
種名はもちろんわからないのだがテンションが上がる。

ハナ (1)s  ハナ (2)s

これは、ハマアサガオの仲間だろうか。。。
                                ハナ (3)s


たくさん咲いている白い小さな花は、昆虫達に人気のようだ。
コマダラナガカメムシs  ヒメチャバネアオカメムシs
初めて見たコマダラナガカメムシと、前回はただのチャバネアオカメムシだと思いスルーしていた
ヒメチャバネアオカメムシも今回はしっかりパチリンコ!


他にもいないかと探していると、、、何でこんなところに? と、カメムシ達と同じ花にヤドカリを発見。
                                   ヤドカリ (2)s
よく見てみると結構な数が確認できた。
中には昆虫のように花蜜を吸うかの如く、花に来ているカーリーもいた。  う~ん石垣スタンダードだ。
もちろんカーリーはヤドカリの事だ。。。

                        ヤドカリ (1)s


ビーチの反対側に目をやると、陽射しを乞うコフキショウジョウトンボのメスがいた。
            コフキショウジョウトンボ♀s


陽ざしを求めるものは、他にもいた。  カーニーだ。。。  これはちょっと変だな、、、  カニがいた。。。
カニs
石垣を満喫していると、またもう一つの石垣に悩まされる。。。  雲が一気に広がりポツリ、ポツリと始まった。
雨で地べたが濡れれば、アオタテハモドキも難しいだろう。。。  ここは北端をあきらめ戻る事にした。

かなり雨が降っている中、原っぱにアマサギを見つけた。
雨に濡れる事を嫌いスルーしようと思ったが、撮った事がないし撮ってみたいしで、、、
横着物のオイラは車の中から窓を開け撮る事にした。。。  いや~、意外に撮れるもんですな
しかもけっこうな降りだが、ほとんど雨を感じない写真ってのも微妙なもんだな。。。

            アマサギs


もしやこの雨で、昆虫はNGだが鳥はイケるんじゃないかと素人発想で、アカショウビンが出ると言われている林道に向かった。
なぜかいつもとは逆パターンで、林道に着くと晴れるとまではいかないが雨は完全に上がっていた。
ならば!  と、クロサワツヤケシコメツキなんかをパチリンコ。

                        クロサワツヤケシコメツキs
他に目ぼしいものも見つからず車に戻り、林道を走らせる。
すると目の前を!   サッ、スーーーーと赤いくちばしが横切った。
『リュウキュウアカショウビンだ!』 なぜかフルネームでオイラは叫びながらも
瞬時に我に返り、「子供か!」と、思わず自分にツッコみを入れていた。
そう言えば子供の頃スーパーカーが流行り、街中を走るスーパーカーを見ると
ランボルギーニカウンタックだ!とフルネームで叫んでいた気がする。  さすがにLP400までは言わなかったけどね。。。


このままアカショウビンにのめり込まないのがオイラらしく、そばに粗朶を見つけたので少し叩いてみた。
ってか、“見れた”という事でちょっと満足してしまった。
常連がコンチャ!と降ってきた。  サキシマアトモンチビカミキリ。

  サキシマアトモンチビカミキリ (2)ss  サキシマアトモンチビカミキリ (1)s


おっ、今度はヒゲナガゾウだ。  シロオビフトヒゲナガゾウムシと言うらしい。
            シロオビフトヒゲナガゾウムシ (1)s
濡れた粗朶でも意外に昆虫達は付いているもんだな。。。  ま、石垣だからだろうな。。。
                                  シロオビフトヒゲナガゾウムシ (2)s
今度は初見種のようだ。 イシガキシロオビサビカミキリ。
                        イシガキシロオビサビカミキリ (1)s
サビカミキリ系は同定を考えるとついつい引き気味になってしまうが、初見は初見でうれしいもんだ!
            イシガキシロオビサビカミキリ (3)s


前方の枝に違和感が、、、そして猛禽オーラを感じる。
出た、カンムリワシだ。   って、オマエじゃないんだよね~今回は。。。
でも鳥撮りにも神様がいるだろうから、ここはありがたくちょーだいしておいて、、、

カンムリワシ (3)s
でも3週間前もアップしてるしなぁ。。。

そうだ飛翔を狙おう!  と、うっかり自分のスキルを忘れるとこんな写真が撮れます。
ってか、林道で飛翔を撮ろうという事に無理があるんだよな、素人の場合。。。

                        カンムリワシ (2)s

やはり人間大切な事は、自分にできる事を確実にこなす。  だ。  
オイラが出来る事は、、、  寄る!  だ。   真下に行って撮ったった。

                               カンムリワシ (1)s


貫禄のあるカンムリワシを白黒で撮ってみた。  『オレの若い頃はなぁ・・・聞いてんのか!!』的な写真になった。
            カンムリワシs


コハンミョウがいた。 東京近辺にもいるとは思うが、今回が初見だ。  ハンミョウ初見はなんか嬉しい。
                        コハンミョウs


少し開けたところに、見慣れない幼虫がいた、、、はたしてチミは誰?  
謎の幼虫s  キチョウ?s
チョウはたぶんキチョウなのかな? でもやたら小さかったんだよね。ウラナミシジミくらいだったけど、はたしてチミは誰? 

枯れ枝を見つけ、今度はルッキングを楽しむ。
石垣の粗朶ルッキングはイヤになったり、飽きる前に必ず何かしら見つかるから楽しい。

                        ハヤシサビカミキリs
それがウルトラが付く普通種でも。。。  ハヤシサビカミキリ。
            ハヤシサビカミキリ1s




最後は、、、そろそろ帰ろうかなと言うところで、ヒメホソサナエ。
        明日以降のハナダカトンボを想定しつつ。。。

ヒメホソサナエs


ではでは。。。。。。や
関連記事
スポンサーサイト



[ 2017/05/22 17:18 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

どうもです2

今回、カンムリワシ、アオタテハモドキにも逢えなかったです
アカショウビンは何度か横切ったのてすが、撮影ならず(´д`|||)
[ 2017/05/26 23:34 ] [ 編集 ]

しげしげさん

アカショウビンは鳴き声とか横切りは頻繁なので
撮れそうな感じですが、なかなか写真は撮らせてもらえませんね。
もう少し通えって事ですかね。。。

ではでは。。。。。。や
[ 2017/05/27 07:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akatei613.blog.fc2.com/tb.php/736-7069cc7c