FC2ブログ

人気ブログランキングへ

赤いマフラーのあの人が登場  5th. Day

今日は最終日。
今回は事前の予報でどうなる事かと思ったが
終わってみれば、今までで一番天気が良かったのではと思え、天気には恵まれた気がする。。。  
しかし“雲ひとつない青い空”はこの10年石垣では拝めていないが。。。
2日目3日目と、いきなりのどしゃ降りで車中待機となった事もあったが、それも30分程度の事
トータルで見れば90点をあげられる天候に感謝しつつ、今日もフライトまでの時間を満喫する事にした。

まずは今回の旅の保険ともなった、サビ系カミキリのいる林道入り口の粗朶ポイントへ行ってみる。
ホント今回は多くのサビ系に出会えた事で心に余裕をもって探虫ができた。
それでは前回見られなかったイシガキタイワンチビカミキリ。  超ちっちゃい。 図鑑などで載っている“5㎜”はまずないだろう。

                        イシガキタイワンチビカミキリ (1)s
ちなみにこれは、きのう撮った、ちょっと色薄の西表産。 だからある意味イシガキタイワンイリオモテチビカミキリって事だな。。。
            イシガキタイワン西表産s


リュウキュウトビイロカミキリなんかもいた。
リュウキュウトビイロカミキリ (1)s
                                               でも果てしなく誤同定に近いのかな。。。  この種は多くて写真同定は難しいんだよね。
                                              リュウキュウトビイロカミキリ (2)s


今回位の旅で見つかったサビ系カミキリの中で一番のお気に入りはコイツ。
            モモブトトゲバカミキリ (2)s

モモブトトゲバカミキリ。 名前ほどモモブトではないがトゲはしっかりエリトラの上で存在感を示している。
モモブトトゲバカミキリs
だけどメスにはそのトゲは無くてツンツルリン!
                        モモブト♀クロタイプs

    ちなみにこれは、ちょっと茶色タイプ。 たぶん同種。        モモブト♀s


粗朶チェックを終えたオイラは、今日はこの林道をのぼらず、海岸線をドライブする事にした。
< 最終日 海は一番青くなる > ここ数回のお決まりのパターンになってしまった。。。

川平付近s


ドライブの後は内地に入り公園に行ってみた。
見た目も名前も初めて聞いた極小シジミ、ホリイコシジミ。  かわいいけどなんか変な名前だ。。。

            ホリイコシジミs


公園の中にあったから園芸種だと思うけど、なんかこの地に来ればそんな事は関係ないような気がしてきた。
だって、みんな園芸種みたいだもんなぁ。。。

                        バンナ公園の花s


ツマムラサキマダラ。 また表翅が撮れない。。。  裏の色は白と黒。  だからこれで充分かな。。。
            ツマムラサキマダラ s


今度はしっかりカラーがさえるアカスジベッコウトンボ。  って、でも翅は黒っぽい。。。  いやいやこの微妙な色合いが色彩美!
アカスジベッコウトンボs


最後に見たカミキリが、このイシガキリンゴカミキリ。  じつは初見なんすよ!  ラッキー! って思ったけどすぐに飛んじった。
                        イシガキリンゴカミキリs


さすが公園、花が多いせいか蝶天国、バタパラだ。
クロセセリs  コノハチョウs
                       クロセセリ                          今回は青い部分も撮れたコノハチョウ

茶色と言うチョウとしては地味な色の中に、気品を感じるイワサキタテハモドキ。   
                        イワサキタテハモドキs


オシャレスズメバチ発見。  ツマグロスズメバチ。  おしゃれっていっても刺されれば痛いんだろうなぁ。。。
            ツマグロスズメバチs

今年見つけたもう一つの公園に暫しの別れを告げに移動した。
前回ブドウ類の木に20~30いたイワサキキンスジカミキリも1匹、となりの違う木に1匹と
2匹しか確認できなかった。  なんかちょっと寂しいな~。。。
その寂しさを払拭してくれたのが、このキュートな後ろ姿、クロカタゾウムシだった。


                                   クロカタゾウムシs
前回見つけた個体は、左触角、左前脚欠損という状態で写真を撮るにもちょっ苦労したが、今回は完品だ!
                        クロカタゾウ3s
以前シロコブゾウムシを押してみたらすごく硬かった。 名前に“カタ”が付くこのゾウムシはどのくらい硬いんだろう。
試してみたいけど、いろんな意味で勇気が必要だ。。。

            クロカタゾウ2s

今風に言うと、『カワいさましい』て感じだ。
クロカタゾウs
このクロカタゾウが石垣最後の贈り物かと思ったが、時間がまだもう少し残っていた。
残っていたのは時間だけではなく、オイラの中で心残りなものも一つあった。
それは昆虫ではなく、鳥だ。 あの赤いクチバシをもつ高速の貴公子、リュウキュウアカショウビンだ。
実は3日目にニアミスを冒していた。 林道を横着にも車で探鳥していると道路の真ん中に張り出した太めの枝に
あのアカショウビンがとまっていたのだ。   アッと思いブレーキを踏んだ際、下に枯れ木があったのが
グギギギギッと音がしてしまい、はるか遠くに飛んで行ってしまったのだ。
もし歩いて探していれば、最高の一枚がとれたような気がした。。。

そんな事もあり、奇跡を求めて残り30分、その林道で探鳥を開始した。  もちろん車に乗りながら。。。
林道を走り出すとすぐに奇跡のエピローグは始まった。
今まで林道を横切るだけのアカショウビンが、カンムリワシのように林道に沿って飛び、奥の枝に着地するのが見えた。
じわりじわりと距離を詰める。  しつこいようだが車でだ。
ブレーキを優しく踏み停車。  助手席のカメラに手を伸ばす、、、ア゛~~~100㎜だーーーっ ((((;゚Д゚)))))))
レンズを変えなければ、、、いや、100㎜で一枚おさえておこう。。。  あせる。 とりあえずシャッターを切る。
そしてアカショウビンを凝視しながら手探りで70-300㎜に付け替える。  よし、まだいる。
ファインダーを覗こうと思ったが70㎜側になっていたので300㎜側にズームを回す。   よし、、、      い、い、いない。。。
あれ?どこ?あれ?どこ?  この旅2回目の(泣泣泣泣泣泣泣泣イ~~~立)だ。
100㎜で鳥撮りなんて無理なのだ。。。  結果は無残なものだった。  これでもトリミングをしているからビックリしてしまう。

            アカショウビンs
                            ※リュウキュウアカショウビンがどこにいるかわからない方は、丁寧にご説明いたします。
またやっちまった。

探鳥意欲を一気に失ったオイラは、残り時間を海岸線をドライブし傷口を癒やすことにした。 う゛う゛っ、潮風が傷口に沁みるぜ。。。  


川平付近2s
レンタカーを返却し、意気消沈のまま空港ロビーへ。
最後の沖縄そばをすすりながら、『エピローグだけで終わった奇跡、、、本編は無いのかぁ。。。』と肩を落としていたら
まさか、まさか空港で奇跡が起きたのだ!!


あの、赤い、赤い、、、クチバシではないが、赤いマフラーのあの人が登場したのだ。

イノ・・・ボン・・・ イノ・・・ボンバイエ イノキ、ボンバイエ 猪木ボンバイエ 猪木ボンバイエッ!

プロレス好きのオイラにはたまんない、アントニオ猪木の登場だ。
以前パラオにダイビングに行った時、ダイビングを終え近くの居酒屋で飲んでいると
友達が『春一番がいるぜ』と教えてくれたが、それは紛いもなく猪木氏本人だった。
そんな猪木氏、3年前モノマネタレントの春一番が肝硬変で亡くなった時に送った言葉が『元気ですかーっ!』
だったという、あまりにも有名な話がある。。。

                        イノキzzz
話はちょっとそれるが、この前You Tubeで見つけた動画。 海外の空港で欠航が相次ぎ、ピリピリムードになっていた。
その場の雰囲気を和らげようと、そこに居合わせたシンディーローパーが、なんと空港カウンターのマイクをとり
まさかの“ハイスクールはダンステリア”を熱唱しだしたのだ。 まわりは大盛り上がりで欠航なんてなんのその。。。
そんな動画を見て、ちょっと感動しながらも『こんな日本人はいないんだろうなぁ。。。』なんて思っていたけど、、、
そうでもなかった!  柱越しで見ていたので、誰がリクエストしたのかわからないが、いきなり猪木氏の声で
『元気ですかー!』  『1・2・3 ダァァーーーー!!』 と、やっているではないか。 
シンディローパーとはシチュエーションは違えど、さすが猪木氏!
今は政治家、ファンサービスとは言えないが、奇特な方だ、アントニオ猪木。



            猪木ボンバイエs
最後は猪木〆、120点の石垣旅行になったのは言うまでもない。。。 
                                                  さすがに50の体にビンタは堪えるので控えておいた。。。

ではでは。。。。。。や
関連記事
スポンサーサイト



[ 2017/05/25 14:57 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

どうもです4

そういやクロカタゾウムシにも逢えなかった
イワサキキンスジは、かなりの数逢いました(*^^*)
ムネモンビロードやヤエヤマフトカミキリなどや、ルリゴキブリとかヤシガニとか

なかなか出逢う虫や生き物も違ってて、八重山の奥の深さを感じますね
[ 2017/05/26 23:51 ] [ 編集 ]

しげしげさん

逢える逢えないは、微妙なタイミングがあるんでしょうね。
学校の勉強や会社の仕事は、努力しなければ報われないけど
探虫はそれ以外の何かがあるってところが面白いですよね。
石垣お疲れ様でした。  FB楽しみにしています。

ではでは。。。。。。や
[ 2017/05/27 07:29 ] [ 編集 ]

二度にわたる石垣探中旅行、お疲れ様でした。流石に今回は沢山見られたようで
羨ましい限り。当方石垣には鳥の忘れ物があり、虫は本島、石垣の次になりそう
です。
[ 2017/05/28 16:36 ] [ 編集 ]

Mさん

鳥も充実してますよね。
それより、この2回の石垣旅行で感じたのですが
去年に比べ、異常にカラスが増えていたように思えるのですが
大丈夫ですかね?
本当の昆虫もオモシロそうですよね! 私も実は狙ってます。。。

ではでは。。。。。。や
[ 2017/05/28 17:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akatei613.blog.fc2.com/tb.php/739-0b78ff7c