FC2ブログ

人気ブログランキングへ

ん?あれ、え、あ、って、はぁ?    マジ!?

沖縄での最初の朝。
鳥のさえずりで目が覚め、部屋の中には眩しいいほどの陽射しが差し込んで、、、何て事は全くなく
ここは街中のホテルの8階、鳥のさえずりなど聞こえるわけも無くもちろん陽射しが入るような天気でもなく、、、
ベッドから体を起こし窓の外を見るとガッツリと曇っている。 予報通りの雨じゃないだけましか。。。
天気の神様の機嫌をそこねる前に出発しよう。  目的地は前回訪問し、感じの良かった通称“タミフルポイント”
30分ほどの道のり。  出発して数分、ハンドルを握る左手でレバーを一段はじく。
数分後、さらにもう一段はじく。  到着した頃には本降りになっていた。
沖縄遠征は5回目。 左手をはじかずワイパーを使わなかった遠征は一度もない。
今回の目的の一つでもある“ノンワイパー”は早くも未達成となった。  予報からして承知はしていたけど。。。
しばし車中でスマホの雨雲レイダーとにらめっこ。 好転する事も無さそうなので、いったんホテルに戻る事にした。

部屋に着きボケーッとしていた時に閃いた。 ホテル1階にあったPCで、きのうの画像整理でもしておこう!と。
へなちょこマクロのSDカードを持ち1階へ。 画像整理の前に、まずネットで調べたい事があったので接続を試みるがつながらない。
じゃあ、画像整理かなと思い、SDスロットを探すも見当たらない。  
やっぱ接続して検索が先か、、、と、やっている内にめんどくさくなりPC作業を断念。
部屋にもどり、ウダウダ。   ウダ。   昼頃には雨が上がったので、あらためて出発。
ポイントに着いても雨は降ってこない。 よし、探虫開始!  
アカメガシワにミドリナカボソタマムシ発見! 比較的警戒心の強いこのタマムシだが、葉っぱに触れても逃げたり飛んだりしない。
ここはへなちょこマクロだなと、カメラを構えシャッターを切る。違和感を感じモニターを確認すると、『カードが入っていません』の文字。
やっちまったーーー、、、でもSDの控えが車にあるから今日はそれでしのごう。
たぶん、ホテルのPCの脇にでもおいて来てしまったのだろう。  
しかしホテルに℡をして問い合わせるも、へなちょこマクロ初日撮影分のSDは、出てくる事は無かった。 やっちまったーーー。。。

そんな理由から初日アップは、ショボイ写真が数枚アップという事になってしまったのだ。
ショボイ感は、さほど変わる事は無いが、“Day 2”からは枚数だけはガッツリいかさせて頂きまっせ!!
ってな事で、まずはグッと寄らせてくれた、タイワンクロボシシジミ。

                        タイワンクロボシシジミs



今回の沖縄遠征で一番見たであろう、センダングサの様な花にクロマダラソテツシジミ。
林道、河川敷、浜辺、いたる所で見られるシーンだった。

            クロマダラソテツシジミs



そしていつも虜にさせられてしまうのがアオタテハモドキ。
アオタテハモドキs



今回は地べたではなく、花どまり、緑バックが多かったので、さらに気分は高まった。
            アオタテハモドキ2s



サンカンムシからはノムラオビハナノミとツマグロツツカッコウムシ。
雑甲中と言えども、このタイプは撮っていて楽しくなる。

ノムラオビハナノミs  ツマグロツツカッコウムシs



気分アゲアゲで歩いていると、、、キターーー! 目的虫の“何でもいいから初見のトラカミキリ”!!
えっ、でもこれってキンケトラ? いやこの気候でこの時期にいるわけないよな。。。

            タケトラカミキリs


前胸やエリトラの派手な模様に惑わされたのか、既知種のタケトラカミキリだった。
家から10分の寺家で撮れる写真だ。ちなみに今回は家から初日のポイントまで8時間かかっている。
まるでオイラの遠征をあざ笑っているかのようだ。 ちなみにこれは《遠征あざ笑いpart1》であった。。。

                        タケトラカミキリ2s


メリハリがしっかりしていてホトジェニックなハバチがいたので、これは沖縄っぽいと思い一枚。
ただ、同定できていないので、実はコイツも遠征あざ笑いだったのかも。。。

            ハバチs



沖縄に来ると、『もしかしたら亜種、初見かも。。。』と、撮ってしまう。 これもその一枚。 キイロテントウ。
だがこれは、もしかしたらの亜種だった! 
通常のキイロテントウより前胸の黒点が大きく麻呂っぽい。  麻呂と言うよりイモトっぽい感じか。。。
 
                        キイロテントウ沖縄亜種s



やっぱ虫撮りはたのすぃ~~~!と、一人笑顔で歩くキモオヤジの前に現れたのは、、、キター!、キタ?
とりあえずトラカミキリは間違いなさそうだ。  でも、なんかすれてるなぁ。。。
初見ゲットあるあるだが、 『初見だ!』と思っても個体がすれているだけで、実は既知種だった。 という事もけっこうある。。。

           チュウジョウトラカミキリ2s



よ~く調べた結果、チュウジョウトラカミキリと同定! 祝 初見トラカミキリだ!!
チュウジョウトラカミキリs



チュウジョウトラカミキリ、地理的変異でこのようにすれて見えるタイプもいるようだ。
でもこのタイプは八重山群島産となっている。 ここは本島なのに、、、ま、いいか何でも! 初見に変わりないし!

            チュウジョウトラカミキリ2 (2)s



とりあえず、一つでもミッションクリア―が出来れば気持ちも楽になる。 そりゃ、コメツキだって撮るさっ! クロヘリツヤコメツキ。
                        クロヘリツヤコメツキs



なんとな~く撮った一枚が、なんとな~く好きな一枚になる。   沖縄はそんな所かも。。。
            オサヨコバイWs



午前中の豪雨の名残か、林道全体がウエッティで服や身の回りのものが汚れやすくなっている。
しかし、豪雨の恩恵を受ける事もあるもんだ。 林道なのにヤドカリが! 
オイラにとってヤドカリ=海なので、かなりレア感じがし、何枚も撮っていたが少し歩くといくらでもいて、ちょっとガックシ。
調べてみりゃ、名前もオカヤドカリって言うんだから、そりゃ、林道にもいるわな。。。
ちなみにアホなオイラは、小学生の頃“ヤドカリ”ではなく“ヤドガニ”だと思っていた。

                        オカヤドカリs



このウェット感、この暗さ、この先に行っても昆虫は見込めそうも無かった。  土場に向かうか。。。
前回の4月はノーカミキリで終わったこの土場だが、今回は何かしら見つかるんじゃないか、、、
あわよくば第二のトラとの出会いがあるのではないかと移動する事にした。
林道を歩き、車が停めてある所まであとわずかと言う所で、目の前に甲虫らしきものが飛んできた。
反射的に網を振った。  中を覗きこむとオキナワキボシ?  網に手を突っ込み取ろうとすると飛んで逃げそうになった。
しかしオイラは、キボシでしょ。。。と、焦ることなく落ち着いてそのカミキリを手にとった。 ん、やっぱオキナワキボシ?
違うなぁ。。。  ん?あれ、え、あ、って、はぁ?    マジ!?    ジャノメさん?   ッシャーーーーー!!

オキナワジャノメ3s



擦れ感があり、蛇の目はうっすらとなってしまっているが、間違いなくオキナワジャノメカミキリ!
具体的な目的虫連敗の中、久々のこの高揚感!  たまらん!

            オキナワジャノメ1s



あの時飛んで逃げていたと思うと、冷や汗ものだ。  ってか、逃げてたらキボシ行っちゃった~、、、ってなるんだろうけど。。。
オキナワジャノメ2s


もちろんジャノメパッカ~~~ンも。
            オキナワジャノメ4s



タミフルポイント~土場コース、この時必ず寄る小さな池がある。
車を停め、池に向かいながら周りを見ると、オッ、アカギカメムシ!
前回初見を終えての再会となる。 だが前回は羽化直なのか、やたらと白い個体で1匹のみ。
今回初めて見るこの赤さには正直ハッとした。  そしてこの数。

                                 アカギカメムシ3s



ビロードというか、フェルトというか、昆虫とは思えないような質感に鮮やかな赤は
言葉や未熟な写真ではうまく伝えられないのが残念だ。

                        アカギカメムシs



前回は白と緑のコントラストを楽しませてもらったが、今回の赤と緑のコントラストも甲乙つけがたい。
            アカギカメムシ2s


なぜか沖縄だと、トカゲも抵抗なく撮れてしまう。  色付きだからかな。。。
                        アオカナヘビs


まわりの枯れ枝、枯れ蔦にはチビカミキリ達。
ヤンバルアトモンチビカミキリs
                       ヤンバルアトモンチビカミキリ
                                            オキナワアヤモンチビカミキリs
                                                       オキナワアヤモンチビカミキリ


池にはいつもの常連トンボ達。  そのなか見慣れない連結トンボが。 とまるのを待つがなかなか止まらない。
不慣れな飛翔にトライ。  うん撮れた。  嬉しい初見トンボ、オオキイロトンボだった。

オオキイロトンボs



初見トンボと出逢い、気をよくし土場に向かう。  はたしてカミキリとは出会えるのだろうか。。。
いた! だけど見た瞬間、既知臭がプンプンとした。  どうやらフタオビミドリトラカミキリのようだ。  材にも来るんだぁ。。。

            フタオビミドリトラカミキリs
結局この土場には滞在中3回来たが、カミキリはこのフタオビミドリだけだった。 いわゆる遠征あざ笑いpart2だ。
材が悪いのか、雨の後と言う環境なのか、まわりの植生なのか、、、前回と同じ疑問が残った。




カミキリがいなければ他の昆虫はいないのかと探していると、、、いた! あいつだ。 でも名前が出て来ない。。。
                        ヒラヤマメナガゾウムシ2s


そんな哀れなオイラの記憶力をサポートしてくれるかのように、裏側からまだ鱗粉が残っている個体が出てきてくれた。
ピンクゾウムシこと、ヒラヤマメナガゾウムシだ。

            ヒラヤマメナガゾウムシs
今日は午後からの半日探虫となったが、ミッションをふたつクリア出来、大満足な一日だった。 めでたしめでたし。  
次回Day3に、とぅびぃこんてぃにゅぅ。




最後は、、、知ってる! と、言う方は少ないとは思うけど、3,4階建てのビルの屋上から大きなゴリラの模型?があしらわれている
       通称ゴリラビルと言う建物が三軒茶屋にある。下北沢と三茶を結ぶ茶沢通りを通るたび面白がって見ていたものだ。
       さて、ここは名護市街。  パクッたのかオリジナルか、はたまたゲッコウビルと呼ばれているのか、、、
       オイラは、このビルを面白がって見ていた。   ってか、車内からだから一瞬だけどね。  だから写真もザツ。。。  ゴメンチョ!

                         ゲッコウビルs


ではでは。。。。。。や
関連記事
スポンサーサイト



[ 2019/06/09 16:57 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akatei613.blog.fc2.com/tb.php/899-ac418f30